今年のアラスカの紅鮭は去年おととしに次ぐ大豊漁でした。

300万尾という量の鮭がほんの数日で獲れる。

水揚げしても、あまりにも大量なため、加工が間に合わず、品質が悪くなってしまったらしいのです。


紅子といわれる、紅鮭の筋子も、加工前に半分腐ってしまった・・・

非常に残念ですね。


それにしても紅鮭って、獲れる時は一気に獲れるんですね。







そんなアラスカの紅鮭が、大豊漁だったにもかかわらず値上がりしています。

先ほど述べたように、大量に獲れたのですが、品質が悪く、日本の基準では仕入れられない。


それにドメスといわれる、アメリカ国内の消費が旺盛のようです。

アメリカ国内は紅鮭は主に缶詰に加工されて食されます。


日本みたいに塩焼き、はあまりないみたいです。





二大産地としてもう一方のロシアはどうでしょうか。

ロシアの紅鮭漁は2017年は不漁でした。




以前は日本の漁船もロシア海域に紅鮭を獲りにいっていました。


しかしロシアで流し網漁が禁止になったため、現在は流し網漁以上の効率的な漁ができないため、漁獲されていません。





そんなこともアラスカの紅鮭が豊漁にも関わらず、価格が上昇している理由の一つです。






アラスカも高い、ロシアも高い。


こうなると鮭は高値のものばかりになります。