2017年05月18日

AXISハブのメンテ(自転車のハブ)

P5180006

このリムとハブのメーカーは不明なので(海外の掲示板を調べてみると、Formulaという説があった)メンテに悩んでいる人もいると思いますので事例紹介として、また自分への備忘録として書いておきます。

後輪の回転がぎこちなく感じたので分解してみると玉押しはこのように虫食い状態。
P5180010

鋼球もこんな感じに虫食ったり焼けたりしていました。
P5180012

これじゃあ回転が悪くなるのも納得です。駐輪場の関係で私の自転車は雨ざらしですし、雨でも雪でも乗っていることもあって、こまめにメンテしているのですがこのありさま。

ところが交換したいにもパーツの番号さえわかりません。AXISって何?状態。OEMとして名前の上がっていたFormulaのサイトを調べてみても交換用パーツなんて用意されていない様子。だってハブも新品買った方が安そうなくらいなんですもの。

また海外の掲示板では、SHIMANOの105用の玉押しが使えたとかDeoreの互換だなどと書いてあったりもするので、とりあえず大きさを測って以下のパーツを発注した。こういうときに近所のサイクルベースあさひさんにはお世話になります。

  • Y30G90500

  • Y3AE98030


それぞれ1mmと2mmほど長いものになるのですが、元々の玉押しではちょうど3mmのワッシャーをかましているので相殺されてぴったりになるだろうという予測のもと発注しました。
交換したところ、特に問題なく取り付け完了。リチウムオイルもたっぷりつけて、ヌルヌルとした回転になりました。

これで通勤してみてどんな感じになるのかが楽しみです。

filmanddigidays at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)デジタル 

2017年05月01日

フィルムで写真

blog02
(Distagon 2.8/25 + Kodak Gold)
久しぶりにフィルムで撮影してきた。フィルムでが久しぶりというよりか、写真自体が久しぶりです。
フィルムも劣化しているかなと思いましたが、杞憂だったようです。取り込むときに黄色かぶりをしていたのを取り除くのに手間がかかりましたが、それほどおかしくは無かったようです。


film01
(Distagon 2.8/25 + Kodak Gold)

それにもともとKodak Goldは黄色味が強かったような気もします。これはこれで物理的な影響があって好きな感じです。



blog01
(Distagon 2.8/25 + Kodak Gold)


あらためて思ったのが、デジタルの細部まで細かく鮮やかに美しくというのは私の求めている写真とは違うということ。記憶にあるような色に近く、そして全体像はわかるけれど細部をよく見ようと思っても細部は曖昧になっているような写真、しかしその曖昧さゆえに記憶が呼び戻されるようなもの、それこそが私が撮りたい写真です。

filmanddigidays at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フィルム | 写真

2017年04月01日

ガンプラ: ザク買いました

b01
(Olympus E-M1 + ZD50-200)

子どもがファーストガンダムにはまっている。もしかしたら面白がるかもと試しに見せてみたところ、学校から帰ってきてはすぐに宿題を終えて次の日の準備をしてガンダムを見るくらいにはまってしまった。

それはそれで親子の話の種が増えるのは嬉しいのですが、ご飯を食べながら、またお風呂に入っているときにもアムロとシャーとガンダムとザクとグフとドムとジムの話ばかりをするようになってきた。

息子「ザクってたくさん種類があるよね」
私「そうだね。宇宙とか地球とかに特化しているのがあるよね」
息子「三連星のザクもカッコいいよね。旧ザクとか、トケが無いのもいいよね」
私「・・・・」

みたいな会話ばかりになってきた。見ているのは千葉テレビで再放送していたのを録画しておいたもの。地デジへの移行期だったこともあり、地デジカが出ていて懐かしい。

b02
(同上)

彼に見てほしかったのは、モビルスーツではなく人間の心の動きとか葛藤など。たとえばガンダムに爆弾が仕掛けられているとき、アムロが一人で爆弾を外す作業をしている場面があった。いつ爆発するかわからない状況で誰も手伝うことができない。アムロを見殺しにするような状況、そして誰も手伝えない様子を見ていたフラウボウがこんな感じのことを言う。

フラウ「私がアムロの代わりにやってきます」
ミライ「でもフラウ、あなたアムロより上手にできて?」
フラウ「ミライさん、ひどい」

というような会話からいろんなことを学んでほしいという気持ちからガンダムを見せたのですが、やっぱりモビルスーツはカッコいいですもんね、しょうがない。そこで息子と一緒にガンプラを買いました。作りました。遊びました。写真に撮りました。

b03
(同上)

25年振りくらいにプラモデルを買いました。息子に小さめのザクを、僕用に大きめのザクです。今のガンプラはすごいの一言です。アニメのポーズがことごとくできるようになっています。シャアザクがガンダムを蹴ることができます。あのシーンが再現できるのです。

これは堪らんということで、コアファイターが入っているガンダムも買いました。コアファイターはできたのですが(パーツが細かすぎて羽の一部分を折ってしまってショック受けてます)、ガンダム本体が出来上がるのは夏休みくらいの予想です。



filmanddigidays at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)デジタル