新フィリピン幼稚園~初心者の為のフィリピンブログ

マニラやアンヘレスでフィリピーナとムフフ。フィリピン以外のアジアもね



フィリピンの携帯へのロード送信ならパラサヨローディング
フィリピンの携帯へのロード送信ならパラサヨローディング


フィリピンの携帯に格安でtext送信→ パラサヨテキスト

正規品を個人輸入→ バイアグラ+シアリス+レビトラ

スーパーカマグラ(SuperKamagra、ED+早漏治療)


フィリピンで決してしてはいけない事


Eugene Hさんの続き、良い子は真似しちゃダメです

ここから(赤字は私のコメント)

部屋に入った。疲れた。昼寝。やっぱり、精神衛生上よくない出来事だった。

気が着けば既に夕方を過ぎていた。腹が減った。出かけるのもかったるい。ホテルのレストランで夕食(酒と肴)を済ませた。程よく酔っぱらってきたらカッタルさもなくなってきた。今から置屋に行っても可愛い娘は(別に可愛い娘でなくてもいいのだが…(笑))いないだろうし、エドコン行くほどお金もない。でも暇だし出かけることにした。

街をぶらぶらした後ロビンソンに行き、コーヒーを飲みながらしばらく街行く女性を眺めていたら、したくなった。でも、ペソがない。両替するのも、めんどくさい。私個人で、有り金でいけるところは、この前値上げしたがこの時代にまだ1300ペソで頑張っている置屋、あの店だけだ。

タクシーに乗り近くのところで降ろしてもらう。トボトボと歩いて置屋に向かっているとクヤ達が近寄ってきた。バックマージン欲しさの呼びこみだ。一番初めに声を掛けてきたおっさんに権利があるらしくおっさんだけが一生懸命に話しかけてきた。普段はシカトするのだが酔っぱらっていたし一寸遊んでみた。

>酔いと怒りパワーが交わったんですね

『ガールフレンド探しているんだろ~』(的になこと)男性
『オーォ、わたしは買いに行く~』私
『私と一緒に行けば5000ペソで大丈夫』(的なこと)男性。
『え~、私日本人、5000ペソ?高い。』私
『お~、あなたは日本人か、日本人ならば3500ペソで大丈夫』男性。
『この前より高いね~』私。
『私の紹介が一番安い、一番安い。2500ペソで いいだろう』と男性はいいながら私の肩を抱き民家に入っていった。

店内に入ると 俺が連れてきた客だ~と言わんばかりに自慢げに大声で話し始めた男。たぶん、2500で話をつけたから娘が決まったら1200をよこせといっていたのだろう。

男性は私に向かい『2500ぺそな、娘を選べ』と言った。
“別に2500なら問題はなかったのだが、酔っぱらっていたし……。”

『本当にあなたの紹介が一番安いの?』と再度聞き返した。そして、高いだの安いだのいって男性をからかって遊んだ。そのたび男性はいっそう大声で(勿論娘達にも聞こえていた)色々と必死になって返答してくれた。それを見ているのが面白かった。

“今思うと悪趣味なことである。”

>いえいえ、最悪です(苦笑)

遊びにも飽きたので、〔今あなたの店に居る〕とオーナーだか店長だか知らないが、その店の偉い人にメールした。少しすると偉いと思われるおっちゃんが何も知らずに現れた。

『よ~、元気?久しぶりだな~』とえらいと思われる人
『元気、おネーちゃん買に来た。』私。
『あなたのスタッフから私は聞きました。価格が変わったのですね?』といいながら呼び込みしてくれた男性の方を指差した。なんともいえない表情をした男性を見て娘たちが大笑いした。男性スタッフも笑っていた。私もヘラヘラと笑った。

>そんな事しちゃダメです

偉いと思われる人の顔から笑顔が消え、娘達と男性スタッフに怒鳴った。そして呼び込みのおっちゃんのところに行き何やら、言い合い?話し合い?説明?内容は全く分からなかったが真顔で話をし始めた。

>そりゃ、絶対にトラブりますからね

偉いと思われる人が娘達の前辺りに私を呼んで『彼はお客ではない。私の友人です。今夜、彼を楽しませてください。彼はお金を払いません。』的な感じのことをゆっくりとした英語で言った。偉いと思われる人は『女性を選びなさい。1人でも、2人でも、あなた次第です。』と私にいった。

“馬鹿でおちこぼれの私でも分かる。散々幼稚園で勉強してきたのに…。フィリピンで最もやってはいけないことの一つ。酔っていたとはいえ、フィリピン人を馬鹿にしてカラかって遊んでしまった。”

“でも、しかし、えらいと思われる人が『今回は彼の紹介だから彼の金額で…』的なことを言ってくれればごねる気はサラサラなかったのだからこんな事態にはならなかったはず。”

>もう既に庇いきれる状況ではないと思いますよ

娘を一人選んだ。呼び込みのおっちゃんと私に偉いと思われる人が飲み物をくれた。呑みながらえらいと思われる人は一生懸命に呼び込みのおっちゃんと話をしていた。とっても早口のタガログ語、さっぱり内容は分からんかった。

しばらくして、えらいと思われる人が笑顔で呼び込みのおっちゃんの肩を抱えるようにし、呼び込みのおっちゃんを出口まで送っていき送り出した。しっかりと、呼び込みのおっちゃんを外に出したあとドアにロックをし、足早に私のところに来て『けっしてしてはいけない、決してしてはいけない』と言いながら私の手をとって小走りに走り出た。

彼に連れられるがまま4段?ベッドが並ぶ部屋を通り抜け、そこで先ほど選んだ娘と合流し、猫の通り道のような狭い出口から外に出て、人が歩けないような幅の道?を抜け、人の家と思われるようなところを抜け……、彼の車に乗った。

『君はまだフィリピンに住んでいるのか?』偉いと思われる人。
私の答えを待たずに、偉い人は話し続けた。
『私の店には二度と来てはいけない。』
『決して来てはいけない。』
『決してあのようなことをしてはいけない。』
『とてもとても危険』『危険、あなたは理解できているか?』

ゆっくりと分かりやすい英語ではあったがとても怒っているのは十分に伝わってきた。

『私は危険を理解している。』
『私は間違いをした。』
『私はそれを理解している。』
『心配しないで、私、今はただの旅行者。』
『私は明日日本に帰る。』
『彼は私を見かけることはない。』
『ごめんなさい。』

ホテルに着くまでの間、途切れ途切れに偉いと思われる人に伝えた。

日本人にとっては遊び半分のたわいもない遊びで笑い話の一つだろう、でも、この国ではこういう事で簡単に殺される。偉い人が呼び込みのおっちゃんの怒りを和らげてくれなかったら、私が出入り口から大手を振って出て行ったら、たら、たら、たら。超運がよく、綱渡りでホテルに帰って来られたが、大怪我していても、下手したら死んでいてもおかしくはなかったのだろう。シャワーに入りながら反省した。

娘がシャワーに入っている間、偉い人宛に詫びの手紙を書いた。そして、金と一緒に手紙を封筒にいれ封をした。

死を身近に感じた後の性はこの上ない幸福感を感じた。この感覚は若いときに無茶した後のムフフに似ていたが、それを上回る感じだった。

目だったプレーをしたわけではないし、特別なサービスを受けたわけではなかったが、心が満たされるムフフであった。心の動揺は収まりきっていなかったが娘を腕枕に就寝。今日は最悪の一日だった。

ここまで

フィリピン人は見た目ヘラヘラしてようがどうしようがプライドは物凄く高いです

叱り付けたり怒ったりする時も誰も居ないところで言わないといけません。人前でそれをすると『恥をかかされた』『プライドを傷つけられた』と逆恨みされます

今回の事も同様で人前で恥をかかされたので普通に表から出れば良くてフルボッコ、最悪はズドンでしたね

店内で笑いものにされた後に『悪かった、冗談が過ぎた』と言って呼び込みにマージ分の1,200ペソを渡しても収まるかどうか呼び込み次第だったでしょうね。

フィリピンに慣れてきてボラれた程度の話じゃありません。フィリピンを舐めすぎた破滅的行為である事を自覚して猛省しましょう。

空港で逮捕・・・・そして


Eugene Hさんの続き

ここから(赤字は私のコメント)


疲れが抜けない。体が重い。目は覚めたがなかなかベッドから出ることが出来ない。

相当疲れているんだな~私と感じていたら、目覚めたJちゃんがチュッパをしてきた。それがとても気持ちがいい。グングンとやる気モードになって本気のムフフが終了した。汗だくになってシャワーを浴びながら、「疲れきっているやつはこんなムフフは出来ない」疲れは気のせいだと思った。

>運動して体が起きたんで元気が出たんでしょう(笑)

『どうでしたか?楽しめましたか?』とNさんにたずねると、朝食を食べている手を止め、Nさんに寄り添って朝食を食べているJちゃんの友達と目を合わせた後

『最高だったよ。ありがとう。』と言ってくれた。

“Jちゃんの友達が最高だったのか、私の接待が最高だったのか。ま~楽しんでくれたのだから良しとしよう。少しはNさんに恩返しが出来ただろう、きっと。”

Nさんは当然ビジネス、当然JALでもエリート会員を持っているに違いない。私はエコノミーの一般客。同じ便で帰ってもよかったのだが、ずらすことを選択した。

部屋を出る時、Jちゃんに4枚渡した。『いらない』といっていたが、『仕事は仕事。無料は良くない』といい、強引にポケットに押し込んだ。

『あなたはいつ帰るの?』と聞かれたので
『今日の午後便で帰る』と答えた。
『あなたが出発するまで一緒にいる』と言い張っていたが、
『あなたは友達と帰らなくてはならない、友達は一人では帰れない、私達は二人にはなれない。私の飛行機は16時です。時間もない。問題ない。』等と言葉を並べたらシブシブ理解してくれた。

“私は全く嘘つきである”

呼んであった車に4人で乗り空港へ行った。駐車場で待っていてくれとドライバーに頼み4人とも出発フロアーで車を降りた。このとき既にJちゃんの友達は挙動不審だったが気にもせず喫煙所にいった。喫煙所に行ってタバコを吸っていると

『〇〇(Jちゃんの友達)には4千しか渡していない、Jちゃんとの釣り合いがあるんじゃろ』とNさんがいってきた。
『はい、沢山あげると次のときに同じ額を渡せなかったら可愛そうですし。助かります。』私
『とても楽しかった、二人に私から謝礼を上げてもかまわんか?』Nさん
『え~、ぜんぜんかまいませんよ。友達同士なので金額にあまりにも差があるとかわいそうだと思っただけですから。』私

Nさんが二人を呼んだがJちゃんの友達がウジウジしていてなかなか来ない。Nさんが歩み寄り……二人は寄り添い始めた。

“飛行機の出発時間を考えろっちゅーの。”

なかなか戻ってこないので二人のところに行くとJちゃんの友達はNさんに抱きつきシクシク泣いていた。

“さすが先輩、ほれさすとはこういうことか。。。。????”

Jちゃんの友達は全く泣き止まない。
Nさんは何か語りかけながらそれぞれに封筒を渡していた。『H君、色々とありがとう。また日本で会いましょう』とNさんはいい入り口の方へ歩き始めた。すると数歩あるいて止まり『あぁ~忘れてた~』と私にも封筒をくれた。粋な演出をする老人である(笑。

Nさんの姿が見えなくなると大声で泣き始めたJちゃんの友達。

“ふざけるなちゅうーーの。場所を考えろ!場所を。”

出発フロアーでは別にJちゃんの友達の泣きなど全く気にしていなかった。周りに居た人間も状況を理解していてくれたし、入り口に立っている警備員も理解してくれていたし。

なかなか動こうとしない友達の手を引っ張り到着フロアーへ(この辺りから状況がおかしくなる)。到着フロアーに入るところで止められた。
泣き叫ぶ若いフィリピン人の腕を強引にひっぱって歩く中年の外国人。

先に歩いていたJちゃんを大声で呼び止めて状況を説明してもらった。この関門は通り過ぎた。車に乗るフローでJちゃんにドライバーを迎えに行かせた。これが間違えだった。Jちゃんが離れて数分後警備員に捕まった。

次から次へと警備員が来た。気がつくと3人が私の周りに。友達に状況を説明しろと言っても引きつっていて彼女は話すことが出来ない。警備員は私から彼女を引き離し、私だけをひっぱり奥へ連れて行こうとし始めた。奴らは私が何を言っても聞く耳持たずだ。

>ん!!連行?(爆)

私から財布と携帯を取り上げようとしたが、財布だけはとれなかった。財布は鎖でパンツに繋いであるので取れなかったのである。このまま警備室らしきところなどに連れていかれたら身包みはがされる危機感を感じた。両腕を担がれている、逃げようがない。兎に角『通訳に電話させろ、通訳に電話させろ』といい続けた。

>財布と携帯を取り上げる意味が分かりませんね

スーツを着た男性が一人、警備員達に話しかけた。タガログ語で何を言っているかわからないが立ち振る舞いからまともそうな人だとわかった。しばらく状況をみていたら

『どうしたのですか?』と日本語で話しかけてきた。
『何故彼らは私を捕まえるのか聞いてください。』私。
『あなたは泣いて嫌がる女の子を連れ去ろうとしましたね?』男性。
『していない。泣いている子に聞いて欲しい』私。
『女の子は恐怖で話せません、彼らが保護したそうです。』男性。
『おとなしくした方がいいですよ。ここはフィリピンですが、日本で悪いことは、フィリピンでも悪いことです。』と怒り口調で男性がいった。

“ふざけるなちゅーの!!”

>ってか、Jちゃんの友達も話せないって言っても勘違いされているのを止めないとね(苦笑)

『彼らはあなたにパスポートの提示を求めています』男性。
『パスポートは持っていない。ホテルにおいてあります。本当です。』私。

もう何を言っても聞く耳を持っていない腹立つ態度だった。

もうこれ以上の抵抗は無理。男性に『通訳ありがとうございました。』と伝え、諦めて連行されることにした。警備員に連れられてスロープを登り始めたときJちゃんの呼ぶ声が聞こえた。『彼女に尋ねろ、彼女に尋ねろ』といい、もう一度引きずられるのを抵抗した。

170cmくらいあるJちゃんが走り寄ってきて私に抱きつきながら警備員に怒鳴り始めた。

“あぁ~助かった~。でかいJちゃんがいっそう頼もしかった。”

>ホッと安堵した瞬間ですね

無事に開放され、車に乗った。Jちゃんの友達には腸が煮えくり返るほど腹立たしかったが、Jちゃんが何度も何度も『ごめんね、ごめんね』というので、Jちゃんの顔を立て友達に怒りはぶつけず堪えた。3人で昼食でも食べてからバスターミナルに送っていってやる予定だったがそんな気分にはなれなかった。

『アンヘレスまでいくらで行くことができますか?』私
ドライバーは少し考えて『2500でOk』と答えた。ボッタクリドライバーではないようだ。

“一般タクシーにアンヘまでというと2000+高速道路代というのが大体である。ボッタクリドライバーは5000くらいのことを言ってくる奴も居る。だから、私の感覚では3000までならOKという感じだ。”

『OK。私はホテルにいく。彼女達はアンヘレスに行く。OK?』私。
『アンヘレスの何処だ?』ドライバー
『彼女達に尋ねて』私。

ホテルにつくまでJちゃんは『ごめんなさい、ごめんなさい』を繰り返していた。
『あなたは私を助けた。私はあなたに感謝している。私は怒っていない。私は驚いて、疲れた。問題ない。ありがとう。』等、私はJちゃんへ言葉を並べた。

ホテルに着き、Jちゃんに3000渡した。『2500はドライバーに払いなさい。500はジョリビー食べなさい。高速道路にあります。お昼ごはんです。もし、お釣りがあった場合、ドライバーのチップでです。』といった。あまりにもJちゃんが私のことを気にしているので、『次回来た時も私はあなたに電話する。次回も私はあなたに会いたい』と伝えた。

ここまで

大変でしたね~

でもJちゃんももう少し遅れてきてくれれば警備室でのやり取りまで読めたんですが(爆)

Jちゃんの友達を怒らず2人を帰せた事は大人の対応ですが

この件で怒りパワーが蓄積されたんでしょうね、この後あんな事するなんて・・・・・・・



ヌルメガ祭り
お風呂をローション風呂に変えてフィリピーナと楽しくヌルヌル
バススライム
バススライム


電池でも振動。フィリピンの電圧に対応しているACアダプターで更に振動がパワーアップ。
フェアリーミニミニ
フェアリーミニミニ


アダルトグッズのNLS
パールガーデン

ハイアット&カジノ

ABCホテル


フィールズプラザ

スズキビーチホテル

ホワイトロックリゾート

シャングリラ リゾートスパ

ウォーターフロント セブ

クリムソンリゾート&スパ

マルコポーロ ダバオ

格安でフィリピンにtextを送る
日本の携帯やパソコンのメールからフィリピンの携帯にtextを送る。

【パラサヨテキスト】

なんと!最安値一通5円♪

エイズ検査キット
月別アーカイブ
記事検索
ブログに参加する
    
相互リンク・問い合わせ・投稿
  ↓ ↓ 
『投稿フォーム』

分からない言葉があれば↓参照
『フィリピン幼稚園用語集』

合計:
今日:
昨日:




BBS(掲示板)始めました
  ↓ ↓ ↓  
フィリピン幼稚園掲示板
カテゴリー
最新コメント
えっ?ムフ茸が大きくなる
従来のメガマックスに、ガラナ、カツアバ、フコキサンチン、バイオペリンが加わり、さらにパワーアップ!!
男性器の増大に期待が持てます。
効果が実感できるには、3か月以上の継続がお勧めです。 血流促進で、太く、ずっしりと重みを増した手ごたえが感じられるでしょう。

メガマックスウルトラ(MegaMaxUltra)

Amazonライブリンク
アクセスランキング


フィリピンサイト トップ100-filipin site Top100 フィリピン パラダイス ランキング

I Love FX