内なるアイヒマン

2018年01月13日

ebel SPORTWAVE クロノグラフ (E9251K51)

P1080009
(Olympus E-M1 + Pancolar 1.8/50)


私が好きな時計はどうもマイナーな気がしています。このebelもそうです。この時計をググってもほとんど何も出てこないのです。公式サイトにも何も掲載されていません。そこでレビューをしてみようと思い立った次第です。

ebelはその特徴として流線型のデザインがあります。また時計の顔に複数のネジがあります。これはデザインという点でもそうですが、ムーブメントを正面から出し入れする削り出しのケース(つまり装着している腕の側には隙間が無く、水分が時計に入らないよう)にして防水性能を高めているということもあります。このSportwaveは裏蓋があって電池交換がしやすくなっているタイプです。

また、そのデザインと付け心地が調和しているため金属ブレスにもかかわらず腕に付けていて違和感も無ければ、痛いと感じたこともありません。

ebelの歴史については『世界の腕時計』ワールドフォトプレスの38号と78号、またはカタログや公式サイトを見ていただければわかるので割愛します。

P1080010
(同上)


美しく(時計の中の機械もきれいです)、デザイン性に優れて、使い勝手が良いにもかかわらず、なぜが日本では取り扱い店が多くありません。購入するとすると個人売買か、海外から通販でということになってしまいます。
この時計も海外からやってきたもの。eBayでMINTコンディションと書いてありましたが、写真からするとどうも怪しい。

掲載されている写真も十二時間計の針が常に10時を指していたので、そのことを質問したら「I have no answer」という素っ気ない返事。

調べてみるとクオーツのクロノグラフは竜頭を引いたときにボタンを押すことで位置調整ができるというのが一般的のようです。そこでその旨を伝えて、調整できるかどうか聞いたら「Yes, Yes, Yes」という喜びが伝わる返事が返ってきたため購入してみました。自分へのクリスマスプレゼントです。サンタになることはあっても、サンタが来ることが無い状況を打破するために。

P1080007
(同上)


ブレスには浅い傷はいくつかあったものの、総じて状態が良いもので、eBayに掲載されている写真に感じた怪しさは杞憂でした。付け心地は、これまた他のebelと同様で素晴らしい。誇張無しに付けていることを忘れてしまうのです。SportWaveのブレスレットは独特な形をしているなと思っていましたが、その理由を経験的に知ることができました。

P1080013
(同上)


これは普段使っている自動巻のSportWaveです。この個体も国内で流通しているのを見たことがありませんが、シンプルかつスポーティーでデザインが良く、ARコーティングもあり、機械の精度も高く申し分ありません。針の形状も立体的できれいですよね。

そろそろメンテナンスをしなければならないので、出費がかさみそうです。その点だけが欠点の時計です。


filmanddigidays at 23:24│Comments(0) デジタル 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
内なるアイヒマン