フリーターは、しばしばニートと同様に扱われることもあるが、これは両者がいずれも労働経済問題であるからで、 本来はフリーターが非正規雇用という形で労働をするのに対し、ニートは働いていないという違いがある。しかし内閣府の定義では 「就労意思のある無職の人」がフリーターに含まれており、ニートの定義と一部重複する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


フリーター・ パートタイマー