Fine Beat 元気な鼓動

主人が僧帽弁狭窄症兼閉鎖不全症という心臓病になり、機械弁へ。その後、ワーファリン服用者として痔の手術をし、弁置換から14年後、カテーテルアブレーションを受け、ペースメーカーも入れました。同じ病気を抱える人達やご家族の参考になればと私達の経験をここに記しておきます。

早退

7月に退院してから9月初め頃まで
体調が安定せず、会社を休むことが多々有ったが
最近は調子よく、多少脈拍が多くても苦しいと言う事は無く
やっと体調が安定してきたと思ったんだけど・・・・
先ほど「脈が速く苦しさも残ったままなので帰る」とメールが
今朝、少し苦しかったようで久々に携帯心電計を使ってた。
本人は「大丈夫」と言って出勤したけど・・・
ここのところ元気だったから安心してたけど
まだまだ不安定な体調なんだな




9/22 ペースメーカー外来

昨日、初めてのペースメーカー外来だった。
私は一緒には行かなかったが、思ってたより早く終わり帰って来た。

普段の診察のように心電図などの検査は無い。
診察室には若いドクターとペースメーカーの技師と思われる人が居たらしい。
背もたれの有る椅子に背中を付けて座り
技師の人がPMの部分にマウスのような物を置き約5分ほど測定
結果を読み上げペースメーカー手帳に記入
何かを印刷しドクターに渡し、ドクターが確認し
「ペースメーカーは正常に動作しています。異常ありません。
次回は、移植後半年なので4ヶ月後ですね。」

初めてのペースメーカー外来は、これで終了。

PM手帳に記入された数字を見たけど、私には分からない事だらけ
エピソードの所に書かれた AT/AF 228回 これを主人が調べたら
心房頻脈が228回起こっていたと言う事らしい
心房頻脈・・・・心房細動って事よね
ペースメーカー入れて2ヶ月ちょっとで228回って多いのか?多いんだろうなぁ~
来週、火曜日に診察なので、詳しい事は主治医のTk先生に確認だね。

合格、おめでとう♪

主人が受けた某資格の合格通知が届いた。

勉強期間も短かったので次回にしたら?と言ったけど
本人は「受ける」と言い受験した。
ペーパーテストと実技がある。
ペーパーテストが受からなければ実技に進めない。

ペーパーテストは、カテーテルアブレーションを受ける前で
体調がかなり悪い時期だったが何とか合格
実技のテストはPM植込み術後
入院中は実技練習出来なかったので
退院してからテスト日までの約10日間、頑張っていた。
本人はイケてると思うと言ってたけど(その自信はどこから来るのか?)
本当に合格するとは

主人はいくつも資格を持っているが、どれもすんなり合格しちゃってる。
私と違って集中力が凄いのだと思う。

今も体調がすぐれない日も多い中、別の資格の勉強をしている。
11月に試験が有るこの資格は合格率が8%~9%だそう
さすがに一発合格は無理だろうが、体調に気を付けながら頑張ってもらいたい。


QRコード
QRコード
最新コメント