ブルーベリー、リンごんベリー、ラスベリー。。美味しいベリーはフィンランドに多いですが、クラウドベリーのことを聞いた事がありますか?甘酸っぱくて、美味しくて、とても珍しいベリーです。

cloudberry_closeup_800px

主にラップランドの湿地帯で育ち、摘む時期は7から8月に2週間ぐらいだけでとても短い。店にも普通で売られていなくて、どこかに売るとしたらとても高いです。お土産としてクラウドベリーのリキュールは大人気で、フィンランドの2ユーロのコインにもクラウドベリーの花のデザインがあります。


クラウドベリーを摘むことの魅力には、ベリーを見つけるだけではなくて、湿原の景色もきれいです。そのために観光客にも、フィンランドが好きな方にも面白いと思います。


じゃ湿原に行きましょう!


私は家族と7月の終わりに南ラップランドにあるMartimoaapaと言う湿原にクラウドベリーを摘みに行きました。Simoと言う村のセンターから20キロで、とても田舎でそんなによく知られていない場所です。

車を駐車場にとめて、湿原に向かう道に行きました。まだ普通な森の感じですね。ルートが多いですから写真のサインはそれを案内します。

swamp_parking_800x600

5−10分歩いたらもう湿原の上にある
土手道が始まります。その上に歩くと足はぬれてないけど、ゴム長靴はあったほうがいい。特にクラウドベリーを摘みたいなら土手道と少し離れているところに行くのは必要ですから、ゴム長靴がなければ無理です。

swamp1_800x600

それで、普通でクラウドベリーがあるはずの場所に向かいました。湿原の自然がきれいで、いろいろなそこしかない植物もあります。この写真の白い植物は北海道にもありそうな「ワタスゲ」
(フィンランド語でtupasvilla)で、特にラップランドの湿原に普通な植物です。

tupasvilla_800x600

湿原には、小さな森があったり、全然木がない場所もあったりします。クラウドベリーは、普通で森や木がある場所にあまりにないです。以下の写真には、オレンジ色のベリーは完熟したクラウドベリーですが後ろに小さい赤のベリーはまだ生です。普通で完熟したクラウドベリーは黄色いもしくはライトオレンジです。

cloudberry_scene_800px

クラウドベリー摘むとしたら、実際に朝早く行ったほうがいいです。摘む時期は2週間ぐらいだけで、毎朝新しい完熟したベリーがあります。他の人は自分より早い時間に同じ場所に行ったら、自分はベリー見つけない可能性もあります。でも、ベリーは見つけても少ないですからベリーを見つけるためだけじゃなくて、湿原の自然を楽しめることも一つの行く理由です。


じゃベリーは少ないけど、どこまで少ない?いい場所を見つければ毎3−4メーテルに一個、二個があって、普通でそれよりも少ないです。生なベリーはたまにけっこう多いですが、それは摘むのはだめで、美味しくないし。例えばこの場所に、クラウドベリー一個を見つけました!

cloudberry2_swamp_800px
swamp_scene1_800px

夏にラップランドの湿原は実際にけっこう暖かいです。今回25度も越えて、晴天でした。虫のために長袖や防蚊剤も必要でしたから、熱くなりました。ベリーは少ないですから探すのはけっこう歩きになります。休憩が必要です!


湿原に休憩できる「ラーブ」と言う場所とは?


疲れたら近くにある湖畔の休憩場所に向かいました。また
土手道の上に歩きましたからそんなに大変ではなかった。

walk_to_laavulle_800px

木から作られた少しテントみたいな感じの建物がありまして、だれでもそこに休憩していい。実際に、泊まっても大丈夫です!持ってきたソセージとかあったら、焼く事もできます。フィンランド語では、この建物はLaavu(ラーブ)と言います。

laavu_800px

晴天で、御湖もとても奇麗でした。


swamp_lake_beautiful_800px

バードウォッチングタワーからのきれいな景色


湿原の景色は歩きながら見るだけでもきれいですが、上から見ると一番いいと思います。そのために、帰る前に湿原にあるバードウォッチングタワーに行きました。

birdwatchtower_swamp_800px
tower_scene1
tower_scene2

この湿原には、珍しい鳥がいるから、鳥のために来る人もいるでしょう。私たちが行った時に、他の人がいなかった。タワーの隣には、フィンランドの鳥の写真と名前があるボードもありましたから鳥に興味があるけど詳しくない方にも便利です。


クラウドベリーはどう食べる?一番美味しい食べ方

今年はそんなにいっぱいクラウドベリーを見つけなかった。私は見つけた量はこのぐらいでした。1リットルぐらいだったのかな?

boots_cloudberries_800px

少なくても、いつもクラウドベリーを食べるのは楽しんでいます。観光客は多分クラウドベリージャムのことを聞いた事があるけど、私の家族はジャムに作らなくて、デザートとして食べる。それは、クラウドベリーの上に生クリームと佐藤をかけて、食べます。クリームまたは佐藤は好きなぐらいです。

cloudberry_dessert1_800px
cloudberry_cream_800px

この食べ方は、フィンランド人の大方もするかよくわからないですが自分は子どもからこうやって食べまた事があります。もちろん、クラウドベリーはそのままでもとても美味しいです。他の伝統的な食べ方もあり、例えばフィンランドの特別な
Leipäjuustoと言うチーズと食べることがあります。友達の結婚式にも、クラウドベリーのケーキがありました。それでも、日常生活に食べられるベリーではないの高級なデザートとして考えられています。

クラウドベリーは実際に健康にもとてもいいです。ビタミンCはぴったりで、スーパーフードとしても呼ばれた事があります。


Martimoaapa湿原、Simo(英語で)
http://www.nationalparks.fi/martimoaapa

Google Maps地図



日本ブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂ければ嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


「フィンランドに来て!」ブログはインスタグラムを始めた
https://www.instagram.com/finlandtraveltips/