2005年03月16日

グラディエーター(2000) -Gladiator-

一度見れば古代ローマが舞台の作品であり、グラディエーターが戦う場所は円形闘技場コロッセオ(イタリア語)であることがすぐにお分かりと思います。

コロッセオは皇帝ヴェスバシアヌスの命令により剣闘士や猛獣が戦うための競技場として西暦80年に完成しました。上から見ると楕円形で長い径は188m、短い径は156m、外周は527mです。地震や中世に石切場として利用されたため現在の姿になっていますが、かつては5万人が収容できました。

その姿が映像で再現されたのがこの映画。どうやってこんな建築物を再建したのかというと、1階部分だけを実物の3分の1造り、後はCGで再現したそうです。観客も最前列2列分だけ実際の人を撮影し、残りの部分はCGで合成しています。「少林サッカー」と同じですね。

では、一部とはいえ、どこで撮影されたのか?答えはイタリアの南に浮かぶマルタ。地図でみるとイタリアの一部のようですが、れっきとした国です。人口は39万人、広さは320k屬播豕23区の総面積の約半分。島全体が主に石灰岩でできていて砂浜が少なく、古代から交通、戦略上の要として小さい島ながら発展してきました。映画のロケ地としても良く使われ、最近では「トロイ」があります。

ところで、皇帝コモドゥスを演じるホアキン・フェニックスは、今は亡きあのリバー・フェニックスの弟だって知ってました?

人気blogランキング登録中。よろしければご投票を!!←クリックだけで投票完了します。

グラディエーター

【監督】リドリー・スコット
【出演】ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス

○〔書籍〕グラディエーター―リドリー・スコットの世界
○〔書籍〕グラディエーター

●公式サイト 日本語
マルタ観光局:「ロケ地マップ」が面白いです。
○〔旅行〕イタリアへ行くならANAで行くヨーロッパ
○〔旅行〕コロッセオを始めとした日本語ローマ1日観光 昼食付
○〔旅行〕マルタでのオプションツアーはこちら

人気blogランキング登録中。よろしければご投票を!!←クリックだけで投票完了します。

Posted by filming_locations at 23:23│Comments(4)TrackBack(5)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/filming_locations/16533108
この記事へのトラックバック
GLADIATOR(2000/米)【監督】リドリー・スコット【出演】ラッセル・クロウ/ホアキン・フェニックス/コニー・ニールセン\r当たり外れのあるリドリー・スコット監督ですがこれは久しぶりに会心の一作。戦争の英雄マキシマスは、ローマ皇帝から次期皇帝に指名される。しかし、
グラディエーター【愛すべき映画たち】at 2005年03月18日 18:13
グラディエーターソニー・ピクチャーズエンタテインメント2004-11-26売り上
グラディエーター【映画は世につれ、書は人につれ】at 2005年03月18日 22:22
愛する人を殺した者への復讐のみを心に秘めて闘う男。『グラディエーター』古代ローマ帝国時代。巨大コロシアムで戦うグラディエーターの中に、自らの野望しかない皇帝コンモドゥス(ホアキン・フェニックス)によって、愛する妻子を殺され、英雄から奴隷の身に陥れられた...
『グラディエーター』 真の英雄とは【*モナミ*】at 2005年03月23日 13:58
昨日は、金曜ロードショーでグラディエーターをやっていた。 これは以前、DVDで見たことがある。 世の中には、同じ映画を2回も見えてつまらないと思う人もいる。 しかし、俺が思うに 映画は2回目くらいからが本当に面白いと思う。( ̄ー ̄) 例えば、ある映画を
グラディエーター【なんだいかんだい日記】at 2005年03月24日 14:24
昨年から一時期静かなブームとなった「スペクタル史劇」の火付け役となった作品である。筆者の評価も大変高い作品なのだが、果たしてちゃんとレビューを書けるか余り自信が無い。 そこで、この映画の素晴らしい点を幾つか上げる。まず、「ローマ」であること。"すべての道
グラディエーター 〓My Collection〓【利用価値のない日々の雑学】at 2005年07月25日 20:12
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございます。

いいですねえ、好きです。こういうテーマのあるブログ。
私も、映画紹介と生活を結びつける、というテーマで書いていますが、「世界を旅する」というのも、面白い切り口ですね。
結構、書くネタを考えるのが大変だと思いますけど・・・。(私もそうなので)
またお邪魔します!

⇒書き込みありがとうございます。ネタは話題性があったり、テレビでやってたり、興味のある物を選んでますが、ロケ地ネタを探したり考えているうちに数時間過ぎてた!なんてことがしょっちゅうです。でも楽しんでやってます。(HH 管理人)
Posted by yukotto at 2005年03月18日 00:57
こんにちは。おじゃまします。TBありがとうございました。
作品自体の感想では無く、撮影場所や撮影方法までについて
よくご存知ですね。感心した次第です。この作品だけでなく
他の映画についての記事も読ませて頂きましたが、どれも
面白かったです。またちょくちょく拝見させて頂きます。

⇒ご感想ありがとうございます。各情報(サイトや雑誌「おすすめ書籍」等)と過去の記憶を総動員して、自分なりに文章をまとめています。今後も頑張ります。(HH 管理人)
Posted by Darth Takevader at 2005年03月18日 16:34
TBありがとうございました。
へぇ。関心しました。おもしろいですね。
また遊びにこさせていただきます。

⇒ご感想ありがとうございます。今日(3/20)マッチスティックメンUpしました。面白い作品なので是非見てください。(HH 管理人)
Posted by wakana at 2005年03月19日 17:57
グラディエーターもトロイも撮影場所はマルタでしたか。かつて仕事でローマに4年余り滞在し,その間にギリシャは,夏休みにペロポネソス半島と地中海の島を2週間ほどかけて回ったことがあります。というわけで,イタリアやギリシャなどを舞台にした映画には興味があります。どちらも楽しめる映画でした。
最近の映画はCGを使うことが多いと聞いていましたが,それだからこそ大きなスケールの映画が制作できるのだなと納得した次第です。
「少林サッカー」も楽しめる映画でした。中国には仕事で2度滞在し,計6年ほどいましたが,春節の休みに少林寺を訪れたことがあります。
イタリアや中国,文化遺産の豊富な国はいいですね。コロッセオの具体的なサイズを調べたことはありませんでしたが,数字で示されますと,それが言葉どおり巨大な(colossale)闘技場だったのだということをあらためて認識した次第です。Grazie mille!

⇒Prego! 豊富な海外滞在経験をお持ちなんですね。私は海外生活経験はゼロですので記事内に補足や誤記がありましたらご指摘お願いします。(HH 管理人)
Posted by dcromabeijing at 2005年03月19日 19:44