2008年09月11日

麺者 服部@神保町 11:30

080911hattori.jpg[08_364]

朝の通勤電車は座ってちょっと目をつぶったら新宿に着いています。西武新宿線はえらく速いのですかね…f(^^;)。だからあっという間に今日も事務所です。さて、お昼は・・・神保町。話題の『覆麺』ではありません。先日TVに出ちゃったしね。私のことですから神保町『二郎』でもありません…f(^^;)。久しぶりの『麺者 服部』に。先週から始まった期間限定狙い!国産全粒粉を使った麺で提供されるとのこと。11時半到着。まだ、半閉まり…。一番乗り。じきに服部オーナー自らシャッターが上げられ開店〜♪「いらっしゃいま・・・ありゃっ!」って感じ!?・・・「あはっ…お久しぶりです…f(^^;)」って感じ・・・。券売機を見ると・・・あ、ありました…豚南蛮田舎つけそば(¥880)。食券を買ってカウンター席に。後客続々…コの字カウンター12席はあっという間に満席ね。服部さんに『麺者 服部』主催の日本酒利き酒会開催のお話をお聞きしたけれど、私のような馬鹿舌で分かるのかしら…f(^^;)。てか、その前に時間取れるかどうか…? なのですが。

080911hattori_BNinakatuke.jpgさて、提供された豚南蛮田舎つけそば。シンプルな構成。三つ葉に覆われたつけ汁と白い器の麺のみ。見た目にインパクトある麺です。ぶっといお蕎麦みたい…。そして味わいもコシの強いお蕎麦ちっくな雰囲気。つけ汁は基本じゅーしーのつけ汁かな。だから味わいはきちんと『麺者 服部』です。が、豚スライスと長めに切られたネギが入るだけで趣がやや変わりますね。南蛮風味が顔を覗かせます。かといって決して田舎臭くなく洗練された感じ。個性の強い麺に『服部』のつけ汁がとても良く合うのが不思議。うまくまとめられていて、美味しかったです。スープ割りをお願いするとタップリ熱々。和風魚介をしっかり味わい完食です〜♪ お店を出る頃には待ち客4、5人。相変わらず人気店なのです。
帰り際『覆麺』の前を通ったのですがお昼前なのに店舗外の列びが8人。TVの影響出てますかね〜。でも、神保町『二郎』はその5倍の列びなのでした。スゴイですね〜。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/file50/51174112