February 19, 2006

学生の意欲

久しぶりの海外で少し疲れたが、どうにか天津市内のホテルに到着。

今回の目的は「教育」ということだが、
よく、マスコミは日本と欧米の教育を比較するのだが
アジア各国と日本の教育とはあまり頻繁に比較をしない。

日本の教育もある部分は非常に保守的であると言えるが、
ここ中国での教育も保守的な部分がまだ残っている。

しかし、一つだけ日本の学生と違う部分がある。


それは、意欲である。
正直、日本の学生を見ていて(自分もそうだったが)積極性のかけらも見あたらない。
しかし、ここ中国の学生を見て驚いた。

この彼らの授業への前向きさ、先生という存在の偉大さetc...

カルチャーショック以上のものがあった。

正直、自分の学生が恥ずかしく、また本当に自ら無駄にしたという事が
彼らの真っ直ぐな姿によって証明されてしまった。


これから、1クール講義を担当するのだが、
こんなに真っ直ぐな学生達で本当に嬉しい。

fireball_green at 21:20│Comments(0)TrackBack(1)私事 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 学生の意欲  [ bring order to chaos ]   February 20, 2006 00:32
 その時 どう動くさんにて「学生の意欲」なる記事が公開されていた。この記事、実に興味深い。 正直、日本の学生を見ていて(自分もそうだったが)積極性のかけらも見あたらない。 しかし、ここ中国の学生を見て驚いた。 この彼らの授業への前向きさ、先生という存在の...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
QR Code
QRコード