先日、ブログに書いたように、ぴろ子を連れてRenoのバレーボールトーナメントに参加してきました。

バレーボールの練習は毎週2回あり、加えて、トーナメントが月に2度程度行われています。今までのトーナメントはSan Mateo Event Centerや Central ValleyのRipponという街で行われていましたが、いずれも1日だけのイベントでした。そして、基本、かみさんがぴろ子をトーナメントに連れて行っていました。

今回、事情により僕がRenoに行くことになったのですが、正直、ちょっと緊張…というか気が重い役目でした。と言うのも、僕は今までトーナメントには一度しか行ったことがなく、バレーボールメンバーの他の保護者の方をほとんど知らないのです。そんな状況で3日連続のトーナメントだなんて…。加えて、ホテルはバラバラながらも皆Renoにステイするとなると、みんなで食事したり、何らかのイベントを実施したりすることになるでしょう。ぴろ子は他の子供達とつるむでしょうから僕がひとり残される。ぴろ子のバレーボールチームには日本人はぴろ子のみですし、英語で日常会話するのは気が重いのです。

さらにさらに、このRenoのイベントではスナック係になってしまい、これもまた気が重い。

と言うわけで、ずーんと肩に重荷を感じてRenoまで出向くことになりました。

バレーボールチームのメンバーは12人程度いますが、ざっと半数がアジア人(日本人がぴろ子のみ、中国系が4人、インド人か中東?らしき人が2人)で残り半分がいわゆる白人(アメリカ人や欧州出身者)のようです。

案の定、多くの親御さんは母親でしたが、僕のように父親が引率している人も数人いました。こういうとき、他のお父さんとはまだ話しかけ易いのですが、白人女性の方にはなんだかいつも怒っているような感じの方もいて、そういう方にはなかなか話しかけることができません(別に悪い人じゃないと思います)。

言わずもがな皆さん、英語ネイティブなので、そこの会話に加わるのもなかなか大変です(中国系の方もNY生まれや、高校からLAとかでした)。何か、皆さんとシェアできるような小ネタがあれば良いのですが、そういうのも皆無で、なかなか話に飛び込むことは難しいのが現状です。かと言って話に入らずに一人でスマホいじっているのも感じ悪いですし…。

今回、2度ほど皆さんと食事を共にしたのですが、その2回目は午前11時からのブランチでした。

ブランチ会場のレストランには15分前に到着したのですが、やはり15分前だけに一番乗りでした。既にテーブルが2列並列に並んで用意されており、一方が子供達の席になるだろうから、ぴろ子はそちら側に行き、僕はもう一方の一番隅っこに座ってみなさんが来るのを待ちます。こういう時にどの席に座るかがまた曲者ですよね。

僕の次に来たのは欧州出身の母親の方でして、その方、ぐるりと部屋を見回すと、僕がいる大人テーブルの真ん中辺に座りました。近くに来てくれても良いような…でも、来てもらっても話すことないし。うーん、すごく気まずい。先方も同じ気持ちだったのでしょうが。

その後、続々とみなさんが会場入りしてきますが、欧州出身の母親の方と馴染みの方ばかりで当然彼女の周りに陣取るので、僕だけ離れてポツリです。

集合時間の11時にはほとんど皆さん揃いましたので、僕の隣も席が埋まりました。僕の隣には、このバレーボールトーナメントで初めてお会いしたお父さんが座りましたが、彼とはその前日に話が合いいろいろと会話していたので、ちょっと安心。皆さんが揃うまでの時間にして15分程度の出来事ですが、妙に長く感じてしまいました。

こういう場合、今回のように早めに行くべきか、それとも遅く行って残り席に座るべきか悩ましいところです。

このブランチでの会話で、「うに」や「納豆」が話題があがったのには驚きました。日本人の僕がいるから、誰かがその話題を振った…訳ではなく、自然と、食べ物の話から、何が食べられないかという話になり、ある方がウニは食べられないと言っていたのでした。そもそも、ウニがそこまで市民権を得ていることに驚きました。

そして、その流れから、San Mateoダウンタウンの日系スーパー、スルキの行列の話が飛び出し、今でも行列ができているのが信じられないと言ったら、いやいや、あの行列は半額セールの行列で入店の行列じゃないよ…と別な人が説明していました。

ニッチだと思っていたウニやスルキといったトピックがこうしたアメリカ人多数のテーブルで話題にあがったことにビックリです。一瞬、おおっ、このネタなら会話に加われる!と思ったのですが、僕が話す前に、他の人があっさりと解説していて、それにも驚きました。

※補足説明しておきますと、スルキはCOVIDがはじまってから入場制限をしていたため、入店の長い列が歩道にできていました。既に入場制限は撤廃されたので今では列に並ぶ必要はありません。ところが、スルキは閉店1時間前になると惣菜半額セールが始まるのですが、それに並ぶ列ができているのです。

ぴろ子がバレーボールに頑張っている訳ですし、僕もbreak the iceして会話に加われるよう努力しなくては…と痛感したReno旅行となりました。