2005/6/20 PRIDE GPまであと7日!夏の女祭り 瀧本誠編
田村訪問の翌日、東京世田谷の吉田道場に訪れた、内田恭子と高島彩。

アヤパン「瀧本選手に、あの、是非これプレゼントということで。」
瀧本誠「はい」
自筆の瀧本を描いた絵を見せるアヤパン
瀧本「誰これ?」
アヤパン「誰これって、どうでしょうか?」
瀧本「めちゃめちゃ似てないですね(笑」
ウッチー「結構さっき、なんかスタッフの中では、結構空気は掴んでるねっていう」
瀧本「いやー、、どう、、、似てない!!」
ウッチー「反対に怒らしちゃった感じで」
アヤパン「出さないほうがよかったよね」


昨年大晦日の男祭り
アヤパン「『舐めてました』発言ですね。」
ウッチー「ありましたよね」
瀧本「はい」
アヤパン「あれっていうのはどういった意味だったんですか?」
瀧本「、、あれはー、ほんとうに、実際簡単に勝てると思ってたんで、、
思ったほど、、ま、甘くないという意味も、あってああいうコメントになりました
。」


ウッチー「田村選手との試合ではどんな戦い方を見せたいと思ってらっしゃいますか?」
瀧本「えー、ま、前回がね、あの、課題とか含めて、もっといろいろ動いて、
もっと見てる人がおもしろいなーっていう、
熱くなるっていう試合をしたいと思います

ウッチー「テレビとかで田村選手の試合とかご覧になります?」
瀧本「は、吉田さんとやったのは見ましたけど」
ウッチー「あそこからはどんな印象を受けました?」
瀧本「、、いや、、、特にないです
パンツが赤いくらいかな(笑」

ウッチー「そのまんまじゃないですか」



先日の対戦発表記者会見
ウッチー「(田村と)目は合わせられました?」
瀧本「いや、、合わしてもくれなかったですけど。」
ウッチー「じゃ一応、ご覧にはなって目は合わそうかなとは?」
瀧本「そうですね。なんか最後握手してくださいっていうのがあって、
出そうとしたら、嫌って言われたんで、
(手をだそうとして止める仕草をしながら)あっあぶねーみたいな
(笑」

一同笑い
アヤパン「危うくねー(笑」
瀧本「おっと」
ウッチー「それは多分、カメラには映ってなかったですね」
瀧本「はい」
ウッチー「よかったですね」
しかし、その模様はカメラにしっかりと映ってました。



ウッチー「『瀧本誠、アンビリーバボー伝説ー』」
瀧本以外の一同拍手
ウッチー「全然乗り気じゃないですね?」
瀧本「いえいえいえ」

その1
「講堂学舎の先輩、吉田秀彦がバルセロナで金メダルを取った瞬間、
回りの仲間が喜ぶ中、一人悔しがっていた」
瀧本「イエス」
ウッチーアヤパン「ほーーー」
アヤパン「事実でしたね」
ウッチー「正直にいかれましたね」
瀧本「(笑 嘘つくと思ったんですか?(笑」

「多分、朝4時半か5時ぐらいに起こされて、じゃみんな喜んでくださいって喜ぶ練習とかして、
なんて自分のことでもないのに喜ばなきゃいけねーの?と思ったんで」

アヤパン「ちなみにその時って、瀧本選手おいくつだったんですか?」
瀧本「17ですね」
ウッチー「とんがってる頃ですね」
瀧本「ははは」
一同笑い



その2
「シドニー五輪の後、総理主催のパーティーに遅刻しそうになり、
寝癖がついたまま出席した」
瀧本「イエス」
ウッチー「これまた大事な日に寝坊しましたね」
瀧本「、遅刻しそうにっていうか、遅刻しました。。。はい。
起きたら10時半だったんで、もういいやって思って、
鍵閉めて寝てました。」

ウッチー「え!?!?」

ウッチー「どうですか、あの、総理に会われて」
アヤパン「森総理ですよね、この時」
瀧本「別になにもなかったですけど。
ただのおっさんだなーって思って

一同笑い


その3
「シドニー五輪の後、かつての勤め先のかなり偉い上司が挨拶しに来たのに、
知らない人だからと軽くシカトした」
瀧本「イエスです
その前までは自分が挨拶しても、向こうは挨拶もしてこなかったくせに
帰ってきてからは、ほんと掌返したように、
瀧本くん瀧本くんみたいになって、誰だ、お前?みたいな顔してましたね」



キャッチコピー
アヤパン「現在の瀧本選手のキャッチコピーはシドニーオリンピック金メダリスト。
如何ですか?」

瀧本「いやー、、うーん、、ま、事実なんでいいんですけど、
あんまり好きじゃないですね」

アヤパン「何かこう、苦手なものってあります?」
瀧本「苦手、、、食べ物だと、トマトがダメです」
ウッチー「ちょっとかわいいですね」
アヤパン「じゃ好きなものは?」
瀧本「、、甘い物とか好きですね」
アヤパン「意外ですね。パフェとか?」
瀧本「はい。自由が丘ロールとか」
アヤパン「もうすっごい、固有名詞出てきましたよ」
ウッチー「ピンポイントでしたね
映画見て泣いたことありますか?」

瀧本「いやないですけど、ドラマありますね
はい。」

ウッチー「なんの?」
瀧本「スクールウォーズの最終回」
一同笑い


アヤパン「瀧本誠につけるキャッチコピー『SWEET BOY とんがって行くんでヨロシク』」
瀧本「ふはははは」
アヤパン「これどうですか?キャッチーですよね?」
瀧本「なんか、どっかのヤンキーみたいですね
両面持ちつつみたいな」

ウッチー「あ、これいいですね」
アヤパン「あ、結構気に入ってません、これ?」
瀧本「全然気に入ってないです(笑」

ウッチー「じゃん、『タッキー&誠』」
瀧本「、、あー、、、」
ウッチー「これ、瀧本選手のタッキーと、誠。」
アヤパン「そのまま」
瀧本「難しいですね」
ウッチー「難しい、、、?」
アヤパン「えー?」
ウッチーアヤパン「(2つ繋げて)『タッキーです。とんがって行くんでヨロシク』」
アヤパン「あ、これいいですね」
ウッチー「OKOK」
瀧本「多分、ダメだしされると思うんで」


勝利の公約
アヤパン「こないだも、舐めてました発言がありましたけど、
結構こう、いろんなワード、発言が目立つので
勝った後にマイクパフォーマンスでキャッチーなことを言っていただきたい」

瀧本「、、そうですね、何がいいですかね?」
ウッチー「それこそ、『タッキーです!!とんがってくんでヨロシク!!」
アヤパン「勝った時に、あの楽しい、、、」
瀧本「いいですね、それ」
アヤパン「ほんとですか!?!?ほんとに!?!?」
瀧本「なんでいきなり???」
ウッチー「やったー」
一同拍手
(注:声だけでは判別し辛い箇所がいくつかあったので、
ウッチーとアヤパン、逆のところがあるかもしれません。)
Posted by じぇく at July 10, 2005 01:57TrackBack(0)
この記事へのトラックバックURL