今、カリフォルニアに住む日本人が年末年始を日本で過ごすために日本入国すると3日間の強制隔離となります。

私も周りでも何人かの友人が日本に飛びましたが、幸い、彼らの乗った飛行機は空港がまだ比較的空いている時間帯に着陸したようで、ネットで目にするような、ホテルに着くまでに8時間かかったとか10時間かかったという経験はせずに済んだようです。とは言え、3-4時間は掛かっているようなので平常時よりは圧倒的に時間がかかっていますが。

空港周辺のホテルが足りず、専用機で名古屋、仙台、福岡、那覇に飛んで、そこで強制隔離をしているなんて話もあるようですが、友人らは東京のホテルがあてがわれたそうです

当然ながら日本国外に住む日本人には極めて不評です。日本国内の感染者が激減しているため、強制隔離はやむなしと納得されている方もいますが、それにしても、その隔離の仕方が徹底されていないところがあるため、そんな中途半端な隔離で大丈夫なのか?と思われる方も少なくないようです。

あてがわれたホテルの部屋は狭く、食事は質素で賞味期限切れなこともあるようです。部屋が足りないため税務大学校の寮に入った方もいるようで、暖房は効きが悪くスマホの電波も届きが悪いとか。

海外の日本人にはこの話題で持ちきりですが、日本国内ではそれほど話題になっていないようです。多分、それほど報道されていないのでしょう。中には、日本に住む人たちにこの大変さをもっと知ってもらいたいと思う方もいるようです。

ただ、僕はちょっと違った見方をしています。

モノは言いようですが、日本入国の際の、強制隔離のホテル代、その間の食事代、移動費などはすべて日本の税金で賄われているのですよね。もし、この状況を日本の人たちが知るようになると、それは大変だからなんとかしようというよりも、「えっ、タダでホテルに滞在できて、食事も出るんでしょ?なんでそれが不満なの?」っていう論調になりそうな気がします。

ちなみに、香港でも強制隔離が行われているのですが、香港では強制隔離の費用はすべて個人持ちなのだそうです。そのかわり、安ホテルから豪華な一流ホテルまで選択肢があり、どのホテルで隔離期間を過ごすかは個人の自由ですが、その費用は自分で持ってねというスタイルなのだとか。

これが知られるところとなれば、

「香港は自腹なのに、日本はなんで税金で賄わなくちゃならないの? 好きで海外に住んでいるのだから、彼らに負担させるべきじゃないの?」

って話になるのではないかと。

国がすべての費用は持つが選択肢のない日本と、チョイスはあれど費用は自分持ちの香港。どちらが良いかは人それぞれでしょうね。



ところで、大騒ぎのオミクロンもどうやら症状は比較的軽くて済んでいるような気配ですね。

そこまで心配する必要なかったね!で終わると良いのですが。