家電ラッシュガンプラ: ザク買いました

2017年03月20日

Hannah Arendt: 『革命について』 -公的幸福と公的自由-

卒業する学生がアレントを読みたいと言ったのでお付き合いして読んでみた。読むのは1x年ぶりだろう。ところどころでレジュメを作りつつ、読みつづけているうちに『人間の条件』で苦しんだのを思い出した。

b03
(Olympus E-PL6 + M.Zuiko 1.8/45)

さて、細かな議論は本論を追ってもらうとしてエッセンスとしてはこのようなものになるだろう。革命を通じて公的活動の自由を得た先人たちは一つのことに悩む。それは次世代に革命を許す憲法をどのようにすれば作ることができるのかという問題である。

私たちは、私たちの国や社会や共同体をどのように運営し、どこに向かい、何を求めるかを議論し私たち自ら決定してゆく自由を持っており、それを公的自由と呼ぶとアレントは主張している。まさに革命を成し遂げた人々はその公的自由を享受し、それによってのみ得られる公的な幸福をも享受していた。
議論(constitute)の結果として「constitution」ができるわけだが、そこにはその時点での理想像が記述されることになる。もし革命を許可するのであれば、その理想と次世代の理想とが齟齬をきたすこともありうる。それは現時点での理想が許せることではない。国民の自由と平等を理想として掲げる一方で、公的自由を許すことは自由と平等をなくす議論をも許容しなければならないし、それを選択することも許容しなければならない。

そのため、公的自由(公的幸福)は制限させられるように自由の意味が変質してゆくことになる。私たちが持っている自由は公的自由から私的自由へと変質させられ、私たちは公的自由から疎外されてしまう。その結果私的自由をいかに確保するのかに私たちの努力が費やされ、私的幸福の追求のみを幸福の追求と勘違いさせられてしまうのである。

b02
(同上)

さて、ここでふと気がついたのが、現在の大学も私的自由の確保のために各人が努力させられていないか?ということである。本来なら研究は真善美の探求のため、極めて公共性が高い活動だといえる。そのための環境整備に腐心すること(議論をし、理想的な環境を求め、そのために運営してゆく)は大学人として公的幸福に与っている状態であろう。
ところが現実には、研究は私的幸福であるとみなされ(好きでやっているのでしょ?)、研究時間を確保すると主張することが後ろめたい状況になっている気がする。それゆえ、大学における事務作業をいかに回避するかばかりに苦労する環境ができあがっている。大学人は私的領域へと疎外されてしまっているのだろう。

b01
(同上)

アレントのおかげで、いつのまにか抱いてしまっていた偏見を見ることができた。アレントを読みたいと言ってくれた学生は、もしかしたら神さまのメッセンジャーだったのかもしれない。
そして、神さまが私に言っていることはいつも同じである。

「学べよ。さらば与えられん。」


filmanddigidays at 22:30│Comments(0)TrackBack(0) デジタル | 大学

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
家電ラッシュガンプラ: ザク買いました