ソーシャルレンディング赤裸々日記出張所(改)

このブログは本家「ソーシャルレンディング赤裸々日記」のバックアップ・ミラーサイトです。コメント、質問等は本家の方に書き込んでいただけるように、お願い申し上げます。よろしくお願いします。

 当ブログを訪れていただきどうもありがとうございます。ご案内をさせていただきます。

 当ブログ最大の売りである、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の業界動向観察・比較については、検索フォームで「各社、各サービス比較」で検索を行うか、左の「カテゴリ」から、ソーシャルレンディングサービス比較をクリックするかしてください。
 前者の方が、過去のデーターを参照しやすいです。最近のデーターを新しいものから見たい時は後者を選択してください。月次の各サービスの募集金額もそこに掲載してあります。

 各サービス(運営会社)について個別の記事については、やはり「カテゴリ」の一覧から各サービス名をクリックしてください。当ブログ管理人が足を使って執筆した各運営会社によるセミナー、勉強会参加報告もそこにあります。「カテゴリ」における「ソーシャルレンディング」では業界全般のニュースやコラムを載せています。

ご質問がありましたら、コメント欄からお気軽にどうぞ。なにとぞ、よろしくおねがいします。

 
 東京都がクラウドファンディング事業者を支援するプロジェクトを打ち出しました。

平成29年度新規事業クラウドファンディングを活用した資金調達支援取扱クラウドファンディング事業者の募集について(2017/5/31 東京都WEBサイト)

クラウドファンディング、都が支援 利用手数料を半額補助(2017/6/1 日経新聞)

 支援対象はあくまでクラウドファンディング事業者(CAMPFIREやREADY FOR?など)ですが、回り回って支援対象者(資金調達者)にも補助金が支払われるような仕組みになっているようです。

なお、資金供給者(支援者)、つまりお金を出す人にとってのメリットは特になさそうです。

95be013f.jpg


 対象は寄付型、購入型、投資型(事業投資型・ファンド型のことと思われる)であり、残念ながら当ブログで取り扱っている融資型(ソーシャルレンディング)、株式型は対象外です。

 なぜ、融資型と株式型が外されるのか?担当部署の「産業労働局金融部金融課」に電話で問い合わせたところ、

融資型(ソーシャルレンディング) については

「購入型、寄付型に絞ってやらせていただくことに・・・」

「あまり詳しいことはお答えできないのですが」

「融資型は返済が必要という一面がありまして・・・」


とまで発言されて、少し言葉が濁りましたが、結局

「融資という観点でいいますと、東京都は別に事業者を融資で支援する制度(東京都中小企業制度融資のことか?)があるので、そちらで対応できるので」、

「特に融資型に問題があるというわけではない」


という趣旨の回答を貰えました。

一方、株式型については、

「まだ解禁されて日が浅いので、その市場動向を見守ってから」

という回答を貰えました。

正直、

 購入型、寄付型、事業投資型は支援者からの支援金の返却が(融資型と違って)必要なく、事業者と東京都にとって都合が良い(そして支援者にとってみれば都合がよくない)

 金貸しは汚い事業でイメージが悪いから


といった回答が返ってくるかと思いましたが、そうでなくて安心しました(笑)。

 繰り返しになりますが、上記東京都の支援は「お金をだしてもらう」クラウドファンディング事業者と資金を集める側には直接的、間接的な恩恵がありますが、「お金を出す側の」支援者への恩恵はなさそうです

 このブログで何回か述べたことがありますが、私はソーシャルレンディングが急成長しているのは「お金を出す側」の支援者(投資家)を大事にしてきたからで、あると思っています。

 非投資型クラウドファンディング(寄付型・購入型)の募集額が融資型の10分の1にも満たないのは、「お金を出される側」の資金募集者を大事にしているからと思っています。

今回東京都がとった政策は後者の「お金を出される側を大事にする」のようです。

参考
2017/4/7 非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑬


2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約440万円
2.AQUSH : 約61万円
3.クラウドバンク: 約235万円
4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
5.クラウドクレジット:約262万円
6.ラッキーバンク : 約51万円
7.オーナーズブック:170万円
8.LCレンディング : 約230万円
9.ガイアファンディング : 約197万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約159万円
12.スマートレンド : 約32万円
13.グリーンインフラレンディング:約104万円
14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
15.TATERU FUNDING:10万円
16.Wealth Navi:31万円
17.クラウドリアルティ:30万円


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額100億円の実績あり



海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



 maneoマーケット社、maneo社、UBIfinance社の連結決算の概要が瀧本憲治社長のブログで公表されました。

前期決算の概要です。(2017/6/28 投資の現場レポート maneo社長瀧本憲治氏著)


それによると

【経営成績】
売上高 21億91百万円(前期 14億12百万円)
経常利益 3億43百万円(前期 3億3百万円)
税引後利益 1億98百万円(前期 1億95百万円)

【財政状態】
総資産 195億4百万円(前期 150億91百万円)
うち匿名組合出資金 158億50百万円(前期 120億96百万円)
純資産 11億69百万円(前期 9億56百万円)
  
ROEは、約17%
自己資本比率(匿名組合出資金を除く)は、約32%


とのことです。

利益の伸びは小さいですが、売上高や資産は順調に伸びています。

 私がソーシャルレンディング事業の基板となると考えている指標は、「匿名組合出資金」、つまり実際に融資されて利息を稼いでくれている資産ですが、約158億円と前年の約121億円から大きく伸びています。

 ソーシャルレンディングで事業の採算がとれるにはこの額が30~60億円あれば良いと言われているので、この158億円という額がいかに大きいかがわかります。

 maneoは自社WEBサイト内の下記のページで運営会社であるmaneoマーケットの決算を詳しく投資家に報告しています。

参考
maneoの財務状況のページ

 BS、PLを投資家に公開している運営会社はmaneoだけではありませんが、投資家に分かりやすく、また年を追って詳細に報告している点ではmaneoが一番です。


01_2017y07m05d_144219006.jpg


02_2017y07m05d_144241767.jpg


03_2017y07m05d_144303756.jpg

BS、PLともに公開されていますが、ここではBSが年を追って詳しくなっている様子を紹介しています

 maneoが黒字化したのはサービス開始3年後の2011年ですが、その翌年から公開を行っているわけです。

 近年ソーシャルレンディングの募集額の伸びは凄まじいので、この調子でいけば続々黒字化する運営会社は増えていくかと思います。

 ソーシャルレンディングで融資先が匿名化されている以上、投資家が直接調査できる、信頼できるのは運営会社だけです。この動きが他の運営会社にも広がることを期待します。

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない


2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約440万円
2.AQUSH : 約61万円
3.クラウドバンク: 約235万円
4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
5.クラウドクレジット:約262万円
6.ラッキーバンク : 約51万円
7.オーナーズブック:170万円
8.LCレンディング : 約230万円
9.ガイアファンディング : 約197万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約159万円
12.スマートレンド : 約32万円
13.グリーンインフラレンディング:約104万円
14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
15.TATERU FUNDING:10万円
16.Wealth Navi:31万円
17.クラウドリアルティ:30万円

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

↑このページのトップヘ