2017年10月08日

先生という職

今日も生徒たち、みんな頑張ってきてくれました!
発表会前だし、合唱コン(伴奏)、学習発表会(伴奏)前だし!!
それに応えるべく私も頑張った!
熱い、暑苦しい。σ^_^;

昨日、先生になりたいとは思わなかったと書いたの、語弊があるなと弁解させてください^_^;

厳しい音高で学び、大学に必死で入り、やはり自分の演奏を伸ばすのが1番。
そりゃあ、もう必死。
こんな性格だから、こんな演奏しかできないんだ、って自分を変えるところから、毎日悩んでた。

ピアノはいずれ教えるだろうけど、
学校の先生になる気は全くなかった。
でも教職課程を取ったのは、いつか母校で教えられたらラッキーだし、資格の1つぐらい持ってた方がいいと思ったから。

音楽教室でバイトをし、
自宅でピアノを教えてたのは家賃の足しと旅行の為。

子供も好きな方ではなかったけど、
教えてくと、生徒から学ぶことが多いし、
どんどん楽しくなっていったから、

かな..

先日アメトークで、『先生になりたかった芸人』があり、面白すぎた。

学園ドラマの見過ぎやん!
実際はそんなに甘くはないぞ....特に今はね。
子供は変わらなくとも、時代が、社会が変わった。

やはり、教員免許持ってる芸人さん2人はその辺違った。

生徒たちからの寄せ書き色紙!
たくさんもらっております🎶
最近は、「先生の洋服が毎週楽しみでした」とか服系が多いのは一体..ま、いいか。

初めてもらったのは、教育実習の音楽科高3担任のクラスの。
(授業は中1だった)

image


字が消えてる…。
こんな格好してたのね、自由だわ。
これ、母のワンピだ。(汗)
今はみんなリクルートスーツ。

この中の生徒の1人は、大学でも後輩になるのだけど、この間一緒に野球に行った。
当時は先生と生徒でも、今になると4-5才ってそこまで変わらない。

ま、小1の時、小6だから昔の話するとギャップは多少あるけど。

毎日授業案書いて、(思うように時間通りに進まない)、大声で歌って毎日喉が痛い。
うまく中1に伝えられない。

東京から戻って来てるわけだけど、
7月には前期実技試験(バロック、古典、近現代の3曲)あるけど、疲れて練習はできない..
学校の先生の大変さを、少し齧った。

実習生全員で。音楽は3人。私は右後ろ端っこ。昔から端っこに写ってる。
落ち着くのだ、この位置。

image


中2の時の担任の先生(未だにモテモテ)と、普通科の同級生。

そして今もよくコンサートに来てくださる、音楽科の大先輩でもある先生。

image


やはり若い子達と接してるからか、
今でもそんなに変わらない。
いいなー..。

光で顔を隠してるのは、音楽科のフルートの同級生。
勝手に載せるとか怒ると思うから。
今の方が美人だし。

くしくも、免許更新講習、30時間全て一緒だった。
てか、私は一匹狼的なところがあるので、
申し込み色々済ませてたら、
友達がいついくとー?どうするとー?
って真似したから。笑
でもお陰で楽しかったよ。

1枚ぐらい載せてよかろ?
当時の音楽科教室にて。

image


学校は楽しい。

さ、来週も多忙。
レッスンたくさん、リハ数件。
明日しか時間ないな。




finchleylondon at 00:45│ レッスン