Fishsnowwelfareのblog

海や山など自然に関する情報や自身の価値観を 釣り、スノーボード、仕事 を通して仙台から発信するブログです。

いつもご覧頂きありがとうございますm(_ _)m





今日は朝から仙南のサーフに行って来ました(^_^)

結果はヒラメ56cm


この一年、凄く貴重な出会いに恵まれサーフでも幸せに過ごせてます(^_^)

これまで、ライトゲーム主体の僕は釣れる魚が小さいため、ダイソーのメジャーで十分でした(^_^)

魚にフォーカスすれば小さな目盛りも大きく写ったからです(^^;;


しかし、今回の釣果を機にフィッシングメジャーの購入を仲間から勧められました(^_^)

アウトドア&フィッシング ナチュラム

教えてもらって向かった先はホーマック(^_^)

なんと言って品物を探せば良いか分からず広大な店舗内をさまよう事 30分…

やっと見つけました(^_^)


因みに品名は「リボンロッド」でした(^_^)


価格は 600円位。

僕にとっては破格でした(^_^)


中を開いてみると 

image
 

裏面を見ると…
 

横目盛りもオッケー(^_^)

教えてくれた方にはホント感謝です!

今からフィッシングメジャーの安価購入をご検討の方、もし良ければお近くのホームセンターで探してみてください(^_^)

今日もご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村




ソルトルアー ブログランキングへ


なお、ツイッターもしているのでこの記事がお気に召したら最下段のツイッター欄でフォロー、いいね、リツイートなど頂けると励みになりますf^_^;)
よろしくお願いしますm(_ _)m 

いつもご覧頂きありがとうございます。Thynnnですm(_ _)m

一昨日の晩も尺アジングへ行ってきました(^_^)




強い東風の吹く中、到着したのは午後6時頃。満潮時刻が午後8時頃でした。


東風の日はホームの釣果がかなり落ちるので何とか打開策を試みているのですが、今日は何とか上手くいきました(^_^)



潮上から追い風でキャストできるポイントを見つけこの日も恒例のキラーダート1.5gとネジネジのセットを投入。

★ホームアジングのキャスト&アクション★
 
基本はボトムをとりながらアジの食う潮流を探してリトリーブし、潮流を感知したらあとはドリフトさせながら潮流によるリフト&フォールでバイトを待ちます(^_^)



すると、この日ほ早々に吸いこみ系のコツンっというバイト発生!



後はそのエリアにリグを通す為に潮流とリグの沈降速度を逆算して着水地点を決定。


風を読みながらキャストし、誤差はリトリーブでアジャストしながら何度もリグを送り込みます(^_^)


キラーダート 1.5g

価格:430円
(2016/7/10 21:53時点)


【ブリーデン】NejiNeji(ネジネジ)50mm[ネコポス:3]

価格:398円
(2016/7/10 21:56時点)







★追い風強風時の着底感知方法★

僕が強い追い風で着底の感覚を得る際には、穂先を風上に向けてラインとロッドを鋭角にしてます。

詳しい理由は分かりませんが、穂先を風下に向けると糸フケが水面付近に多く出ます。恐らく、ラインにかかる揚力にロッド穂先の弾性も関与しているんでしょう…(^^;;

しかし、この方法はバイトを弾き易くする欠点がある為、ボトムのバイトエリアを発見したら、穂先の角度を直角に戻して対応してます(^_^)



★ホームアジング合わせから浮かし★

そうこうするうち、この日は着底直後に引っかかるようなバイトを感じました(^_^)

穂先をゆっくり持ち上げると生命反応。

そこからはゴリ巻きで魚を浮かせたところで、ゴンゴンゴンッと首振りを感知。




また、マゴチか…(´・_・`)




…っと油断してしまいました。




海面までスムーズに浮かせてよく見ると尺アジでした。(・□・;)

 


しかし、こちらが慌ててタモを取ろうとした瞬間、急激に走られフックアウト…


不注意で緩めに設定していたドラグが仇となってしまいました。不覚。。。(T_T)




★ホームアジング、取込み時の注意点★
 
個人的にはホームで尺アジを取るためにはドラグはフルロックの方が良いと感じています。

ラインはその分、PE0.3号とフロロ4lb…とある程度の強度を備えさせてます。

水面まで上がってきた尺アジの最後の足掻きのパワーは結構バカに出来ないです。

水面での反転口切れバラしが僕の尺アジングでは多発するため、浮いてきたらアジが暴れる前にアジの体半分、水面から出して自由を奪うのが取込みのコツなんです…が油断大敵…(´・_・`)





因みにこの後、リグを確認するとキラーダートの太軸針がアジ針の形みたいに伸ばされてました(^◇^;)


やっぱり何事も油断しちゃいけないですね。。。
調子に乗って気持ちが緩んだことを猛省しました(T_T)



例の如く、本日のワンチャンスはこれで終了…




この後ポイントを20分程休ませたもののアジらしきバイトは無くなりました(T_T)




…しかし、これはこの後起きるバイトの序章だった事があとで分かります(^_^)


 
★ホームアジング、嬉しい外道★
 
アジのアタリが遠退いても他にキャストできる場所が無いのでキープキャストで次の回遊を待っていると…


また着底の瞬間、今度はアジとは異なる抑え込む様なアタリが発生。


合わせると、ずっしりと重さを感じてフルロックのはずのドラグからラインが出されます(^◇^;)


しかし、あまり長くは走らず何度かやりとりしているうちに魚体が浮いてきました。

上がってきたのはヒラメ*(^o^)/*



すかさず、隣でバンバンメバルをあげてた凄腕ローカルさんがタモ入れして下さいました(^_^)


トシさん、この場を借りて厚く御礼申し上げますm(_ _)m

ホントありがとうございました(^_^)


ヒラメ58cm  ネジネジ  ケイムラクリア


この日はもう一本ヒラメらしきバイトがあるものの、乗った瞬間にラインブレイク。




★ホームアジング、ゲスト釣果からの考察★

もしかしたら、アジのアタリが遠退いたのはボトムでヒラメが回ってきていたからかもしれません…(^^;;


帰ってヒラメの胃の中を確認しましたが中は空っぽでした。



産卵を終えたヒラメは湾内で流下ベイトやマイクロベイトについているのかもしれません。




★ホームアジング食性変化の調査アクション★

実は僕は今、ボトムで尺アジを狙う時、リグが浮き上がった後にリールを1/4回転ほど巻いて浮遊時間を長くした誘いもしています。


そうすると、ネジネジは一瞬小魚の様なアクションを魅せるんです。

先週、今回とヒラメやマゴチの釣果が上がり始めた事からしても、まんざら間違いでは無さそうです。




ホーム尺アジの食性の変化を微妙なアクションの変化で探り、このアクションで食い始めたらジグやプラグ、ワームで巻きの釣りも試していこうと思います。








本日も最後までご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m


★今回のタックルデータ★

ロッド         : ダイワ クロスビート764TULFS
リール         : シマノ 15ストラディック2000HGS
ライン         : ラパラ ラピノヴァ  0.3号 150m
リーダー      : フロロ 4lb.
使用ルアー  :  ブリーデン キラーダート1.5g 
                       ネジネジ ケイムラクリア


また、メソッドに進展がありましたら拙い考察ではございますが、この場でご紹介したいと思います。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m


誠にお手数ですが、下記バナーをクリックして頂けると励みになります(^_^)

ご協力を賜れれば幸いです。重ねてよろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村
 

いつもご覧頂きありがとうございます。Thynnnですm(_ _)m


今日も深夜から朝までアジングに行ってきました(^_^)

結果は、何とか 尺アジ35cmを 1キャッチ… (´・_・`)




他にも様々な魚種が釣れました(^_^)

イシモチ 30cm


マゴチ25cm


ヒラメ40?cm


色んな魚が楽しめました(^_^)


アウトドア&フィッシング ナチュラム


今日はナイトゲームの潮周りが満潮午前2時頃…と、あまり良くなかったため、朝まずめ頃に起こるであろう当て潮に乗って居つくアジを狙いました。



僕の勝手な予想では当て潮の発生は午前4時頃かと思っていたので、上手く朝まずめと重なるとピンポイントエリアで爆釣するかも…と淡い期待を持ってましたが…甘かった。。。



潮位差があまり無かったのか別の流れが邪魔したのか、僅かな当て潮の流れが起こったのが午前7時過ぎ。


しかも、表層を流れる僅かな泡と表層直下を高速で流れて足下の堤防に潜り込んで行く小さなゴミに気づかなければ、当て潮の存在自体気付けない程、今日は複雑な潮流でした…(^^;;



泡って表層の流れはわかるのですが、海面に浮く分、下降流の存在には気づき辛いですね。

一見すると、ただ足下の堤防に寄ってくる様にしか見えません。。。



そういう意味でも、潮の見極めの引出しが少し広がった有意義な日でした(^_^)








続いてレンジですが、デイの場合はボトム直上30cm程度を意識しました。


というのも、複数のアジが釣れているのはレンジをシビアに取れる熟練のフカセ師さんたちだけなんです。。。(^^;;



最近は、休みのたびに家族連れも含め沢山の方がサビキ釣りをされてますが豆アジは掛かるものの、型は上がってない印象です…(^^;;

一般の方が市販のサビキ釣りをした場合、レンジはそこまでシビアに底をとりません。



また、ジグサビキの方も沢山いらっしゃいますが、爆釣されている光景は目にしません。。。(^^;;





これらから得たホーム尺アジングの結論は、


①サビキの仕掛けよりも下のレンジで、

②フカセの様に長時間レンジキープでき、

③なるべくホントのエサに見せる自然な誘い、


…が必要だと考えています(^_^)




因みに、ここ一週間ナイトゲームでは徹底してダウンショットリグを試したのですがロック系しか釣れませんでした…(^^;;


自然に誘うべくリーダーを長くすると合わせが遅れてミスバイトが多発します。


リーダーを短くすると、自然な動きでは無いのかアジのバイトはなかなか得られません…(´・_・`)



潮が悪くともクロソイはめちゃくちゃバイトしてくるんですけどね…(^^;;

これが分かったのは収穫でした(^^;;



最後に、釣果をあげたリグとアクションですが、ブリーデン社さんキラーダート1.5gとネジネジケイムラクリアのセットを使ったジグ単のリフト&フォールです。


僕はブリオタではありませんがキラーダートを今年も愛用している理由は、オートフッキング性能の高さです。

キラーダート 1.5g

価格:430円
(2016/7/10 21:53時点)

【ブリーデン】NejiNeji(ネジネジ)50mm[ネコポス:3]

価格:398円
(2016/7/10 21:56時点)





色々なジグヘッドを試したのですが、ぶっちゃけ、いつ来るのか分からないアジのレアバイトに何時間も集中なんかしてられません(笑)



掛けに行った時に掛かりの良いアジ針は沢山あるのですが、群れの小さい僕のホームの現状では狙って誘っても殆どのアクションが徒労に終わるので、いちいち備えてられないんです。。(^^;;


このキラーダートは現状1.5gより軽いものは販売されてないようなんですが、魚が吸い込んだ時にテコの原理がより強く働くようです。



ぼーっと油断しながらドリフトしている際、ふいにバイトがあった時のフッキング率には良い印象を持ってます (o^―^o)



僕のタックルにおいてだけかもしれませんが、合わせ遅れには、最悪ロッドを強く握るだけでも、高レベルでフォローしてくれる…といった印象です。



…とまぁ合わせに対してはかなり適当なんですが、僕はリフト&フォールの質にはこだわってます。(^_^)



なるべく自然に誘うべく、潮の満ち引きを最大限に利用したリフト&フォールをしています。



基本、ややアップクロスにキャストしフリーフォールして底をとった後は、ラインが弛むか張るか程度に糸フケをとりながらボトムをドリフトします。


時にはケーソン?からの流れ込みの勢いも利用しダウンストリームをジグヘッドが受ける事によるリフトと、その後のテンションフォールでアクションを成立させてます…(^^;;


僕には自然なアクションを演出する操作技術が無いので基本的にアジング中は巻きの釣りはしません…(^^;;

けど、この方法は結構有効ですよ!?



フィッシングラボを通じて知り合い、釣果が上がらぬ時に何度も励まし、力を貸してくださった、僕が勝手に心の師と仰ぐ仙南アジングの達人がいらっしゃるのですが、その方の教えを基にしたものなんです(^_^)


まあ、僕の拙い技術にアジャストする為当時教わった事の原型を留めぬくらい、アレンジしてしまってはいますが…m(_ _)m





まだ、数を釣ってないのでデータは乏しいですが、現在のところ僕の仮説というか妄想は…


現状、波の荒い仙南に入ってきているアジは遊泳力が高く警戒心も強い年寄りアジ。。。もしくは遊泳力が弱く外洋は敵の多い豆アジ…いうものです。


他の港で上がるアジのサイズを聞いてもホーム程大きくはない様です。



ある程度遊泳力があり、外敵から逃げられる中堅クラスのアジは、まだ産卵期を迎えずにいるか、または波の穏やかな仙北以北のルートを回遊しているのでは…と考えています。


何れにしてもこれから徐々にアジの活性も高まる事に期待したいと思います(^_^)


今日も最後までご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m



★今回のタックルデータ★

ロッド         : ダイワ クロスビート764TULFS
リール         : シマノ 15ストラディック2000HGS
ライン         : ラパラ ラピノヴァ  0.3号 150m
リーダー      : フロロ 4lb.
使用ルアー  :  ブリーデン キラーダート1.5g 
                       ネジネジ ケイムラクリア



し、よければ下記バナーをクリック頂けると励みになります(^_^)


これからも新しい情報があれば、釣果解析していきますのでよろしくお願い申し上げますm(_ _)m



いつもご覧頂きありがとうございます。    Thynnnです(^_^)


本日、念願の今年初アジが釣れました(^_^)

しかも自己記録更新の37cm。


アウトドア&フィッシング ナチュラム

去年の今頃はデイゲームでも尺アジが爆釣していたのですが今年の宮城はまだ、全体的にアジの釣果が芳しくありません…(T_T)


色んな説があるのですが僕の持論は海水温。。。


今年は台風の発生数が極端に少ないですが、海面温度が例年より低い事とアジの釣果に関連があるのでは…と考えてます。

しかし、地元ローカルのフカセ師さん達は例年より数は少ないものの、そこそこのサイズと釣果をあげておられます。

噂ですが40アップもあがったとの事…f^_^;)

夢が膨らみます(^_^)


そういう噂を信じて6月初めから足繁くホームに通い、今日まで様々なリグを試してきたのですが結局、過去記事の去年と同じリグで成果が出ました…f^_^;)


僕のアジングスタイルにはキラーダート1.5gとネジネジのリグが一番合っている気がしましたf^_^;)


ホーム尺アジ釣果のポイントは、まず潮によるアジ回遊ルートの把握。



潮によってアジの回遊ルートが変わる様なので微妙にポイントを変えなければなりません。

次に、大事なのがアクション。

アクションのコツというか僕のセオリーは丁寧なリフト&フォール   です。f^_^;)


今日のポイント到着は午前3時。潮周りは小潮。満潮が午前7時頃でした(^_^)

僕のホーム小潮の特徴は当て潮が起きづらい事です。中潮以上であれば上げでも下げでも対応可能なポイントが二ヶ所増え、下げの時はアジが居着くんですが、小潮では選択が狭まります。(^^;;


しかも、今日は日曜なので混み合いますから釣座移動の自由は効きません…f^_^;)


限られた選択肢なので何としてもベストポイントを確保したく到着は早朝になりました(^^;;


後はひたすらリフト&フォール…(笑)

キャスト後、着水と同時にベールを戻しカウントを取りながら当たるレンジを探ります(^_^)

ただし、今年のホームはアジの魚影がかなり薄く、アクションするレンジも当たり外れがあるので、僕のスタイルでは4時間でワンチャンスがせいぜいですf^_^;)

今日はたまたま到着後1時間半程であった最初のバイトをモノに出来ました(^_^)

これから水温の上昇と共にアジの魚影が濃くなるとチャンスは広がるかと期待してます(^_^)


今日もご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m


★タックルデータ★

ロッド         : ダイワ クロスビート764TULFS
リール         : シマノ 15ストラディック2000HGS
ライン         : ラパラ ラピノヴァ  0.3号 150m
リーダー      : フロロ 4lb.
使用ルアー  :  ブリーデン キラーダート1.5g
                       ネジネジ ケイムラクリア





キラーダート 1.5g

価格:430円
(2016/7/10 21:53時点)


【ブリーデン】NejiNeji(ネジネジ)50mm[ネコポス:3]

価格:398円
(2016/7/10 21:56時点)







もし、よければ下記バナーをクリック頂けると励みになります(^_^)

これからもメソッドが出来れば、釣果解析していきますのでよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村




ソルトルアー ブログランキングへ





いつもご覧頂きありがとうございますm(_ _)m

先日の記事ご紹介したリールシートのスクリュー緩み解消法ですが、かなり調子良いです(^_^)

先日のチーバスゲーム中、一度も不便は感じませんでした(^_^)
同じケースでお悩みの方には絶対オススメですm(_ _)m


以上、経過ご報告でした(^^;; 


なお、誠にお手数ですが、下記バナーをクリックして頂けると励みになります(^_^)

ご協力を賜れれば幸いです。よろしくお願いしますm(_ _)m 

 
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村




ソルトルアー ブログランキングへ 

このページのトップヘ