種馬の天鳳養分日記

ネット麻雀「天鳳」鳳凰卓の養分から抜けだしていく過程を書いたブログ(になれば良いなぁ)

2節目を振り返ってみた⑦《しゃるうぃ~てんほう》

⑥の続き。

↓昔話
 

そして、缶の中から白い粉を俺にペタペタとすりつけてくる。
何だこれ? 


俺「あの…これは何ですか?」
嬢「パウダーです」
俺「なるほど」


なるほどじゃないよ!
全然わかんないよ! 
何で白いパウダー塗りたくられてんの?
ピン〇ロってこういうもんなの?

少しおかしくない?って「?」マークが頭の中で浮かぶ。
しかし、ピン〇ロ初体験な俺には判断がつかない。
こんなことされるって知識は持っていないんだが… 

されるがままな俺。
そして、うつぶせからあおむけになり白い粉をまぶされる。

天ぷらにされる時ってこんな気持ちなのかなー
「注文の多い料理店」みたいだ


と、ピン〇ロ店で宮沢賢治について思いを馳せる俺。

痴的知的な全裸。
すして、全身白色まみれに。
そして…

⑧に続く。


↓麻雀 


南4局
ss029

オーラス。親番からの立直。
和了りトップですけど、降りていれば大体次局へいけそう。

ss030

でも押す…
こんな立直分からん+發が鳴きやすい+親の現物に2mがあって鳴きやすい

↑こんな感じの思考。
放銃してもラスることないし。
ラスのリスクがない局面って、天鳳だとノビノビ押せる。
ここで押すのが正解かは知りませんがw


この局は親に和了られましたが、最後に軽く和了れて1着終了でした!


 ←え、麻雀の話の方が短くない…と思った人はクリックを
麻雀 ブログランキングへ

2節目を振り返ってみた⑥《しゃるうぃ~てんほう》

俺のブロマガ杯は出場すらできずに終わってしまた…
出たかった。
プロアマ問わず、色々な大会に出て抽選を受けたい。

そういえば、放送で大和田さんプロなったよーって言ってたな。
彼は16期前期
種馬は15期前期
もうプロ協会入って、1年たったのかぁ…

16期前期は豊作な匂いがするわ。
負けないように頑張らねば!


⑤の続き。

↓昔話



俺「え、全部脱ぐの?」
嬢「はい」

何で全裸?必要あるの??WHY???
よく分からない。
こういうお店初体験の俺には分からない。

言われるがまま、全裸になりました。 
いや、バースデースーツを着てることにしよう。
生まれたままの恰好でいるだけだ。 

嬢「では、うつぶせになってください」

言われるがまま、うつぶせになりました。

もう、言われるがままになるしかないじゃん!
すると、嬢がホールトマトが入っていそうな大きめの缶を取りだした。
何だ、何をする気だ?
 

⑦に続く。
 

↓麻雀 


南1局
ss024

当然鳴いて…

ss025

5p切り。混一色も対々和も消しちゃった。
裏目は5pの縦だけ。
トップ目の子だと、こういう選択が増えます。
いつも打点ばかり追ってる訳じゃないんだ…
結局この局は和了れなかったけどw


南3局
ss026

下家のタマネギさんやる気だ…

ss027

一応、一向聴で他家の河にスピード感を感じない+下家の河が強い
ということで6s切ったけど微妙。
ここから絞るべき…?

ss028

下家が2s4sとターツはらってることもあって、結局ここで撤収。
対面と上家にすべてを託した。
そして、願い叶わず下家に和了られたw

 

 ←まっぱでこの記事も更新してるの?と思った人はクリックを
麻雀 ブログランキングへ

2節目を振り返ってみた⑤《しゃるうぃ~てんほう》

そういえば、観戦記って興味ある。いつか書いてみたい。
ただ、実績0の自分が書く機会ってあまりなさそう。
いつかブログで書くなど練習して、どこかで立候補してみよう。

てか採譜も練習して、Aリーグの採譜したい。
時間的に毎回参加は難しいけれど。
やりたいことは一杯あるけど、時間とお金が許さないよなー。

そこらへん融通が効きやすい天鳳はやはりコスパ最強か(´ω`*)


④の続き

↓昔話



普通の娘がいました。
スタイルは、ちょっと太め残りの馬体な気はするけど許容範囲。
ホッとした。
本当にホッとした。
第一関門クリアと言って良い。 



挨拶もそこそこに、

嬢「服を脱いで、椅子の下にある籠に入れてもらえますか?」

と言ってくる。
展開が早いなーこんなもんなの?と思いながらもズボンを脱ぐ。
すると、から予想外の一言が。

嬢「上も下も全部脱いでください」


⑥に続く


↓麻雀


~3回戦目~

東2局
ss018

むむむ…

ss019

巡目早いし、親番は打点!ってことでタンヤオみて9m打ったけど…
とてもやりすぎた感。萬子の下の場況良いし、立直平和ドラ1で十分だった気がします。浮いている2p8sの価値も、そんなに高くないですからね…

ss020

結果は、誰がどう打っても立直ドラ1になっていました。


東3局
ss021

一気通貫…タンヤオ?

ss023

流石に一気通貫か。

↓この状況で、455pから6pチーした人の打点は?という話。
天鳳だと、たまに安手だったりしますが自分の場合は…というか協会の人の多くは打点ありそうなイメージ。

その自分が安全牌の白切り…これは相当危険なんですが、角谷さんは自分の麻雀を知らない。自分は知ってるけど。そのアドバンテージが…とちょっと思ったけど、角谷さんはナチュラルに2m切って曲げそうですね(*´ω`*)

角谷さんの麻雀をいつか研究してみたい。


 ←角谷さんみたいな特色が君にはないよ、と思った人はクリックを
麻雀 ブログランキングへ 
プロフィール
ギャラリー
  • 2節目を振り返ってみた⑦《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑦《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑥《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑥《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑥《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑥《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑥《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑤《しゃるうぃ~てんほう》
  • 2節目を振り返ってみた⑤《しゃるうぃ~てんほう》
記事検索