フィルム

2017年05月01日

フィルムで写真

blog02
(Distagon 2.8/25 + Kodak Gold)
久しぶりにフィルムで撮影してきた。フィルムでが久しぶりというよりか、写真自体が久しぶりです。
フィルムも劣化しているかなと思いましたが、杞憂だったようです。取り込むときに黄色かぶりをしていたのを取り除くのに手間がかかりましたが、それほどおかしくは無かったようです。


film01
(Distagon 2.8/25 + Kodak Gold)

それにもともとKodak Goldは黄色味が強かったような気もします。これはこれで物理的な影響があって好きな感じです。



blog01
(Distagon 2.8/25 + Kodak Gold)


あらためて思ったのが、デジタルの細部まで細かく鮮やかに美しくというのは私の求めている写真とは違うということ。記憶にあるような色に近く、そして全体像はわかるけれど細部をよく見ようと思っても細部は曖昧になっているような写真、しかしその曖昧さゆえに記憶が呼び戻されるようなもの、それこそが私が撮りたい写真です。

filmanddigidays at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月27日

FFF modのパーツ購入

Dagaz watchは比較的簡単に改造パーツを購入できますが、Yobokiesでの購入方法は若干困難だと思いますので、Yobokiesでの購入の手順を簡単にメモしておきます。

1. Haroldにメールする
2. Paypalで支払う
3. 待つ

2016110001
(Kodak Gold 400 + Distagon 35/2.8)

1. Haroldへのメール
まずはYobokiesのサイトで欲しいパーツを見つけます。そのURLをHaroldにメールで送って、在庫と金額を確認します。メアドはこれです「yobokies@yahoo.com.hk」

さほど難しい英語を書かなくても通じました。Haroldも英語が母国語ではなさそうな感じです。
「Do you have a stock of this URL. How much is it?」みたいな感じで大丈夫です。

2. 支払い
金額と在庫がわかったらメールの中にあるURLをクリックしてPaypalへ移動します。
教えてもらった金額を送金します。

支払い後にHaroldに支払ったという連絡をしておきましょう。「ありがとう」的なメールが返ってきました。

3. 待つ
Paypalでの支払なので、発送後にはPaypalからメールが来ます。その中に追跡番号がありますから、あとは到着を待つだけです。私の場合は1週間強で届きました。
追跡番号を毎日調べたりすると精神衛生に良くありませんから、2週間程度はパーツのことは忘れてしまいましょう。散歩をして心を鎮めるのがベターですね。

2016110002
(Kodak Gold 400 + Distagon 35/2.8)


filmanddigidays at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月15日

ちょっと一休み

blog
(Kodak GOLD 400 + Distagon 4/18)

以前から気になっていた喫茶店でちょっと一休み。その名も「753カフェ」。

filmanddigidays at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月19日

カメラの選び方?

すっかりとほったらかしにしていました。またボチボチとやってゆきたいと思います。

blog02

最近よく聞かれるのが「どんなカメラを買うといいですか?」という問いです。その都度その都度答えるのが面倒くさくなったので選び方のポイント(偏ってます)を印刷して配ることにしました。作成するととたんに聞きにくる人がいないというのがマーフィー的なものでしょうか。

blog04

とうぜんながら初心者をそれなりに納得させられるとしても、完璧なものではなくたくさんのポイントを見過ごしているものです。ネットの良いところの一つにオープンにされている情報に対してさらなる改善が短期間に多方面から行えるとうことがあります。まあ、突っ込んでくださいというやつです。

blog03

--
カメラ選びのポイント

写真は「センス」+「修練」。カメラの性能やレンズの性能で撮るものにあらず!

・小型軽量カメラ or 大型カメラ

   小:軽くて持ち運びやすいけど、プラスチックで質感が良くない。軽いからブレやすい。   
   大:マグネシウムボディ+防塵・防滴で滝でも撮影できる。持ち運びづらい。

・明るいレンズは安い!

   レンズが明るい(f値が小さい)とシャッター速度が早くなる。被写界深度(ピントの厚さ)が薄くなって背景がボケる。f値は1.4倍で1段暗くなる。たとえばf2.8のレンズとf4のレンズでは、f2.8のレンズを使ったときにシャッター速度が1/60なら、f4では1/30秒になる = ブレやすい。
   結局レンズは買い換えるから、明るいレンズが安いメーカーが長期的にはお得。

・画素数は必要か?

   プリントの大きさによって必要な画素数は変わる。1000万画素あればA3は余裕(200DPIくらい)。L判程度なら200万画素もあれば十分(300DPIくらい)。

・高感度は必要?

   ISO1600が使える = ISO100にくらべて16倍のシャッタースピード
   ISO100
、シャッタースピードが 1/5秒 = ISO16001/80秒 = ブレづらい
   しかし、一般的に高感度になるにつれ画質が劣化してゆく。最近のカメラでは
ISO6400くらいは使えるが、低感度(ISO100)でも画質が良くなかったりする場合もある。
   高感度だけを見るのはナンセンス!

・手ぶれ補正は必要?

   カメラに手ぶれ補正がある = どのレンズでも手ぶれ補正可能
   レンズに手ぶれ補正がある = ファインダーの画がぶれない

・ファインダーは重要?

   光学ファインダーが欲しいか、EVF(電子ビューファインダー)が好きか。
   電子ビューファインダーは攻殻機動隊が好きなら好きのはず。ファインダー上に各種情報が浮かび上がる喜びあり。
   光学ファインダーは光を見ている感じが好きなら好き。美しい光学ファインダーは素敵だが高価。

   またファインダーの大きさは、ファインダーを構図決定のみに使うか、マニュアル撮影の喜びも欲しいかに依存する.
オートフォーカスでチャカチャカ撮影するだけならさほど重要ではない。

・ライブビューは欲しい?

   ファインダーではなく、背面液晶を見ながら撮影したいか。速度は求めるか。
   バリアングル液晶が必要?

・マイナーメーカーでもOK

   カメラは宗教的要素が強く、CANON, NIKON以外のカメラを使っているとバカにする人もいる。そういった人たちの視線は気にしない(スルーできる)ならどこでもOK。むしろ他人の視線を気にしちゃうようなメンタリティーの人にはどこのカメラも買ってほしくない。

・撮影したいものは何か。

   早いAFが必要か、ポートレートが美しければ良いか、風景を精細に撮影したいか、スナップが良いか、マクロ撮影がしたいか、etc...

・ゴミ取り機能は?

   実用的なゴミ取りが無いと、サービスセンターに持ち込んで清掃してもらう必要あり。雑誌等では比較記事が出にくいので、よくよく調査すべし。

・上記の要素を組み合わせて考えてみましょう!


・暗いレンズを使っているときにブレないためには?

1. 感度を上げる

2. 手ぶれ補正を使う

(手ぶれ補正は、手ぶれを止めるだけなので、被写体が動いているときは意味無し!

でも、風景には効果的。)


・明るいレンズを使ったらブレない?

   1. 明るいレンズは、明るいままだと写りが良くないことが多いので絞って使う必要あり
   2.
絞るので高感度が必要


・ベストな解決は?

1. 明いままで良く写るレンズを買って

2. 高感度が使えて

3. 手ぶれ補正が使える

カメラとレンズを買う。

--

最後の部分がまだまだ足りないですね。できればフローチャート化したいところです。

blog00
(Kodak GOLD400 + Planar 1.4/50, すべて同じ)

filmanddigidays at 11:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月05日

Sonnar 2.8/180, Carl Zeiss Jena

blog02
(Kodak Gold 400)

このレンズは素晴らしい。とくにマルチコートではない方の描写に惚れています。描写の精密さ、ボケ具合、立体感などなど、まさにツボです。

180mmについては、JenaのMC, non-MC, Contax Sonnar 180mmと使ってみました。結局、手元に残したのがnon-MCのゼブラ模様のレンズというくらい惚れてます。
このレンズなら何本あってもかまわないと思っているので、ときどーきeBayを探してますが、最近は流量が減っちゃていて残念です。

blog01

他にもいろいろと撮っているのですが、人が写ってしまっているのでなかなか表に出せません。しかし、そのすべての写真の描写がまたすばらしいのです。

もし、デジカメでしかJenaのレンズを使っていない人、ぜひフィルムを使ってみてください。別の世界が待っています。(^^;

filmanddigidays at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)