こんにちは!


『ゴルフを仕事にしたい!』
『ゴルフ業界に転職したい!』って方以外に多いと思います。
1

このブログのタイトルにもあるように、僕もゴルフが好きすぎて、ゴルフを仕事にした人の一人です。
社会人になってからドはまりしてしまい、気づいたら職が変わっていた(笑)

さて、僕と同じようにゴルフ業界へ転職したい人のために、
僕が知る限りの業種の良し悪しの紹介をさせていただこうと思います。
※あくまで個人的見解です。

ゴルフ業界への転職について

この転職情報はこれまでゴルフ業界にいなかった人向けです。
なのでいきなり上位の役職に就けないことが前提となります。

ゴルフと直接的な関わりができる転職先として項目を出すと以下のような転職先があります。一つずつ見ていきましょう。
◆ ゴルフ場 (ゴルフ場運営会社)
◆ ゴルフ用品メーカー
◆ 予約代行サービス
◆ ゴルフ雑誌

ゴルフ場 (ゴルフ場運営会社)

IMG_1795

入社難易度:簡単
メリット:自分のコースをラウンドし放題!? 他のコースも業者料金でお得に!
デメリット:労働時間が長く、休みも少ない。 賃金も平均以下

ゴルフ場というと、僕らにとっては遊びに行く場所なので、裏側の仕事のつらさわなかなか見えませんが、実際はかなり慌ただしく働いています。
労働時間が長く、休みも少ないのでなかなか人が定着しません。
アコーディアやPGMに入れば比較的賃金も高いです。(それでもサラリーマン平均並み)ただし、アコーディアやPGMは本社からのノルマが課せられるので単体ゴルフ場で働くよりも確実に忙しくなります。

ゴルフ用品メーカ

キャプチャ

入社難易度:難しい
メリット:メーカのブランド、安定、賃金も◎
デメリット:職種によって賃金差が大きい。市場が縮小傾向

メーカーの場合、自分の職種によって賃金の差が大きくなります。
また、全体的にみるとナイキもゴルフ用品から撤退するぐらい需要が縮小傾向の市場です。
また、大手メーカーの場合、中途採用としてはそれなりの経験値が求められます。


予約代行サービス

2

入社難易度:難しい
メリット:比較的安定、賃金◎ 市場需要好調
デメリット:労働時間が長い

予約サイトというと、GORA、GDO、バリュー、アルバが大きいところでしょうか。
GORA、GDO、バリューは東証1部上場企業なので、自然と入社難易度も高くなります。
ネット予約の割合は今後も増加すると予想されているので、しばらくは安定している業種だと思います。
ただし、IT企業によくある長時間労働は覚悟する必要がります。

ゴルフ雑誌

入社難易度:専門的な経験がないと難しい
メリット:比較的安定 
デメリット:労働時間が長い

ゴルフ雑誌もいろいろとありますが、総じて記者や編集の場合は専門職ですのでそれなりの経験が必要になってきます。 賃金も平均並みにもらえますが、雑誌業界にありがちな長時間労度はゴルフ雑誌でも同じです。
全国のゴルフ場に取材として飛び回りたい方にはお勧めかもしれません。


ゴルフランキング


にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村