2005年04月23日

☆国会議員80人が靖国参拝、現職閣僚はゼロ 春季例大祭

 私は、去年から「靖国問題」についてすこしずつ勉強しているのだが、いま将に中国で問題になっている反日デモでも小泉首相の靖国神社参拝問題が中国人の感情を逆撫でしているというまっただ中で、春の例大祭に国会議員や現職閣僚の1人麻生総務大臣が参拝しましたね、どういう神経をしているのか、私には理解しがたい行動です。
 この機会に、また岩波新書からでている大江志乃夫/著-『靖国神社』をすこし読みなおしてみました。
  • 一身を天皇に捧げた戦死者の魂だけでもなぜ遺族のもとにかえしてやれないものか、なぜ死者の魂までも天皇の国家が独占しなければならないのか、(P189)

  • 国家は戦死者の魂を靖国神社の「神」として独占することによって、その「神」たちへの信仰をつうじて何を実現してきたのか、あるいは実現することを期待したのか。(P189)

  • 戦争による犠牲者を国民にたいして悲劇であるとも悲惨であるとも感じさせることなく、むしろ逆に栄光であり名誉であると考えさせるようにしむけた存在が靖国神社であった。(P190)

asahi.com: 国会議員80人が靖国参拝、現職閣僚はゼロ 春季例大祭-政治

 自民、民主両党などの超党派議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(瓦力会長、266人)の国会議員80人が22日朝、春季例大祭期間中の東京・九段の靖国神社に集団で参拝した。


 参拝したのは自民党が古賀誠元幹事長、平沼赳夫前経産相ら78人、民主党は原口一博衆院議員ら2人。現職閣僚はいなかったが、西川公也内閣府副大臣と今津寛防衛庁副長官ほか、3人の政務官が参拝した。

 参拝後、同会の藤井孝男会長代理が記者会見し、中国や韓国から小泉首相の靖国神社参拝が批判を受けていることについて、「戦時に亡くなった方の御霊を参拝するのは自然な姿。中韓など近隣諸国の皆さんにご理解いただけないのは非常に残念だ」と話した。

 また、「今年はまだ小泉首相は参拝する、しないを言っていないが、ぜひしてほしい」として、会として今年も小泉首相が参拝することを期待する考えを示した。


 中国からは当然な反応が出てますね。敗戦前の靖国神社は、陸軍海軍の神社であり、戦争で亡くなった人を神霊(英霊)として祀っている。中国で罪もない人を殺しその後戦死した人もA級戦犯も「神」様にしているのだから、中国や韓国などが怒るのはある意味当たり前だ。そして、国会議員という国民の代表がその神社を参拝するのだから怒るよね。だが、この国会議員を選んだ有権者だって、靖国神社参拝を苦々しく思っている人だってたくさんいると思う。参拝した国会議員は、相手の気持ちを思いやる気持ちが全くないものと思う。このような人達が政治指導者でいる限り隣国と仲良くできなくしている癌だ。せっかく民間レベルで友好を図っているのに、ぶちこわしているのはこの人達だ。

asahi.com: 国会議員の靖国参拝、中国が「強烈な不満」-政治

国会議員の靖国参拝、中国が「強烈な不満」
2005年04月22日23時46分

 中国外務省の秦剛(チンカン)副報道局長は22日、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の国会議員の靖国神社への集団参拝について談話を発表し、「強烈な不満」を表明した。

 談話は、この日の靖国神社参拝について「現在中日関係が厳しい情勢にあるとき、日本政界の一部の人が大局を顧みず消極的な行動をしたことに対して強烈な不満を表明する」と述べたうえで、「彼らが両国人民の根本利益をふまえて、責任ある行動をとり、中日関係の改善と発展に有利になることをするよう希望する」としている。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fishmountain/19796329
この記事へのトラックバック
中国において、3週間連続で起きていた大規模な反日デモは、中国政府や共産党が19日から一斉に展開したデモ封じ込めのキャンペーンが功を奏し、事前にデモ情報があったものの、封じ込めに成功した。   中国の反日デモに対する最近の新聞各紙の社説は以下のとおり &nbs
中国で反日デモ起きず。明日も是非この調子で・・・【投資初心者、ただいま勉強中・・・】at 2005年04月23日 22:34
靖国神社へ(この私が!)行ってきました。「日本の戦争責任資料センター」が主催する「靖国神社・遊就館見学会」に行ってきただけですけどね。(^^;) 講師(兼)ガイドは吉田裕・一橋大学教授。いやぁーー、分かり易かった!靖国神社が如何に天皇及び天皇制と密着しているか
靖国神社・遊就館【ザ・のじじズム】at 2005年04月24日 10:39