昨日は釣りをした義理の兄から、「さごし」をいただきました。

さごしはさわらの小さいものです。


この魚も小さいときと大きいときの名前が違うのですね。


昨日は海が荒れた後で、海水がかき回され、釣りにはよい条件だったようです。

海が荒れると栄養が豊富になり、魚が活発に動くのでしょうかね? 

それともただ、波から逃げているだけなのか。
それか海が濁るから釣りに気が付きずらいのか。
魚は荒れた海で体力を使い、おなかがすいて、餌には見境なく食らいつくのか。

よくわかりません。


この鰆をYouTubeを見てさばき方を勉強して、刺身にさばいてみました。


ちょっとしたコツで頭を取ると 同時に内臓が取れるので、結構さばきやすかったです。


これで柳葉包丁や出刃包丁があればよかったのですが、なにせ自宅にあるのは万能包丁なので、きついです。

身が崩れます。

さわらって身がやわらかいのですね。


そして食べてから気が付いた、皮が固い!!


だから皮を炙って食べるのか・・・・


日本海側に住んでいると、さわらというものになじみがないのです。
最近ですよ、食べるようになったのは。


いやあ、ちょっとだけ失敗、というか勉強になりました。


こういう基礎的な調理方法や、魚による調理の違いなどをちゃんと勉強したいと思います。


というわけで、Amazonさんで検索。検索。