エンバーカデロセンターの一角を散歩していたら、日本のおにぎりを販売するOnigillyの店舗を発見。このお店の噂はかねがね聞いていたので、試しにおにぎりふたつほど買ってみました。

IMG_0063


今回試したのは、ツナと高菜。

日本にもおにぎりをその場で握って販売するお店がありますが(都内の駅で購入した経験あり)、日本のその店とはおにぎりの作り方に違いがあります。

写真で分かるように、このおにぎりは厳密に言うなら握っていません。

三角形の平べったい型にご飯を入れて固めて取り出したもので、具を挟んでから海苔で巻いています。握るというよりは、挟むといった感じで、作り方を見てみると、おにぎりというよりはサンドイッチに近いでしょうか。

海苔は写真にあるように頭頂部のみカバーしていませんが、周囲と側面はすべて海苔で巻かれているので、型崩れしにくくなっています。

日本人なら、その場で(できれば、若い女性スタッフが…)握ってくれるおにぎりの方に惹かれるでしょうが、Onigillyのスタイルは日本のおにぎりを知らない外国人でも作れるし、誰が作ってもほぼ均一のものができるでしょうから、このスタイルを確立したのはお見事です。

ちなみに、Onigillyのお値段はネタによって値段が違いますが、だいたい1つあたり3ドル前後です。

店舗は、San Franciscoに4店舗、Palo Altoに1店舗展開しています。エンバーカデロ店には ランチが終わった午後1時過ぎに立ち寄ってみましたが、それでもお客さんはひっきりなしに来ていました。

http://www.onigilly.com/