2006年04月10日

6.ターンでレイズされた場合

フロップに比べてターンでのレイズにはより重みがある。

$4/$8のテーブルでは、ターンでレイズは多くの場合ナッツを持っていることを意味していた。$10/$20では$4/$8よりアグレッシブなプレーヤーが多いため、微妙な手でもレイズが入るが、それでもターンでのレイズは高い確率でベストハンドを持っていることを示していた。

このため、特にタイトなプレーヤーがターンでレイズしてきた場合は、自分がよほど大きな手を持っていない限りフォールドする必要がある。Limit Hold'emは1時間に1BB〜2BB程度の勝ち負けを争うゲームなので、ターンのレイズに対して負けていると思いながらコールし、リバーでもコールして2BB捨てるのはとても痛い。

しかし、実際のゲームではいろいろな原因でターンでレイズされてもフォールドできず、ついついショーダウンまで付き合ってしまうことがある。自分が負けていてフラストレーションが溜まっているときがその筆頭で、とにかくポットを取ってチップを取り戻したいと考えると降りれなくなるものである。リバーで何か起きるんじゃないだろうか? さらに調子よく勝っているときもついついルーズにコールしてしまいがちである。勝っている負けているに関係なく、なんとなく相手はブラフなんじゃないだろうか? などと勝手に思ってしまうこともある。

また、そうでなくても、たとえば自分がトップペアを持ってフロップでベットした状況もフォールドしにくい。ターンで自分がベットしたらチェックレイズされた場合など、相手がツーペアかそれ以上を持っていることをわかっていながら、トップペアを持っているからという理由でコール。そしてポットが大きいからとリバーでもコールしてしまう。開けてみたら相手はフロップセットやフロップストレートのドローイングデットだったり……。このようなパターンで負けたゲームはとても多かったと思う。

もちろんターンでレイズされたら必ずフォールドしたほうがいいというわけではない。フラッシュドローなどがあってオッズが見合うと簡単に判断できる状況なら当然コールする。しかし、オッズがわかりにくい状況もよくある。自分がワンペア、相手も大物は持っていないだろうという状況では、自分のアウツが3つだけなのか、5つなのか? ボードペアができた場合にどうなるのか、などパターンが多くてわからないことがよくある。そんな場合、自分はオッズから考えるのはあきらめて“リバーでなにかヒットしてもレイズできなさそう”な状況の場合は極力フォールドするようにしていた。消極的かもしれないが、自分が打っていた$10/$20では(アグレッシブなテーブルは極力避けていたこともあって)ターンでブラフレイズがほとんどなかったので、それくらいでちょうどよかったのかなと思っている。

テーブルを見ていると、ベットしてレイズされた場合、フラッシュ目が出ていたりしても100%コールするというプレーヤーが何人もいた。このためフロップでスロープレーしてターンでレイズするのがとても有効だったように思う。アグレッシブにプレーすることは重要だが、2BB節約することは2BB勝つことと同じ意味を持つことも忘れてはいけないポイントである。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fishhooks/50450499
この記事へのコメント
1
 
懸賞100万円でました

 ブログをお持ちの皆さんに抽選権利をあたえます。
  是非ご参加ください。

↓抽選会の豪華商品の参考例はこちら↓

 特等  100万相当
 1等  スクーターRQ
 2等  モバイルPC
 3等  お宝GET

     見ないあなたは損をする!!

    http://sentaku.is-a-chef.com

(↑のをコピーして、アドレスの方に貼り付けてください)
Posted by !!必見!! at 2006年04月21日 20:35
1
 
懸賞100万円でました

 ブログをお持ちの皆さんに抽選権利をあたえます。
  是非ご参加ください。

↓抽選会の豪華商品の参考例はこちら↓

 特等  100万相当
 1等  スクーターRQ
 2等  モバイルPC
 3等  お宝GET

     見ないあなたは損をする!!

    http://tasukete.ftpaccess.cc


(↑のをコピーして、アドレスの方に貼り付けてください
Posted by !!必見!! at 2006年04月23日 15:54