バラバラの人形が苦手な方

その手が駄目な方は見ない方が吉

やる気が出れば作業は早い。
てなわけでエステ開始。

エステの話ちらほらしてたら、結構興味がある人がいるようで、メール貰うので、やり方紹介してみます。
ですが、セラカンナやら、ゴム引きやら、そんなぼったく商品は買わないのが自分流です。
というか、基本造詣村の商品なんざ使わない。
某のやり方説明とは違うので参考にしない方がいいよ(笑)。

んなわけで今回使用品。
・サンドペーパー(360、480)
・耐水ペーパー(2000)
→いつもはタミヤの耐水で流しながら粉が舞わないようにするのだが、ヤ●ダ電機などに行くのが面倒だったのでトーカイにあったサンドペーパー10枚SET(300円位。ウッドペイント等の処にあります)。
耐水で400版位だろうと思った2枚を選んだけど、もっと荒いのでもよかった。
・百均スポンジ
→仕上げの磨き
・紐(直江の鎧に使った奴の残り)
→ゴム引きの代わり。麻紐とか、これで十分。今回のはゴムと同じ太さだったおがちと失敗。

ジンヤから預かってた神羅くんの里子引渡しが今月末らしいので、先に神羅君を始める。
2人同時進行だと絶対パーツを間違えるから(笑)。
神羅くんは雛と違って間接がくっついて無いので、接着がなくて、ばらすのもらくちんだぁ〜。
一応画像は修正しました。

080515_203143

エステ前の写真がこれしかなかった。
神羅くんは比較的あまりラインが目立たないので、雛のほうがわかりすいから写真はそっちを載せます。

今回は頭が無い状態だったので、ゴムは解かずに、手首・足首のSカンをゴムから外して抜くだけです。
すこ〜んって抜けて気持ちよかったりする。
人によっては解く人もいるらしいけど、新しいゴムにしない場合、長さを調整しおわってるゴムでは結い難くなるからやらない。
でも、この方法、実は腕の連結が面倒だったりします。

今回は水洗いせずにやるので、このまま作業します。
ざっとパーツを見て、ちょっと問題があった噛みあわせ部分の修正を少し計算。
お迎えしたばっかの子(エステしてない子)は結構ここがギザギザなので、慎重にしないと後で泣きます。
今回は内部に問題が多かったのですが、影響しない範囲にしました。
主に腕と胴体の箇所、ウエスト、下半身と胴体の箇所といった所。
今回はライン変更ではないから、形を整えるだけ。
少しづつ削って、パーツを組み合わせながら、安定があった箇所でSTOP→仕上げやすり。
この時間接パーツも一緒に合わせてやっとくと楽かもしれない。
見えない部分だから仕上げはやらなくてもいいんだけどね。

首周りにちょっと色がついてたのでそれを削り+首〜肩のライン→胴体→下半身と360・480で消し消し。
粉が舞う舞う。やっぱり水で流しながらじゃないと臭いが厳しい。
同様に足パーツ→手パーツと続けて消し消し。

080515_220744

全体的に少し白くなりました〜。
キャストは自然に黄色っぽくなる宿命だから、この色になるとリフレッシュした気分。
足首・手首パーツ、間接パーツも同様に削って仕上げたら、スポンジで磨きます(キャストクリーンを使えいいと思うが、造詣村…以下略)。
表面についてた粉や油が取れるので削り残しが見やすくなります。
削り残しがなくなったら、2000番で仕上げ磨き。
全体的にやすって形をととえますぞ〜。

はい。ここまでで3時間位でした。
そんなに黄ばみ+段差がなかったので早い。雛は多分倍かかるかも。
状況によるけどSDとか13も1.5〜3倍位と考えれば。

パーツを水洗い〜。
ボールに入れてザラザラ(キャストク…以下略)。

あれ?なんか感触おかしい。
・・・あ。

親指が水ぶくれ☆

※やすりだけでやる場合はこれ気をつけてください。
集中してやってるとなります。派手に。
爪削れるのは爪切って回避してましたが。

まあ、気にしないで中性洗剤で1個づつ洗いました。
水分をふき取って、ぶんぶん振って(笑)中が乾くまで30分位。
心配なら2時間くらい立てて放置しとけば乾くかと。

手のパーツの問題があったけど、どうにもならんから放置の方向(笑)。

ここで普通ならコート剤を吹いて1日放置。

ええ、ナイの忘れてました。
時間的に購入は無理なので、そのまま組み立てに。
すまん、ジンヤ(と里親の方)。

さて、組み立てです。
組み立て…どうすんだっけ。
ってわけで雛の説明書引っ張り出しました。
ここは素直に説明書読んでください。

・・・あ。左右の足逆☆

とかなりますから(やらかしました)。

ゴム引きを使う箇所を紐でやるだけです。
紐が太かったので、力がかなりいりましたけど(汗)

腕のゴムが丸の状態なので右腕を通した後、なんとか上手い事ゴムを通します。
胴体のゴムが邪魔ではいらねぇ!!(涙)
なんとかゴムが抜けたら、抜けないようにクリップで留めときます(でも自分は毛抜きを挟んだww)。
右腕のゴムを引っ張って結び目を中に引き込み、結び目のない箇所を引き出す。
なんて力作業。
あとは右腕と同様に組み立て。

というわけで組み立てもなんとか完了。

080516_002045

綺麗になりました〜い。

こんな感じです。

080516_002308

首のラインは結構ガッツリあった+肩の噛みあわせを削ったので丸みがつきましたねぃ〜。

080516_002240

胴体も綺麗に〜。
これで安心してお婿にいけるな(笑)

ちなみに水ぶくれですが。
組み立てのさい、汚れるのを避けるのに絆創膏を貼ってたのですが。

080516_004210

綺麗に膨れていました(見難い)。
一気にエステやろうとするとこうなるので気をつけてください(笑)
指の水ぶくれは慣れてるので、下の針で潰しましたが、雛のエステは明日以降〜。