食品表示の改正が2015年に施行されました。
2020年4月1日までに完了していなければなりません。

色々変わるのですが大きく分けると以下の7つです。

もともと食品の表示は
・食品衛生法
・JAS法
・健康増進法

など多岐にわたり、分かりづらいものがありました。

上記のうち、表示に関する部分が食品表示法として統一されました。


①原材料名の表示方法
②アレルゲンの表示方法
③生鮮食品と加工食品の区分
④栄養成分表示の義務化
⑤製造所固有記号の使用制限
⑥一般用と業務用の区分
⑦機能性表示食品制度


①原材料名の表示方法

原材料と添加物を分けて表示する
その場合、スラッシュ(/)で仕切ったり、改行を使います。

②アレルゲンの表示方法
・アレルゲンは「・」でつなげる
・「原料の一部に・・」という表現を「一部に・・」に改める
・パンやチーズは今までは原料に小麦と乳を使っているのが明らかなのでアレルゲン
表示しなくても良かったのですが、これも「小麦」「乳」とアレルゲン名を表記する
ように変更になりました。

③生鮮食品と加工食品の区分

これは原則JAS法にしたがうとのことです。

変更になったところは
・生鮮食品に原産地義務が課されます。これは以前と変わらない?ような気がします
が、刺身の盛り合わせにも適用されます。

刺身の盛り合わせは従来「加工食品扱い」だったのですが、今度の改正により、「生
鮮食品扱い」となります。

④栄養成分表示の義務化

これも厄介ですが、サンプル分析による推定値を表示します。

⑤製造所固有記号の使用制限

製造固有記号というのがありまして・・・

販売者:㈱○○商店 NS

などの「NS」の部分ですね。

これは販売者と製造者が違う場合に固有記号というものを付けていたものです。

㈱○○商店のブランド力が強い時や製造者の名前を出したくないときなどに使われて
いました。

ブランドはソニーでも実際に作っているのは有限会社○○工業だったりすると、有限
会社○○工業の名前ではそれほど売れないし、価格も買いたたかれます。

その点、販売者ソニーなら高く、多く売れる、そういうメリットがあったのです。

しかしこの固有記号。今回以降は「2か所以上で製造する場合のみ可能」ということ
になりました。

一か所で製造している場合は「製造者:㈲○○製造所」などと販売者とともに併記し
なければなりません。


ただし業務用には適用されません。業務用は業務用で一般販売が出来ないと表示した
ほうがよさそうですね。




その他:可動性表示

産地切り替えのたびに包装の変更が生じる時、可動性表示といってAまたはBと最初
から表示することが認められています。


まとめ
今回の改正、消費者には分かりやすくなったと思います。
固有記号として製造所を伏せて販売したり、パンは小麦から出来ているのだからわざ
わざ書かなくてもよかった、などは業界の欺瞞、怠慢といっても言い過ぎじゃないで
しょう。

また加工食品なども「加工地」が産地となっていましたが、これも原料の原産地を表
示するのでお客さんの選択の自由度が高まると思います。


ただ「信州名物10割そば」などの裏を見て、「原材料がモンゴル・中国になってい
る・・・なんだ、信州のそばじゃないのか」とがっかりする人も出てくると思いま
す。

売る立場からすると民業圧迫というか、商売の邪魔をされている気になる方もいらっ
しゃいます。

しかしそれも最初だけだと思っています。

今まで外国原料を使った安いそばと信州の原料を使った高いそばを並べて売っていた
ら、表示義務がないので間違いなく安い方が売れていたと思います。

しかし理由があって高い物は高い、と消費者が気がつけば、あとは選ぶのはお客さん
です。

売る側も「そばを打つ技術が信州そばなんだよ」と信州そばの本質をお客さんに説明
するなど、勉強にもなります。

というわけで売る側には評判の悪い食品表示法をさかさまにながめてみました。