2005年03月17日

WPT Bogata Poker Open

今日のWPTの放送はAtlantic CityのBogataで行なわれた「Bogata Poker Open」だった。

ファイナルに残ったプレーヤーに、Daniel Negreanu、Josh Arieh、Phil Ivey、さらにWSOPメインで2位だったDavid Williamsもおり、若手有名人プレーヤー、しかもアグレッシブプレーヤーが多いのが特徴。もちろんTV放送なので面白いゲームだけ編集してあるのだが、それにしてもアグレッシブ、というか過激なプレーが目立った。Joshは映るプレーのほとんどがブラフで、最後はDanielに対してリバーでブラフオールインしてあっさりやられた。

Daniel対Davidのヘッズアップでは、アグレッシブなDividがブラフチェックレイズも交えて押しまくるが、最終的にはDanielにツキがあり、A2でKKに勝ち、さらにAAを2回手にして初のWPTタイトルを大逆転で手に入れた。逆にDavidはまた惜しいところでの負け。最近EPSNでやってるポーカーを題材にしたドラマ「Tilt」でも、トーナメントで3位で(しかもAAで)負ける役を演じており、自分の中ではなんとなく「負けキャラ」として定着してしまいそうな勢いである(笑)

トーナメントにアグレッシブプレーやブラフは欠かせないもので、トーナメントの上位に残るプレーヤーにはアグレッシブプレーヤーが多く存在する。しかし、アグレッシブプレーヤーがふとしたきっかけで、あっさり落とし穴にはまってしまうという場面も多々見受けられる。Danielが放送中2回見せた「Curious」と言いながら相手のリバーでのベットに対してAハイ、Kハイでコールした場面は、Davidの攻めのバランスを崩す意味で、けっこう大きな意味があったプレーなのかもしれない。  

Posted by fishhooks at 18:19Comments(2)TrackBack(0)

2005年03月10日

WPT Legends of Poker at Bicycle Casino

今週のWPT(World Poker Tour)は、Bicycle Casinoで行なわれた「WPT Legends of Poker」だった。

先週に続きLee Watkinsonがチップリーダでアグレッシブに飛ばしまくり、2位スタートのDoyleチップ量を維持してじっくりと時を待つ展開。

中盤に3位のJoe AwadaとLee Watkinson、さらにDoyleがぶつかった戦いが印象深い。UTGのLeeの手札99でレイズ、ボタンのJoeは22でコール、BBのDoyleはQToでコール。フロップが987全部ハート。Doyleオープンエンディトをチェック、Leeはセットをチェック、Joeもチェックでターンは7d。Doyleチェック、Leeはここでもチェックのスロープレー。Joeは怪しい雰囲気からポジションベットを躊躇する。その後リバーに2が落ちてしまった。LeeもJoeもフルハウスだが、当然Leeの方が強い。Leeの大きなベットに対して、Joeはレイズオールイン。Lee即コールでJoeは5位で終了してしまった。

ショートスタックが1人いたので、レイズオールインではなくコールなら4位はほぼ取れただろうし、3位に入るチャンスも少なからずあった。しかし、考えてみるとここでのオールインは当然のアクションなのかもしれない。3位と4位の賞金差が小さいこともあるが、もしジャストコールで勝ったとしたら彼はレイズしなかったことで「失敗した」と思うことだろう。逆にコールで負けたとしたらどうだろう? ターンで何かを気づいているだけに、やはり「失敗した」と思うことだろう。どちらにしろ、彼のアグレッシブなスタイルから離れるし、ほかのプレーヤーに弱気な面を見せてしまうことになる。もしかしたらその後彼本来のプレースタイルを継続できなくなるかもしれない。Leeの手が読みにくいだけに難しいところだが、私はオールインしたJoeを指示したい。それにしても、WSOPでもそうだったけど彼は強いけど何かここ一番の場面で運がない……。

Leeは元レスリング選手で、プレースタイルはアグレッシブでトリッキー。プレー中にまったく表情が変わらない、非常に読みにくいプレーヤーだ。DoyleとのヘッズアップではDoyleにツキがあり、Lee自身もTiltになってしまってDoyleの大逆転勝ちとなったが、Lee Watkinsonは今年の注目プレーヤーかもしれない。一方のDoyleは今年で71歳。その年で1週間の長丁場トーナメントを優勝するとは、さすが大御所というところだろうか。とりあえず彼の著書「Super System 2」買っておこうかな。
  
Posted by fishhooks at 12:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月03日

WPT Mirage

毎週水曜日はトラベルチャネルでWPT(World Poker Tour)の放送がある。WPTは2003年から始まり、今のポーカーブームの火付け役として知られる有名な番組だ。Mike SextonとVince Van Pattenの軽快なトークと、多数のスタープロプレーヤーのすばらしいプレーが見られ、3年目の今年も高視聴率間違いなしと噂されている。

さてそのWPTだが、先週から新シリーズが始まり、今日はラスベガスMirageホテルで開催された優勝賞金$1Mのトーナメントの様子が放送された。1998年のワールドチャンピオンに輝いたScotty Nguyenがダントツのチップリーダー。本人も余裕綽々で始まったファイナルテーブルだが、早々にJohn Juandaとぶつかって、1/4のチップを失う。その後もツキがなく、彼のAQがLee WatkinsonのAKのぶつかったり、その後もいいところなくやられてしまった。とても個性的なスタイル、というかチンピラみたいな風貌(笑)なのに実はいい人のようで、個人的にはそろそろ彼に勝ってほしいのだが……。

優勝はアマチュアのEli Elezraだったが、2位のLee Watkinsonのプレーが印象に残った。残り3人で彼がビッグブラインドのとき、ボタンがレイズ、SBがコールのシチュエーションでなんと彼はQ8oでオールイン自分にはレイズ&コールの後にこのオールインはできないなー。今度オンラインで試してみよう。あっさりコールされるような気がするけど……。

来週のWPTはDoyleが出るみたいで、ちょっと楽しみ。  
Posted by fishhooks at 11:04Comments(0)TrackBack(0)