僕は美術が全然ダメだったのですが、ぴろ子はアートが好きなようで、暇があれば絵を描いたりしています。アートクラスにも通っていて、なかなか良い感じの絵を持って帰ってきます。

そこで、サンクスギビングの連休中に持て余した暇をつぶすべく高尚な芸術に触れ合うべく美術館に行ってみることにしました。

ベイエリア(というか、San Francisco?)の美術館と言って思い浮かぶのはMOMA、De Young、Legion of Honorあたりでしょうか。

MOMAの現代芸術は子供にはインスピレーションが湧いたりするかもしれませんが、僕には訳がわからないので却下、De YoungかLegion of Honorあたりなら無難かなぁと入場情報を調べていると、なんと、Legion of Honorはベイエリア在住民は土曜日が無料なんだそうです(後でわかったのですが、De Youngもベイエリア在住民は土曜日が無料でした)。

おおっ、これを利用しない手はありません!そこで土曜日の無料チケットをゲットして家族で行ってきました。

チケットは次のリンクから入手できます。

https://legionofhonor.famsf.org/calendar/free-saturdays-0

https://deyoung.famsf.org/free-reduced-admission

※De Youngは火曜日は誰でも入場無料のようです。そんな大盤振る舞いして良いの?と心配になってしまいます。

久々のLegion of Honorです。いつ以来かというと、2008年にかみさんと結婚した際、ここで写真撮ってもらって以来でしょうか。

PXL_20211127_234432998


Legion of Honorはパーキングも無料なのでカネが一円もかからないのが嬉しいところです(なんて貧乏性なのでしょうw)。

PXL_20211127_223412482


建物もなかなかに美しく、ウェディング写真を撮っているグループや、普段着なのにドレスでも着飾ってモデルになった気分で恥ずかしげもなくポーズしている中国系女性などいろんな人がいました。

PXL_20211128_002944029


この美術館は絵画や彫刻を中心に展示してありますが、展示品数はそれほど多くなく、簡単に見て回れます。展示作品は中世ヨーロッパから印象派の作品が中心で、わかりやすい作品ばかりなのが嬉しいところです。僕が知っている絵描きの作品としては、モネ、マネ、ゴッホ、セザンヌの作品が飾ってありました。

この美術館で一番嬉しいのは、人が少ないことでしょうか。週末なのに全然人がいないのです。カツンカツンと自分の歩く足音だけが響き渡ります。静寂の中で絵画鑑賞できるのはなんて贅沢なんでしょう。

そして、偶然にも土曜日午後4時からオルガンコンサートが開かれていることを知り、拝聴させていただきました。

なんで美術館にオルガンが?と思ったのですが、演奏者による解説によると、1920年代にこの美術館が建てられた当初からオルガンも設置され、絵画鑑賞している際にBGMとしてどこからともなくオルガンの音色が響くようにと、オルガンのパイプは壁の中に設置したのだそうです。

PXL_20211128_002828007


オルガン演奏中に建物内を歩いてみたのですが、実際、オルガンのある部屋で聞くよりも玄関ホールの方が響きが良く、また絵画の展示してある部屋でも良いオルガンの音色が響き渡っていました。

いつまで無料入場を続けるか分かりませんが、興味のある方はぜひ足を運んでみると良いかと思います。美術館併設のカフェも静かで居心地がよかったです。暇な時に一人で訪れてゆっくり本でも読んでみたい場所です。