ATTACCANTE LD

気がついたら10周年過ぎてました(´ー`) MSNでお馴染みの皆様も新規の方々もどうか宜しく。 livedoor支部でございます。 セリエを軸とした欧州サッカーを中心に言いたい事を言っています。 (脳内クラブ)さいたまレッズもそれなりに追いかけています。

■ブラジル 0-1 アルゼンチン 第三国(今回はサウジ)で行われた、いつもの見世物興業かと思っていたが、予想よりは激しかった。 試合前の両ベンチにサウジの王族の人(?)が握手して回っていた。 サウジアラムコ、上場するそうですね。 そして始まったスーペルクラシコは ...

『リヴァプール 3-1 シティ』 まぁ忙しい試合でしたねぇ。 このペースになったら試合中、リヴァポにどんどん離されて行くのは解りそうなものですが、ペップからはあまり手を打った印象が無い。 まともなスタメンが組めない最終ラインを保護するという目的もあって、ライン ...

ユヴェントス 1−0 ミラン マテュイディは骨折の得点<77分ディバラ> ユーヴェは特に変化なし。 ここ数試合継続中の、一定のリズムからやや速いリズムの繰り返し、得点が入る時は個人技だったり、偶発的にそれが繋がったりと、要するに低レベルでつまらない試合展開。 ...

『カリアリ 5-2 フィオレンティーナ』 今さっきハイライトを見ただけ。 こういう大量得点試合で重要視されるのが先制点。 カリアリMFログの先制ゴールが、中盤のダイレクトタッチ2連続(ジョアン・ペドロとナインゴラン)から引き出された圧倒的な崩しだったのがフィレンツ ...

■ロコモティフ 1-2 ユヴェントス 開始1分と経たずにケディラが足を踏まれて悶絶。 すぐ後にもラビオが倒され、ロコモティフがアウェー戦とは異なり「暴力面では」前に出ようとしていた。 しかしその努力が見事にアダとなる辺り、CL参加賞組である所以なのかもしれない。 ...

『ローマ 2-1 ナポリ』 弱っているナポリをキッチリ叩いたローマ、という構図。 アランの不在により中盤の強度がガタ落ちしたナポリに対し、ローマはフォンセカ監督のマンチーニ守備的MF起用が大当たり。 スクランブル的な起用だったらしいが、CBの時よりも明らかに賢くプ ...

後半だけフル視聴しました。 結果を見ただけで何となく察していましたが、単なるクソ試合でしたね。 トリノのやる気の無さも手伝って、ダービー感は全く無かったし、ダービー風味ですら無い。 マツマツ、おめぇも丸くなったな? ユーヴェ、デ・リフトの初ゴールとかどうで ...

『リヴォルノ 2-1 ユーヴェ・スタビア』 後半だけ。 赤の広場(アルマンド・ピッキ)、人まばら(笑) それも無理のない話で、リヴォルノの順位は19位(勝ち点7)、相手のユーヴェ・スタビアは17位(勝ち点10)という、食べ終わった鍋の底に貼り付いた残飯たちの争いである ...

『ユヴェントス 2-1 ジェノア』 少し期待してましたが、相変わらず中途半端な試合内容。 面倒だからざっくり行きますが、ユヴェントスは34分、ディバラが単騎突破からのシュート。 GKラドゥの好セーヴに阻まれたが、周囲との絡みが弱い分、この手の個人技が最も期待されてい ...

『レッチェ 1-1 ユヴェントス』 やっつけ感が物凄いんですが・・・ というか、CLのモスクワ戦から地続きって感じですね。 チャンスは作れるが決定力が足りず、時間だけが浪費されて行く。 あと一押しが足りない状況を是として工夫もこらさない(フォリクラッセがいないの ...

このページのトップヘ