このブログでも取り上げた、先月オープンしたばかりのサンフランシスコのフィナンシャルディストリクトにあるバスターミナルのトランスベイトランジットセンター。なんと、その柱に亀裂が見つかり、安全上の面から昨夕(9/25)から一時閉鎖されたとのこと。

SFクロニクルの記事は、Cracked steel beam shuts down SF’s new Transbay Transit Center

SFクロニクル以外にも全国的な新聞に取り上げられています。
GoogleでのNews検索

閉鎖は安全が確認されるまで続くようで、いつ再度オープンするかは不明とのこと。

なんとも、開業して1ヶ月で閉鎖とはお粗末な気がしなくもないですが安全には代えられません。幸い、8月まで使われていた2ブロック先の仮設バスターミナルがまだ取り壊されていなかったので(一部工事ははじまっていた模様だが)、バスの発着はそちらに急遽移転したものの、当然ながら、突然の出来事に現場は大混乱だったみたい。そりゃそうですよね。

で、亀裂と聞いて皆さん思い浮かぶのは、すぐ隣にあるミレニアムタワーのことじゃないでしょうか。ご存知のように、この高級高層マンションは、建設後10年で60センチ近く沈下し、傾きだしています。以前、ミレニアムタワーは、建物が傾いたのはトランスベイトランジットセンターの工事が原因だと主張してましたが、どうなりますか。

ちなみに、今回の柱に見つかった亀裂は実は昨日見つかったのではなく、もっと前から見つかっていたそう。皮肉なことに、ちょっと前に、ミレニアムタワーでも亀裂が見つかったというニュースがあったのですが、それと同日にトランスベイトランジットターミナルの亀裂も見つかったのだとか。

この界隈、高層ビルが立ち並び、Salesforceの入るSalesforce TowerやFacebook、Slack、TruliaなどなどのIT企業が軒を連ねています。さらに大型工事がいくつも現在進行中。今後、周囲にどのような影響を与えるか注視する必要があります。

そして、運が悪いというかなんというか、このトランスベイトランジットセンターはSalesforcが命名権を買ったため、Salesforce Transit Centerという名が付けられており、 臨時閉鎖が発表された昨日は、Salesforceの大型イベント、Dreamforceの初日でした。