2017年02月24日

凪 西口店分店@新宿西口 11:10

“今日から!”…なの?

[17_070]

170224naginisiB_170224naginisiB_kenbaiki
という訳で自転車を西に走らせます…『凪 西口店分店』。店頭券売機。限定告知が貼られていますね。限定(¥1000)のボタンをポチッとね。この時間はコバさん一人で切り盛りなのですか? 先客ゼロ、後客3人。

170224naginisiB_k-kasiwatoriS
ほどなく提供…長州黒かしわの鶏そば。大きな丼ぶり。そしてオマケが頂けた…嬉。表面に心地良い鶏油感。たっぷりの清湯スープはストレートに鶏の旨味。良い部分だけ抽出したかのような味わい。ほのかに香る生姜が効果的。しなやかで食感のよいストレート麺。良質で品の良いうどんを思わせる食感。鶏叉焼は柔らかく美味。さらに底からごろごろ鶏肉。しっとり。春を感じさせる菜の花。笹切りネギに添えられた胡椒がナイスアクセント。するするサクッと完食。たっぷりのスープもきっちり完飲。美味かった〜♪ 口の中に持続する旨味を楽しみながらの帰路。シアワセ♪ 3月半ばぐらいまでの提供らしいですョ。  

2017年02月23日

らーめん渡なべ@高田馬場 11:00

ちょっと眠い…。

[17_069]

170223watanabe_170223watanabe_kenbaiki
明治通りを北上。自転車、頑張る。高田馬場…『らーめん渡なべ』。11時ちょっと前。すでに暖簾が。即入店。券売機、限定らーめん(¥830)のボタンをポチッとね…。てか、なぜかポチする前に「限定でよろしいですか」。店員さんから聞かれたりとか…笑。先客ゼロ、後客1人。

170223watanabe_sKANIsio
“豊盃”酒粕とカニの塩らーめん。前回に続き“青森の日本酒「豊盃」の酒粕”を使用。味噌に変わり塩ベース。カニの出汁感に岩海苔の風味が加わり磯の味わい。しかし、それにも増して酒粕が全体を包み込むように支配。ですが、この酒粕、変な甘ったるさもなく上品な味わいでなかなかいい感じ。手揉み的な縮れのあるモチッとした中太麺が合わせられています。斜め切りネギと叉焼…てか焼豚? フチがローストされていてかなり好み。てか美味い。気がつけばサクッと完食。スープを飲み干せば厚みのある旨味が口に広がり、かなりの満足感。お店の方いわく「酒粕とカニ出汁を合わせたスープ…好みが分かれるのでは」とおっしゃっていましたが、個人的にはかなり楽しく、そして美味しくいただけました〜♪  

2017年02月22日

らぁ麺 やまぐち@西早稲田 14:05

自転車がツラいお年頃?…笑。

[17_068]

170222yamaguchi_170222yamaguchi_kenbaiki
と言いつつも明治通りを北上。高田馬場…というか西早稲田。『らぁ麺 やまぐち』。“RENEWAL OPEN!! さらに美味しく!”とお聞きしまして。てか、ずいぶんご無沙汰しちゃっていまして…汗。14時05分到着。店内席には空きがあるようで即入店。券売機、鶏そば(¥830)のボタンをポチッとね。先客7人。案内されるままに一番奥の席に。あ、店主さんと目が合ってしまった。ペコリ…m(_ _)m。後客続々11人ほど。こんな時間でも一時、外待ちが発生。さすがミシュランビブグルマン。

170222yamaguchi_torisoba
もうね、見た目に揺るぎない完成度。香る鶏油。スープを啜れば太く豊かな鶏の旨味。全体を締める醤油ダレとの相乗効果。最近増えてきた巷のコレ系とは一線を画す、貫禄すら感じられる味わい。しなやかながらもきちんとコシのある中細ストレート麺。スープとの相性も良好。食感もよくするスルッと胃に収まります。しっとりしつつも肉感的な叉焼は妖艶。豚と鶏の2種。太メンマ、カイワレ。そして叉焼の下に隠れたご厚意に感謝しつつサクッと完食。口の中に広がる旨味を楽しみつつ絶品スープももちろん完飲。コレ系ではすでにちょっと別格ですね。いやぁ、美味かった〜♪ 自転車がツラいなんて言っている場合じゃないです。もう少し通わねば…。  

2017年02月21日

RAMEN CIQUE@南阿佐ヶ谷 21:45

一週間なんてあっという間。

[17_067]

170221CIQUE_170221CIQUE_beer&
火曜日。帰宅経絡は丸ノ内線経由。南阿佐ヶ谷駅で途中下車。着陸軌道突入…『RAMEN CIQUE』。着地と同時にYEBISUビール。黒味玉(¥100)と巻きバラチャーシュー(¥100)はおつまみ仕様。先客ゼロ、後客1人。先週とは打って変わって穏やかな地球。

170221CIQUE_SIOra+tomato
塩ラーメン(¥750)+焼きトマト(¥150)。今日のお店の雰囲気に即応するかのような穏やかな味わい。包み込む優しさ。安定感。風味豊かな全粒粉配合中細麺。茹で加減絶妙。多彩な具。心地よい変化を楽しみつつサクッと完食。そして完飲。今日も地球は平穏無事。離陸。緩やかに帰宅軌道へと。

あ、「東京カレンダー」を入手せねば。  
Posted by file50 at 21:45Comments(4)TrackBack(0)ラーメン杉並区 

鶏豚骨 一學@四谷三丁目 11:30

思うようにいかないもので…。

[17_066]

170221itigaku_170221itigaku_kenbaiki
ちと出遅れまして。四谷三丁目某所の行列を尻目に泣く泣く回避。今日はこちらで…『鶏豚骨 一學』。四谷交差点の角。あまりに資本的だからかフリークに敬遠されてるとか? 入ってすぐ券売機。左上、鶏豚ソバ(¥750)のボタンをポチッとね。こぢんまりした店内。工夫を凝らして配置されたカウンター9席。先客5人、後客4人。

170221itigaku_toributasoba
エスプーマ? お店的には“鶏豚カプチーノ”と表する、きめ細かい泡が表面を覆おう。いわゆる泡系? “鶏骨系と豚骨系を圧力寸胴で一気に炊き上げた”とされるスープは濃厚でクリーミー。泡の効果でマイルドな口当たり。味わいはやや旨味過多感。中細ストレート麺は歯切れのよい食感。低温調理の叉焼は鶏と豚の2種。“しっとり”と“適度な歯応え”が共存。メンマ、キャベツ、斜め切りネギ、糸唐辛子、そして海苔。キャベツの上に載る魚介ペーストを溶くと心地よい味変化。ツボを押さえたきちんと美味しい一杯…って感じですかね。ご馳走さまでした〜。  

2017年02月20日

煮干中華そばつけめん 鈴蘭@新宿三丁目 11:50

月曜日。朝から来客打合せ。

[17_065]

170220suzuran170220suzuran_info
どうにか昼前に終了したので…『煮干中華そばつけめん 鈴蘭』。数量限定狙い。券売機、限定(¥800)のボタンをポチッとね。昼直前なので先客いっぱいね。カウンター2席ほどの空き。どうにか着席。後客続々。絶えずほぼ満席状態。

170220suzuran_ikaniboTU
濃厚烏賊煮干しつけ麺。つけ汁はかなり濃厚な烏賊的味わい。軽くとろみもありますが、バランスが良好。まろやかな舌触りでなかなか美味。つけ汁には穂先メンマ、水菜、刻みタマネギ。麺の上にはスライスレア叉焼2枚、茹でキャベツ、海苔、そしてご厚意? 味玉感謝デス…m(_ _)m。弾力のある太麺が濃厚なつけ汁でスルスル進みます。濃厚ですがかなり絶妙なバランスで最後まで飽きずにサクッと完食。なんならつけ汁までそのまま飲み干しちゃって。味わい濃いのに不思議にショッパさも感じず美味しく完飲。ご馳走さまでした〜♪  

2017年02月19日

鯛煮干らーめん 麺屋 鯱@荻窪 18:20

一週間で唯一自宅に晩飯の用意がある日曜日…なのですが。

[17_064]

170219syati_170219syati_iriguti
帰宅経絡は丸ノ内線経由。終点荻窪駅。“『麺屋正路』が日曜限定で『麺屋 鯱』として二毛作営業を開始”なのだとか。元々『麺屋正路』は大久保でスタートした『麺屋 鯱』のセカンドブランド。ん、サードブラントでしたっけ? ま、どちらにしても根幹の復活。駅からすぐ。『漢珍亭』のあった場所。2階。

170219syati_kenbaiki170219syati_info
券売機、鯛煮干らーめん(¥800)のボタンをポチッとね。こぢんまりした店内。店主さん+男性店員さんの2人体制。柔らかい接客。カウンター8席。先客4人、後客3人。てか2/20からは月曜日も『麺屋 鯱』で営業するようですョ。

170219syati_tainiosiRA
ほどなく提供。白醤油使用のスープは見た目“塩”と見紛う雰囲気。大久保の頃より洗練された様相。鯛煮干しの旨味。バランス重視。魚粉が溶け出すとさらに鯛煮干し感。同時に爽やかな柚子香。しなやかな極細麺がスルスル進みます。以前にも増して格段の安定感。しっとりしつつもほどよい噛み応えの叉焼。メンマ、青ネギ、海苔。後半加速度がつくのは啜り心地の良い麺のせいかしら。サクッと完食。気がついたらスープも飲み干していまして。美味かった〜♪ ご馳走さまでした。さて帰って晩飯…笑。  
Posted by file50 at 18:20Comments(2)TrackBack(0)ラーメン杉並区 

2017年02月18日

ミニ同窓会@新宿 18:00

一年振りのミニ同窓会。

170218DSK_00-1170218DSK_00-2
「同窓会プラン」なんてお得な4時間飲み放題があるのね…。

170218DSK_01
ま、場所なんてどこでもいいのよね。気の合うメンバーで集えれば…。

170218DSK_02-1170218DSK_02-2170218DSK_02-3
そして、お酒と料理さえあれば…。

170218DSK_03-1170218DSK_03-2170218DSK_03-3
一気に盛り上がれるのよね。端からみたらいい歳したジジババなのでしょうが…。

170218DSK_04-1170218DSK_04-2170218DSK_04-3
あの頃に戻って肩なんか組んじゃったりして。元気もらえた…。

170218DSK_05
しかし、半世紀ってすごいよね。またいつか…。


170218DSK_06-1170218DSK_06-2
で、終わるはずもなく。河岸を変えて…。

170218DSK_07-1170218DSK_07-2
飲み会は続く。あは…。  
Posted by file50 at 18:00Comments(2)TrackBack(0)オフ会・飲み会 

品川製麺所@新宿三丁目 07:45

今日はノンストップ。遅くとも18時には事務所離脱せねば。

[17_063]

170218sinagawaS_170218sinagawaS_info
出勤時。事務所近くで朝飯を…『品川製麺所』。24H営業がありがたい。店頭告知の淡麗 鶏 柚子おろし醤油ラーメン(¥650/税込¥702)を注文。なんとなく朝によさげかな?…とか。 先客6人…は昨夜がまだ続いている方々かしら? 後客1人。

170218sinagawaS_yuzuorosi
いわゆる鶏ガラベース。塩と見紛う淡麗醤油スープ。あっさりだけど旨味あり。歯切れのよい中細ストレート麺は若干凡庸かしら。鶏叉焼、味玉半分、水菜、メンマ、海苔、そして柚子皮を纏った大根おろし一塊。どれほど効果があるかは分からないけれど、少なくとも柚子は香ります。サクッと完食。そして過去への助走。事務所に籠もります。  

2017年02月17日

更科@新宿御苑前 11:30

強風。てか春一番かしら。

[17_062]

170217sarasina_170217sarasina_menu
新宿御苑前。昔ながらの日本蕎麦屋さん…『更科』。開店直後と思われるのにすでに先客6人。私で1階席満卓? ま、相席アリアリだし、2階席もあるのよね。後客続々。メニュー裏面“中華もの”の中からチャーシューメン(¥972→実際は¥970)を注文。ラーメンが人気の日本蕎麦屋さん。私が居る時だけでも12人中9人がラーメン。

170217sarasina_cyasyumen
お蕎麦屋さんなのに、しっかり豚骨、鶏ガラ、そして人柄のすっきり出汁感。心地良い甘みある醤油ダレ。しなやかな中細ストレート麺。若干柔らかめの茹で加減。そして圧巻の叉焼5枚。お蕎麦屋さんで頂いているとは思えない肉感的叉焼。ほどよい噛み応えと柔らかさが共存。濃い味付け。そしてラーメン屋さんでも最近はあまり見られない厚み。「叉焼食べてるー!」って体感出来る一杯ね。コリコリメンマ、刻みネギ。後半、胡椒投入。いわゆるテーブルコショウがよく似合うスープ。するするサクッと完食。そして完飲。そこらのラーメン屋さんよりよほどか満足度が高いチャーシューメン。ご馳走さまでした〜♪  

2017年02月16日

一条流がんこラーメン総本家@四谷三丁目 10:45

中毒ではないんですョ。いやほんと。

[17_061]

170216GSHK_170216GSHK_menu
という訳で…『一条流がんこラーメン総本家』。今日はそんな気分の日。列び10人…くらいなら接続。20分ほどで店内に。この2月から“ラーメン¥700→¥800”に価格改定。今までが安すぎたというか。¥800でもまだ安いような? なにしろ普通のラーメン屋さんの叉焼麺味玉付って感じですから。今日は悪魔でお願いしました。前金¥800。家元いわく「ここ数日のは旨いよー」と。ワクワク。

170216GSHK_akuma
悪魔となると今でも多少は身構えるのですが…。あら、美味し…笑。胃に沁み入る感覚はあるものの、昔のような殺人的なショッパさはなりを潜めていますね。ヒロポンスープは家元いわく“悪魔中毒患者だけが知る旨さ”とのことですが、コレ誰が食べても美味しいような気がする? 家元独特のしっかり強い出汁が感じられるスープ。やはり唯一無二。悪魔肉も若干ショッパさはありますが以前に比べたら優しい味わいね。叉焼は大判スライス国産肩ロース。1月の時点に比べたら若干厚めになっていますかね? 茹で加減絶妙。歯切れのよい中細麺。啜る速度が徐々に増していきます。刻みネギ、メンマ、海苔。気がつけばサクッと完食。もちろん家元の生き様感じるスープも一滴残さず完飲ですョ。いやぁ、美味かった〜♪ 次回は卓上のタレ大量投入ですかね?…笑。
  

2017年02月15日

長浜ナンバーワン@京王百貨店新宿催事 10:55

昨日、奇特な方から連絡頂きまして。と同時に自宅にチラシも入っていまして…。

[17_060]

170215HKTno1_170215HKTno1_menu
という訳で京王百貨店新宿催事「大九州展」。イートインは『長浜ナンバーワン』。営業開始の5分前。てか私もそこそこ歳いっていますが、この時間帯の催事は私よりずっとお歳を召された諸先輩方ばかりですね…汗。今回は京王限定オリジナルラーメン(¥850)の食券を購入。28席あるイートインスペースはじき満席。

170215HKTno1_KOgenteiRA
京王限定オリジナルは通常のラーメンに煮たまごと辛みそが付加されたものと思われます。軽くトロンとしたほどよい豚骨感にバランスのよいタレ。なかなか美味い。しなやかさも兼ね備えた歯切れのよい細ストレート麺。薄手の叉焼2枚。煮たまごは味付け半熟。そして青ネギ。早々に卓上調味料。紅生姜&白ゴマ投入。ほどよい味変。ですが、さらに自家製の辛みそを溶くと風味と辛味が増します。てか、そこそこパンチある辛さ…汗。辛味にやや弱い私的には頭髪の毛穴が開くのが分かります。発汗スイッチON状態…笑。スープは鮮やかな橙色。大量に汗をかく前にサクッと完食。額の汗をぬぐいつつも意外に楽しめました〜♪  

2017年02月14日

RAMEN CIQUE@南阿佐ヶ谷 21:35

不確定要素に悶々。それでも火曜日ですから。

[17_059]

170214CIQUE_170214CIQUE_full
帰宅経絡は丸ノ内線経由。南阿佐ヶ谷…『RAMEN CIQUE』。無事着陸…したもののカウンター6席は満席。待ち2人。侵略かしら?…笑。

170214CIQUE_beer170214CIQUE_GUtumami
YEBISUビール。黒味玉(¥100)と巻きバラチャーシュー(¥100)はおつまみ仕様。今日も厨房は孤軍奮闘。心持ち楽しげに見えるのは、先週までなかった懐古的薄型音響が奏でる音のせいかしら?…笑。後客1人。

170214CIQUE_SIOra+tomato
塩ラーメン(¥750)+焼きトマト(¥150)。週毎に増していく豊かで柔らかい旨味。密な感覚。全粒粉配合中細麺を啜り、多彩な具を楽しみつつも、どこかにスープの存在感。全てを包み込み支えるイメージ。私的には十分に美味しいのですが、まだまださらに美味しくなるのでしょうか。気がつけばサクッと完食。もちろん完飲。後客さんの食べ始めるなり「美味しいですね」の一言。笑みが溢れます。口の中に残る余韻を楽しみながら退店。てか離陸。  
Posted by file50 at 21:35Comments(4)TrackBack(0)ラーメン杉並区 

喜多方ラーメン坂内 四谷店@四谷三丁目 13:30

火曜日の朝もなぜかバタバタ。解放されたのは13時過ぎ。ダメ元で四谷三丁目。ありゃ列が折り返してますね。本日業務と鑑みればちと無理なので某店は回避。

[17_058]

170214bannai_170214bannai_info
帰り道沿い…『喜多方ラーメン坂内』。以前『小法師』だったトコですね。てか『小法師』と『坂内』の違いが私にはよく分からない?…笑。昼過ぎでもほぼ満卓ね。おじさまと相席。てか私も十分おじさんですが…汗。期間限定のピリ辛香ばし塩ラーメン(¥780)を注文。接客女性は熱帯亜細亜系の方ですかね。流暢な日本語でしっかりした客捌き。お見事。

170214bannai_koubasiSIO
昼時は希望で小ライスが付くのが嬉しいですね。ベースのスープは優しめ。焦がしネギというか焦げたネギ風味? 自家製ラー油の香味が食を進めます。もちっと食感のよい中太麺。水菜ちょっと多すぎだけど紛れるキャベツがいい感じ。そして甘い味付けのバラ叉焼が5枚入っているかしら…嬉し。一枚ライスに避けておいて…とサクッと完食。てかピリ辛程度なのに私は汗だく。相席の方に暑苦しくて申し訳ない…汗々。ライスにスープをたっぷり投入。さらさらサクッと完食ね。可もなく不可もなく。お腹はしっかり満たされました。  

2017年02月13日

煮干中華そばつけめん 鈴蘭@新宿三丁目 11:15

月曜日の朝はなぜかバタバタ。

[17_057]

170213suzuran_170213suzuran_info
というワケで…『煮干中華そばつけめん 鈴蘭』。近場でサクッとね。数量限定狙い。告知の指示通り煮干そば(¥780)のボタンをポチッとね。食券を渡す際に「限定で」と。炊き込み飯(¥100)もポチ…したつもりが「限定は大盛出来ないんですョ」って。大盛(¥100)ボタンポチしてた? 口頭で無事変更完了…汗。先客1人、後客4人。

170213suzuran_AGOdasisyuouyu
あご出汁醤油そば〜淡麗天然水仕込み〜。一見、普通の清湯醤油スープですが、エグいほどにあご煮干しの旨味と甘味が濃厚。振り切った味わいがいいですね〜♪ 歯切れのよさとしなやかさを兼ね備えた細ストレート麺。薄手ながらレアな叉焼2枚。しっとり穂先メンマ。白髪ネギ、水菜。気がつけば加速度。強い味わいにニヤつきながらサクッと完食。

170213suzuran_takikomi170213suzuran_takikomi+s
炊き込み飯は鮭の味わい。小振り茶碗ですが¥100だったらお得です。2口3口味わってから、スープ投入〜。鮭感が強いあご出汁に浸食されるのを楽しみながらさらさらサクッと完食。丼ぶりに残ったスープも飲み干して。満足〜っ♪  

2017年02月12日

中華蕎麦 はる@下井草 19:25

通常日曜日だけは家に晩飯があるのですが、今日は家内所用のため用意がありません。

[17_056]

170212haru_170212haru_kenbaiki
という訳で帰宅時、西武新宿線、下井草駅で途中下車。先週オープンしたばかりの新店…『中華蕎麦 はる』。以前『麺や 鐶』のあった場所ですね。下井草駅は自宅最寄駅から一駅とかなり近場なのですが、こちら20時30分終了と平日の私的にはかなりハードルの高いお店。中華蕎麦・煮干香味蕎麦・濃厚白湯魚介蕎麦の3本柱。券売機…中華蕎麦(¥780)のボタンをポチッとね。L字カウンター8席。配置は『鐶』の時のままですが、内装にしっかり手が加えられ、清潔感ある小綺麗な店内。先客ゼロ。物腰の柔らかい店主さん1人で切り盛り。

170212haru_beer170212haru_otoosi
もちろんハートランドビール中瓶のボタンもポチしましたョ。一日の区切りですから…。てか驚いた。立派なお通し付き。ホースラディッシュ醤油で頂く低温調理叉焼…嬉し。美味、シアワセ。後客6人…は全てカップル…汗。

170212haru_cyukasoba
慣れた手際でほどなく提供…中華蕎麦。香味油が香るすっきり醤油スープ。個性的という感じではありませんが、高いレベルできちんと作られた間違いのない味わい。しなやか細ストレート麺が泳ぎます。叉焼は低温調理的な豚としっとり鶏の2種。カイワレ、白髪ネギ、そして菜の花、タケノコが春らしい。お通しのホースラディッシュ醤油でタケノコを頂くとかなりナイスなおつまみ。小綺麗なカウンターによく似合います。てか和風居酒屋かしらって心持ち…笑。とか、楽しんでいるうちにサクッと完食。そしてもちろん完飲。ラーメンをよく知っている方が作られたって雰囲気の一杯。どこか優しさが感じられるのは店主さんの人柄かしら。  
Posted by file50 at 19:25Comments(0)TrackBack(0)ラーメン杉並区 

2017年02月11日

豚らーめん 獣道@上井草 21:30

土曜日。残り13食

[17_055]

170211KM_170211KM_info
という訳で帰宅時、西武新宿線上井草駅下車…『豚らーめん獣道』。あらら、今日だけで限定4つもあるのね。先客1人。

170211KM_kenbaiki170211KM_beer&1
券売機。思惑のボタンをポチ。したつもりだったのですが間違っていたようで…汗。限定ボタンも日にち限定、曜日限定、その他限定、限定つけめんと複雑。口頭で告げ無事注文完了。出来上がりを待つ間はもちろん缶ビール。味付半熟玉子(¥100)をおつまみに。後客4人。

170211KM_nokemonoRA
のけものらーめん(¥750)。なんでもマンガとのコラボラーメンだとか。てか聞けばコラボも大変なのね。いろいろと…汗。焦がしネギ油が香ります。しっかり炊かれたクリーミーな豚スープに醤油ダレのバランスがいい感じ。スープに負けない弾力ある太麺。具には大判叉焼1枚、太メンマ、焦がしネギ、そしてたっぷりの茹で野菜。てか、このキャベツがなかなか美味ーい! 春キャベツかしら? 食感も良く焦がしネギと絡めるとナイスおつまみね。そこそこ量もありますが、気がつけばサクッと完食。そして完飲。

170211KM_beer&2
キャベツが美味いので350缶をもう一本だけ…笑。  
Posted by file50 at 21:30Comments(0)TrackBack(0)ラーメン練馬区 

2017年02月10日

麺庵 ちとせ@曙橋 14:15

油断したら昼食を食べ逃しそうな金曜日。てか晩飯すら怪しいのですから食べておかねば…。

[17_054]

170210chitose_170210chitose_kenbaiki
という訳で自転車で富久町通り抜けコース…『麺庵 ちとせ』。券売機、油そばのボタン(¥700)を…てか小さく“ザ”がついているのですね…笑。ポチッとね。食券を渡して出来上がりを待ちます。てか、女性店員さん定着ですかね。先客3人、後客4人。こんな時間でもそこそこ盛況。

170210chitose_aburasoba
お、前回食べた油そばとまた仕様が変わっていますね。載せ物は2種の刻みネギ、メンマ、そして叉焼は細かく刻まれたものになっています。油そばの場合はこの方が食べやすいですよね。たっぷりなのが嬉しい。ピロッとした自家製太麺は手揉みが加わり、油とタレが絡められています。鶏油の香り。ネットリと絡みつく油感。心地よい酸味と醤油ダレの味わいがいいですね〜♪ 後半、味がちょっと単調になる頃に、黒胡椒か一味唐辛子が欲しいところ。ですが、こちら卓上調味料置いてないのよね…笑。サクッと完食。ご馳走さまでした〜♪  

2017年02月09日

博多 一瑞亭@新宿御苑前 11:15

雪だったりするの?

[17_053]

170209issuitei_170209issuitei_kenbaiki
『博多天神』でない博多系豚骨を食べたい時。近場ではこちらですかね…『博多 一瑞亭』。新宿通り沿い。オープン当初訪問して以来。券売機、ラーメン(¥750)のボタンをポチッとね。ミニチャーハン(¥350)のボタンもポチ。お冷やを置かれたカウンター席に。接客は硬派な雰囲気?…笑。店員さん同士の会話はほぼ一言。なにを言っているかよく分からないけど通じているっぽい…笑。先客2人、後客7人。

170209issuitei_ramen
泡立つ表面。軽くトロンとしたスープはしっかり豚骨感。臭みは抑えられていますが味わいは豊か。ややショッパめですがタレとのバランスも良好。オープン当初よりさらに美味くなっているような。継ぎ足し式だったかしら。歯切れのよい細ストレート麺がするする進みます。叉焼は大降り薄手が2枚。キクラゲ、万能ネギ、海苔。後半、卓上調味料。生姜投入〜。“紅”じゃない細切りがいいですね。辛子高菜投入〜。辛味も加わりますが一気に味わいも変化。サクッと完食。

170209issuitei_minicyahan
ミニチャーハン。ミニですが半チャーハンくらいはあります。少し油っこいですがなかなか。半分ぐらい食べたら卓上調味料で勝手に辛子高菜チャーハンに…笑。コレ楽しいね。次回はフルのチャーハンと博多一口餃子ですかね。退店する時、硬派っぽい店員さん扉を開けてくれ最敬礼。気持ちはとても優しい。
  

2017年02月08日

食堂 七彩@都立家政 22:35

事務所を出る前にDM入れて…と。時間的にはちょっと遅くなりましたが西武新宿線、都立家政で途中下車。

[17_052]

170207sitisai_170207sitisai_info
22時過ぎでもしっかり営業中…『食堂 七彩』。お店に入ると同時にjunさんも到着…嬉し。目当ての限定はまだ残っていまして。キャッシュで¥1300。先客2人。

170207sitisai_beer170207sitisai_toosi
SAPPOROラガービール。お通し付き。2×2人で4種…笑。ありがたい。後客7人。遅い時間も盛況ね。

170207sitisai_madaraTU
真鱈つけ麺。綺麗な盛り付け。叉焼、メンマ、刻みネギの他に、みょうさく、白子自家製ポン酢、自家製チャンジャ、肝の裏漉しが添えられています。これ見事におつまみ群? 必然的にお酒ですかね…笑。つけ汁からは品良く鱈が香ります。すっきりしつつも濃密な味わい。真鱈の切身がゴロゴロ沈んでいます。なんか幸せ。稲庭中華のしなやかな細麺がスルスル胃に収まります。肝をつけ汁に溶けばさらなるコクを演出。夢中で啜っていまして。気がつけばサクッと完食。いやぁ、美味かった〜♪ あ、もちろんつまみ用に具を少し残しておいて…と。

170207sitisai_nihonsyu
必然的に日本酒を。一杯だけ…笑。ふ〜、幸せ…♪  
Posted by file50 at 22:35Comments(2)TrackBack(0)ラーメン中野区 

らーめん佐高@新宿御苑前 13:25

納豆補給。

[17_051]

170208sataka_170208sataka_in
欲求したら私的には近場のこちら…『らーめん佐高』。入口脇にてまず注文。納豆つけらーめん(¥800)を麺少なめで。先客6人。1階カウンター満席。2階に。こぢんまりした空間に18席ほど。先客ゼロ。窓際カウンター席に。店員さんもいないしBGMも無し。無味乾燥の空気感。出来上がると業務用エレベータで上げられ、と同時に階段から店員さんも上がってくる方式。後客2人。

170208sataka_nattoTU
納豆つけらーめん。麺少なめ注文ですがそれでもたっぷり。いわゆる甘辛酸のすっきり醤油つけ汁。割合は甘味=弱、辛味=中、酸味=強といった感じかしら。卵で溶かれた納豆がたっぷり浮遊。ときおり鼻をかすめる大葉の風味が個人的にはツボ。以前よりかなりしっかりしたように思える自家製麺。食感もよく、さらに納豆の滑感で小気味よく胃に収まります。海苔の風味。つけ汁にはメンマ、そしてわずかに入るコマ切れの叉焼が意外に嬉しかったり。2階席は店員さんもいないので、ゆっくりのんびりね…と思って食べていたのですが、気がついたらサクッと麺がなくなっていまして。スープ割りもお願い出来ないので一粒残さずつけ汁もろとも完飲…笑。納豆補給完了。満足。  

2017年02月07日

RAMEN CIQUE@南阿佐ヶ谷 21:45

火曜日。帰宅経絡は丸ノ内線経由。

[17_050]

170207CIQUE_170207CIQUE_beer
南阿佐ヶ谷駅下車。今日も青梅街道を吹き抜ける風は半端なく冷たいですね。『RAMEN CIQUE』着陸。先客1人…は、ちょうど退店されるところ。まずはYEBISUビール。

170207CIQUE_GUtumami170207CIQUE_GUtumami+
黒味玉(¥100)と巻きバラチャーシュー(¥100)はおつまみに。卓上調味料で即座に自分仕様…笑。後客5人。ありゃ満席。

170207CIQUE_sioRA+tomato
塩ラーメン(¥750)+焼きトマト(¥150)。店主さんいわく“大幅見直し中”だとか。今日のは塩ダレにかなり手を加えたとか。馬鹿舌の私にはよく分かりません…汗。いつも同様幅広い旨味の層。言われてみれば心持ち余韻が強めに残る感じ? どちらにしても間違いのない美味さは健在。個性ある多彩な具とともに全粒粉配合中細縮れ麺をサクッと完食。たっぷり残ったスープは豊かで柔らかい旨味。ゆっくりゆっくり余韻を楽しみながら一滴残さず完飲ね。今日も美味感謝! お客さんの帰られた店内で店主さんとお話し。ひとしきり。さてそろそろ離陸しましょうかと店を出ようとしたら。あら青木健さんご来店…笑。カウンター席に逆戻り…笑。予期せぬビールと楽しい時間。日を跨いでこっそりひっそり“おめでと!”とかね…笑。  
Posted by file50 at 21:45Comments(0)TrackBack(0)ラーメン杉並区 

麺屋KABOちゃん@駒込 13:30

午前中から打合せ。昼過ぎ終了。さてと。

[17_049]

170207KABO_170207KABO_menu
今日は意外に風強くて冷たいね。駒込…『麺屋KABOちゃん』。お久しぶりです…m(_ _)mペコリ。KABOさんの居るこの店内はなぜかホッコリします。冬のうちに食べておきたいメニュー。“R15 オトナの…”と断り書きのある味噌中華そば(¥850)を注文。刺激と味わいが大人向けなのよね。先客1人、後客1人。先客さんが帰られる時に「午後の仕事も頑張ってね」とKABOさんからひとこと声がけ。聞けばご近所のスーパーの店員さんだそうで。この自然体接客がKABOさんの魅力。人柄なのよね。

170207KABO_misocyuuka
もうね、作っている時からスパイシーな香り。食欲をそそります。いわゆる巷の味噌ラーメンとは趣きを異にする、エスニックで山椒的オトナの味わい。辛さはありませんが汗はかきます。そして美味いです。心地良い歯応えを残した茹で加減の中細ストレート麺。個人的にはトップクラスの叉焼。豚2枚、鶏1枚。しっとりさと香ばしさを兼ね備えた一品。そして今日のはなぜか分厚い…嬉し。ネギ、メンマとともに気がつけばサクッと完食。てか本当に不思議と辛くないのにしっかり発汗。ま、私は他人さまより汗っかきではあるのですが…汗。

170207KABO_ikasio170207KABO_gohan+ikasio
てか、賄い用に仕込んでいた出来立てイカの塩辛?塩もみ?だとか。ちょっとお裾分け? ご厚意 感謝デス…m(_ _)m。ほどよい塩加減と生姜感。コレ美味っ!てことでライス(¥100)を半分で…笑。そっとネギを添えて頂きまして、ヤバ美味〜い! もちろん、後半は残ったスープも投入。スパイシー雑炊〜♪ さらさらサクッと完食。丼ぶりのスープも飲み干して…と。美味かった〜♪ また寄らせていただきますデス。帰路の寒風が気持ち良し!  
Posted by file50 at 13:30Comments(2)TrackBack(0)ラーメン北区 

2017年02月06日

食堂 七彩@都立家政 21:55

このくらいの時間に事務所離脱出来れば途中下車が可能。

[17_048]

170206sitisai_170206sitisai_beer&toosi
という訳で帰宅時、西武新宿線都立家政で途中下車。日常使い出来るありがたさ…『食堂 七彩』。ダメ元覚悟の“鬼油”はすでに終了。ですが無問題。まずはSAPPOROラガービール。お通し付きが嬉しい。てか今日も奥のスペースは今田麺工房?…笑。先客2人、後客7人。

170206sitisai_TOKYOmiso
TOKYO味噌らーめん/ハイカラ(¥970)。江戸甘味噌の濃厚なスープに良質な粉チーズがトッピングされたハイカラ仕様。濃い旨味とコクにチーズのまろやかさが合うのよね。強い味わいにも負けない弾力ある手揉みの平打ち太麺。プルンとね。跳ねるのもかまわずワシワシとね。モヤシの食感が心地よし。どこか懐かしさも感じる味わいに癒されながら、気がつけばサクッと完食ね。もちろんスープも完飲。身も心も暖まったところでビールを飲み干して…と退店。ご馳走さまでした〜♪  
Posted by file50 at 21:55Comments(0)TrackBack(0)ラーメン中野区 

らーめん渡なべ@高田馬場 11:00

誰しもそうなのかもだけど…。後戻りの利かない人生を送っているのよね。

[17_047]

170206Wnabe_170206Wnabe_info
さてと。自転車で明治通りを北上。最近このくらいの距離でも二の足踏むのよね…苦笑。高田馬場…『らーめん渡なべ』。11時。じき暖簾が掛けられまして。開店時、私を含む3人入店。限定狙い。券売機、限定らーめん(¥830)のボタンをポチッとね。この時間、古くからいらっしゃる店員さんひとりで切り盛り。後客続々。カウンター8席はほどなく満席に。

170206Wnabe_hohaisakekasuM
「豊盃」酒粕の味噌ら〜めん。“青森の日本酒「豊盃」の酒粕を贅沢に使いました”とされる味噌ら〜めん。“風味と旨味を活かすために、無化調”とのこと。丼ぶりから漂う酒粕の風味。マイルドでまろやかな味噌スープは熱々。ほどよい甘味と強く効いた生姜感。中央の酒粕ペーストを溶かすと旨味が口に広がります。さらに煽られた挽き肉がコクを付加。弾力のある中太縮れ麺がするする進みます。具にはブロック叉焼、コリコリ細メンマ、ザクッと切られたネギ。シンプルだけど味わい深い一杯。あっという間に完食ね。もちろん完飲。身体ポッカポカ。満足〜♪  

2017年02月05日

日高屋 西武新宿前店@西武新宿 07:45

教えて頂きまして。歌舞伎町近辺での『日高屋』は2軒と思っていましたがもうひとつ出来ていたのですね。

[17_046]

170205hidakaya-ss_170205hidakaya-ss_info
日曜日、出勤時。“西武新宿駅中央口より徒歩30秒”と謳われている『日高屋 西武新宿前店』。24時間営業。期間限定の海老味噌ラーメン(¥590)注文。先客9人。ほとんどが昨夜の続いている方かしら。うち5人の若者グループはいまだ吞みまっただ中。賑やかなBGM…?「オレ女が出来てもゼッテー仲間をとるッ!」とかって。お冷や吹いた…笑。後客1人。

170205hidakaya-ss_ebimiso
海老無いね? と思ったら沈んでた。剥きエビ4、5個。スープは熱々。不用意に一口飲んで舌ヤケド…笑。味わいはまろやかな味噌味にほどよく海老感。なかなか美味いね。変わったとお聞きしていた麺も、以前のチープ的細縮れではなくしっかりした中細ストレート。しばらく来なかったら企業努力されていたりするのですね。スープに沈んで少なそうに見えた野菜も意外に多種でいい感じ。気がつけばサクッと完食。挽き肉追いかけているとスープもかなり飲んじゃうね。ご馳走さまでした。さてと事務所へ。

てか、コマ劇場が建て変わったと思ったら、今は新宿ミラノ辺りが更地なのね。自分の青春時代の新宿が残っているのはもう『アカシア』ぐらいかしら。ちと寂し…。
  

2017年02月04日

食堂 七彩@都立家政 20:50

平日夜に自由の効かない歯がゆさ。家に着いたその7時間後にはすでに通勤電車の中…とか。

[17_045]

170204sitisai_170204sitisai_info
今日は少し早めに事務所離脱させて頂きますョ。土曜日ですから。帰宅時、西武新宿線都立家政で途中下車…『食堂 七彩』。目的の限定は“売切”告知。でもこちらは何を食べても美味しいから大丈夫。先客4人。てか今日の奥の2席分スペースは麺打ち場。今田麺工房?…笑。

170204sitisai_beer170204sitisai_toosi
なにはともあれSAPPOROラガービール。お通し付き…嬉し。この海苔の佃煮美味いですね。ほどよくピリ辛でご飯を欲します。後客3人。

170204sitisai_seaburanibosi
なぜか提供されまして…限定。背脂煮干らーめん(¥920)。感謝…m(_ _)m。表面が3分割? ベースのスープは煮干しがガツン。立たせ気味の醤油感。いいですねー♪ 七彩流で炊かれた背脂が侵食してくると品のある甘みが付加。嫌味のない甘味がいいですねー♪ そして岩海苔。磯の香りと味わいがいいですねー♪ さらにスパイシーのメンマで心地よいインパクト。この小さい丼ぶりの中に多彩な旨味が詰まっています。モチモチの平打ち手揉み太麺。刻みタマネギの食感とともにサクッと完食。スープを飲み干すと底に大量の煮干粉。もちろんこそぎ取りますョ…笑。残しておいたしっとり叉焼でビールで飲み干してと。ご馳走さまでしたー♪ ひとり会議…無事終了!  
Posted by file50 at 20:50Comments(2)TrackBack(0)ラーメン中野区 

2017年02月03日

麺屋武蔵@新宿西口 10:55

2月のイベントといえば…節分かしら。ん、バレンタインなの? おじさんはチョコに縁がないものですから…汗。

[17_044]

170203musasi_b-open170203musasi_kenbaiki
という訳で昨日同様、自主的チョコ補給…笑。新宿西口…『麺屋武蔵』。開店5分前。店頭、開店待ち4人は異国の方かしら。後続続々で開店時には15人超。今日から始まったバレンタイン企画。昨年同様、ロッテとのコラボ。一日限定20食狙い。告知とかは無いですが、券売機の限定メニューをタッチしたら表れました。タッチパネルちょっと苦手…汗。この時間帯、限定発注は4人ほど。

170203musasi_tukegana
つけガーナ2017(¥1080)。華やか。つけ汁はしっかり“ガーナ”の風味。ですが不思議と甘味はあまり感じません。いわゆるつけ麺の味わいとはまったく別物。牛コンソメベースのつけ汁はどちらかというと洋食かしら。弾力ある中太麺。麺にもつけ汁にも配してある赤いパウダーは風味付けかしら。叉焼は燻した雰囲気の香りがして美味。野菜の香味が多彩。赤いのは大根の柴漬け的なマリネかしら。思いっきり和風っぽい?…笑。茶色い丸いのは“ガーナミルクにローストしたアーモンドを入れた生チョコをフォアグラのテリーヌで包んだフォラグラボール”だとか。どちらかというと“生チョコボール”といった雰囲気…汗。気がつけばサクッと完食。限定専用のスープ割りをお願いすると…コレが風味豊かで美味〜♪ 一体感ということで言えば昨日の『gotsubo』のチョコブラック2017の方が若干勝っているような? ですが、バラエティーに富んだ食べたことのない味わいという意味合いではかなり攻めてますね。楽しめました〜♪  

2017年02月02日

麺や庄の〜gotsubo〜@新宿御苑前 11:00

寒風。てか空気が冷たいのね。

[17_043]

170202gotsubo_170202gotsubo_info
昨日より始まった限定狙い…『麺や庄の〜gotsubo〜』。券売機脇に告知が出てますョ。バレンタイン企画。『庄の』さんのチョコ麺はすでに10年目だとか。てか意外に初期の頃から頂いてはいるのよね…笑。店頭券売機、チョコブラック(¥990)のボタンをポチッとね。入店したら「いらっしゃると思ってました」って…汗。バレてる…笑。先客1人、後客1人。

170202gotsubo_cyokoB2017
提供〜。と同時に見事にチョコが香ります…笑。後付けでソッと置かれた小皿? ご厚意 感謝デス…m(_ _)m。てかキレイに並んだ叉焼。燻しだとか。コレ美味いね〜♪ チョコやスープに浸食される前に1〜2枚ササッと頂いちゃったり…笑。隙間が出来たところでスープと麺を引きずり出します。“煮詰醤油”とあるタレの存在感。強い味わい。“叩き胡椒”と相まって「富山ブラック」的様相。さらに甘味を抑えたチョコレート粉でコクを演出。スープに負けない弾力ある太縮れ麺。素材感がしっかり味わえる九条葱が箸休めでしょうか…笑。後半、渾然一体となった丼ぶりは個性的なインパクトある一杯。チョコは味わいというよりか風味とコクといった立ち位置。告知にある通り“個性あふれる食材たちが丼の中で喧嘩し、最後は親友になるという熱いストーリー”というそのままを絵に描いたような一杯。しっかり堪能。サクッと完食。そして完飲。底に残るは大量の胡椒…汗。楽しかった〜♪ てかこの燻しチャーシュー絶品ね。美味かった!  

2017年02月01日

京紫 灯花繚乱@四谷三丁目 11:05

葱欲求。

[17_042]

170201tokaR_170201tokaR_kenbaiki
という訳で自転車で新宿通りを東に…『京紫 灯花繚乱』。京都九条葱まぜそば/並200g(¥880)のボタンをポチッとね。並盛・中盛・大盛同価格。私的には並で十分…笑。先客1人、後客2人。

170201tokaR_9negimaze_
京都九条葱まぜそば。追い飯付き。てか叉焼? ご厚意感謝デス…m(_ _)m。載せ物たっぷり。もちろん目的の九条葱もたっぷり。やや平打ちのもっちりした太麺に絡まるタレは味わい良好、風味豊か。やや和風寄りかしら。いいですね〜♪ 海苔が刻みから四角に変わりましたね。ミンチのスパイシーさ。温玉のまろやかさ。揚げネギ的なものの香ばしさと食感。飽きることなく楽しめます。さらには卓上調味料で味変化。インパクト強調。気がつけばサクッと完食。きっちり九条葱堪能〜♪ てかミンチと温玉半分ほど残しておいて…笑。

170201tokaR_9negimaze_in
追い飯投入〜。ミンチご飯美味〜い! ご飯で締めるとなぜかお得感的心持ち。いやぁ、美味かった〜♪ 満足っ!