最近の廻り寿司ってクオリティー高いですね。

ざっと考えても原価率50%いっている商品ご結構あります。

ブリとか、サーモンとか。

原価率の高さを回転率の高さと人手を掛けない低コストでカバーしている感じがしました。

今日家族四人で約5000円。

粗利益で2700円くらいでしょうか。

日曜日の昨日は17時45分に予約しました。


すでに駐車場は8割埋まっていました。

客席も8割り方埋まっていました。

ざっと計算したら席数100席。

8割で80席。
約一時間いまして6時45分に店を出ました。

その時はすでに満席。

四人掛けの席に二人の場合もあるので、60席が3回転と計算してみました。

一人辺りの粗利益が600円とすると
60×3×600円=108,000円。

ここから従業員の人件費10人×5000円=50000円。


さらに諸経費を引くと…あんまり儲かりませんね。


もっと原価率を押さえるか、客単価を上げるか、人件費を押さえるか。


こうすれば儲かりますね。


原価率を押さえるには大量購入で交渉して安くしてもらう。

でも原価低減には限界があります。


人件費を押さえるのは廻り寿司の十八番ですね。


注文を受けてから握るのではなく、最初から握ってあるので効率的です。

また握りはロボットでやっているので職人を必用としません。


アルバイトで十分なので人件費は元々低いはずです。



とすると競合店を利益で出し抜くにはいかに客単価を上げるか、いかに集客して満席を回転させるか。


こういうことが儲けるためには必要でしょう。

続きは明日のブログをご覧くださいませ。