しらす干しって、一年中、出回っていますよね?



原料は鰯(いわし)の稚魚。

鰯の稚魚を釜茹でにして、干したものが「しらす干し」です。



稚魚なら、旬に獲(とっ)って、冷凍しておく、と思っていませんか?


実は鰯というのは、日本全体で見れば、ほぼ一年中、卵から孵(かえ)っているんです。


だから日本全体でみたら、しらすの季節感って、ないんですね。


つまり、旬ってないんです。



でも、一応、獲れない時期もあるのです。


しらす干しは年明けから端境期(はさかいき・漁がない時期のこと)になっていま
す。


ただし南の方、九州方面、四国方面からは入荷がある場合もあります。



ここらへんは温かいのでこの時期でもしらすが獲れます。


ただ、この時期は色が黒かったり、大きさが不揃いだったりします。


なので価格が安くなってしまいます。

その後、2月ごろから静岡、瀬戸内のものが出回ってきます。


それぞれの産地において、その年、初めて獲れたものを、新物と称します。


だから、一年中とれるけど、潮の流れがきつくて、しらすが流されたりして、獲れない時期がある、ということなんですね。