San Mateoにオープンしたとあるラーメン屋のお話ですが、まずはこのラーメン屋のロゴをご覧ください。少し小さいですがご容赦を…

RamenLogo


さて、問題。

このキャラクター、いったい何でしょう?

このキャラクターが、このラーメン屋の店名になっています。


正解は…続きをご覧ください。


このお店があるのはBurlingameとSan Mateoの境界にほど近いモールの中。

お店の名前は、ずばり、Totoro Ramen (ととろラーメン)だそう。言わずもがな、宮崎駿のアニメ、となりのトトロを、版権など無視して店名に付けたものと思われます(確認してません)。

どう考えても、日本人オーナーではないでしょうし、ラーメンも美味い訳がない。店名を笑い話のネタにする程度の店でしかない…のでしょうが、でも、店があるなら行ってみたくなってしまうのが悲しい性。

と、いうわけで、先日、足を運んでみました。

店があるのは、Peninsula AveとDelaware St.の交差点にあるモールの中。

平日のランチタイムに入店してみると、店内のテーブル席は7割方埋まっていました。席数はざっと50席弱あり、外からは見える以上に席数は多い様子。

店員に案内されて空いている席に座ります。すると、店員、「当店ははじめてですか?」と聞いて来たのでYesと返答。すると、オーダーはテーブルに設置してあるタブレットでお願いしますと、そのタブレットの使い方を説明してくれました。最近、こういう店多いですよね。

IMG_0428


ちなみに、タブレットではオーダーを入れたり、チェックをお願いしたりできますが、支払い自体は店員にお願いします。

メニューはタブレットの他に印刷したものもありました。

IMG_0430


とりあえず、この日は、この店一番人気と書かれた、黒にんにく豚骨ラーメンをオーダーしてみました。

ほどなくして出て来たのは、こんなラーメン。見た目意外と普通…。うーん、ブログのネタになるものを期待していたのだが。

IMG_0432


麺は市販の麺と思われますが、茹で加減はやや固めで僕好みです。

IMG_0433


スープはと言えば、やすっぽい油っこさを多少感じましたが、全体的にはまとまっていて、完成度は悪くなかったです。卵も黄身は半熟、薄切りチャーシューは日本のラーメン屋にあるような箸でほぐれる柔らかさみたいなのはありませんが、それなりに美味しくいただきました。メニューには20時間かけてスープを作っているようなことが書いてあったので、まんざらでもないのかなと思ったり。

ずば抜けて美味いラーメンではありませんが、ダメなところもそれほどなく、無難にまとめてきたといった感のラーメンでした。わざわざ足を運んで食べに行く価値はないけれど、もし、近所にあれば、行ってもいいかなと思える店でした。

少なくとも、ウチの近所にある麺屋Inshouよりは、トトロラーメンに軍配をあげるかも。

意外と、中華系や韓国系が営業する日本式ラーメンのレベルもかなり高くなっているということでしょうか。となると、Foster Cityにあるケンタラーメンもいっとくべきなのか!?と思わせられる店でした。

Totoro Ramen