仙台市宮城野区の塾 Five(ファイブ)学習塾のブログ ~その時Fiveが動いた~

Five学習塾が送る、エキサイティングな日々や入試情報! お勉強に役立つことを綴ることもしばしば。要チェックです!!

2014年04月

Q&A そこがどうなのFive学習塾! #1

Q「この子が塾の授業についていけるかどうか、少し不安です…」

お問い合わせをいただき、Fiveの授業の説明などをさせていただく際によく保護者の方からこのご質問をいただきます。

A 果たして本当にそうでしょうか?謙遜なさっているのでしょうが、こればっかりはまずやってみないとわかりませんよお母さん!

今までは点数が取れない、勉強しない、本当に理解できているのかというお悩みでいっぱいだったのでしょう。しかし、うちに来てくれたからには大丈夫!1クラス最大12名の少人数での最高の指導と、万が一わからなかった場合のフォロー(無料の補習授業)は万全ですからね!わからないまま置いてけぼりなんてことにはなりません。

また、新しい環境に身を置くことによる適応能力の成長が必ず見られることでしょう。
子供たちは年を追うごとに新しい環境に身を投じていきます。その時に必要な処世術や、コミュニケーション能力を養うことにおいて、Five学習塾という一つのコミュニティーが与える影響は少なくありません。
親、学校の先生や部活のコーチに次ぐ、子供たちに関わる第三の大人として、勉強だけではなく世の中のことをより多くの子供たちにわかりやすく伝えていきたいですね。

塾生の保護者様からはよく、

「以前はテスト勉強すら家でまったくやらなかったのですが、塾に通いだして、勉強する姿が多く見られるようになってホッとしています。」
「子供が授業楽しかった~と言って帰ってくるので、学校とは授業の仕方が違うんだなと思っていつも見ています。」
「今月のお便り(毎月保護者様宛に出しているもの)の文章、私たちがなかなか言えないことをズバッと言っていただいて、とても感銘を受けました。」
などのお声をいただいています。

生徒からもこんな声が。

「うちFive来て精神的にめっちゃ強くなった~!」
「今まで自分で勉強すればそこそこ点数取れましたけど、先生たちに教えてもらって限界だった点数超えれたました!」

このようなお声をいただくと講師冥利に尽きますねぇ。思わずにやけてしまいます。

みなさん共通して言っていただくのは、
“うちの子前と違う…!”
“できるようになった!点数上がった!”という<良い変化が見られた>という点。

授業についていけないということは、授業内外の様々な取り組みによって解消されます。そして、その先にある成長は、実際に我々の授業を受けてみてのお楽しみです!




 

単語練習2週目完了

単語練習2週目終わりました。

正直、楽じゃない。
あたり前ですが、新たに知識を増やすのは簡単ではないですね。
中高生の気持ちを思い出せます。

特に1週目は動詞だけでしたが2週目は名詞・副詞だったのが、さらに頭を悩ませました。
複数の単語を組み合わせて作られた副詞って覚えにくすぎです。

2週目に入ったばかりで名詞を覚えていた時、高校3年生の生徒と英単語について話していました。
彼は、私がこれから覚えようとしている1,120単語と同等の単語を高校2年生時点で3周した単語練習の先輩です。

私「動詞はイメージしやすいけど、名詞って覚えにくいよね。」

生徒「あ~、でも副詞の方きついっすよ。」

私「そうなの!?副詞はそんなに種類ない気がするけど、、、」

生徒「いやいや。まぁ、やればわかりますよ。(ニヤニヤ)」

私「そっか。(余裕で覚えてやる)」

なんて思ってましたが彼の言うとおりでした。
やはり3周した人は違いますね。
まさに
「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」(ビスマルク)
(直訳はちょっと違うようです)

001

塾の様子

またまた中2の単語テストの様子です。

001
一人減っています。彼は前回、全問正解で合格し一抜けしました。
次は何人残っているのでしょう?一人も残らないことを祈ってます。 
ブログ内検索
QRコード
QRコード