cottage_winter_scene_800px

フィンランド人の大半は田舎にあるコテージを所有しています。そこに行くのは普通で夏ですからサマーコテージと呼ばれています。でも、冬にもコテージライフを楽しめます!私の家族は毎冬2−3回サマーコテージに行きます。寒くてもいろいろな楽しいすることがありますから、この記事に紹介します。


フィンランドにある50万個のサマーコテージの大半はとてもシンプルで、いつも電気も水道もないし、お手洗は外にあることも多いです。例えば私の家族のサマーコテージには電気がありますが、水道がありません。そのために冬にも水はお湖から運んでいることが必要です。でもこんなシンプルな生活はフィンランドのコテージライフの一つの魅力だと思います。

冬のスポーツをする

skiing_1_800px

夏と同じように、冬にもコテージに行くならできるだけ外にいることが普通です。


私の家族はよくクロスカントリースキーをします。冬にサマーコテージに行くなら、凍った湖の上でスキーします(普通で氷の上に十分雪もありますからできます)。丘もないですから大変ではないし、天気がいいなら奇麗な冬の景色をお湖の真ん中から見る事ができます。


cottage_winter_scene2_800px

もちろん、暖かい天気の可能性もありますから、いつも十分注意して、安全かないか確認してから行きます。氷が厚くても、念のためこんなものを持って行きます。氷の割れ目に落ちしてしまった場合、氷に打つって、お湖の中に沈まないように使われています。フィンランド語ではnaskalit (ナスカリ)と言います。

naskalit_800px

私は1回も氷の流れの目に落ちた事はありませんが、そんな場合はとても危ないですから持ってきた方がいいです。雪や冬になれていない観光客は湖上に行ってみたいなら念のため現地の人もしくは、ガイドと行った方がいいと思います。


天気によるけど、氷の上に雪が多くなければ湖上でスケートもできます。それ意外、アイスサーフィングしている人も見たことがあります!お湖の氷が薄ければ湖上に行くことはできませんが、森に散歩やクロスカントリースキーに行って、誰もいないから静かな環境にリラックスすることができます。

アイスフィッシング体験!


スポーツとは言えませんが、サマーコテージに冬に行くならお魚を取る事も一つの面白いすることです。凍った湖に穴を開けて、そこにアイスフィッシングをする!穴を開ける事に氷の厚さも分かるようになります。例えば以下の写真には、まだ水まで通っていません!

ice_fishing_4_800px

5分ぐらいかかりましたがやっと、できました!

ice_fishing_3_800px

アイスフィッシングの穴は小さいですから一つの穴は一人用です。それは、みんなは自分の穴を開けて、場所が変わりたいならまた新しい穴を開けることは必要です.それで、少し運動にもなります!


ロッドは、この写真のように、短いです。

ice_fishing_2_800px

アイスフィッシングをする時、長い時間外に座る事がありますから十分暖かい服を着る事が必要です。また、誰かと一緒に行くのは一番楽しい。私も普通でお魚を捕まえれませんが捕まえるとしたらそれを料理にして食べる。


ice_fishing_1_800px

熱いサウナからお湖に行く!


サマーコテージにいるなら、冬にもいつもサウナに入ります。一日外に過ごした後サウナに体を暖めるのは、気持ちがとてもいいです!

cottage_winterswim_800px


でもサウナに入るだけではありません。勇気があったらお湖にも入りましょう!冬にお湖は普通で凍っているので、サウナに行く前に氷に穴を開ける事が必要です。小さくてもいいです。この穴はフィンランド語でavanto (アバント)と言います。


お湖の水はもちろんとても寒いですから、普通でサウナからアバントに走って、10秒ぐらいアバントの中にいて、またサウナに急いで戻ります。夏ならサウナからお湖に何回も行くことは普通で、私なら冬でも2回ぐらい行きます。熱いサウナから寒いお湖に行って、またサウナに戻るのは血行にとても良くて、リフレッシュして、リラックスします。気持ちは日本の温泉と似ています!サウナには普通で寝る前に行くからリラックしてからよく眠れます。


アバントに入るのは十分だと思いますが、もっと体験してみたかったらサウナを出て、雪にゴロゴロすることもフィンランドの一つの習慣です(いちばんよくあることとは言えませんが)。それは普通で、お湖がないところにするだけですが、やってみたかっらたいいと思います。普通で田舎の誰もいない場所にしかしませんが。


みんなでゆっくりコテージに過ごす


サマーコテージに行くなら季節を関わらずストレスはしません。例えば私の家族は、みんなでスポーツをすることもありますが、あらかじめスケジュールは作りません。コテージの中に休憩している時間とか、みんなでボードゲームをしている時間とかもあります。急がしすぎるならリラックスできませんから自分のペースですることは大切です!

サウナの後に紅茶やワインや好きなものを飲んで、ゆっくりする。例えば私たちのコテージにはいろいろなボードゲームや古い漫画(Disney とか)が多いです。以下の写真はサマーコテージに取られていませんが、私たちは同じなような、言葉を考えるべきなゲームをよくコテージにします。

cottage_boardgames_800px

このゲームにはフィンランド語の言葉を作りますが、言葉の意味分かりますか?

コテージの家事をする

楽しいすることのリストの中に家事をなぜ入れたかというのは、サマーコテージの家事は少し普通と違います。もちろん、掃除をすることとかもありますが、他のもっと特別なことがあります。例えばこんなことです!


1. サウナを暖めること!電気のサウナならボタンを押して待ちだけですが、サマーコテージのサウナにはほぼいつも薪を使っています。それは、サウナを暖める薪ストーブの中に薪を入れて、燃やします。それで、消さないようにたまにサウナに戻ってきて、もっと薪を入れて、60 Cぐらいになったらサウナの時間です!

vihta_800px

2. 水道がなければ、水をお湖から運んでいる事


飲み水はコテージに行く前にスーパーに買ってもしくは、家からタンクを持ってきて水道をそこにどこかにフィルアップします。でも私たちのお湖の水はフィンランドのほとんどのお湖のようにとてもきれいですから、お皿を洗うことに使うお湯やサウナに使う水はお湖から運んでいます。


特にサウナを暖める時に水は必要ですから、運んでいる事はいいスポーツにもなります!もちろん、お湖は凍っているなら、最初にそこに穴をあける事も一つのしないといけないことです!

3. サマーコテージに食べる料理の用意すること


冬でも、サマーコテージにスモークサーモンを作れます!また、アイスフィッシングにお魚を捕まえられたらそれもスモークできます!それは、いっぱい服を着て、外にします。多くの人は冬にしないだろうと思いますが、自分の親はたまに冬にも外にスモークサーモンを作ります。

こんなスモークボックスに作られています! 

(記事は、写真の後続きます)


puupeli_800px

じゃ皆さんはどうと思いますか?フィンランドのサマーコテージを冬にも体験してみたいんですか?私はこの冬にサマーコテージに行くことをもう待っています!


前の記事に夏のサマーコテージライフを紹介しました。興味があれば読んでみてください!

フィンランドの夏祭り「ユハンヌス」はどう過ごす?




日本ブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂ければ嬉しいです!


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

「フィンランドに来て!」ブログはインスタグラムを始めた
https://www.instagram.com/finlandtraveltips/