薪ストーブ屋の独り言

薪ストーブ店・ファイヤーワールド永和 近辺の紹介です。 美味しいお店? 名所? 旧跡? いろいろで〜す。

薪ストーブ・ファイヤーワールド:感染症 ❓

  ・・・目に見えない感染症と人間の力 ・・・

感染症は温暖化による気温や降水量の変化により、感染症を
媒介する動物などが増え、分布が広がる可能性を持っていると
いわれております。
地球温暖化との関連で拡大が懸念されている感染症には、蚊の媒介
による、「デング熱」・「ウエストナイル熱」「日本脳炎」などが
あります。
気候変動により降水量の増加による蚊の発生数の増加に加え、
冬季には死滅していた蚊が越冬するなど温暖化によって、蚊の生存
域や期間が広がっているようです。
また、日本は、温暖地域に位置しているので、感染症を媒介する
蚊の種類も豊富です。「デング熱」を媒介する「ヒトスジシマカ」は
日本全土に生息しており、日本脳炎を媒介する「コガタアカイエカ」
は水田などで多くみられます。

しかし、人間の技量の医学力で、ワクチンの開発などにより、現在
日本国内の「蚊」による感染例は低くなっていますが、地球温暖化
により集中豪雨の発生や気温上昇により、高温・多湿を好む媒介蚊が
大量発生する危険性が拡大するなど、今後の媒介蚊による感染影響の
対策をどのようにとるべきかが、今後の大きな課題でしょう・・か ❓

また、海外でも「媒介蚊」による「ウエストナイルウイルス」や
「脳炎」などの感染症の拡大が広がっており、海外旅行などで媒介蚊
に刺されて帰国した後に発生するなど感染経路も問題視されている
ことも事実です。・・・

現在、地球上の人類が脅かされている「新型コロナウイルス」も
人間の気づかない、思いがけない部分から動き回っているような気が
して ❓ ・・・

その昔 ⁈ 東南アジアに仕事で出張の時に、大使館にビザ申請に行った
時に「コレラの予防接種」をして来て下さい  ❕ ・・・
そして、「パスポート」に「接種証明書」の「イエローカード」を
添付したのを思い出しました。
 ・・・そう言う私は、古ーい人間ですかネ〜 ❓・・・
P1028006P1028007











薪ストーブ・ファイヤーワールド:花粉症の増加傾向 2❓

  ・・・スギ花粉症患者の増加 ・・・

主にスギ花粉症は毎年 2 月 〜 4 月にかけて発症することが多い
のですが、毎年その飛散量は変わるという事です。
最近の研究のよりますと花粉の飛散量は、前年の夏場の気象条件と
密接な関係をもち、夏場の日射量が多く降水量が少ないほど、
翌春の花粉飛散量が多くなる傾向が判明したそうです。

また、花粉症患者数の拡大は、近年の地球温暖化の影響により花粉の
飛散時期が早まり、花粉飛散発症期間が長くなることにより花粉量が
増大していることが原因といわれております。

森林を管轄する林野庁では、樹齢 30 〜 40 年の樹木から伐採を進める
など対策を強化していますが、一方ではスギなどは最も二酸化炭素の
吸収量が多い樹木として知られていることから、思うように進んでい
ないのが実情のようです。


IMG_E7832 えいわの森秋1 







薪ストーブ・ファイヤーワールド:花粉症の増加傾向 ❓ 

  ・・・スギ花粉症患者の増加 ・・・

花粉症の原因となる花粉の種類には、日本国内だけでも
約 50 〜80 種類もあるといわれています。植物は大きく樹木と
草花に分かれ代表的な植物として、スギ・ヒノキ・ヨモギ・
シラカバなどがあるとのことですが、日本の花粉症患者の 約 80 %
以上がスギによるものが原因といわれています。
(スギは日本特有の樹木といわれております)

スギ花粉症の増加原因はスギの植林事業が関係しているというこ
とです。それは、1950 年代に拡大造林といわれる林業政策によって
スギの人工林は急増したことが一因となったのですネ〜・・・
スギは 40 年ほどで成木となり花粉を飛散することから、現在の
スギ花粉症患者が増加する原因といわれております。 
'18えいわの森3えいわの森 4






  ・・・スギ花粉症・次回に続く・・・





記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

fireworldblog1

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド