2017年12月22日

MENSHO@護国寺 11:10

年末業務。粛々と。

[17_457]

171222MENSHO_171222MENSHO_kenbaiki
久しぶりに降り立つ有楽町線、護国寺。少し出遅れたかしら…『MENSHO』。ようやく提供されたとお聞きした醤油狙い。店内券売機。醤油らーめん(¥900)のボタンをポチッとね。てか、カウンター席満席。店内待ち3人。てことは私は外待ち1番目…寒。25分後カウンター席に。厨房には庄野さんの姿も。席に着いてからはさほど待つこともなく提供。

171222MENSHO_syouyuRA
醤油らーめん。“親鳥で出汁、自家製醤油でタレ”とされる醤油スープ。一昨日あたりから早くもブラッシュアップされたとお聞きします。なかなか美味いじゃないですか。包み込むようなコクとフレッシュな醤油感。バランス良い油感。しなやかな自家製中細ストレート麺。喉越しもよくスープを持ち上げます。叉焼しっとり美味いですね。で、叉焼の上に仕掛けられた醪(もろみ)。この風味変化が個人的にはかなり好き。醪増しとか出来ないのかしら。2種のネギ、青菜、海苔なんかの食感風味を楽しみながらサクッと完食。志の高さを感じる一杯。満足です♪

171222MENSHO_saikyoajitama171222MENSHO_ridatu
てか、そっと置かれた西京浸味玉。ご厚意?美味感謝…m(_ _)m。そっといただき。ご馳走さまでした! 退店。  

Posted by file50 at 11:10Comments(4)

2017年04月27日

MENSHO@護国寺 10:55

GW前って。あと2日?なの。で、月末?なの。業務が滞る…汗。

[17_144]

170427MENSHO_170427MENSHO_info
久々の護国寺…『MENSHO』。開店5分前到着。店頭待ちゼロ。店内からは朝礼の声? てか時間前なのに暖簾が掛けられまして…ありがたい。ラーマガ限定ラーメン「NAKED」狙い。券売機。潮らーめん(¥1000)のボタンをポチッとね。食券を渡す際に「塩煮干で」と。注文完了。ラーマガ限定は基本「かけラーメン」。てか“かけ”だからとタカをくくったりして。卵かけごはん(¥250)のボタンもポチッと…笑。後客1人。

170427MENSHO_sionibosi
塩煮干。『MENSHO』独特のオリジナルらーめん鉢で提供。オシャレ。そして美しいですね。麺線もキレイ。重厚な香味の油が鼻をかすめます。銘柄鶏ベースの分厚い出汁感。バランスよく煮干しが香ります。液体なのになにやら料理でも頂いているかのような感覚。泳ぐしなやかな自家製細麺。秀逸。しなやかなのになぜかしっかりした感触。フチに鎮座する薬味のネギ3種。そして粒胡椒。少量でもしっかり味変。心地良くするする進みます。けど、麺量若干多めかしら。それでも最後まで飽きることなく完食。いやぁ〜美味かった♪

170427MENSHO_tamagogohan170427MENSHO_tamaggohan+S
卵かけごはん。これまたキレイ。てかコレ、大丼ぶりじゃないですか。立派。そして私の場合、卵かけごはんといえどもスープ投入〜。煮干し感が際だち、なにやら贅沢な出汁雑炊。濃い味わいの卵黄を崩せばさらなる至福雑炊。まろやか〜♪ そこそこある飯量も苦もなくさらさらサクッと完食ね。鉢の方に残ったスープも飲み干したくて…今回も果敢に丼ぶりから直接挑戦。あえなくシャツをも汚すハメに…汗。ソレでも飲み切るのよね…笑。満足〜♪
  
Posted by file50 at 15:24Comments(2)TrackBack(0)

2017年01月05日

MENSHO@護国寺 10:50

事務所的仕事始め。複雑…笑。

[17_006]

170105MENSHO_noren170105MENSHO_kenbaiki
護国寺に。2度目の訪問…『MENSHO』。気になっていたのよね。未食のもうひとつが。開店10分前到着。開店時、私を含む3人が入店。券売機、挽きたて小麦つけめん(¥1000)のボタンをポチッとね。石臼自家製粉が売りのメニュー。なぜか前回と同じ席に着席。後客5人ほど。

170105MENSHO_hikitatekomugiT
ほどなく提供。“玄米を石臼で製粉してから製麺した”とされる太麺。見た目から存在感。まずは天然温泉水に浸けていただく趣向。蕎麦的な風味とぼそっとした食感が新感覚。まさに素材を味わっている雰囲気。メインのつけ汁は鴨と野菜でとった出汁。麺を活かす品のよい味わい。麺の上の具には分厚い岩手鴨。青菜的扱いのケール。若芽の芯。そして風味付けに三つ葉。終始、素材が感じられる和のテイスト。楽しんでいるうちに気がつけばサクッと完食。スープ割りをお願いするとふんわり鴨の柔らかい出汁感。美味。もちろん完飲。これ新感覚のつけ麺ね。美味かった〜♪ てかなんかいただけた。 オマケかしら? ご厚意感謝…m(_ _)m。  
Posted by file50 at 10:50Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月26日

MENSHO@護国寺 10:50

夢を具現化してくれる男がいるのよね。靖国通りを自転車で疾走する彼を見た時、私はそれを確信しました。

[16_454]

161226MENSHO_161226MENSHO_menu
市ヶ谷に一店舗しかなかった頃。創作限定のためにシャッター待ち。店内の朝礼後ラーメン唱和を聞きながら開店をお待ちしていたのを思い出します。MENSHOグループ7店舗目。ん? LAを含めて8店舗目かな。先週オープンした新店…『MENSHO』。護国寺。以前『ちゃぶ屋』のあった場所。開店10分前シャッター。店頭待ちゼロ。開店時、私と外人さんの2人。厚切りブライアンさん???…笑。

161226MENSHO_open161226MENSHO_kenbaiki
11時ちょうど。庄野さん自ら暖簾が掛けられてオープン。年内は潮らーめん、挽きたて小麦つけめんの2種で営業とのこと。潮らーめん(¥1000)のボタンをポチッとね。

161226MENSHO_tennai161226MENSHO_tennai1
スタイリッシュな店内。ですが“MENSYO”らしく素朴な素材感も兼ね備えた空間。L字カウンター10席。自家製麺・製粉室併設。『MENSHO』グループの基幹的店舗。後客7人。

161226MENSHO_ussioRA
オリジナルらーめん鉢。凄い。「らーめんもここまで来たか」を感じさせてくれる形態。想像を形にしてくれる店主がここには居ます。

161226MENSHO_ussioRA-yoko
器上部のフチには炭化ネギを纏わせたホタテのコンフィ。さらにカラスミパウダー。麺に浸けて風味を楽しむ趣向。動物系を一切使用していないというスープは海の香り。意外に攻めのしっかりした味わい。しなやかな細麺は玄麦の石臼挽き。素材の香り。メンマ代わりに出汁漬けワカメの中芯。これが意外にイケる。さらに鮪と浅葱のワンタン。そして大山鶏のタタキ。食べ応えあります。てかこんな厚いタタキ初めて食べたかも。想像もしてなかった満足な一杯。繊細だけど素材を感じる味わい。サクッと完食。そして、完飲しにくい器だけどほぼ完飲…笑。心地良い空間・提供の趣向・素材を活かして昇華させた味わい…本当に¥1000でよいのでしょうか。美味感謝! てか早々に“挽きたて小麦つけめん”もいただきに来ねば…。  
Posted by file50 at 10:50Comments(4)TrackBack(0)

2015年10月07日

らーめん天神下 大喜@湯島 20:10

ん? はやぶささんjunさんがサシ飲み。ならば横入り…汗。ちょっとお邪魔しちゃいますョ。だって『大喜』なんですもの…笑。

[15_372]

151007daiki_151007daiki_00kenbai
久しぶりの湯島の名店。何年振りだろ?…汗。20時過ぎ。生ビールの食券だけ購入してちゃっかり同席。あはっ。

151007daiki_01beer151007daiki_01kokuban
生ビール!そしてマカサラお通し〜。夢にまで見た黒板メニューはセンセにお任せね…笑。

151007daiki_02kaki151007daiki_02torikara
てかラーメン屋さんでカキフライ!しかも美味。さらにとりから! 生ビールもう一杯〜♪

151007daiki_03sawa151007daiki_03cyaegg
レモンサワー…なんて久々に飲んだらうまいのね。進んじゃいそうだから一杯だけ…汗。ちゃーしゅうegg! とろ〜って黄身を溶いて…もうね、間違いなしの美味さ。『大喜』の叉焼ですもの。

151007daiki_04uhai151007daiki_04dasitama
ウーロンハイかしら。何杯飲んだかしら? だって鶏出汁玉子焼ですもの…涎。あははっ。なんだかんだでそこそこ長い付き合いですもの。話しは止まらないのね。楽し♪

151007daiki_05nacyu
〆は納豆中華そば(¥900)。どれだけネット上にアップする写真を涎を垂らしつつ指を咥えて眺めていたでしょうか。ようやく目の前に。きめ細やかなこの泡に浸かってしまいたい。この一体感たるや…。コレは中華そばにただ納豆を載せただけのシロモノとはワケが違いますョ。納豆と出汁の相乗効果。もちっと弾力のある捩れた中太麺。泡にまみれて具材はフル装備。というか叉焼2枚とか、後押しするそぼろ効果とか。メンマ健在。可愛いナルト。海苔の風味。白髪ネギの食感。それらの全てがひとつにまとまる心地よさ。もうお腹いっぱい…笑。なのに一滴残さず完食・完飲! いやぁ、美味かった〜♪

151007daiki_06tuke151007daiki_06karamiso
これは? junさんのつけめんかしら。ん〜、はやぶささんのは塩担々麺? 商品名未確認…あはっ。美味い食事とお酒。そして気心知れたお友だち。コレ“楽しい宴”必至の方程式。今日も会議(湯島編)無事終了。楽しかった〜♪  
Posted by file50 at 20:10Comments(4)TrackBack(0)

2014年08月01日

自家製麺 MENSHO TOKYO@後楽園/春日 17:35

事務所をちと脱走。麺庄グループ5店舗目の新店…『自家製麺 MENSHO TOKYO』。

[14_262]

140801MENSHOTKO_kanban140801MENSHOTKO_noren
今回のお店のコンセプトは【ラム骨×豚骨スープ】なのだとか。

140801MENSHOTKO_140801MENSHOTKO_beer
8/4のグランドオープンに先んじて試食会。18:00から。5店舗目は新宿区から飛び出し文京区。後楽園駅から地上に出たらわりとすぐ。早めに到着。飲み物が振る舞われ。お待ちする間はビール!…嬉。知り合い続々。ほぼ時間通りに店内に。

140801MENSHOTKO_kenbaiki140801MENSHOTKO_cyomiryo
券売機。そして卓上調味料。オシャレ。左から胡椒、ほうじ茶、ジンジャー・カルダモン酢だったかな? てかほうじ茶って…汗。店内はテーブル、カウンター合わせて20席ほどですが、天井が高くオシャレ。内装デザインは江戸モダン…だそうで。銀の煮干しのシャンデリアが凄い。

140801MENSHOTKO_ramutonRA
いただいたのはラム豚骨らーめんノーマル(提供価格¥750)。ラムのゲンコツと豚骨の白湯スープ。ラム的なクセをうまく旨味と甘みに昇華。しっかりとラムの風味なのですがまろやかで美味いです。新鮮な味わい。個性的でもあります。合わせる麺は中細ストレート。しなやかで歯切れのよいタイプ。叉焼はラムの低温調理。ミンチもラムだそうです。いろんな意味で頑張ってますね。三つ葉、ネギ、メンマもあったかな? 個人的にはなかなか楽しい一杯でした。

140801MENSHOTKO_kosyoMESI
胡椒めし。江戸時代から伝わるご飯だそうで出汁と胡椒で炊きあげたものとのこと。意外にあっさりした上品な味わい。後半はスープを投入してサラサラッと完食。美味!

140801MENSHOTKO_ramutonTU
臨席の方のラム豚骨つけめんノーマル(提供価格¥780)。少しだけ味見。らーめんよりさらにスパイスでインパクトを付加した感じ?かな。卓上調味料のほうじ茶で渋みを加えるとさらに深みが出るらしいです。

またひとつ東京に楽しみなお店が出来ました〜♪  
Posted by file50 at 17:35Comments(4)TrackBack(0)

2012年08月25日

ナツノタムラヤ ヒヤシタムラヤ@本郷三丁目 17:45

あまさんが上京されていまして。なんとしてでもお会いしたい。私的チャンスは3回。ひとつ目の一昨日はあえなく玉砕。今日こそは。こんなに早く事務所を離脱するのは久しぶり。新宿三丁目から本郷三丁目。ちと乗り換え間違えまして15分ほど遅刻…汗。

120825tamura_
『酒と肴と麺の店 田村屋』さん。夏場は『ナツノタムラヤ ヒヤシタムラヤ』って屋号なのね。“あまさんと呑もうの会”。ラのお友達7人ほど。

120825tamura_00beer
まずは生ビール!というかこの日はずーっと生ビールだったような…笑。

120825tamura_01edamame120825tamura_02nikudofu120825tamura_03gyoza
茹でたて枝豆あたりからはじまりまして。皿肉豆腐とか。焼き餃子、ウワサには聞いていましたが肉厚かつ肉汁たっぷりでジューシー。コレ何もつけなくても美味いですがな〜。

120825tamura_04karaage120825tamura_05120825tamura_06
鶏唐揚げカレーがけ、スパイシー。梅ザーサイとか。タタキきゅうりとか。コチラのお店は何を食べても美味いですね。さらにはあまさんが居らして、ラの仲間とのウマイ酒ですから。楽しくないワケがありません。〆はもちろん・・・。

120825tamura_07carryrice
カレーライス?。。。ってなんでやねん…笑。このカレー、鶏唐にかかっていたカレーより不思議と辛いのね。同じはずなのに…汗。

120825tamura_08milk
キタキタ。ラヲタですから…笑。ミルク冷やし肉野菜?かしら。平打ち幅広麺にスープが絡みます。ミルクって言うよりか上質のドレッシングのような。美味いですね〜。シェアなのにかなり食べちゃったような…あはっ。

120825tamura_09gekisin
で、なんすか。この辛そうな赤いの…汗。震撼味噌野菜タンメンかな。ちといただきましたが私の管轄ではないです…汗々。咽せますョ。激辛。辛旨。らしいのですが、辛さ耐性のない私はしばらく口の中が痺れてましたデス…笑。でもみんなでワイワイ言いながら食べると楽しいですね。

120825tamura_10wota
こうしてラヲタの夜は更けていくのです。楽し♪ お誘い感謝!

120825tamura_11miyage
あ、初めましての私にまでお土産ありがとでした…m(_ _)m  
Posted by file50 at 17:45Comments(4)TrackBack(0)

2012年04月18日

麺処 美羽-MIWA-@湯島 11:40

新店のお知らせを受けて湯島まで。昨日オープン『麺処 美羽-MIWA-』。世田谷にあった『麺ダイニング38』の移転とか。『ぽっぽっ屋』→『るどるふ』の跡地。

[12_138]

120418miwa_
開店10分後到着。こぢんまりした店内。男性店主さんと接客の女性店員さんの2人体制。背面カウンター8席。先客3人。

120418miwa_kenbaiki
券売機。濃厚魚介つけめん(¥750)のボタンをポチッとね。並盛は200gと250gが選択出来るようです。私200gで。10分後には店内満席。

120418miwa_noukougyokaiTU
熱々つけ汁から提供。麺には海苔とレモンが載って提供。つけ汁は動物魚介系。動物の方が若干強めに感じられるバランスかな。なめらかな口当たりですが唇はぴたぴたくっつきます。モミジ効果ですかね。冷水で絞められたもちっとした太麺を熱々つけ汁でいただくとうまいですね。つけ汁には刻まれた叉焼、メンマ、水菜等。後半、麺にレモンを搾ると爽やかにいただけます。ポットに入った割りスープは和風ダシ。突出した個性とかは感じられませんがきちんと作られた好感の持てる動物魚介系つけめんって印象ですかね。  
Posted by file50 at 11:40Comments(2)TrackBack(0)

2011年05月12日

こうや麺房@御茶ノ水 21:10

『らーめん 雅ノ屋』を出てこちらに。

110512koyaMB_00
以前、nonchさんが頻繁に来られたであろうお店…『こうや麺房』。四谷の『支那そば屋 こうや』の直系。何度か前は通ったことはあるのですが私は初訪問。

110512koyaMB_01beer
青島ビール! 四谷の『こうや』同様、店内に入るなり“飲みに最適なお店”な感覚をひしひしと感じます。そしてラのお友達との飲み。楽しいお酒は約束…(^^)v

110512koyaMB_02tukidasi110512koyaMB_03ika110512koyaMB_04niku
お通し? イカのセロリ的なもの。香草が効いてセロリ風味。コレ美味っ!てか、からめたスープの動物感がいい感じ。啜っちゃいますョ。ピーマン・メンマ・豚肉的なもの。間違いない味付けね。お酒も会話も進みますっ!

110512koyaMB_05syokosyu
だから紹興酒…f(^^;)あはっ!いやぁ〜楽し。

110512koyaMB_06cyodume
腸詰め的なもの。てかハム。しっとり柔らか〜美味っ!お酒も会話も進みますっ!なのでボトル2本目〜…f(^^;)あはっ!

110512koyaMB_07wantanSP
締めの麺。名称失念…m(_ _;)m。超激麺硬?いやハード?なんたらかんたら? ま、とにかくnonchさんスペシャル…f(^^;)。まさしく『こうや』の味わい。動物系、心地よく感じるスープ。適度に感じるケモノ感がよいですね〜。やっぱ美味いですヮ。いつまでも存在してもらいたいラーメンの一つですね。そして利害関係のないラ友との飲みはやはり楽しいなぁ〜(^^)v

110512koyaMB_08donburi
帰りに新宿で某店店主さんご夫婦とラーメン好きミュージシャンに会った気がする…???(^^;)

  
Posted by file50 at 21:20Comments(0)TrackBack(0)

らーめん 雅ノ屋@本郷三丁目 20:10

師匠からの招集…「nonchさんと飲むで〜」って…笑。早々に仕事に切りをつけ(ってか若干持ち帰り)事務所を離脱。っていっても19時30分過ぎ。

110512tamuraya_rest
てか、やってないんですけど…?(・・;)。。。

110512masanoya_01
なのでもうちょっと御茶ノ水寄り『らーめん 雅ノ屋』に…f(^^;)。店内にはすでにnonchさん。飲み体制…笑。

110512masanoya_02beer
SAPPORO黒ラベル!会話もBL?意味不明…???(^^;)あはっ。

110512masanoya_03gyoza110512masanoya_04morokyu
おつまみ定番手作り焼餃子やら、もろきゅうやら。じきハルヲさん到着。私的には久しぶりの飲みなので一気に盛り上がり〜♪ お二人は私にとってラブログ大先輩。楽し。

110512masanoya_05maze
おつまみ代わりにまぜそば的なもの(価格失念…m(_ _;)m)。海苔に魚粉が別皿で。さらに煮干しラー油が提供されます。コシがありつつしなやかな太麺。少し変わった風味があり面白いですね。てか、ナイスおつまみ。

110512masanoya_06siora
シェアで塩らーめん/細麺(¥650)。以前いただいた時醤油らーめんに比べて油感もほどよくすっきり。細麺はしなやか。旨みもしっかりじんわり美味いですね〜。

で、コチラは退店。って…?(^^;)。コレで終わるはずもなく・・・。

  
Posted by file50 at 20:10Comments(0)TrackBack(0)

2010年10月18日

麺専門店 自家製麺 織恩@東大前 14:45

昨日までに諸々の雑務を終了させ、今週のメインジョブに備えて準備万端。朝から待機。てか原稿入ってきませんね。ならばちょっと早い晩飯に。仕事動いたら食べる暇ないですから…f(^^;)

[10_402]

101018orion_
somenmanさんトコで知ったお店。東大前の『麺専門店 自家製麺 織恩』。昼のみ営業15時までのお店。ぎりぎり訪問。店頭のお品書を見るとつけそば、まぜそば、中華そばの3本柱。つけそば、まぜそばは並盛220g・大盛330g・特盛440gが同価格。中華そばは並盛160g・大盛220gが同価格。私はさっきお昼食べたばかりだから160gで…f(^^;)。店内券売機、中華そば(¥680)のボタンをポチッとね。と同時にsomenmanさんトコで気になったトッピング「薬味ラー油」。中華そばに合うのかな? 店主さんらしき方にお聞きすると「ん〜、中華そばは味が変わっちゃうからどうかな…」と。おっしゃる通り却下。カウンター席に。L字カウンター11席。先客2人、後客1人。店主さん+男性店員さん1人。その後も店主さんは気さくに話しかけてきます。感じ良いですね。沖縄県石垣島が第2の故郷とか。ショップカードにシーサーとか…。石垣島産の塩や黒砂糖・島とうがらし使用とか…。オリオンビールとか…。BGMとか?

101018orion_rayu
とか思っていたら「ちょっとだけ味見して下さい。どうぞ〜」と。小皿に少量薬味ラー油。ご厚意? ありがたくいただきます…m(_ _;)m てか、箸はエコと割り箸の2種が用意されていますね。

101018orion_cyukasoba
で、中華そばの提供。楕円の丼ぶり。珍しい。お品書には「特製とんこつ濃厚スープ」と書かれていますが鶏白湯と見まごう色合い。マイルドでクリーミー。臭みのないとんこつに魚介が合わされているのかな? タレの味わいが少〜し濃いめに融合されています。中細麺はしなやかなタイプ。美味い麺ですがやや絡まりやすいかも…。具はシンプル。柔らかい巻バラ叉焼。少し変わった味付けのメンマ。刻み青ネギ。どれも丁寧な作業が感じられます。後半、薬味ラー油投入〜。辛みは無し。食べるラー油的風味。ですが、やはり味を支配しちゃいますね。サクッと完食。私がお店を出ると同時に暖簾が仕舞われました〜。てか、太麺のつけそばかまぜそばも食べに来なくちゃ。です。
  
Posted by file50 at 14:45Comments(2)TrackBack(0)

2010年10月03日

魁 肉盛りつけ麺 六代目けいすけ@湯島 14:10

やること山積。とにかく日曜のうちに済ませておきたいことだけでも…。てか遅々として進まず。気晴らし気晴らし。ってことで遅い昼食に。10月1日にオープンしたばかりの『魁 肉盛りつけ麺 六代目けいすけ』に湯島まで。『けいすけ』グループの新店。6店舗目ぐらいになるのかな? 場所は『らーめん天神下 大喜』の交差点を挟んで反対側、『油そば専門店 浜そば』のちょっと先。

[10_379]

101003_6keisuke
てか道の反対側から見たら祝花でお店が見えませんがな…f(^^;)。あわてて渡って店頭に。てか日曜だからかこの時間でも店頭に行列10人ほど。時間ないっちゅうに・・・。

101003_6keisuke-noren
15分ほどで店頭に。店員さんに呼ばれて店内に。液晶タッチパネル式券売機。これちょっと苦手…f(^^;)。まず肉盛りつけ麺か肉盛りらーめんかを選択。肉盛りつけ麺をポチッと。と、肉盛りつけ麺か肉盛りつけ麺辛味の並/200g(¥780)・中/300g(¥880)・大/400g(¥980)を選択。肉盛りつけ麺/並200g(¥780)の表示をタッチね。厨房前一番奥のカウンターに案内されるままに着席。店内はテーブルカウンターあわせて20席ほど。の他に奥に半地下席がありますね。6人ぐらい入れるのかな。

101003_6keisuke-takujyo
カウンター前には食べ方説明。刻みタマネギもセットされます。店員さんは6人ほど。けいすけさんはいませんが中華鍋を降るっているのは大橋さんね。新店開店の時にはほぼ確実にいらっしゃる方。開店当初の『二代目海老そば けいすけ』にもいらしてよく話しかけていただきました。今日も忙しいさなか、ちらちらっと話しかけてもらえるのが嬉しいス…f(^^;)。朝5時までの営業なのでこの数日ほとんど寝てないらしいですョ。お疲れさまです…m(_ _)m

101003_6keisuke_nikutuke
肉盛りつけ麺/並の提供〜。幅広のよじれのある平打ちの麺の上には醤油ダレで甘辛に味付けされた肉とタマネギがど〜ん!やはり大つけ麺博の時のものはプロトタイプだったのですね。さて説明通りにまずはつけ汁を浸けずに。いや〜まんま美味いですョ。この味付けは日本人ならけっこうな割合で好きな味わいだと思うな。カネジンの麺も大つけ麺博でいただいた時より心持ちしっかりしているような? で、つけ汁を浸けるとややショッパめの醤油が立ってきます。魚介も効いたサラッとしたつけ汁。メンマ入り。酸味がちょっとキツい?かも。しかし色々楽しめてテンション上がります。で、卓上調味料。カレー粉を麺にドバッと。てかドバッと? ん?いまいち出が悪いかも…?(^^;)。でも変化〜。楽しい。タマネギ投入〜。甘みが増して食感が心地よいス。で食べ終わるとスープ割り。ポットで提供。あっさり和風感。てかご飯投入も有りですかね。お店を出ても行列はまだ10人ほど。日曜はしばらく混みますかね。
  
Posted by file50 at 14:10Comments(4)TrackBack(1)

2010年08月10日

中華そばの台風。@茗荷谷 11:00

今日は野方あたりで本日開店の新店で濃厚ラヲタ祭り(笑)があるようですが、私は回避。というか行けない…(T-T)。いつ行けるのだろう。月末でしょうか・・・。ところで変な天気ですが台風来ているの?

[10_292]

100810C_Typhoon
ということで今日は茗荷谷の『ら〜めん 台風。』…f(^^;)なんちって。11時ちょっと過ぎに到着。すでにOPENしてますね。

100810C_Typhoon_info
本日から『中華そばの台風。』として期間限定営業のようです。なんでもこの方が関わっているらしいので。券売機でらーめん(¥700)のボタンをポチッとね。先客4人、後客4人。奥の厨房にはHidekiさんの姿も見えますね…(^^)v

100810C_Typhoon_ramen
通常営業時の濃厚魚介豚骨スープのらーめんとは全く違う様相。醤油の清湯スープです。あっさりしながらもかなりの煮干し感。エグくならないところがHidekiさんの腕。ふくよかで厚みのある味わい。油感も豊かです。甘味の感じられる醤油スープ。合わせる麺はもちっとした平打ちの太麺。なかなかの食べ応え。厚みのある叉焼は肉感のある味わい。さらにサイコロ状の叉焼も見られます。メンマはやや甘め。水菜と刻みネギ、そして海苔。あっさりしながらも重厚感も感じる一杯でした。美味かったです…(^^)v

100810C_Typhoon_info1
てか、冷やしもあるのね…。あとから気がつきました〜(T-T)
  
Posted by file50 at 11:00Comments(2)TrackBack(0)

2010年08月06日

らーめん 雅ノ屋@本郷三丁目 11:40

で、昨日デジカメの調子が悪く断念した新店に。え〜い今日は連食だいっ!『らーめん 雅ノ屋』。先月末オープンしたらしいです。その前もココはラーメン屋さんだったのかな?

[10_287]

100806masanoya_
開店10分後ぐらいだと思うのですが盛況ですね。コの字カウンター14席。ちょっとぎちぎちの配置? 先客11人。じき満席でその後もほぼキープ。店員さんは3人。接客はややぎこちないですが丁寧。店内は内装途中にも見えなくもないのですが、なかなか小綺麗で清潔感あります。

100806masanoya_menu
メニューはこんな感じ。ほとんどの方がランチのセット(ご飯もの付)で注文されている中、私は醤油らーめん/太麺(¥650)。大盛りも無料とのこと。皆さん大盛りを選択される中、私はちょっと少なめで…笑。

100806masanoya_syoyura
海苔の上には魚粉?てか、煮干し粉ですね。表面には透明油の層。そして細かい背脂も…。一瞬重たそう?と思ったのですが、コレがなかなか美味いですね。醤油ダレの味わいが主張してます。この醤油感がけっこう好み。麺はやや平打ち。太麺と言うより中太。ほどよい歯応えでスープに合ってます。柔らか叉焼2枚、細メンマ、カイワレ、刻みネギ(てかタマネギ?ッぽい食感)、カイワレ。そして海苔の上の煮干し粉を溶かすと良い感じで煮干し感が。若干オイリーですがバランスの良い醤油らーめんでしたョ…(^^)v

  
Posted by file50 at 11:40Comments(2)TrackBack(0)

酒と肴と麺の店 田村屋@本郷三丁目 11:20

う〜ん。また来ちゃった・・・本郷三丁目。改札出て表通り出たとたん自宅の隣家のパパに遭遇。この辺り勤務なんですと。てか、実は昨日も遭遇してるんですよね。2日続けてだと運命感じちゃいますョね。てか、若い女性じゃなくてザンネン…?(^^;)

[10_286]

100806tamuraya_
というワケで今日も昨日に続いて『酒と肴と麺の店 田村屋』。あは、もう一つの冷やし狙い!先客2人、後客ゼロ。店主さんにこやか。今日のアシスト君も若いけど昨日とは違う方。お兄さん??? 彼も中華鍋ふりうまいですね。で、予定通り冷やしぶっかけ(¥600)を注文。平打ちと太麺と選択可とか。平打ちでお願いしました。

100806tamuraya_hiyabukkake
キレイですね。カボチャ、ナス、ブロッコリーなんかが見えます。

100806tamuraya_hiyabukkakeY
で、昨日のほどではありませんが分け葱が軽い盛り上がり…笑。冷えたスープはすっきり和風鰹ダシ。心地良い酸味と生姜の香りが食欲を増進させます。大根おろしもぶっかけの味わいを促進。そしてこの平打ちの麺がもちっとして良いですね〜。カボチャ、ナス、ブロッコリーなんかの具も意外によく合います。さらにコチラのお得意粗挽き挽肉が良い仕事をしてますね〜。コクが増します。冷やし肉ぶっかけ(¥800)になるとこの挽肉が増量されるようですョ。爽やかにいただける夏の味方。美味かったです…(^^)v
  
Posted by file50 at 11:20Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月05日

酒と肴と麺の店 田村屋@本郷三丁目 11:10

暑ーっ!今日は完全に冷やしの日ですよね…f(^^;)。。。以前からあちこちで拝見させていただき、もっとも食べたかった冷やしのひとつ。久しぶりの『田村屋』さん。場所的に微妙に行きづらいのですよね。この距離感は来週以降の仕事状況を考えると今週しか無理っぽい。

[10_284]

100805tamuraya_
11時10分到着。先客ゼロ。店主さんと若いアシスト君。てか息子さん??? なんか仕込の中華鍋ふり見事です。見とれちゃいますョ。

100805tamuraya_hiyasi
告知にありましたョ〜。冷やし…(^^)v。新しいのもありますが当初の目的通り今日は17種野菜の冷やしベジフル麺(¥1000)。ベジタブル&フルーツなのですね。

100805tamuraya_hiyabejifuru
ほどなく提供〜。てっぺんにはプチトマト。なんかピントが合いづらいかも・・・。

100805tamuraya_hiyabejifurY
と思ったらこんななのですョ…笑。うずたかく積まれたたっぷりの野菜&フルーツ。水菜、キュウリ、パプリカ、リンゴ・・・等々。シャキシャキ。底には何とも爽やかでコクのあるタレが…。美味いですね〜。野菜の中ほどにもソースが絡められている? とても楽しい味わい。中太の麺も密な感じでするする進みますョ。時折出てくるグレープフルーツやキウイ? これらがとても良いアクセントで違和感も全くないのね。いやぁ〜夢中で啜りますョ。後半は挽肉なんかも出てきたりして。底に残ったタレもお皿のフチから啜り上げちゃいましたョ。美味かったです…(^^)v 冷やしぶっかけも気になるな〜。

でもってあまりに爽やかだったので、私にしては珍しく近所の新店の連食でもと…。お店の前まで行って外観を撮ろうと思ったらデジカメがONされない? なんかエラーが出ちゃってますョ。いくらやっても…。そういえば最近ちょっと違和感あったけどとうとう逝っちゃったかな…?(T-T) お前は連食すなっ!ちゅーことですかね。。。
  
Posted by file50 at 11:10Comments(6)TrackBack(0)

2010年05月11日

らーめん天神下 大喜@湯島 11:15

雨だから今日は電車で。湯島に…。とある重鎮さんからの煽り。美味しくて手が震えたと言わしめた限定狙い。

[10_173]

100511daiki_kanban
久々にキターっ!湯島『らーめん天神下 大喜』。開店15分前。雨だからか待ちナシ。ラッキー?

100511daiki_info
店頭にはお目当ての限定告知「煮干とりそば(太手揉み麺)」。昼夜部20食限定となっております。ちょうど券売機を稼働したところ。限定(¥900)のボタンをポチッとね。食券ゲット!

100511daiki
雨の中、ガードレール側で開店をお待ちします。すぐさま後待ち2人・・・・・・・・・。開店時間を若干早めて「準備中」から「営業中」に札が返されました。嬉しいですね。こういう雨の日の配慮。てか、開店時私を含めて3人入店。あまりハードル高くないのかな? 雨だから? それでも開店してからは後客続々。さすが。

100511daiki_nibotori
醤油ベースの清湯スープ。いつも思うのですが油感が心地良いですね。そしてこちらの鶏スープに煮干スープを利かせています。変に強く利かしているのではなく、でもしっかり。この辺のバランス感覚が絶妙。美味いですね〜。手は震えませんけれどね…(笑)。そしてこちらは麺も美味い。ピロッとした太めの手揉み麺。弾力と食感が楽しいです。細めのメンマ、細く切られたネギ、カイワレ、鶏挽肉、味玉半分。で、鶏叉焼が絶品の味付け。最後まで熱々のスープを一滴残さず。底に残った挽肉を一粒残さず。完飲・完食〜♪ いやぁ〜美味かったです…(^^)v お店を出る頃には外に4人待ち。限定はまだまだ大丈夫そうでした。雨だからかも?ですが。。。


※醤油ベースではなく塩スープとのことです。単純に茶色いスープは醤油という、私の馬鹿舌がまた発覚してしまいました。訂正してお詫び申し上げます…m(_ _)m。
  
Posted by file50 at 11:15Comments(8)TrackBack(1)

2010年01月29日

本枯中華そば 魚雷@春日 10:50

なんか時間が足りない・・・。軽トラックを運転してたら、なぜか秋葉原でガス欠・・・(T-T)。なんて夢見て寝坊したせいでしょうか…?(^^;)

本日開店、三田線春日の『本枯中華そば 魚雷』。近くの『烈士洵名』関連店とか。

[10_038]

100129gyorai_.jpg
開店10分前頃到着。祝花いっぱい。おおっ!看板が魚雷です。すげっ! 店舗前に5、6人の人だかり。と思ったら『アイバンラーメン』のアイバンさんとスタッフさん。塚田店主さんとお話ししてます。。。と『ど♪みそ』齋藤店主さんお祝いを持って到着。で、混沌とした中、なぜか私は行列3番目…f(^^;)。どんなラーメンか、なんの予備知識も無かったので店頭の立て看板・・・「1.当店は食券制です。はじめに食券をお買い求め下さい。2.当店のラーメンは、基本のラーメンにお客さまのおこのみで3種類までトッピングを選ぶ事ができます」とあります。さらに「特種な方法でラーメンをお作りしているので、お時間をいただく場合があります」と・・・どんなんだろ?(^^;)楽しみ。と思っていたら最後尾にしらけんさん発見〜♪ 私も最後尾にまわります。なんかやっていたらじき開店。開店時13人入店。

100129gyorai_kenbaiki.jpg
券売機はこんな感じ。基本のラーメンは本枯中華そばのバリエーションらしいです。つけ麺やギョーザは今のところ×表示。本枯中華そば(80)のボタンをポチッとね。店員さんは男性3人、女性1人。明るい清潔感のある店内はカウンター4席とテーブル12席。トッピングは8種(鶏オーブン焼き・タマリ漬け叉焼・ウズラ・メンマ・岩のり・キクラゲ・ナルト・ちんげん菜)の中から3種選べます。しらけんさんが鶏オーブン焼き、メンマ、岩のりをチョイスしたので、私はタマリ漬け叉焼、ウズラ、キクラゲを。

100129gyorai_saifon.jpg
驚いたのはカウンター前の厨房にコーヒーのサイフォン。これでスープを温めてますョ。あは、確かに特種な方法ですね。てか、こんなラーメン屋さん見たコトないッス。

100129gyorai_hongarecyuka.jpg
で、綺麗なビジュアルの本枯中華そば登場〜。青菜の上に節粉と一味唐辛子? 香りはお蕎麦っぽいかな?

100129gyorai_topiA.jpg
しらけんさんのトッピング。鶏オーブン焼き、メンマ、岩のり。刻みネギは共通でセッティングされています。

100129gyorai_topiB.jpg
私のトッピング。タマリ漬け叉焼、ウズラ・・・メンマ? キ、キクラゲは…(T-T)。。。あは、間違われちゃったですかね。初日で忙しそうなので、まあ良いか…f(^^;)
さて中華そば。すっきりした魚介の効いた和風スープ。中細のしなやかな麺はやや柔らかめ。お蕎麦ちっくな風味。スープも和風なので日本蕎麦寄り?と思いきや香ばしいオイルがラーメンに引き戻す感じ。醤油ダレのバランスも良く上品で美味しいです。しらけんさんと分けた具も丁寧に作られた感がありとても美味いです。特に鶏オーブン焼きと燻の香りの強いタマリ漬け叉焼は絶品。いろんなトッピングを楽しみながらスープまでサクッと完飲完食〜。さすが初日から完成度高いですね。

100129gyorai_1.jpg
魚雷の看板といい、サイフォンといいネタ満載。楽しいお店です…(^^)v  
Posted by file50 at 16:16Comments(20)TrackBack(7)

2010年01月07日

白山 火風鼎@白山 11:45

事務所的には今年、正念場。現状維持では成り立ちませんがな。でも、ありがたいことに昨年末コンタクトを取った数社からいくつかの新規仕事のチャンスを頂きまして。しっかりモノにするためには時間が必要。でも時間は無い。来週企画コンペ2件。結果、夜の身動きが取れませんがな…(T-T)。てな訳でお昼のラーメンのみが自分の時間?
今日は矢守さんトコで知った新店ね。白河ラーメンの名店が都内にオープン? 白河ラーメン久しぶりに食べた〜い! 近場ではなかなか頂けませんからね。白山ラーメンの近くということで千石からたらたら歩きまして・・・。てか見つからないのでコンビニの方にお聞きしたら…「あ〜以前モスバーガーのあった所、白川ラーメンとか?ココず〜っと行ったところ」って…。で、てくてく歩いて発見!って白山駅のすぐ近くじゃん…f(^^;)ひと駅歩いちゃった。。。

[10_008]

100107kafutei.jpg
お店に入るとすぐ厨房で階段を上がるのね。2階はランダムにカウンター20席ほど。先客7人、後客5人。接客店員さんは男女各1人。業務用エレベータでラーメン運ぶのですね。

100107kafutei_menu.jpg
メニューはこんな感じ。おすすめの手打ちチャーシューメン(¥950)をお願いしました。手打ちと書いていないしょうゆ味のメニューも全て手打ちだとか。

100107kafutei_teuticyasyu.jpg
しばしお待ちして提供〜。大きめの丼ぶり。たっぷりスープ。シンプルですっきりした醤油スープですが、味わい深くあと引くのですよね。白河系。コレ系けっこう好きです…(^^)v。胡椒もよく合ったりします。長さがまばらなぷりっとした中太縮れ麺。短めが多いですかね? で、歯応えのあるチャーシューはスモーキー?噛み締めると味わいの出るタイプですかね。コレ系もけっこう好きです…(^^)v。他の具は刻みネギとメンマ。スープの量も私的にはそこそこあるのですが、あと引くスープも完飲ね…(^^)b 都区内で味わえる白河ラーメン。ちょっと嬉しいです。

  
Posted by file50 at 17:17Comments(26)TrackBack(8)

2010年01月03日

ちゃぶ屋@護国寺 11:45

三が日最終日。通勤電車が空いていて良いですね〜。てか通勤してないか…?(^^;)

[10_003]

100103cyabuya_.jpg
護国寺『ちゃぶ屋』。2010年限定らぁ麺Firstとして元旦から本日3日まで提供されている中華そば狙い。開店15分前到着。店舗前待ち7人。8番目に。開店予定時刻5分前にオープン。ありがたいですね。開店時13人入店。カウンター16席はじき満席。

100103cyabuya_10FIRSTmanu.jpg
東京軍鶏と淡海地鶏の中華そば/正油味(¥850)をお願いしました。従来のこちらのらぁ麺を厳選素材で構築した感じなのですかね? 店員さんは4人。厨房内の2人が中華そばを製作。平ざるの小気味よい湯切りの音が心地良いですね。

100103cyabuya_syamocyuka.jpg
出来上がるといったんホールの店員さんに手渡され後方から提供されます。『ちゃぶ屋』さんらしいシンプルな見た目。揚げネギ(ってか、エシャロットでしたっけ…)が、入らない代わりにナルトがちょこんと。海苔は受け皿に挟まれています。スープは上質な鶏に裏打ちされたダシ、鼻をくすぐる正油の風味。ほどよい油感。派手さはないけれど間違いない美味さですね。そして、しなやかな自家製の細麺はやはり秀逸ですね。啜る楽しさが感じられます。叉焼は箸でつかむと崩れちゃいますョ。多めに浮かぶワケギと少量浮かぶ刻みネギ。細いメンマは味付けが若干強め。説明には「どこか懐かしさ」と書かれていましたが、どちらかというと個人的にはシンプルながらも洗練された美味さで新しく感じられます。満足感とともに完飲・完食〜(^^)v お店を出ると15、6人の列び。心地よい醤油の後味を楽しみながらの帰路なのでした〜。  
Posted by file50 at 19:00Comments(6)TrackBack(1)

2009年12月01日

麺屋 げんぞう@湯島 11:40

早いッスね〜。もう12月ですョ…汗。でも、今日のお昼もラーメンは食べますョ〜f(^^;)。西尾さんトコで知ったお店。湯島まで。

[09_467]

091201genzo.jpg
なにげに湯島はラーメン激戦区だったりしますよね。駅からほど近い路地に発見。ひっそり佇んでいる様から良いラーメン店のオーラがひしひしと感じますね。11時40分到着。45分開店とお聞きしていたのですが、すでに「営業中」の札が出ていますョ。「いいですか〜?」と店内に。こぢんまりした小綺麗な小料理屋のような店内。カウンター6席。はきはきした店主さんお一人で切り盛り。先客後客ともにゼロ。券売機は塩らーめんと四川担々麺の2種とそのバリエーション。丸玉塩らーめんのボタンをポチッとね。ランチタイムにはライス無料のようです。お聞きしたら10月の初旬に開店したとのことです。

091201genzo_marutamasiora.jpg
黄金色清湯スープの綺麗ならーめんですね〜。刻んだネギが散らばります。知床ラウス産の塩、貝柱、干し海老など数十種類の材料を煮込み、一晩寝かせた特製塩ダレを使用したとされるスープは旨味十分。クリアなのだけど柔らかく芳醇なスープ。コレ美味いですね〜。まったり絡むふくよかな油感。でもあくまで上品。合わせる麺は中太のモチッとした縮れのあるもの。上品だけど強さのあるスープに負けてないですね。具も丁寧な作業がうかがえます。小振りだけどふわっと柔らかい叉焼。ほどよいコリッと感のメンマ、そしてカイワレとワカメ。個人的にはワカメはよくラーメンの中で浮いて感じたりするのですが、こちらは違和感ないですね。一体感があります。

091201genzo_raice.jpg
夢中で麺を啜っていたらサービスライスの存在を忘れていましたョ…f(^^;)。ザーサイ付き。残った黄身が飴色の味玉とスープだけでふっくらご飯も美味しくいただけちゃいます。スープも一滴残さず完飲ね。いやぁ〜美味かったですヮ〜。こちらは店主さんやお店の雰囲気も含めて私的には良店に決定!ですかね…(^^)v

しかし、店主さんどこかで見たことあるような気がする?のですが・・・。  
Posted by file50 at 14:14Comments(10)TrackBack(3)

2009年08月21日

酒と肴と麺の店 田村屋@本郷三丁目 18:20

渋谷のドン?から招集がかかりまして・・・( ̄□ ̄;)!!。来週24日より提供開始のメニューを試食させていただけるとか。業務等諸々、脱走可能な状況に根回ししまして・・・。18時20分、本郷二丁目、店舗前で一服〜。と思ったらすでにがぶさんが店舗前で汗拭いていたりして・・・招集組?(^^;)。。。で、招集した本人は来られないとか…?(^^;)あはっ!

[09_327]

090821tamuraya_.jpg
で、がぶさんと協議の末、意見が一致。招集組がそろうまで中でビールをと…(^^;)v なにせ「酒と肴と麺の店」ですから。夜の部ですから。店内先客2人ほど。店主さんにご挨拶して・・・。

090821tamuraya_beer.jpg
生ビール〜!あはっ!ウマイっす。夜の部は酎ハイメニューも各種。定番ものからコラーゲントマトサワーとかウコン茶ハイなんてのもあります。焼酎も芋各種のほか麦もありますね…(^^)v

090821tamuraya_tumami.jpg
肴も各種あります。軽めのものをお願いしてみたりして…f(^^;)。なんか言っているうちに、そろったのですかね。某人気店の方、美味しいものブロガーさん大御所さん。ご無沙汰しております…m(_ _;)m

開店当初、タンメンのみの提供だったこちらもその後、つけ麺、肉あんタンメン、肉あんつけ麺の提供が始まっています。そして、8月24日から肉豆腐タンメン(¥1000)、肉豆腐つけ麺(¥1100)が登場予定。どちらも他のメニュー同様、辛さあり、なしが選択可能。

090821tamuraya_nikudofutan.jpg
で、私は肉豆腐タンメン/辛さなし。先日頂いたタンメンをベースに肉豆腐がかけられたもの。バックに豚骨が品良く香るスープに醤油。魚介もほのかに、野菜の旨味が効いています。インパクトあるスープには食感の良い弾力のある太麺が受け止めます。そして、辛みなしなのですが肉豆腐がほどよい辛みでインパクトを演出しています。花椒や甜麺醤でしょうか。キレのある味わい深い辛みなので、私的にも大丈夫なのですが・・・そうは言いながらも発汗スイッチは全開。てか顎から汗が垂れてるかも…f(^^;)

090821tamuraya_nikudofutuke.jpg
こちらはがぶさんがお願いした肉豆腐つけ麺/辛さあり。麺の方に肉豆腐が。つけ汁には特製ラー油。味わいあります。てか私には辛いです…(> <;)。でもキレが良いから、後までキツさは残りません。つけ汁には多種の野菜がごろごろ。食べていて楽しいです。麺はタンメンと同様のもの。

いよいよバリエーションがそろい始めましたね。「肉豆腐」はすでに提供されている「肉あん」にお豆腐が入ったもの?と思いきや、そんな安易なものではないようですョ。調味料や辛みの配合を変えているようです。未食の肉あん系も頂きに来なければですね…f(^^;) 田村屋さん、ご馳走様でした…m(_ _)m
  
Posted by file50 at 22:00Comments(6)TrackBack(1)

2009年08月04日

酒と肴と麺の店 田村屋@本郷三丁目 11:35

タンメンブームって?来るんですか…。てか、昔から美味いタンメンってけっこうありますよね。『温洲軒』とか『はつね』とか。『嗟哉』のタンメンも評判良かったりしますよね。ってか、私、まだ食べてませんけどね。行かなきゃ…f(^^;)

[09_299]

090804tamuraya_.jpg
そんな中、タンメン専門店なのかな? 本日開店の『酒と肴と麺の店 田村屋』へ。立川ラーメンスクエアを卒業された『俺とカッパ』の店主さんの新店とか…。最寄り駅は本郷三丁目。5分ほど。11時35分到着。今時のラーメン屋さんの新店には逆に珍しい大作りな外装。良いんじゃないですか〜(^^)v 「酒と肴〜」も謳ってますし、まさしくそんな感じ。

090804tamuraya_info.jpg
そして、今日はタンメン(¥650)のみの提供のようです。店内はL字カウンター10席ほど。先客8人。客層は近隣勤務の方が多いかな? 後客ぱらぱらとほぼ満席近くをキープって感じ。店主さんが制作のほとんどを一人でこなされていますね。4、5杯を一気に制作。アシストの男の子が一人と接客の女性(おキレイな方ね…(^^;)v)の3人体制。本日の注文はタンメンだけなのでそのまま通りますが、辛さのありなしだけ申告します。私の場合は「なし」で…f(^^;)。他のお客さんの「あり」の方のスープを見ると真っ赤ですね。基本、タンメンとそれテイストのつけ麺のお店。順次少しずつバリエーションを増やしていかれるようです。

090804tamuraya_tanmen.jpg
店主さん自ら提供〜。散らされた青ネギがキレイです。スープは意外と茶色い色してますね〜。しっかり動物に裏打ちされたまろやかなタンメンテイスト。軽く煽られた白菜、モヤシ、ニンジン等の野菜の旨味やら挽肉のコクやらが複雑に絡まってなかなかうまいです。太麺は弾力があって食感が良く麺離れがよいです。が、隣のお兄さんのはダマになっていて作り直してもらっていました。初日だからですかね。私のは茹で加減もバッチリ。量もそこそこあり¥650なら満足です。パンチの欲しい方は辛さありですかね。ちょい辛も対応されてましたョ…(^^)v  
Posted by file50 at 16:16Comments(28)TrackBack(7)

2009年06月19日

らーめん天神下 大喜@湯島 11:15

煽られました…(笑)。湯島天神『らーめん天神下 大喜』久しぶりの訪問。次回訪問は「冷やしとりそば」が提供されるぐらいかな〜。と思っていたのですが、昨夜残業中に『めじろ』の重鎮常連 Iさんから直々に電話。食べなきゃダメだよ〜と…f(^^;)

[09_236]

090619daiki_.jpg
ということで、6月いっぱい(なのかな?)の限定狙い。開店15分前到着。店舗前列び6人。券売機前には告知がありますョ・・・ごまだれ冷やしそば(¥900)。1日20食限定とのこと。昨夜は夜の部でもあったそうです。食券を買って列7番目に。開店時10人入店。10分後には満席ね。

090619daiki_gomahiya.jpg
透明ガラスの器で提供。表面に粘度のある濃厚な味わいのごまだれ。下層の醤油スープが表面ににじみ出てますね〜。もちっとしたしなやかなやや平打ちの中細麺。きりっと冷やされています。持ち上げるとごまだれが付いてきます(笑)。濃厚なコクある味わいは説明書きにあった海老効果でしょうか…。徐々に底部にあるスッキリした醤油スープと馴染みサラッとしてきます。具は多め絶品鶏叉焼、青菜、味玉半分。そして、細いカリッと揚げたモノ。これと白髪ネギの食感が心地よいアクセント。小さく刻まれたキュウリ、トマトと飽きさせません。最後はレモンをかけてさらにスッキリと。底には挽肉が大量に。コレもしっかり食べようと思っているうちにスープまで飲み干し完飲〜♪ いやぁ〜美味かったです…(^^)v 外に出ると10数人の行列。次回は「冷やしとりそば」ですかね…f(^^;)
  
Posted by file50 at 16:16Comments(8)TrackBack(1)

2009年06月01日

ぁ.ガッチャ麺@千石 10:55

う〜む、とっても眠たいんですけど…。今日も気合いで仕事をねじ伏せますョ〜。でも眠い・・・(-_-)zz

[09_213]

090601agacyamen_.jpg
あっという間にお店を閉じてしまった千石『麺仙 葵賀佐』の跡地に『ぁ.ガッチャ麺』。本日開店です。店長さんは変わったけれどオーナーさんは同じとか? 千石駅から1分とかからないかも。開店5分前に到着。店舗前1人待ち・・・てか、nakatanさんですョ〜(^^)v 看板なんかは『葵賀佐』の時と同じテイストですね。開店時には私を含む3人入店。後客2人。店員さんはお若い男性2人。店内は『麺仙 葵賀佐』の時とまったく変わってないかも?カウンター7席ほど。

090601agacyamen_kenbaiki.jpg
券売機はこんな感じ。味噌らーめんが基本なのかな。名物とある胡椒そば(¥850)のボタンをポチッとね。よく見るとかっこ書きで(激辛 太楼麺)とありますョ。大丈夫だろか・・・私…f(^^;)。食券を渡す時にこちらのblogのプリントを一緒にね。6/1〜3までの間プリント持参するとワイントンの肩ロースチャーシュー1枚がサービスされるらしいです…(^^)v

090601agacyamen_kosyosoba.jpg
2杯ワンロットでの提供。オマケの分厚いワイントンの肩ロースチャーシューが載ります。基本は醤油スープかな。トロミをまとった野菜(キャベツ、モヤシ、シメジ?少量)と豚バラ肉少し。水菜も載ってますね。でもワイントンチャーシューがなかったらちょっと寂しいかな? 粗めの胡椒のプチプチが見えますね。でも、そんなに辛そうに見えませんョ。スープをひと啜り。。。トロミがあるから熱々ね。辛さに身構えていたからこの程度ならだいじょう・・・ぶ?・・・じゃない〜(T-T)ひぃ〜!胡椒ってこんなに辛かったでしたっけ…。唇ヒリヒリっす!発汗スイッチ即ON状態…(^^;;)ゞ。nakatanさんなんか辛すぎて耳が聞こえなくなってましたョ? そうはいっても私が食べ進めていけたのですから、辛いもの好きな方には全然大丈夫なのではないかと…f(^^;)。麺は中くらいの縮れ麺。三河屋製麺の麺箱が置いてあったような…? 店内のカレンダーはまだ森住製麺のものでしたけど(笑)。個人的にはトロミに重みがあるので麺が若干弱いかも…と感じました。短く感じたのは切れちゃったから? しかし、熱々でトロミがあるので辛さからの逃げ場がありませんね。あ、ワイントンチャーシュー!コレ分厚くてジューシーで美味いです。でも、ワイントン(肩ロース三枚)味噌チャーシュー麺の価格から考えると1枚¥300超ですからね。サービス期間で良かった…f(^^;)。何とか固形物を食べきる頃には顎から汗がしたたってますョ…(^^;);;; スープは残しましたけどね。ごちそうさまでした…m(_ _;)m。でも、この辛さは早く引きますね。食べてる時はひぃひぃ言ってましたが、後から思い出すとまた食べたくなるかも…f(^^;)あはっ!  
Posted by file50 at 15:15Comments(10)TrackBack(5)

2009年04月02日

ちゃぶ屋@護国寺 14:30

090402cyabuya.jpg[09_132]

朝から深刻な打合せ。なかなか世の中キビシイね。またまたやること増えますね〜。お金にならないのに…。いつかは報われるようにと、まだまだ頑張るのです。てなワケでお昼の予定狂いまして、狙っていた1食はまた後日。狙っていた2食目。こちらに・・・護国寺『ちゃぶ屋』。第二部(18:00-21:00)の味を「2009年式」にリニューアルとのこと。本日お披露目?12時〜20時通しで500円提供とお聞きしました。14時30分到着。先客5人、後客2人。カウンター席に座ると「本日は2009年式正油らぁ麺のみの提供になります」との説明。自動的にオーダーが通ります。カウンター内の製作厨房には森住さんとアシストさん。自らスープを注ぎ、麺上げをしています。なんかそれだけでありがたいラーメンって感じですよね。そして、卓上の説明書きには・・・追い求めたのは「体に優しく馴染みこむらぁ麺」とあります。

090402cyabuya_2009sikisyoyu.jpg綺麗なラーメンが出来上がりました。見ただけで丁寧に作られたのが分かるラーメンですよね。地鶏に裏打ちされたダシ。厳選されたと思われる醤油の風味。しなやかだけどコシのある美味しい自家製細麺。絶妙の味付けの柔らか叉焼。コリッと歯ごたえのある細裂きメンマ。キレイに浮かぶ万能ネギ。丁寧に刻まれたネギ。そして揚げネギ。てかエシャロットでしたっけ…。それらがそれぞれの旨味をたたえながら突出することなく上品に一体感。駄舌の私でも分かる高レベルな美味さ。淡々と作業される森住さん。変なテンションの高さもなく丁寧にお礼を言われる店員さん。静かに流れるBGMはジャズ。良いですね〜(^^)v 実際の提供価格はまだ検討中とのことでした。  
Posted by file50 at 19:35Comments(2)TrackBack(0)

2009年02月16日

ら〜めん 台風。@茗荷谷 13:35

090216taifu.jpg月曜日はやはり午前中からバタバタしますね〜。朝から銀行行ったり、FAXで入ってきた原稿をこなしたり、なんやかんやでお昼過ぎちゃいましたョ。

[09_065]

久しぶりの茗荷谷『ら〜めん 台風。』へ。12日から始まったという油そば狙い!副都心線が出来てから少し行きやすくなりましたね。新宿三丁目から急行で池袋まで1駅。池袋から丸の内線で2つ目ですから…。とはいえ駅からちょっと歩くのですよね。だらだら坂を下ります。13時35分到着。入口に油そば告知が貼ってありますョ・・・「ミョッミョッミョッ茗荷谷初上陸 油そばスープ付¥700ナリ マゼマゼしてね!」ってね。先客6人、後客2人。奧厨房の店主さんにちょっと会釈…m(_ _)mペコリ。券売機の上には可愛いイラスト入り買い方説明が…。ら〜めん(¥700)のボタンをポチッとね。で、セルフの水を入れてカウンター席に。厨房は2人体制ね。「油そばで」と言ってら〜めんの食券を渡します。TVから流れる昼ドラマ「非婚同盟」を見ながらお待ちします…(笑)。

090216taifu_aburasoba.jpgほどなく提供。少しずつ混ぜてくださいと…。てか、なんだ?このカタマリ…(^^;)。具だくさん。刻み叉焼、メンマ、水菜、ざく切りのネギ、海苔、そしてカタマリ…(^^;)。味玉は(おそらく)サービスかな? 店主さんのご好意に感謝…m(_ _)mペコリ。麺はコシのある太麺。良いですね〜。底にある醤油ダレをかき混ぜます。油そばですが思ったほど油っこくありません。スープ状の上品なタレです。和風というか煮干し?ってか鯛かなんかのアラ汁っぽい魚系の味わいに感じたのですが、店主さんは・・・う〜ん?ってね…f(^^;)。独特な味わいで私的にはけっこう好き! そして、カタマリ・・・きめ細やかな食感の練り物。タレに溶かし込むと味わいと食感が微妙に変化。里芋? 和ダシ? 脂? ってか私にはなんだかよくわからない???…で、お聞きしたら・・・う〜ん、企業秘密!ってね…f(^^;)。付属のスープは清湯。和風のあっさり系。こちらも微妙にクセある味わいが私的にはGOOD!…(^^)v 油そばのタレスープはけっこう残るので余裕のある方は飯割りがオススメかも…。私は飲んじゃいましたけどね。想像とは違ってスッキリした和食を感じさせる油そば。『台風。』的な個性みたいなモノも感じられて、美味かったですョ…(^^)v  
Posted by file50 at 16:45Comments(2)TrackBack(1)

2009年02月03日

麺仙 葵賀佐@千石 10:58

行ったことないお店を訪問するのはなんかワクワクしますよね〜♪ 今年の1月に開店の新店、千石の『麺仙 葵賀佐』に。『すみれ』の流れを汲むお店。札幌の『麺匠 咲弥』の姉妹店とのこと。『純連』『すみれ』関係で「純すみ系」っていうんですか…?(^^;)

090203agasa_teikyubi?.jpg
開店時間のちょっと前到着は予定通り〜(^^)b。。。。。。てか、あ?えっ!「本日定休日」が???(・・;)。確かお休みは月曜日ですよね…。ドキドキ・・・。

[09_044]

090203agasa.jpg
11時ジャスト暖簾が掛けられました。あ〜びっくりしたですョ…f(^^;)。無事一番乗り〜。こぢんまりした店内は小綺麗。奧に細長く、その先に厨房。入口わきの券売機で札幌味噌ら〜めん(\850)の食券を買い、7席あるカウンターの一番奥に。らーナビクーポンで名物味玉(¥100→サービス)もお願いしちゃいました…(^^;)v。店員さんは男性3人。店主さんと絶えず声を掛け合ってコミュニケーションをとられています。接客は丁寧。後客は3人。野菜を炒める音が聞こえる頃には良い香りが漂い始めます。食欲湧いてきましたよ〜。

090203agasa_miso+ajitama.jpg
で、4人分一気に提供。これこれ。これぞ札幌味噌ら〜めんって様相。白ネギの上には唐辛子がパラパラッとね。叉焼の筏の上には生姜がちょこんとね。ブロック叉焼も入ります。褐色の味噌スープの表面にはラードが適量。スープは熱く保たれていますが『純連』なんかのようにヤケドするほどではありません。スパイス感は優しげ。ほどよいインパクトもありますが、コレ系にしてはおとなしめかも…。でも、個人的にはこのくらいのバランスがよろしいかと…。コシのある中太縮れ麺とよく合って美味いですね〜♪ 野菜は炒められたタマネギとモヤシ。挽肉、メンマも入ります。そして若干濃いめの味玉もスープに合いますね。黄身がとろ〜りです。生姜を溶かしこむと風味というよりか味をキリッと締める役割。最後まで飽きずにいただけます。底に残った挽肉を食べ尽くそうとしていたらスープ飲み切っちゃいました…f(^^;)。身体の温まる一杯。美味かったです〜(^^)v  
Posted by file50 at 15:03Comments(13)TrackBack(1)

2008年12月12日

麺工房 山久@本駒込 11:30

081212yamakyu.jpg[08_497]

午前中まとめた仕事をPDFにしてメール送信!っと。さてお昼。新宿三丁目から都営新宿線で市ヶ谷乗り換え南北線。本駒込の『麺工房 山久』へ。初訪問〜♪ てか、本駒込って最近来たことあるかも…(・・)? と思ったら『つけめん四代目けいすけ』があるトコなのですね…f(^^;)。夜の部も来なくちゃですね。さて、住宅街を通り抜け11時半ちょっと過ぎに到着。東洋大学の真ん前なのですね。あれ、まだ「準備中」ですョ。5分後「お待たせしました」と開店。店内で待たれていた方がいたようで先客2人、後客4人。テーブルのみ8席×2、4席×1のキャパ。洒落たイタリアンのお店にも感じられる店内。こぢんまりしてますが清潔感があります。店主さんは広い厨房で黙々と作業。接客はお父さんかな?見た目と低音の声はちょっとコワイ感じ?でも実際は丁寧接客で冗談なんかも言われる。きっと優しい方だと思いますョ…(^^)v メニューは「柳麺」とされています。醤油、味噌、塩そして特製つけ麺、チャーシュー麺とあります。柳麺/塩(¥680)をお願いしました。

081212yamakyu_ryumensio.jpgさて、提供された柳麺/塩。キレイやなぁ〜♪ 美意識が感じられます…(^^)b 透明なスープは優しく美味いです。優しいけれど決して弱い感じではありません。味わい深く、香味の油とうまく馴染み押しつけがましくない旨味が迫ってきます。やや洋風?でも油はラーメンしてるよなぁ〜? 麺が驚きます。幅広の平打ち、緑色の麺。ほうれん草を練り込んだ自家製麺とのこと。もちっとしてこれもなかなか美味しいですね。叉焼はそこそこ厚みのある適度な噛みごたえのあるもの。水菜、モヤシ、メンマそして角切りのトマト。このトマトの酸味がこのスープには良く合います。どれも、丁寧に処理された感があり好感が持てますね。途中ラーメンとは別物を食している感覚もあったりしてとても楽しい気持ちに…。他のメニューも食べてみたいなぁ〜。  
Posted by file50 at 18:03Comments(4)TrackBack(0)

2008年11月07日

つけめん四代目けいすけ@本駒込 10:55

[08_449]

081107_4ksuke_kanban.jpg
いやぁ〜仕事バンバン動いてますよ〜。追いつきませぬ〜。そんな中『けいすけ』の四代目が本日オープンですと…。本駒込?ってどう行くの? ネットで調べたら…あ、あ〜市ヶ谷乗り換え南北線ね。4つ目? コレ王子に行く時に乗りましたョ。駅降りて太い通り…祝花と行列が見えました〜。開店5分前『つけめん四代目けいすけ』到着。8人待ち、9番目。これは一巡で入れるのかしら…。しっかし金文字看板!組事務所…?(^^;) 11時ジャスト暖簾が掛けられました。

081107_4ksuke_kenbai.jpg
入ってすぐに券売機。現状だと「つけめん渡り蟹の滴」とそのバリエーションのみの提供のようです。下の段の「焼きもりめん」てのが気になる…f(^^;)。つけめん渡り蟹の滴(¥850)のボタンをポチッとね。カウンター12席。なんとか一巡入店。今日はけいすけ店主さん以下男性4人、女性一人で切り盛りね。入ってすぐの所に馬場の『二代目けいすけ』によくいらっしゃる金髪の方が。「こんちは!」って…。いると思わないからちょっと驚いた〜f(^^;)。待っている間に卓上説明イラストを…ふむふむ、なるほどなるほど…。

081107_4ksuke_watarisizuku.jpg
2ロット目だったので15分ほど待って麺から提供。器…特注の店名入りですがそれほど奇抜でもないですね〜(笑)。で、「熱いですからお気をつけ下さい」と、つけ汁が。赤味をおびたつけ汁がグツグツと沸騰していますよ。蟹の泡吹きみたい…f(^^;)。こちらも形状の奇抜さはないですが特注? おそらく底に焼き石が仕掛けられていますね。そして、つけ汁は濃厚。まとわりつくようなトロミのある強力な甲殻風味。そしてまろやか。好きな人にはたまりませんよ。嫌いな人には地獄ですよ(笑)。『二代目』よりも全然「蟹」強力〜!? つけ汁には刻んだ叉焼とネギ。中平打ち麺はほどよいコシとしなやかさ。どんどん進みますけど麺の量けっこうありますね。300gぐらい? で、つけ汁絡むから無くなっちゃいそうになるところを、ちょっと残して麺を食べ切ります。で、ライスボールを注文!てか、説明書きによると正式な注文の仕方は「おやじ、ライスボールだ」となっていますね。でも目の前にいたのはお嬢さん店員さんだったのでそんなことは言えません…f(^^;)。てか「おやじ」なんていないし…。

081107_4ksuke_riceball.jpg
そして、提供されたカリカリのライスボールをつけ汁に投入〜!つぶしていただきます。と、あら不思議〜。カレー風味に変身〜♪ てか、濃厚海老カレー風味。美味いです…(^^)v でも、ライス少な〜。個人的には麺を減らしてライス2個欲しいかも…f(^^;) 2席隣のお父さんなんかライスボールまで行き着かず、麺残して帰っちゃいましたもの…。でも、私的にはなかなか楽しめましたョ〜。 四代目もハンパじゃないですね…(^^)b

お店を出ると7人ほどの列びなのでした〜。当面はこのメニュー一本で11時〜15時の営業とのことです。

081107_4ksuke_.jpg
  
Posted by file50 at 14:18Comments(16)TrackBack(3)