2023年4月1日(土)
天気 晴れ
気温 最高23℃ 最低9℃
若潮
満潮 14:24 干潮 21:07

ようやく春めいて🌸暖かくなってきた4月1日いつもの埼玉の釣り場に出かけました。
3月は気温が上げたり下げたりで安定しない日が続いていましたが
ようやく暖かくなって気温も安定してきたのでそろそろタナゴ釣りを再開🎣
7nnqrm
















釣り場に行く前に、まずは神社やお寺を巡って桜の名所で花見🌸
茶菓子みたいなのを食べたりお茶を飲んだりして散りそうな桜を見物。

その次は少し遅い昼食をとって休憩。
そこそこ気温が高くて暑かったんで途中何度か休憩しながらゆっくりと移動。
どうせ魚が釣れるのは日が傾いてきてからなのであまり急ぎません。
20230401_133449
















タナゴは春の雨で水かさが増えて、田植えの季節に入って用水路や田んぼに流れてくる水量が増えてきてからようやくシーズン本番ですφ(.. )
関西は5月のGW前後から田んぼに水を入れて田植えの時期が始まりますが、関東では5月下旬くらいから田んぼに水を入れ始めて、その後に田植えの時期が始まります。

つまり関東の田んぼの影響を受けやすい用水路でタナゴを釣るなら本番は5月中旬くらいからようやくスタートって感じなので、4月はまだあまり釣れません
水路や湖沼の水量が増えて魚の活性が上がる時期は明らかに関西より遅いので、関東においてはタナゴ釣りシーズンも少し遅いです。

もちろん場所にもよるので、水田とあまりつながってない湖沼などでタナゴを釣るのであれば影響は少ないし、まったくない場所もあります。
ただ水田に水を運ぶ水路が釣り場の場合は、稲作の影響が大きく、田んぼに水を入れる前はまったく釣れないし、田んぼから水を抜くと水路が一気に枯れて全く釣れません。

今回は4月なので田んぼとあまり繋がってない水路や湖沼で釣りをしました
ただ春の雨もまとまって降っておらず、水量も少なかったので魚の活性は低めでした。

満水の時期より水位が20~25センチ低かったのでいつもの場所はパスして、
水位が低くても一定の水深がある護岸に移動して釣り場所をいくつか探します。
たまたま先行者でタナゴ釣ってる人がいたんでその近くに釣り座を設置💺

気温が上がってきたるのでのっけから魚のアタリは非常に頻発しました。
ただ釣れるのはクチボソとかばかりでタナゴはかなり渋め
1時間くらい粘りましたがタナゴは一匹も釣れず、細い魚だらけでした。

日が傾いてきて夕方になってくると魚の活性もさらに上がってきます
タナゴっぽいあたりが出る場所に絞って粘り強く餌を繰り返し投げていると、ようやく最初の雄タナゴを釣り上げることができました
20230401_173000
















釣った直後はもう少し濃い目の婚姻色があったんですが、釣り上げてしばらくしてから撮影したのでこの画像ではあまり婚姻色が出てないのが残念
最初はもっと婚姻色が強めだったのでもっと早く写真撮っとけばよかったな、と。

その後しばらく粘ってメスのタナゴをもう一匹追加することができました(´∀`)
とは言えまだ春先なので、陽が沈むとあっという間に暗くなってきます。
夜釣り用のライトはあるものの、正直いって小さい針や浮きを暗がりで見ながら釣りするのは明らかに厳しいのでさっさと帰宅することにしました

最盛期にはほど遠い釣果でしたが、とりあえずタナゴと戯れて遊べたので大満足
タナゴが釣れなかった釣行の時はブログ記事を書くのを諦めてしまうので・・・
一匹でもタナゴが釣れると嬉しいし最高の気分で帰宅できますよね

【釣果】
タイリクバラタナゴ(4~5センチ) 2匹
クチボソ(3~9センチ)40~50匹

【費用】
エサ代 0円(買い置きの練り餌)
br_c_2282_1