そういえば、観戦記って興味ある。いつか書いてみたい。
ただ、実績0の自分が書く機会ってあまりなさそう。
いつかブログで書くなど練習して、どこかで立候補してみよう。

てか採譜も練習して、Aリーグの採譜したい。
時間的に毎回参加は難しいけれど。
やりたいことは一杯あるけど、時間とお金が許さないよなー。

そこらへん融通が効きやすい天鳳はやはりコスパ最強か(´ω`*)


④の続き

↓昔話



普通の娘がいました。
スタイルは、ちょっと太め残りの馬体な気はするけど許容範囲。
ホッとした。
本当にホッとした。
第一関門クリアと言って良い。 



挨拶もそこそこに、

嬢「服を脱いで、椅子の下にある籠に入れてもらえますか?」

と言ってくる。
展開が早いなーこんなもんなの?と思いながらもズボンを脱ぐ。
すると、から予想外の一言が。

嬢「上も下も全部脱いでください」


⑥に続く


↓麻雀


~3回戦目~

東2局
ss018

むむむ…

ss019

巡目早いし、親番は打点!ってことでタンヤオみて9m打ったけど…
とてもやりすぎた感。萬子の下の場況良いし、立直平和ドラ1で十分だった気がします。浮いている2p8sの価値も、そんなに高くないですからね…

ss020

結果は、誰がどう打っても立直ドラ1になっていました。


東3局
ss021

一気通貫…タンヤオ?

ss023

流石に一気通貫か。

↓この状況で、455pから6pチーした人の打点は?という話。
天鳳だと、たまに安手だったりしますが自分の場合は…というか協会の人の多くは打点ありそうなイメージ。

その自分が安全牌の白切り…これは相当危険なんですが、角谷さんは自分の麻雀を知らない。自分は知ってるけど。そのアドバンテージが…とちょっと思ったけど、角谷さんはナチュラルに2m切って曲げそうですね(*´ω`*)

角谷さんの麻雀をいつか研究してみたい。


 ←角谷さんみたいな特色が君にはないよ、と思った人はクリックを
麻雀 ブログランキングへ