フィレンツェ旅ブログ、ほぼ日記。

2018年3月、フィレンツェに1ヶ月滞在する機会がありまして。これからフィレンツェにいらっしゃる方に、少しでも役に立てればなぁと思いブログ書くことにしました。フィレンツェは約2年ぶりの2回目訪問、今回の滞在は1ヶ月弱。短い期間の中で集めた情報を発信したいと思います!あくまで旅行者目線です。笑

ブログへのご訪問ありがとうございます

2018年3月と5月、1ヶ月以上のフィレンツェ滞在で見つけた、オススメの観光名所・ショップ・レストラン・カフェ、その他諸々を紹介するブログです。

基本単独で行動してたので、ひとり旅でフィレンツェ訪れた方にも役立つ情報を提供できればと思っております♪



今回は、フィレンツェでの長期滞在の中で、一番に通ったレストラン(イタリアでいうカフェ)のご紹介です♪


 『Lion Cafe』
IMG_9482


Lion Cafe

住所>Via del Canto Dei Nelli 28/r, 50123, Florence, Italy
営業時間>日〜木(朝8:00-夜1:00)、金・土(朝8:00-夜2:00) 
※注文はテーブルで、支払いは店の中のレジ前で済ませます。 



何が良いかっていうと、

・一人でも気軽に入れる
・店員さんがフランク
・パスタ一つとかの注文でもOK
・ボロネーゼが美味しい!
・コスパ良し!



私は日中単独行動だったので、一人で気軽にランチができる場所を常に探してました。


『フィレンツェ 一人 ランチ』でネット検索して、いざ行って見てもなかなか入りにくいなってのがしょっちゅう。。。


「しょうがない、今回も行き慣れた中央市場の2階のフードコートでランチしようかなぁ」とトボトボ歩いてたところ、中央市場近くのLion Cafe の呼び込みのお兄さんに捕まりました(笑)


そしてあれよあれよと店内に。
IMG_9478

外にはテラス席もあって、どちらも選べます。



私がここで一番オススメするのは、ボロネーゼ。

もともとボロネーゼが大大大大好きな私なんですが、イタリアではなかなか好みのが見つからなかった。。

Lion Cafeのめっちゃ美味しかったんですよーー!IMG_9481


量が多かったけどペロリと食べてしまいましたw


あと、野菜を全然食べてなかったので、サラダを注文。これもモリモリw IMG_9480

ボロネーゼ、サラダ、ミネラルウォーターを注文して、13ユーロ位でした!!

どちらも量があるので、単品で注文した方がいいかも^^
ボロネーゼだけだと、8ユーロくらいでしたよー♪


後日、トスカーナ牛も注文♪
IMG_9479
これで15ユーロなんですって!

コスパもいいし美味しいし、店員さんもフランクだし♪


 一人飯、複数でも気軽に入れるオススメカフェレストランです^^ 


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ



ブログへのご訪問ありがとうございます

約2週間のフィレンツェ滞在で見つけた、オススメの観光名所・ショップ・レストラン・カフェ、その他諸々を紹介するブログです。

基本単独で行動してたので、ひとり旅でフィレンツェ訪れた方にも役立つ情報を提供できればと思っております♪

今回は世界最古の薬局といわれる、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のレポートです


フィレンツェで行きたいお店ベスト3に入るのでないでしょうか


IMG_3103


サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

住所>Via della Scala 16, 50123, Florence, Italy

営業>月ー日(9:00-22:00

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の始まりは1221年。フィレンツェに移住してきた修道僧たちが薬草を栽培・調合したのが始まりです。

1612年に薬局として営業を開始し、古くから残る顧客リストには、ヨーロッパ中の上流階級者たちの名前が残っています。

また、メディチ家御用達の薬局でもありました。


薬局といってもかなり立派な佇まい。
ちょっとした美術館の雰囲気ですね


入った瞬間、「ここ薬局?」と疑わずにはいられないw
FullSizeRender

店内入り口には、薬局に売られている商品一つ一つの説明を書いた紙が各国の言語表記で置いてあります。



800年以上の歴史を守り続けてる薬局。


現在も昔からあるレシピをもとに、高品質な商品を作り続けています
IMG_3104

商品は、オーデコロン・石鹸・ボディケア・スキンケア・ヘアケア・シェービング等などなど。


IMG_3101

薬局の中にはカフェもありました!
※テーブル数は5個ほど

サンタマリアノッヴェラ薬局に行く方の多くが、香水を求めに来るんではないでしょうか?
IMG_5865
90ユーロ程でした♪


そして、香水以外に今回紹介したい商品がこれ
IMG_5864
ペーパーフレグランスです15ユーロ程。

革の手帳の匂いが気になったので、今までデパートなんかでもらうテスターの香水を挟めてましたw

でも、ちょうど良いのを発見してしまった 

IMG_3100
 本当はペーパーを燃やして香りを漂わせるんですが、私はこのように棚のハンカチケースなどに入れて香りをつけてます


オススメのフレグランスですよ





ちなみに、サンタマリアノッヴェラ薬局と同じくらいに有名なメディチ家御用達だったスペツェリエ パラッツォ ベッキオ薬局の記事は以下をクリック
 
スペツェリエ パラッツォ ベッキオ
Spezierie Palazzo Vecchio Dott.Di Massimo 



 
にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ





ブログへのご訪問ありがとうございます

約2週間のフィレンツェ滞在で見つけた、オススメの観光名所・ショップ・レストラン・カフェ、その他諸々を紹介するブログです。

基本単独で行動してたので、ひとり旅でフィレンツェ訪れた方にも役立つ情報を提供できればと思っております♪

 

 

今回はフィレンツェの数あるジェラート店のお話

ジェラート発祥の地フィレンツェには、有名なジェラートのお店がたくさんあります♪


有名ジェラート店を一挙ご紹介↓

※お店の名前をクリックすると、詳細ページに移ります。(リンク元:4travel,tripadviser)

Perche no! ペルケ・ノ

創業80年の老舗中の老舗


Gelateria Carabe' ジェラテリーア・カラベ

フルーツ感のあるシチリア風ジェラート


Gelateria dei Neri ジェラテリーア・ディ・ネーリ

とにかく種類が豊富、抹茶ジェラートも有り


Gelateria La Carraia ジェラテリーア・ラ・カラべ

1ユーロから食べれるジェラート


Gelateria dè Medici ジェラテリア・ディ・メディチ

日本のメディアにも取り上げられたジェラート有名店


Edoardo エドアルド

オーガニックにこだわったBioジェラート


・Gelateria Santa Trinita

ジェラテリア・サンタ・トリニタ

 
もちろん上記はほんの一部。
フィレンツェには、本当たくさんのジェラート屋さんがあるんです・・・さすが発祥の地。


そんな中で、今回私が紹介したいのは
ジェラテリア・サンタ・トリニタ
 



もしかしたらこういう状況あるかもなぁーというのを連想して、以下ご覧ください↓ 笑
 


今日はいよいよフィレンツェ最終日!明日は飛行機で日本に帰国。


せっかくだし、夜は奮発して少し雰囲気良さげなリストランテへ行こう!


と、夜のディナーを終え。


もうやり残してることないよね。



あ。ジェラート食べるの忘れた…



いつか食べよう食べようと先延ばしにしてたジェラート。たくさん美味しそうなお店がありすぎて迷っちゃった結果、お土産買ったり観光してたら、、、食べるの忘れてた…



しかし既に夜の9時、ジェラート屋なんてどこも閉まってるよね、、


と、お困りの皆さん!!

前置き、長いですねwすみません。笑



ジェラテリア・サンタ・トリニタ
は、夜中12時まで営業しているジェラート店なのです!
IMG_5850


Gelateria Santa Trinita

ジェラテリア・サンタ・トリニタ

サンタトリニタ橋の目の前のお店 

住所>Piazza De' Frescobaldi 11/12/r | Ponte Santa Trinita, 50125, Florence, Italy

営業日>月-日11:00-24:00




IMG_5846 

アルノ川沿いのサンタ・トリニタ橋近くにあり、高品質な素材を重視しているお店です。

いざ店内へ♪
IMG_5848

オープンは2008年と比較的新しいジェラテリアですが、老舗と同じくらい人気店♪

IMG_5849

どれも美味しそう


ジェラート以外にアイスケーキも美味しいと評判。
その他にワインやチョコレートも販売してるため、お土産選びもGOOD!


そして何といってもお店のロケーション!

IMG_5847

サンタトリニタ橋の目の前なので、橋の上でポンデヴェッキオを眺めながらのジェラートは最高です♪




フィレンツェにはいたるところにジェラート店がたくさん
有名どころじゃなくても、ヒョイっと入ったところも美味しかったです♪


↓ここは雨宿りも兼ね、席もあるジェラート店だったので入りました。
 

IMG_5851


IMG_5852



イタリアの人は毎日こんな美味しいの食べれて、羨ましいなぁ





にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ



↑このページのトップヘ