738fb462.jpg

さて、フィリピンのルソン島巡りと言う割には出発すら出来ていないてにあんさん。

今日こそはパートナーを見つけて出発してください(笑)

ここから(赤字は私のコメント)

翌朝、もうこの街に、ずっと居るしかないかなって思っていると、一本のTEXTが入ります。

Bちゃんです♪

「今、どこを旅行しているの?」ってなメールです。
即効、連絡して呼び出します。

会ってみると、やはり風邪は本当のようで、まだ病み上がりって感じでした。

「なんで旅行に行ってないの?」なんて聞かれたので、思わず「君を待っていたんだよ~」なんてことを言っちゃいました(う・そ・つ・き♪苦笑)

でもって、ようやく旅行相手が・・・・・・・・
・・・・・・・・・・『決っ定~~!』でーーーーす。

>いやぁ~、良かったですね。やっと出発できそうですね

ぐるっと回って戻ってきたって感じですけど、ホッとしました。
何せカジノも連日連敗で、この街から出たかったんです(汗)

>そうそう、カジノに行かなくても良いぐらいの用事があれば負ける事は無いんです(笑)

翌日は、アンヘでのんびりして(BFもしないで・・・アッ!カジノは負けでしたが(苦笑))翌々日の9時にBから連絡が入ります。

本日10時にホテルに来る予定だったんですが、もう行っていいか?ってことでしたので、もちろんOK!

フィリピン人も遠足が楽しみで寝むれなかったのかな(笑)

まあ、テンション高く部屋に到着してくれました。
ということで、2人でダオ(バスターミナル)に向かって、出発でーーーす。

>出発前のフィニッシュは無かったんですね(爆)

cdc8ee59.jpg

★バス旅行初日

本日の目的地は、ラオニオンのサンフェルナンド!

ここでポイント!
バスには目的地が書いてあって、それを見て乗り込みます。
サンフェルナンドはパンパンガにもある地名です。同じ地名が複数あるパターンは他にもあるそうなので、どの地区のどこなのかを確認して、バスには乗りましょう!

ということで、サンフェルナンド行きがちょうどあって乗り込みます。

料金はエアコンバスで270ペソ、3時間半のバスの旅です。

>ふむふむ、日本にも北区とか複数の県にあるのと同じですね

ようやく到着して町の中心でバスを降りますが、まったく土地勘がないので右も左もわかりません。

ひとまず宿ということで、トライに連れて行ってもらおうと交渉すると、150ペソとのこと。120ペソに値下げして、とりあえず乗りましたが、かなり遠かったのでボラれてはいない額でしたね。

今日のお宿は、○○の歩き方に載っていたロングビーチリゾートホテルです。
やはり海の町は、シーフロントに泊まりたかったのでここにしました。

デラックスルームのオフシーズンで1300ペソでした。
エアコン・ホットシャワー・トイレ完備。
着いたときはボロく感じたんですが、シーフロントのレストランを見た時には感動もんでした。

当たり!!のホテルだと思います。

37b2b191.jpg

到着後、Bがフロントに「クラブはあるか」って聞いてます。他の土地の飲み屋に行ってみたいのかなぁ~って思っていたら『蟹』のことでした(笑)

>蟹は『crab(クラブ)』と日本語明記では同じですからね。
>Rの発音が出来ないと『crab』と注文しても理解してもらえませんね


フロント嬢の話では、ホテルでは持っていないが市場にはあるかもってことで、散策がてらに市場へ

結局、蟹は売ってませんでした。それよりも夕方のフィリピンの市場で生ものを買う気にはなれませんけどね。
結局、Bのサンダル・水着・シャンフ゜ーなどを買ったのみ。

食事は、外のほうが美味しいかなと思い、シーフードレストランで済ませてご帰宅です。

ホテルに戻ると、海一面が夕焼けに!!
まあ、見た目はボロい海の家って感じですが、シーフロントレストランで夕焼けを見ながらビールを飲む!!
最高でした。

ホテル従業員だと思いますが、歌も歌ってくれちゃって良い雰囲気でガンガン飲んで爆睡だす。


ここまで。

やっと出発しましたね

全然知らないフィリピンの地方へ旅する。初めての事で分からない事も多いですが、その分シーフロントレストランの様に意外な場所を発見できるのも旅の醍醐味でしょうか

しかし、今日もフィニッシュは無いですね

ってか、ムフフもありませんね(笑)

旅の投稿だと思って我慢しましょう(爆)


※てにあんさんが行ったラオニオンのサンフェルナンドの地図(中央のサンフェルナンド)→『googleマップ』

南にラルラックシティとありますが更に南にいくとアンヘレスです。