食品のネタ帳 魚の「今!」を分かりやすく解説するブログ!!

流通業に従事する僕が魚のこと、食べ物のことについてネタばらししちゃいます! 流通・水産物・食品・輸入食材に関することについて、いろいろとまとめています。



食品表示の改正が2015年に施行されました。
2020年4月1日までに完了していなければなりません。

色々変わるのですが大きく分けると以下の7つです。

もともと食品の表示は
・食品衛生法
・JAS法
・健康増進法

など多岐にわたり、分かりづらいものがありました。

上記のうち、表示に関する部分が食品表示法として統一されました。


①原材料名の表示方法
②アレルゲンの表示方法
③生鮮食品と加工食品の区分
④栄養成分表示の義務化
⑤製造所固有記号の使用制限
⑥一般用と業務用の区分
⑦機能性表示食品制度


①原材料名の表示方法

原材料と添加物を分けて表示する
その場合、スラッシュ(/)で仕切ったり、改行を使います。

②アレルゲンの表示方法
・アレルゲンは「・」でつなげる
・「原料の一部に・・」という表現を「一部に・・」に改める
・パンやチーズは今までは原料に小麦と乳を使っているのが明らかなのでアレルゲン
表示しなくても良かったのですが、これも「小麦」「乳」とアレルゲン名を表記する
ように変更になりました。

③生鮮食品と加工食品の区分

これは原則JAS法にしたがうとのことです。

変更になったところは
・生鮮食品に原産地義務が課されます。これは以前と変わらない?ような気がします
が、刺身の盛り合わせにも適用されます。

刺身の盛り合わせは従来「加工食品扱い」だったのですが、今度の改正により、「生
鮮食品扱い」となります。

④栄養成分表示の義務化

これも厄介ですが、サンプル分析による推定値を表示します。

⑤製造所固有記号の使用制限

製造固有記号というのがありまして・・・

販売者:㈱○○商店 NS

などの「NS」の部分ですね。

これは販売者と製造者が違う場合に固有記号というものを付けていたものです。

㈱○○商店のブランド力が強い時や製造者の名前を出したくないときなどに使われて
いました。

ブランドはソニーでも実際に作っているのは有限会社○○工業だったりすると、有限
会社○○工業の名前ではそれほど売れないし、価格も買いたたかれます。

その点、販売者ソニーなら高く、多く売れる、そういうメリットがあったのです。

しかしこの固有記号。今回以降は「2か所以上で製造する場合のみ可能」ということ
になりました。

一か所で製造している場合は「製造者:㈲○○製造所」などと販売者とともに併記し
なければなりません。


ただし業務用には適用されません。業務用は業務用で一般販売が出来ないと表示した
ほうがよさそうですね。




その他:可動性表示

産地切り替えのたびに包装の変更が生じる時、可動性表示といってAまたはBと最初
から表示することが認められています。


まとめ
今回の改正、消費者には分かりやすくなったと思います。
固有記号として製造所を伏せて販売したり、パンは小麦から出来ているのだからわざ
わざ書かなくてもよかった、などは業界の欺瞞、怠慢といっても言い過ぎじゃないで
しょう。

また加工食品なども「加工地」が産地となっていましたが、これも原料の原産地を表
示するのでお客さんの選択の自由度が高まると思います。


ただ「信州名物10割そば」などの裏を見て、「原材料がモンゴル・中国になってい
る・・・なんだ、信州のそばじゃないのか」とがっかりする人も出てくると思いま
す。

売る立場からすると民業圧迫というか、商売の邪魔をされている気になる方もいらっ
しゃいます。

しかしそれも最初だけだと思っています。

今まで外国原料を使った安いそばと信州の原料を使った高いそばを並べて売っていた
ら、表示義務がないので間違いなく安い方が売れていたと思います。

しかし理由があって高い物は高い、と消費者が気がつけば、あとは選ぶのはお客さん
です。

売る側も「そばを打つ技術が信州そばなんだよ」と信州そばの本質をお客さんに説明
するなど、勉強にもなります。

というわけで売る側には評判の悪い食品表示法をさかさまにながめてみました。








子供がネットの情報を信じてカラスガイを取ってきて茹でて食べていました。

おいおい、大丈夫か・・・

見ると近所の用水路などにごろごろしている貝を取ってきて、ぐらぐらと茹でている
ではありませんか!



心配になりながらもおそるおそる自分も食べてみました。

う、生煮え・・・
泥臭い・・・

ちゃんと茹でたのかよ・・・と娘に聞くと
沸騰したから大丈夫!!
とポジティブシンキング。

大丈夫かよ、と思いながらも一度口に入れたものは食べなくては・・と思い飲み込ん
でしまいました。

あとから調べれば調べるほど、川の生物を生や生煮えで食べると寄生虫の危険性があ
ることがわかりました。

今更ながら、こわくなりました・・・


それから3週間。
肺に寄生する生物は2週間くらいで肺へ到達し(ネット情報の聞きかじりなので、ご
自分で調べてください)、せきなどの症状がですそうです。

でも3週間たっても別段、以上はないので、問題なかった、と自分のことながら見て
見ぬふりをしています。


川魚は生で食べると危険!これを肝に銘じておきたいと思いました。







北海道の鮭、不漁の予測が出ています。

この予測は「ジブリング法」という手法が用いられているそうです。

鮭の来遊を統計的に予測する方法の一つです。


通常鮭は4歳の魚が主体なのですが、5歳の魚や3歳の魚が混ざることもあります。

3歳の魚が少ないと、翌年の主体である4歳の魚が少ない、ということが統計的に言
われています。


ちなみに鮭の年齢はウロコを見れば分かります。
鮭のウロコは春に成長が早まるので、歳を重ねるごとに年輪のようになるんですね。
詳しくは過去記事をご覧ください。




ということで今年も新巻鮭、いくらともに高値になりそうです。

それを見越して、すでに値上がりしているものもあります。

今年も高かったのに、今年の秋漁も悪いとなると、大変ですね。

アニサキス

芸能人がアニサキス症にかかったことがテレビで報道されています。
図らずも身をもって注意を喚起してくれたことはありがたいと思います。

そもそも「いない魚はない」というくらい、魚には寄生虫がいます。


加熱して食べる分には問題がないのですが、生食や生煮えの状態で食べると体に寄生
して色々な悪さをします。

アニサキスは目で見て分かることも多いですが、小さいものは分かりずらいです。

生で食べる場合は魚を良く見て、良く噛んで食べることをおすすめいたします。

天然の鮭なども、焼いてしまうとほとんど分からずに食べてしまいますが、生食加工
のトリム製品(魚をトリミングして加工したもの)を見ると細長いアニサキスが身に
寄生しているのを発見することがあります。

大抵、生産地と消費地が離れているので、冷凍流通していますので、その場合は無害
です。

しかし最近は流通がよく、産地から生の状態で送られることもあります。
そういった場合は注意が必要です。

特にアニサキスの被害の多い魚は
・さば・いか・生の鮭
などですが、先程も書いたとおり、いない魚はいないと認識するべきです。

ちなみに養殖の鮭はペレット加工した餌を食べさせたり、薬を使っているのでほとん
ど寄生虫はいません。


ゼロでは決してありません。しかし冷凍してあれば食べても問題ないです。気持ち悪いので食べたくはないですけどね。


どちらかというと過剰に寄生虫を排除しようとすればするほど、養殖の魚に薬物を使うことになります。




モロッコやモーリタニアのたこの価格が上昇しています。



これにひっぱられ、北海道のミズダコの価格も上げる気配です。




今年の春の漁がそれほどよくなかったこともあり、アフリカの蛸の不漁を見越して浜値が上昇しています。




そこから加工経費は変わらないとして、年末には10%ほどの値上げになるかと予想しています。



すでに価格上昇を見越した買いが入っていて、価格が上がってきています。


アフリカが高いと言っても2011年~2012年の最高値は更新していません。



あとは日本国内での漁獲がどのくらいになるか、というところですね。



春漁は減産となっているので秋冬の漁がどうなるかです。



ただ、秋冬の漁は11月ごろと遅いので、いつも年末ぎりぎりに入荷となります。



あてに出来ないです。












納豆やキムチは売れ行き好調で、天気でいえば晴れ。



しかし同じ“発酵食品”ともいえる「漬けもの」業界は斜陽。




この違いは何なのでしょうか。




納豆は大豆のイソフラボンが女性ホルモン的な働きをし、大豆自体の健康効果が謳われています。



あるいは納豆菌による整腸効果や、「花粉症の軽減効果のある納豆菌を使用」しているメーカーもいます。




キムチは唐辛子のカプサイシンによるダイエット効果・美容効果がテレビ等で紹介されています。




また乳酸発酵食品としての認知度も高く、女性にうれしい商材としての地位を築いています。



しかし漬けものメーカーは相変わらず沢庵漬け、きゅうり漬け、ナス漬け。



多少味の工夫などは見られるものの、どれも似たり寄ったりの商品を作っています。


だけど、漬けものこそが21世紀の健康食品だと思います。



乳発酵食品の整腸効果は盛んに宣伝され、認知されています。




しかし日本人に本当にその乳酸菌と乳製品が合うのか、といえば?マークをつける研究者もいます。




漬けものに含まれる植物性乳酸菌が日本人のお腹には合っている、という研究もあります。


しかし漬けものメーカーは菌数の増加を恐れ、ソルビン酸などの保存添加物を加えます



これが有用な乳酸菌すらも殺菌しているのでしょう。




納豆のように圧倒的乳酸菌優位にしてしまえばその他の雑菌は抑えられると思うのですが。



それとも前時代的な漬けものメーカーが多く、衛生管理に自信がないところが多いのでしょうか。


逆に衛生管理に気を付けて乳酸菌入りの食品ということをアピールし食物繊維入りでローカロリーで…その結果ダイエットに効果がある、などという研究結果が出れば爆発的に売れる、21
世紀の食品になると思います。




研究不足ですよね。菌のことも、食物繊維のことも。



それを殺す添加物を入れる、なんてのも勉強不足だと思います。


とまあ、耳の痛いことを上から目線でいいすぎました。



応援しています。漬物メーカー様。







たこの価格が上がっています。

アフリカの蛸が高いことに加え、中国産の真だこも高い。
そこに来て北海道の蛸もそれほど多くない。

価格が上がる条件がそろってきました。


今年は高いですよー!
たこが高いですよー!