今日の読み本

2009年12月11日

51z6yTd+JgL__SL160_









これもかなりのおもしろさでした。

好き好きはあるとは思いますが、、、、

あらすじ・・・

小学3年生のミチオは、1学期の終業式の日に学校を休んだS君の家に、宿題とプリントを届けるように先生に頼まれる。クラスでいじめられていたS君の家に行くのは気が進まなかったが、仕方なく訪れたS君の家でミチオが見たのは、首を吊って死んでいるS君の死体だった。慌てて学校に戻り、先生に報告したミチオだったが、先生が警察と一緒に駆け付けると、そこに死体は無かった。ミチオの見たS君の死体も、荒れた室内の痕跡も跡形も無く消えていたのだった。


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

そしてこの一週間後、S君がある生き物になり生まれ変わり、ミチオの前に現れる。
その後妹のミカとS君の遺体を捜しながら話はすすんでいくのですが、
一見SFなのかな??と思い、がっかりしているとナントナントの衝撃のラスト。。。。。

ネタバレになるのであまりかけないのが残念ですが、家族のありかたや、小学生ってこんなこと考えてたっけ??
このミチオの心理状態はどういったものなのか?など本当に理解不能でした。

読書後、不思議な気持ちになります。





find_your_strengths at 12:36コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月09日

今日は川崎市の教育委員会に用事があり行ってきました

すごいいいまち
人も親切で街は栄えてきれいで

駅前のブックオフによったんだけど品数豊富で100円が最新のものでも売ってるからテンションあがる


IMG_2704

find_your_strengths at 18:51コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月06日

友達に借りて夕方からよみました。

はじめは、主人公の独白がこのまま続くのかな?って思ってたけど、中盤から展開が早く、いっきに読めた。

教え子2人に自分の子どもを殺された主人公。それをHRで告白し、復讐へと・・・・

かなり後味はわるいです。いっきに重い気持ちになります。けど、結局この決着のつけ方っていきつくところなのかな??って思います。

この本の登場人物全員がなんか変なんですが、そのちょっと何かが変・・・というところから、事件が絡み合って、はじまり、終わってる気がしました。


でも、人間生きてると、ちょっと変?とか何か違う?とかよくあるよね。。。

しかも登場人物のさまざまな心情がつづられるので、私自身が、想像し、こういう気持ちで殺したのかな??など考えていた内容と照らし合わせて読み進められるのですが、

改めて、人の心理なんてわからないなーと感じました。。。。


想像や推測はやはりその域を超えず、人の考えていることなんて

その人とゆっくり時間をかけて話、かかわっていくなかでしかわからないんですね。。。。

近くにいてもわからないことばかりですがね・・・・・・・

けど、人間の本質というか、結局人は自己中心的??

な人の心理をうまく描写していて、感心しました。


おもしろい!!!!!!



find_your_strengths at 20:16コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月16日

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 美崎栄一郎(著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901491938/note272-22/ref=nosim

自腹感謝キャンペーン もれなく、オレンジ色の鉛筆プレゼントが目当て・・です

http://www.note272.net/?p=1173



買いました。




今まで、書類や、やりたいことなどがおもいうかんだのに、メモをしても、見返すのをわすれたり、実行できなかったりと、とっても非効率的でした。



しかも、会議は、わけがわからないまま進み、結局自分が何をすればよいのか?

記録はきちんととれていない。

誰の意見がためになったのかなど、情報が自分の中でひとつにまとまっていまかった。



それが、この本を読んだ結果、今までの自分がいかに、なまけていたのか、情報を雑に扱っていたのかということを考えさせられた。



そして、自分の頭の記憶に頼りすぎ、あいまいなまま、実行していたのだと感じた。




話会いの方法を、改めて勉強させてもらえた。


人の顔を書いて・・・・この発想はわたしにはなかった。



子どもたちに応用すると、班での話し合いにはこの方法がとても活かされるのではないか。



漠然と話し合ってくださいといわれても、何をしてよいかわからないけど、誰がどんな発言をしたのかということを楽しくメモしながら活動することで、より一層楽しめるのではいだろうか。



これを職員会議などでも、応用すると、会議資料は 前もって配布しておくと効率があがる。



なんなら二部ずつ配布してもいいぐらいかも・・・・・・



そんなあたりまえのことが、学校という世界では行われていないなー・・・・・・・



あらためて感じた一冊です。




『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』

side_book



find_your_strengths at 11:57コメント(2)トラックバック(1) 

2009年10月27日

   「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
http://www.misaki2.net/




買いました。


はじめは半信半疑でかったんですが、

find_your_strengths at 02:15コメント(2)トラックバック(0) 
記事検索
プロフィール

アイコ

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ