2017年03月22日

ドイツの風

友達がデュッセルドルフから一時帰国。
会うのは3年前の、千鳥ヶ淵のお花見以来なのかな。

ということで、小学校の同級生4人とランチ会♬

くしくもこの4人、卒業式で「門出の歌」の伴奏を練習してた。
私が選ばれてたけど、病欠になった場合の為、この3人が補欠で練習させられてたんだって。
知らなくてゴメン。

私はその何日後かに中学入試の為、
ピアノ伴奏はいつもの如く、そして泣くこともなく、
気持ちはそちらだった。
しかもみんなに極秘で。ごめん。

日本は、福岡は美味しいよねー!!

image


その友達だけ天ぷら、お刺身などのランチ。

日本組は肉!!(笑)
すき焼き定食。

ほら、疲労してるからここは肉いっとかんと!
これは夜まで頑張れそうだ。

場所は私達の校区だった大橋。
(天神から4駅)
小学校の先輩には甲斐よしひろ。

ここらへんもすっかり変わった。
いや、変わってないのか。
駅の中は昭和の名残りが。

こないだ先輩と話題になったけど、
昭和っていうと古いイメージだけど、
昭和長かったから、後半に生まれたのに私達は古いイメージよで残念、って。
なるほど。

その後、近くのファミレスに行き、
またお喋りの花、咲き乱れ。

ドイツの話聞いてると、行きたくなるな。

しかし、私にはレッスンが。
帰らねば。
残念だけどお先に失礼!

ギリシャヨーグルト、290円ね。
300円をテーブルに置いて、サヨナラした。
「釣りはいらねーぜ!」
(たかだか10円やん)

すると後から
「消費税13円分、足りんかったよー。」

と連絡。
あちゃー、税抜きだったのね。
かっこ悪。(笑)

こんなどんぶりな私を、
アーティストだからと言って、受け止めてくれてありがとう!

みんなまた会おうー!
ありがとう。





finchleylondon at 22:10|PermalinkTrackBack(0)グルメ 

無事全う

サクソフォンとのリハ(大好きな初見!!瞬発力のみの人)の後、
ノンストップレッスン。

レッスンしてる時は、熱血。
平気なのに、
終わるとご飯食べる...咀嚼もめんどくさいほど。

イメージとしては、映画アマデウスで、
モーツァルトが床に伏したまま、
サリエリに頭の中の音符を伝えてる、
あれぐらい弱ってる。

でも大丈夫!
みんなが少しでも前進してくれるのを糧に生きてます。

最近こんな投稿ばかりで申し訳ない。



finchleylondon at 01:29|PermalinkTrackBack(0)レッスン 

2017年03月21日

アンサンブルリハ

アンサンブルレッスに、ソロレッスンに自らのリハ。
今日も売れっ子(笑)頑張りました。
ぷはーー☕️。

目下の目標(遊びの)は、ふふふ。
色々あるなぁ。
ツメコミ星人。止まれない...

話を戻します。

image


アンサンブル初めてなのに、ちゃんとチェリストさんをうかがい、音を聴けて合わせられる生徒ちゃんもいて感動😭

弓の動きを見なさいねとか、ちゃんと守ってくれてる。
初めのトリオも心配してたけど、縦の線はズレることなく、バッチリ!!

チェリストさんに、みんな上手と褒められたー!

そーやろ!(標準語:でしょでしょ!)

私自身アンサンブル好きなので、
人の音を聴けるように、アンサンブルレッスンには力を入れている。
ホントはみんなにさせたいけど、
ある程度弾ける子でないと、自分の事でいっぱいいっぱいになるから。

そして私のラフマニノフ チェロソナタは年末以来だったけど、自分の問題かな。
なかなかコントロールができず、暴走しまくり千代子。

そして身体は悲鳴をあげてるかも。
右半身首片腕痛治らず。
意識がある時はずっと辛い。

明日はもっとハード。気力だ!

レッスン合間に慌てて案内やプログラムを作ったら、
2015年8月...生徒に指摘された😱
またやってしもーた。

プログラムでなくて良かった...

マネージャー雇えたら雇いたい。

広報、経理、雑用、運転手....
そんな先生いないか。

あとはみんなの一言集作って、
ブーケ取りに行って、
移調譜作成して.......

何でこんなに頑張れるんだろう、私。
終わったら別の会に生徒出演させるので、ダラダラはできないけど。

たまにはボケーっとしたい。
できない性質のくせに。



finchleylondon at 00:50|PermalinkTrackBack(0)レッスン 

2017年03月19日

アントワープにて

タイトル見た方、私がアントワープに飛んだかと?
(師匠と行ったことはあります。滞在時間数時間...)

いいえ、残念ながら。
私に連休とかありません、基本的に。
自由業、詰め込んでないと不安で。

オランダ・アムステルダム在住の
普通科の同級生からメッセージが。
ん? 一時帰国でもするのかな?
すると、
「ハミちゃんの従兄弟さんとアントワープで会ったよー。」と。

「は? なんで??」

従兄弟はアントワープで仕事してて、
家族とブリュッセルに住んでいる。

何この意外な組み合わせ?

音楽業界は狭いので、友達の友達は友達。
私の知らない所で、私が知らない間に、
私の名前を通して勝手に友達になってたり。

海外でもバッタリ何度もあるので、
多少の事では驚かない。

でも音楽に関係ない2人が?

メッセージによると、

アントワープに観光で来てて、歩いてたら日本人に声をかけられ、
「大庭晴美をご存知ですか?」と。

facebookによくいいね!つけてくれるし、
昨年の今頃はコンサートに来てくれて、
一緒に撮った写真、アップしてた。

よくわかったなー、従兄弟くん。

私の詐欺プロフ写真じゃ、
わからんやろうけど!?

もし違ってたら恥ずかしいし、
声かけてくれた勇気にありがとう!!

というワクワクする話♬
引き寄せ、キテるね!

そこに意味があろうとなかろうと、私のご縁で人が繋がるのは楽しい。


従兄弟はもうじき一時帰国するけど、
その日私いないのよね。
でも前もらった、そんなに有名ではないけど、物凄く美味しかったチョコレートリクエストしてるから、楽しみ!!

あー、ヨーロッパ行きたい。
そろそろグレーな空もなくなる頃かな。

鮮やかな花が咲き出す頃は、本当に嬉しかった。

若くてもそう思ってたんだから、
今なら涙出そうなぐらい、嬉しいんだろうな。









finchleylondon at 00:36|PermalinkTrackBack(0)その他 

2017年03月18日

王子を想像

う、首から腕にかけて痛い。
生きてるのが辛いほど痛い。

なかなか止まれない性質。
日曜日は整体にゆこう。

ではレッスンネタを。
生徒ちゃん、ごめん!

発表会で、ギロックのワルツエチュードを弾く小5女子。

どうも中間部のロマンティックなところが、
アグレッシブ。

その前の部分も、準固有和音のキュンキュンする響きなのにスルー。

うーん。。

なんかイメージできないかなぁ。

シンデレラになって!(私としては舞踏会のイメージをさせたかった。)

それなら王子は誰にしようか。

ママから現実的な名前が出てきたが、うーん…
おまけにジャニタレも出てきたが、なんか違う。チャラい。

王子キャラ..
私だったらディーンフジオカあたりかなぁ?
でも思い浮かべて弾くなんて..ないな。

するとママが、
羽生結弦!

おー!リアル王子!!
いいね!
かなりの野心家とみてるけど、
ヒラヒラしてる衣装に美しい演技。
王子だ。

また脱線レッスン。
とにかく、もっと甘くせつなく弾いてほしいので、あの手この手で。

昨年は、志村けんと桜田淳子のコントを見せてイメージさせたし。

ホント、2人の師匠と違って、
ミーハーで申し訳ない。

ほら、でもちゃんと減七はサスペンス!
準固有和音は胸キュン💖
って小学生にもわかるように教えてるので。

机上の和声勉強と響きと結びついてない高校生が多いので、
小学生のうちから感覚を知ってもらうのがねらい。

エリーゼ弾く小2男子にも、
あの手この手でイメージさせてます。
ふー。

気持ちの、感情の種類を増やしてほしい。

中学生の頃は初見が利く為に、
合唱部、聖歌隊の先生から伴奏譜を次々渡され、借り出されていたが、
ある時の前奏がイマイチだったらしく、
「芸大行くなら(行きたいと言った覚えはない)、精神的に実年齢より大人じゃないとね。」
と言われた。

退職された今もお世話になっております。






finchleylondon at 01:23|PermalinkTrackBack(0)レッスン 

2017年03月16日

便利すぎる日本

書くことはたくさんあるけど、それはまた。

昨日昼ぐらいから、首筋、鎖骨、腕にかけて痛くて痛くて。
疲れがたまると、寝違いを起こしてしまうのでそろそろ危ないかも。
鍼行かなきゃ。

さて今日の本題。
最近何かとニュースになってる宅配便の方の労働状況。
数年前までは、「宅配業界、儲かってるよね〜。」なんて話してたのに。

私も何を隠そう、ネットショッピング常連。
住んでる地域は大抵朝早く来られる。

ボケ−ッと玄関に出る時もあれば、出かける間際にキメてる時もある。
又、昼の本番前、緊張する練習として(ドレスが入るかどうかの確認も含め)、
ドレスで練習してる時にピンポーン!で、ゾロびかせながら(博多弁) 受け取る時もある。
すいませーん、こんな格好で

ま、顔なんか見ちゃいないだろうけど、何人かの方はもう顔見知り。
あのおじさん来なくなったなぁ、引退したかななども。

先日、玄関の花を見て、「綺麗に咲いてますね。」などと話す、一年中半袖のいかりや長介似の方に、
「お荷物です。えっと、大庭明美さん…」 
「あの〜晴美です。」
「すいませーん。老眼で見えんとよ。」
そうか、名前までは覚えられてなかったのか、と、いう話しさ。どうでもいい。

一番頻度の高いAmazon。プライム会員なので、ついクリック。
生徒の楽譜で、中身は見なくてもいい、もう決まってるものは簡単にクリックしてしまう。
1冊の時はポストに日本郵便だけど。

以前は車かバスで、ヤマハに買いに行っていた。
「え? 生徒の楽譜をはみちゃんが買いに行くの? 甘やかしてない?」

それ言われて…そうよね。自分が子供の時は、コピーも勿論させてもらった事はないし、
母と版を聞いて、買いに出かけていた。

でもネットで楽譜注文するようになったら、益々私が生徒の分をまとめて用意するようになった。

労働の過酷さがニュースに出だしてから、うーん、今日は足を運ぼうかねと気を使ったり。
1人がこんな事しても意味ないかな…。

日本って便利すぎるの

エゲレスなんて当時、ただの郵便もなくなる、届かない…。
先生がチケット送ってくれたのに…、行けなかったコンサートや美術展。

そして時間指定なんてあり得ない!!
「洗濯機、○○日に修理に来ます。」 と言われれば、1日中待ってなきゃいけない。
待った挙句、来ない事もしばしば。はぁ…。

突然、借りてる家を売ると言いだした大家さん。
「買いたい人が見に来るから、この日はいてね。」
来ない…。もう慣れた…。

日本からの船便の荷物も行方不明で、いつかなぜか段ボールが学校に届いていた。
なぜじゃ……

バスや地下鉄で帰れないので、安いキャブを呼んで帰る。
ブラックキャブの運転手さんは、は難しい試験を突破した人ばかりなので、
道さえ言えば安心して連れてってくれる。

でも安いキャブはそうではない。
あ…これは遠回りされてるな…。最初に言われた値段しか払わんぞ!
こんな運転手に、チップはあげたくないな…。

Londonでは運転しないので、普段通らない道を通られると、家に近づいてもわからない。
「ここ右行くの?」 って聞かれてもわかんないから、「わかんないです」と言ったら、
バカにして笑われる。
日本人特有のハニカミ微笑が勘違いされる。
挙句、ナンパされる…。そんなヤツに電話教えるか!
今ならスマホあるから、そんな事はないだろう。

日本ってとにかく便利過ぎる。
だからお客がつけ上がる。

ホント、欧米は怖いよ。
ホテルで電話使ってないのに、使ったとクロークの女性にビシッと言われ…。
だってホントに使ってない!とかなり頑張ったけど、お金払う羽目に。(少しだったから)
でもそんな環境が懐かしくもあり。
元々強いけど、こんな経験たくさんしてきて、更に強い私が出来上がってしまいました。

デパートやお店は、閉店近くなると、「早く帰れよ。」と言わんばかりに、
ドアに立つ警備の人。

日本の“お客様は神様です”は行き過ぎかも…。

便利の裏の、人の苦労ももう一度考えようと思う今日この頃。

しかし、久しぶりにPCでブログ書いてるけど、首から腕が痛い…。
明日もハード。乗り越えよう。






finchleylondon at 23:53|PermalinkTrackBack(0)その他 

2017年03月15日

出没予定

今日は合唱の時間に、急遽伴奏で呼ばれまして、
ホントのホントの初見。
ザッと目を通す間も無く弾いた。
楽しかった!!

絶賛されたので、逆にビックリ。
やはり誇るべきなのか。

音だけじゃなく、あー、こうなってるのね、と構成も瞬時に判断して指先に伝える。
やはり瞬発的(だけ)のワタクシ。

みんなこんな便利な私、もっと利用すればいいのにな...
ということで、トウは立ってますが売れっ子(笑)目指します。
伴奏、急病でいない!など対応できますので、よろしくお願いします。

もう1つ宣伝を。
やるべき事を必死でこなす毎日で、まだまだ先に感じるけど、子ども病院にお邪魔し、元気になるお手伝いをします♬

どなたでも入れるので、お気軽にお越し下さいませ!

image


福岡市立子ども病院 ひだまりギャラリー
ひだまりコンサート
4/26(水)14時
ピアノデュオ HamiYumi
大庭晴美 ・吉野由美

子どもに、おじいちゃんおばあちゃんに
生の演奏を聴かせたい、
本格的な演奏を聴きたいという方はご一報を!
連弾の楽しみをお伝えしたいです。
よろしくお願い致します。


finchleylondon at 00:40|PermalinkTrackBack(0)演奏 

2017年03月13日

みんな忙しいな

只今、発表会前なのでピアニストモードでなく、絶賛先生モード中!!

あ...来週合わせも3件あるけど。(焦)

しかし、微妙だった姉弟が某試合を優先し、発表会出られませんとのお知らせが😭
一生懸命練習してたのに。

ネタにしてゴメンなさい。
その上のお姉ちゃんの時代から長く習ってきて下さる方で、
苦渋の気持ちも痛いほど伝わりましたので。

中には簡単に出ませんという方も(泣)
そんなに迷惑かな...

記念品もお花も注文済。
いや、これはいつも多めに注文して写真屋さんの奥様や、お手伝いの子にあげるのでいいんだけど。
それでも余れば、おばあちゃんにあげたり。

「僕、もう疲れたよ。by ネロ...」
いや、僕は死にましぇんけどね。
結局春休みにしたところで、欠席率変わらないという💧

みんな忙しい..
試合後に出てくれる頑張りやさんも。
でも切り替えが大変!

私が子供の頃、出ない人とかいたのかな?

今年は親戚の結婚式で出られない子もいるし、
来年は仏滅にしてやるー。
↑やさぐれ

グレてやるー。(超遅い反抗期)
当日金髪モヒカン鼻ピアスで現れたら御免!(笑)

だから、いろんな事に全力注ぐの止めて適当に生きれば、傷つかないのにな。
とか、大げさに言ったりして。

こう見えて、中身が暑苦しいもので。

出演を楽しみにされている
じいじ、ばあばの為に頑張ります。
頑張らせます。

ここ1週間でみんな上手になってきた!
何よりもそれが私には嬉しい!


finchleylondon at 23:50|PermalinkTrackBack(0)レッスン 

恒例の

毎年恒例の、太宰府天満宮観梅茶会に行かんといかんばい!
今年はチケットも完売!(ホント)

どうしても言いたくなってしまう、この駄洒落。
おとーさんの気持ちがわかるわ。

image


朝も早よから、何とか着物着て太宰府へ。
一席目に入る為に8時半から、1時間寒空の下並んだ。
でもいいお天気で良かった。

大体、博多もんは並ばんとよ。
行列見たら、やーめたって思う。
でも並ぶしかない。

山の鶯の声を聴きながら、寒さに震えた。
時折、カラスのカーアという声が邪魔をした。

お茶席に入る時は、カメラもスマホも持ち込んでないので撮れないのが少し残念。
宝満亭は美しい。

歴史がわからないので、お道具の説明されても、
へぇ〜、ほぉ〜と少し思うだけなのが残念。
やはり勉強しないと楽しめない。

でも根がそこまでの興味がないという。
御免なさい...

お昼近くになると気温も上がり、
観光客でものすごい人!
ここは日本なのか??

やっぱり太宰府の気はいいなぁ。

image


次は4月に行くらしい。

着物の写真がよう見えんて?
朝日で白く飛び過ぎてよくわからなかったんだもん。

数日前着付け練習した時のがこれ。
面倒で足袋さえ履いていないズボラー。
丈も短い。
色気ない。

image


寝なきゃ。
新たな1週間、乗り越えよう。

先生の演奏の余韻がまだあるのに、
あるからか、練習する気がせず。
なんかね、耳を汚したくないというか。

しかしやるべき譜読み、そろそろしなくては。



finchleylondon at 01:19|PermalinkTrackBack(0)その他 

2017年03月11日

胸いっぱい 恩師の演奏会

師匠・片山敬子先生の演奏会へ♬
年賀状で福岡で演奏される事を知った日からもうワクワク!!
こんなある種のときめき、久しぶりだ。
人間、ときめかなくてはダメだわね(*´-`)

今回は、写真家のお父様の故 片山攝三さんの展覧会とのコラボ。
さぞお父様もお喜びの事でしょう。

image


福岡県立美術館の展覧会会場の中に、
ピアノが運び込まれていた。
ちなみに2年前、私がこの美術館の広場で弾いた時は電子ピアノ持参。~_~;

午前中のレッスンを終え、渋滞の中駆けつけると、すんごい人!

image


何とか座れたけれど、立聴の方もたくさんだった。

facebookを見て来てくれた後輩、友達、生徒さん達も。嬉しいな。

ドキドキしていると、演奏前にお手洗いの前で先生に再会💕
「変わらないわねー。」と、喜んでいいのかわからないお言葉💦

5年前の東京文化会館以来だった。5年前と変わらないなら、ま、いいか。

プログラムは、シューマンのアラベスケ、
ベートーヴェン:ソナタOp.7、
そしてショパン:プレリュードOp.28全曲!!

ひゃあ..アラフォーで草臥れてる私は一体..
元の鍛え方が違うとはいえ、ソロもやらなきゃ。
ソロは求められてないかもしれないけど。

何せ美術館なので、響きはマット。
どうなるんだろう...

アラベスケが始まると、そうそうこの音、
この染み入る感じ、この感覚!

いらないものがすべて削ぎ落とされた美!
本質は全く変わらない演奏だ。

小さい音もすべて語るように弾かれる。
奇をてらわない、無理のない…

福岡で聴くのは何十年ぶりなので、
弟子にしてもらった頃の事、
学生時代のレッスンの事、言われた言葉の数々を思い出しながら目頭が熱くなった。

姿勢を1から直された高校生の頃。
プレリュードe moll のあの連続和音。
この曲は習ってないけど、ショパンのコンチェルト1番のテーマの左の和音に通じる。
この和音だけで、レッスンが終わった事もあった。

今も私が生徒達に伝える技術、言葉。
時々先生が乗り移ってると感じる時もある。

私はまだまだ薄っぺらくて、
ミーハーで俗にまみれてるのだけど。

image


『N先生(中高時代の音楽の先生)を囲んで』のようになってしまったけど(笑)、
先生は左から2番目です。
実際はこんなに小柄なのよね。
昔も今も大きく見える。

終わってからゆっくり、攝三先生の作品を見に。

人物写真で有名と聞いていたけど、
数々の文化人の写真が。

白洲正子、山田耕筰、武者小路実篤などなど。

自然光しか使わない手法だそう。
素人なのでうまく表現できないが、
その内面がよく現されている。

image


実篤公園は学校の裏(調布)にあったっけ。こんな人だったのか。

ご自宅レッスンのあの積みあげられた本、
哲学書の数々。楽譜の山。
あれに憧れた。

対して福岡の師匠のレッスン室は、綺麗に整理整頓。(やはり)

私は片山先生の部屋に憧れていたけど、
今のウチのレッスン室は、
ただの片付けてない本や楽譜が散らかった部屋..

レッスン室に仏像写真があったけど、
お父様の作品だったのだ。

前に美術館で弾いた時に、仏像写真が展示してあり、
そこで初めてそれが先生のお父様の作品である事を知った。
ポストカードを買い、私もレッスン室に飾った。

ただのファンやん...

という熱い思いを抱えながらも、
今日も少ししかお話できず。
お話したい人たくさんいるからね。

また演奏聴けますように。
東京ぐらいなら、ピャーッと行きます!










finchleylondon at 22:33|PermalinkTrackBack(0)演奏 

アンサンブルレッスンその2

昨夜ブログ更新して寝たかと思ったら、
してなくて自分でビックリ!σ(^_^;)

image


レッスンってほどしてないけど、
昨日もヴァイオリンやってる生徒の弟くんと、お姉ちゃんのピアノと合わせ。
本番はこれにチェロが加わるので、
電子ピアノ引っ張り出してきて、チェロパートをママに弾いてもらう。

電子ピアノでチェロの音出すつもりが、
なかった。

あれー?
あるつもりが。
記憶違い?
Rolandに勤めてた時の残像?

やはり本物のチェロが入らないと、バランスわからないなぁ。

来週のリハではもっと色々言えるかな。

ソロでもまだ両手で全部弾けない子達が..
大丈夫かな。

信じることが楽さ!




finchleylondon at 08:02|PermalinkTrackBack(0)レッスン 

2017年03月10日

ラッパ

今日は吹奏楽部でも活躍する生徒に、
学校からバストロ(ネギトロじゃなくってよ)...
バストロンボーンを借りてきてもらい、
吹いてもらった。

発表会で演奏して、とお願いしているのだ。
伴奏は妹ちゃんの予定。

入部した頃は、サックス希望してたけど、希望叶わずトロンボーンになった経緯だ。
吹奏楽部の人の楽器との出会いは、
そういうものが多いみたい。
トロンボーンはまだメジャーな楽器だけど。

image


伴奏譜がないので、私が書くか、どこかから拾ってくるか未定。

アンサンブルのレッスンするの、
好きなんです(╹◡╹)

他の楽器の事はよくわからなくとも、
今までの経験値と、その楽器は素人でも、
だからこそ外野から言えることもある。

そしてピアノパート。
もーう、自称伴奏職人の血が騒ぐ♬
ただのズンちゃん、ズンちゃん、和音の伴奏でも、バランス、タイミング、音の切り方など言いたい事は富士山、いや、油山の如く。(笑)

小学生にそこまで言うと嫌がられるので、
ほどほどにして、我慢するけど。

今回の発表会は、トロンボーンの他に、
他の楽器をしているご家族による、
チェロ、ヴァイオリン、クラリネット、二胡の演奏も。
楽しみ!!

昔、吹奏楽部でトランペットをしている生徒に発表会で演奏してもらったなぁ。
(伴奏は妹ちゃん)

その生徒は今や、バンドのキーボーディストとしてデビューしている。
2年ぐらい前、テレビで見た!
ツアーも回ってるみたいだけど、
福岡である時は行くからね!





finchleylondon at 00:48|PermalinkTrackBack(0)レッスン 

2017年03月09日

体育と音楽

雪、みぞれの降る中、今日も売れっ子頑張りました。ぷはー。
あら?デジャヴ?
演奏家としても売れっ子になりたいな..ボソッ.. なかなか芸術が育たない土壌福岡、難しい。。。

しかしレッスン終わると、
グーグーいってるお腹とは裏腹に、
食べるのが..咀嚼するのがめんどくさいという。(笑)
実は究極のめんどくさがりや。

時間的に途中からしか見られないけど、
WBC始まった。

強化試合の時は、わくわくしないし、不安ばかりだったけど、
やはり始まると血が騒ぐ!

昨日のマッチ(お立ち台で自分の名前連呼はいかがなものか、とずっと思ってる)に続き、
千賀くんの好投は嬉しい!!
出てくるとドキドキする。
ホークスの選手が出ると、勝手に身内感覚だから。(о´∀`о)

ピッチャーはこう強気でなくちゃね!
喋るとおちゃらけてるし、このギャップがまたいい!

逆に嫌いなピッチャーは、
打たれたらどうしようとかおどおどして、
四球連発するタイプ。一人相撲しないでよ、
このタイプが予告先発だと、行くの嫌だもん。

言うのは簡単と百も承知しております。ハイ。

今日も生徒達から、
「どうやったら緊張しなくなりますか。」
と聞かれたけど、
「私も未だにします。」

緊張感ないのもまた集中できなくてダメだし。

練習は嘘つかない。

とよく言うけど、
時にはつくものなのよ。

あんだけやったのに、ってこともある。

音楽家の卵たち!
共に色んな経験して、成長しよう!
終わりがないから、答えがないから音楽は面白い。

あれ?
体育から音楽になってしまった。

体育好きだからなぁ、わたくし。
本番に力を発揮すると言う点で同じだからね。

寝よう。
寝るのはめんどくさくないから。


finchleylondon at 01:23|PermalinkTrackBack(0)演奏