JAL便で日本に到着しました。

疲れました… もう2歳未満児と二人での飛行機は乗りたくない。
SFO空港のセキュリティゲートを抜けるだけで激しく疲れました。

搭乗前に食事したかったけど、そんな気力もなく…

そして、搭乗開始。機内はほぼ満席。多くの家族連れが乗り込んでいて、知り合い家族が3家族も同じ便に乗っていました(が席は離れていた)。バシネット席が取れなかったものの(どうやらぴろ太郎はサイズオーバーだったので、どちらにしても使えなかった)、幸いだったのは、席が最後尾の二人掛け通路側で、簡単に席を立てたこと。隣はベトナムに向かう若くて可愛らしい女性でした。うふ。

いつもなら、機内でビールやワインを飲んで休暇を楽しむモード全開なんですが、さすがに今回は飲めないだろうし、食事も食べられないことを覚悟していたんですが、離陸直後にぴろ太郎が寝てくれました。

持ってきていた抱っこ紐を用意して、手放しで抱っこできるようにセット。そして、ドリンクを貰ったところで、CAさんにお願いして、この子が寝ている間に食事させてほしいとお願いしました。そして、まだ皆さんがドリンクしている間に、一人先に食事を済ませることができました。やったー。

ちなみに、ドリンクにビール貰おうか迷ったんですが、抱っこ紐使うと、自分の胸に子供の顔がこちら向きになっているので、アルコール臭をぴろ太郎の顔にかけないようにと、お酒は控えました(自分、大人になったなーww)


ぴろ太郎は1時間で起きて、抱っこ紐を出たがるので、出してからずっと抱っこ。時折、機内を歩かせたけれど、前回はもっと歩いていたのに今回は全然歩きたがらず。その後、乗客の食事が終わったあとで、ぴろ太郎の食事が出されたけれど、抱っこして食べさせるのが難しので、自分は通路にしゃがみこんでぴろ太郎に食べさせました。我々の最後尾席は2席並びで、ひとつ前までは3席並びなので、僕の座っていた席の隣通路は、ちょうと通路が席一つ半分広くなっており、僕が通路にしゃがみこんでいても他の乗客の邪魔にはならなかったと思います(思いたい)。

ぴろ太郎には持ってきたシールブックで時間稼ぎをはかったけれど、あまり興味を持たず。持ってきたタブレットにYouTubeをダウンロードしてきたけれど(そのために有料サービス加入)、アンパンマンの動画が機内テレビで見ることができたので、それを流したら興味を持った様子。

その後、そのアンパンマン(45分程度)を7時間程度延々と繰り返す羽目に…。音は聞かせませんでしたが、それでも満足だったようす。音のないアンパンマンを延々と見せられるなんて、僕には拷問でしかありません。スターウォーズとか見たかったよ〜。

スキを見て、ドラえもんを再生したら、ブーブー文句言われて、またアンパンマンに。

ぴろ太郎は、着陸2時間前にまた寝てくれました。ここで食事時間になったので、また抱っこ紐を出して、僕は食事することができました。


ぴろ太郎は再来週で2歳になります。2歳前に日本に向けて飛ぶのであれば、(帰路は2歳を超えますが)往復で席が必要なく、一人分の飛行機代が浮きます。

がんばったので、その浮いた飛行機代で何か美味しいもの食べて、マッサージでも受けさせて欲しい。

抱っこして座っていると尾てい骨が痛くて痛くて…


で、日本到着後は羽田のホテルにチェックインしたんですが、当然のように(?)午前1時に目覚めたぴろ太郎の相手…。

このあとは新幹線で仙台に向かいます。
スーツケースは空港から宅配便で送ったので、背中に背負える機内持込タイプのバックとストローラー(兼チャイルドシート)を持っての移動です。

しかし、日本は蒸し暑い… こんなに暑かったっけ?(午前5時なのに) 加州に移り住んでから夏に帰国するのははじめてです。18年ぶりの日本の夏を体験中。