2006年03月16日

Party Pokerのボーナス終了2

Party Pokerのセカンドボーナスをなんとか獲得した。

最初の1000 Raked Handsをクリアした後、1日待ってみたのだが自分のアカウントのボーナス欄には何も現れなかったのでサポートに問い合わせた。すると、ボーナス欄には出ないけど権利は発生しているので、3日以内に1500 Raked Hands打て、との返事。

なんだか腑に落ちないまま、その日は推定で1000 Raked Handsほどこなす。そして翌日、仕事後に残りを打つが、自分が何ゲーム打ったのかがわからず、ボーナスもいつになっても加算されないため、期限の時刻(午前3時ごろ)まで不安なまま打ち続けた。時間から換算すると、およそ1800 Raked Handsほど打ったと思うのだが、結局権利期間内にボーナスは入らなかった。

その日は力尽きて寝てしまったため、翌日メールで問い合わせてみた。もしかしたら1500ハンドに満たなかったのか?との不安も少しばかりあったので、「ボーナスが入ってないが、何ハンド打ったのか調べてくれ」と聞いたら「1500ハンドこなしたら自動的にボーナスが入るはずだ」との回答。やや不安になりながら、すぐに「いやいや、もう1500ハンド打ったと思うからチェックしてくれ」と返したら、なんと「問い合わせてくれたら何ハンド打ったか教えるよ」との回答が帰ってくる始末。いや、まさにそれを聞いているんだけど 日本と違ってこっちのサポートは往々にしてこんなもやりとりになることも多いので、キレることもなく、やれやれと思いながら、でもき少しつい言葉で、何ハンド打ったかは問い合わせたが答えなかったこととシステムの不備について文句を書いたら5分も経たずに「もう1500はクリアしている。すぐにボーナスが加算されるはずだ」との回答。で、アカウントを見たらほんとにその直後に加算された。

まさか手動でやってるのか? それともシステムの不備があって1500ハンドをクリアした時点では自動的に加算されなかったのだろうか?

とりあえず2つ目のボーナスを取るという目的は達成できたが、なかなか後味が悪く、次のボーナス(2000 Raked Handsを3日間)は放棄することにした。時間的ににかなりきついのも大きな理由の1つだが……。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fishhooks/50417395