GWの最後の土曜日に、休前日にも関わらず東急ハーベストクラブ伊豆山に空室を見つけたので、予約して行ってきました。
東急ハーベストクラブの中でも伊豆山は予約の空きを見つけるのが難しい人気の施設ですが、今年のGWは休日が調整できる人にとっては相当長期間の連休でしたので、最後くらいは自宅で過ごしたいと考える人が多かったんでしょかネ・・・
R01

 一人旅でしたので電車で行きました。
伊豆山の良いところは、私の住んでいる城南地区からは東海道線の普通列車で行けるということです。

R02

川崎駅で京浜東北線から東海道線に乗り換える時にこのスタンド店に目が・・・
確か私の出身地の新橋・銀座界隈が発祥地のラーメン屋さんなんです。
お昼時でお腹もすいていたし、懐かしくなって入ってみました。

R03

「醤油ラーメン・煮卵入り」。東京風の懐かしい味でしたが、スープの見た目も味も少し今の私には濃いように思いました。

R04

東海道線のグリーン車2階席も結構、空席が目立ちました。

R05

この路線は小田原を過ぎると海が見えるようになっていて、気分が和みます。

R06

熱海駅からはハーベストの送迎バスでホテルへ。
有名旅館の「桃李境」の跡地に建てられた施設です。

R07

この施設は、ハーベストとVIALAの施設が混在しています。ここがフロント・レセプション。

R08

このレセプションを抜けた扉から冒頭の写真に挙げたインフィニティー・エッジのテラスに出れます。
良い風景ですね

R09

今日の予約していた部屋は、南館の最上階の部屋だったので和食堂の脇を通って向かいます。

R10

 
R11
  

R12

この階も散歩できる中庭のようなスペースになっていて雄大な景色が臨めます。

R13

今回は、デスクワークの仕事をしなければならなかったので、Extra-charge が必要ですが、大きなソファーの設置してある「ラージ・スタンダード・ルーム」を予約しておきました。

R14

流石、エキストラ・ルームだけあってこのようなホワイエスペースもあります。

R15
 

R16

ツインベットの寝室スペースの窓側に、広いリビングがデザインされています。

R17

寝室スペースは厚手の布地のパーティションで完全に隠れるという変わった仕様のようです
小さなキッチン風のスペースもあるので、「スタジオ・ルーム」というか「セミ・スイート」タイプのお部屋です。

R18
 

R19

今回は、デスクワークをしなければならなかったので、この部屋は希望通りの部屋タイプだったのですが、ソファー周囲にコンセントがなかったり、インターネットの回線スピードが激遅だったりと、最新のシティホテルに比べるとやや設計が?という所はありました。もちろん、延長コードなどは貸してもらえるし、携帯の4G回線はガンガン通じる場所だったので、仕事は問題なくできたのですが・・・ 

R20

シーツは軽井沢のハーベストほどザラザラはしていませんが、普通のハーベストですので気持ちが良いとは言えない程度のスレッド・カウントのもののようです。

R21

立派なスパ施設というか、大浴場があるので部屋のバスルームはシンプルなものです。

R22
 

R23
 

R24

このホテルの一番、熱海市街地よりの部屋だったので部屋のベランダからの眺めはこんな感じ・・・

R25

夕食は、旧蓬莱旅館の料理長が親方をされている和食のお店「蓬」でいただきました。口下手という噂のご主人が一生懸命に私のお相手をしていただいて感謝です
勿論、お料理は定番の美味しさでした。

R26
5月下旬には、京都の出張を予定しています。もちろん、妻も同行予定で美味しい京料理をいただいて来ようと思っています。
好きなハモの旬の季節にはちょっと早いかな?