Hannah Arendt: 『革命について』 -公的幸福と公的自由-フィルムで写真

2017年04月01日

ガンプラ: ザク買いました

b01
(Olympus E-M1 + ZD50-200)

子どもがファーストガンダムにはまっている。もしかしたら面白がるかもと試しに見せてみたところ、学校から帰ってきてはすぐに宿題を終えて次の日の準備をしてガンダムを見るくらいにはまってしまった。

それはそれで親子の話の種が増えるのは嬉しいのですが、ご飯を食べながら、またお風呂に入っているときにもアムロとシャーとガンダムとザクとグフとドムとジムの話ばかりをするようになってきた。

息子「ザクってたくさん種類があるよね」
私「そうだね。宇宙とか地球とかに特化しているのがあるよね」
息子「三連星のザクもカッコいいよね。旧ザクとか、トケが無いのもいいよね」
私「・・・・」

みたいな会話ばかりになってきた。見ているのは千葉テレビで再放送していたのを録画しておいたもの。地デジへの移行期だったこともあり、地デジカが出ていて懐かしい。

b02
(同上)

彼に見てほしかったのは、モビルスーツではなく人間の心の動きとか葛藤など。たとえばガンダムに爆弾が仕掛けられているとき、アムロが一人で爆弾を外す作業をしている場面があった。いつ爆発するかわからない状況で誰も手伝うことができない。アムロを見殺しにするような状況、そして誰も手伝えない様子を見ていたフラウボウがこんな感じのことを言う。

フラウ「私がアムロの代わりにやってきます」
ミライ「でもフラウ、あなたアムロより上手にできて?」
フラウ「ミライさん、ひどい」

というような会話からいろんなことを学んでほしいという気持ちからガンダムを見せたのですが、やっぱりモビルスーツはカッコいいですもんね、しょうがない。そこで息子と一緒にガンプラを買いました。作りました。遊びました。写真に撮りました。

b03
(同上)

25年振りくらいにプラモデルを買いました。息子に小さめのザクを、僕用に大きめのザクです。今のガンプラはすごいの一言です。アニメのポーズがことごとくできるようになっています。シャアザクがガンダムを蹴ることができます。あのシーンが再現できるのです。

これは堪らんということで、コアファイターが入っているガンダムも買いました。コアファイターはできたのですが(パーツが細かすぎて羽の一部分を折ってしまってショック受けてます)、ガンダム本体が出来上がるのは夏休みくらいの予想です。



filmanddigidays at 21:00│Comments(0)TrackBack(0) デジタル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Hannah Arendt: 『革命について』 -公的幸福と公的自由-フィルムで写真