「固定ド」音感者のための「移動ド」習得ソルフェージュ講座

◆◆音楽学(楽理)を専門とする講師によるソルフェージュのレッスン◆◆ 「音名と階名を必ず区別する音楽教育家・理論家、実践家」大島俊樹が開講している「『固定ド』音感者のための『移動ド』習得・ソルフェージュ講座」からのお知らせ用ブログです。 またあわせて、音名と階名の区別の認識、階名唱および階名法の重要性の認識を人々に呼びかけるためのメッセージも発信します。 ★★受講生随時募集中★★

◆◆ 教本(教材、教則本)販売中 (^^♪ ◆◆
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/77_2

* 本ブログでの見解は大島個人のものであり、所属機関の見解と一致するわけではありません。


🌟 講座の概要はこちら: http://music-square.jp/school/3338/
🌟 興味のある方には詳細についてご連絡差し上げますので、下記メール・アドレスあるいは本ブログ右下の「メッセージ」にてご連絡ください。
fixeda.moveddo.to◎gmail.com(◎を@に変更)

🌟 講師個人ウェブサイトはこちら: https://oshima-toshiki-solmization.jimdo.com/
🌟 講師 Twitterはこちら:https://twitter.com/toshiki_oshima


------ 本ブログの基礎となる七大記事 ------

❶ 「移動ド」とその長所について:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/2541278.html
❷ 「音名」と「階名」の違いを認識していますか?:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1000971572.html
❸ 「固定ド」は誤りです。(また、「移動ド」は当たり前です):
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1001255612.html
❹ 人々に絶対に改めてほしい誤解(「移動ド」と「固定ド」の関係について) :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1017696210.html
❺ 「移動ド」と「固定ド」は二者択一するものではありません。 :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1007630308.html
❻ ピアノの先生が生徒に言ってはいけない言葉:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1019180935.html
❼ 「固定ド」はイタリア音名ではない:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1022250322.html

♪ 大きな古時計 ♪

今年2018年の6月より、当ブログではフォスターの様々な歌曲をトニック・ソルファ譜化しています。

今回はフォスターの歌曲ではありませんが、同じく19世紀米国に由来する《大きな古時計 Grandfather's clock* を提示します。
作曲者はヘンリー・クレイ・ワーク Henry Clay Work(1832~84)こちらの《ジョージア行進曲》と同じです。

記譜法についてはこちら


d = F♯~Bb (4/4) 
:S    /d    :T .d :r    :d .r /m    :f .-,m :l    :r .r /d    :d .d :T    :T .T /d    :-    :-    :

:S .S /d    :T .d :r    :d .r /m    :f .-,m :L    :r .r /d    :d .d :T .T :T    /d    :-    :-    :

:d .m /s    :m .-,r :d    :T .d /r .d :T .L :S    :d .m /s    :m .-,r :d    :T .d /r    :-    :-    :

:S .S /d .  :     :r .  :     /m,m.m  :f .-,m :L    :r .r /d    :-    :T    :-    /d    :-    :-    :

:S .S /d    :S .S :L .S :S    /M    :S    :M    :S .S /d    :S .S :L .S :S    /M    :S     :M    :S .

.S /d .  :     :r .  :     /
m,m.m  :f .-,m :l    :r .r /d    :-    :T    :-    /d    :-    :-    ///


______
注)
* 楽譜の出典はこちら


* 画像は《大きな古時計》の1876年出版の楽譜より(パブリック・ドメインであることを確認の上、こちらのサイトより転用)
GrandFathersClockWorkCover


♪ 夢見る人 ♪(フォスターの歌曲)

フォスターの歌曲特集、第9回目は《夢見る人 Beautiful dreamer》です。
出典はこちらで、1864年出版の楽譜です。

今回は9拍子の曲。
複合拍子の記譜にも慣れていきましょう。

基本的な記譜法はこちら
ただし、 d ~ t に対し増1度高いいわゆる♯音の階名については、母音を「e」ではなく「i」で記しています。*
したがって、di(ディ)は d♯を表します。

また、( ) とその中のイタリック体の文字は、《エルサレム》の場合と同じく、一時的転調と見なした場合の階名を表します。

[ ] は装飾音です。

階名によるラベリングを通じ、旋律の美しさとその素材となる各音の性格を明確に感じつつ、歌っていきましょう。


d: C~Eb (9/8)
/d' .t .d' :s       :m       /r .di .r :l       :-       /s .t .l :l .s .f :f .m .r /m       :-       :-       /

/d' .t .d' :s       :m       /r .di .r :l       :-       /s .t .l :l .s .f :f .m .r /d       :-       :-       /

/s .f .r :T       :l       /l .s .m :d       :-       /d' .t .d' :l (r)       :r' (s) .- .d' (f) /t (m) .d' (f) .l (r) :s (d)      :-       /

/d' .t .d' :s       :m       /r .di .r :l       :-       /s .t .l :l .s .f :f .m .r /m      :-       :-       /

/l .t .d' :d' .s .m : [m] f .m .r /d       :-       :-       /// 


_______
注)
* 『正しいドレミの歌い方』63頁の表もご参照ください。


画像は《夢見る人》の1864年出版の楽譜より(こちらのサイトより転用)
Beautiful dreamer

音高は感覚だが音楽にとって本質的ではない 他

前回記事の続きです。

______
さて、私のこれまでの話を読んだ読者の中には、次のような疑問を持った人もいるかもしれません。

1つ目は、
「楽音には物理的側面と聞こえ方の側面があり、『音環境および性格』が聞こえ方の側面であるということは分かった。しかし、それならば音の高さも聞こえ方の側面であり、したがって感覚的側面ではないか」*
という疑問です。

2つ目は、1つ目の疑問を踏まえた上での
「それならば音名唱も、あらかじめ絶対音感訓練などにより絶対音高を音名ラベリングと共に記憶した上で行えば、音楽の感覚的側面をしっかり感覚的実体として思い出せるようになるという点では階名唱と同じになるのではないか」
という疑問です。

以下、それぞれについて考えてみます。


1つ目については、その通りです。
音高に関して言えば、物理的側面にあたるのは周波数であり、高さというのは周波数に対応する聞こえ方の側面です。
したがって、高さも感覚的側面の一種であると言えます。

しかし、同じ感覚的側面ではあっても、「音環境および性格」と高さには重要な違いがあります
それは、前者は音楽にとって本質的な要素である一方で、後者は本質的ではないということです。**


2つ目の疑問についても、その通りです。
音高もまた感覚的側面であることについては、以上で説明した通りです。
他方で、音名唱によっても、音の高さを知識としてではなく感覚的実体として思い出せるようになることはあります

しかし、この場合も思い出している対象は音楽の本質的部分ではなく、音楽の本質からすれば二の次であるような部分です。
これについても上述の通りです。

したがって、音楽教育の基礎手段として、音名唱と階名唱を同列に考えることはできません


_____
注)
* 音の物理的な側面と聞こえ方の側面の違いについては、前回記事の2つ目の注をご参照ください。
** そのように言える理由については、前回記事12行目「ある旋律の高さを変えても…」以下にもある通りです。



*画像 大島が使用している音叉
音叉
音高は、必ず複数音の存在が前提となる「音環境および性格」とは異なり、音叉の音のような単音からも得られる「音の聞こえ方」です。音高の違いは物理的側面としての周波数に対応し、中世の音楽理論家ボエティウスの言葉を借りるならば、周波数が多いほど「鋭く」、少ないほど「重く」聞こえます。しかしながら、これらは音楽における本質的な要素ではなく副次的な要素であると言えます。

「何を聴いているのか教えて! vol. 1 読譜力」終了報告

2018年11月12日(月)東京藝術大学大学にて開催のイベント、「何を聴いているのか教えて! vol. 1 読譜力」が終了しました。
(企画詳細はこちら

参加者には、開催場所である東京藝術大学の内外より、専門的な音楽教育経験の有無を含め音楽経験の様々な方が集まりました。

_____
導入として、企画・司会の堀さんが企画の全体主旨と、今回の内容に関わる着眼点である「音に名前を付けること」などに関する話をしました。

続く大島担当部分は、第1部「読譜力と階名唱」および第2部「読譜体験」の2部構成としました。

第1部の内容は大島による階名唱の実演と、読譜力の定義、楽譜の表す対象、音楽の構成要素などの、読譜の基礎となる事柄に関する話です。
続いて前の話を踏まえ、音名と階名について、また階名と階名唱を学習することの重要性について話しました。


写真① 前半より。音名と階名についての解説
46089030_182258982709702_6429184236699254784_n


質疑応答では司会者と参加者より、「シ」ではなく「ティ」のシラブルを使う理由、大島が音叉で音を取っていたこと、絶対音感などに関する質問がありました。

また、大島が話の中でドレミを終始階名として用いていたため、「固定ド」用法を知っている参加者からはドレミの使い方に関しても質問が出ました。
階名唱使用者の「調による聞こえ方の違い」に関する質問があったのは、東京藝術大学らしいことであったように思います。


第2部は第1部とは変わり、参加者が実際に歌うことを中心としました。

参加者全員で、読譜の基礎学習手段として「定番」であるハンドサインおよびモデュレーターと、五線譜への導入に適した楽譜である一線譜、二線譜による読譜に挑戦しました。


写真① 後半より。ハンドサインの実践
46170091_255470365101407_4491150926656045056_n


ドとレ、ドとソなどの少ない音数に絞ったこともあり、読譜経験の少ない参加者もスムーズに初見読譜ができた様子です。
特に、線譜を読む際にも自然にハンドサインを付けて歌う参加者がいたのが、印象深かったです。

終了後に、ソルフェージュ指導をしている参加者より「モデュレーターは早速取り入れてみたい」という声もいただきました。


参加者の皆さん、ありがとうございました。
旋律を伸びやかな声で音楽的に歌ったり、質問で話を深めてくださったりして、楽しい時間を過ごすことができました。

配布資料の1つ「階名唱を身に付けて良かったこと」には、企画の全体テーマである「聴き方」に関して今回は時間の都合上割愛したことが色々書かれているので、皆さんには各自でお読みいただきたく思います。


また、今回共に企画を進め、準備段階から当日まで議論をし、様々な視点を提供してくださった堀さんにも感謝します。
Vol. 2(第2回)以降の企画も発展し、私の担当部分も「音楽を聴くこと」というより大きな脈絡の中で有意義な視点を提供するものとなることを願っています。


写真③ 企画・運営の堀さんと大島

45878509_1459236727544654_7209056306588549120_n


なぜ階名「唱」を学習する必要があるのか?

なぜ音楽学習においては階名「唱」を学習する必要があるのでしょうか?
単に知識として階名を勉強するだけではいけないのは、なぜでしょうか?

その理由は、階名唱により、階名のラベリング対象であるところの各音の「音環境および性格」* を、概念としてではなく感覚的対象として思い出せるようになるためです。

実際、階名唱を通して各音の「音環境および性格」を階名によるラベリングと共に記憶していけば、ある階名を読んだり、聞いたり、頭に想像したり、声で発したりするだけで、その階名に対応する「音環境および性格」を脳内に再現できるようになっていきます。

例えば、ドという言葉を読んだり聞いたりするだけで、ドの「音環境および性格」を抽象的な概念としてではなく、まさにドの「音環境および性格」そのものとして、言い換えれば、感覚的な肉付きのある具体的な実体として思い出せるようになっていきます。

そもそも、音の「音環境および性格」は音楽の本質的な部分です。
このことは、ある旋律の高さを変えても旋律各音の「音環境および性格」が同一である限り同じ音楽と見なされることからも明らかです。

他方で、この「音環境および性格」という言い方がすでに、その含意として、音の聞こえ方という感覚的要素を含んでいます。**

したがって、「音環境および性格」を感覚的対象として思い出すことができてこそ、音楽の本質的部分を自らの脳内で構築できていることになります。

以上より、階名唱とは、音楽の本質的部分を学習者が自力で構築できるようにするものであると言えます。
しかも階名唱は、そのような構築の能力を育てることのできる、現在考え得る最も強力な手段であると言えます。

だからこそ、音楽学習の基礎として階名唱を使わない理由はなく、階名唱が必要となります。


_____
注)
* 「音環境および性格」についてはこちらおよびこちらの記事をご参照ください。
** 宮崎謙一氏がこちらの本の35頁以降で指摘しているように、楽音には物理的な側面と感覚的な聞こえ方の側面があり、これら両者については区別する必要があります。例えば音高に関して言えば、物理的な側面にあたるのは「周波数」で、聞こえ方の側面にあたるのは「高さ」だと言えます。そのように考えると、各音の「音環境および性格」に関しては、物理的な側面にあたるのは「周波数関係の脈絡」で、聞こえ方の側面にあたるのは「音環境および性格」であるということになります。


プロフィール

大島俊樹

「音名と階名を必ず区別する音楽教育家、理論家、実践家」

1982年生まれ。
東京藝術大学修士課程(音楽学研究分野)修了 、同博士後期課程退学(満期) 。研究分野は音楽理論、西洋音楽史、ソルフェージュ・楽典教育他。

東京藝術大学音楽研究センター教育研究助手を経て、現在、東京ミューズ・アカデミー非常勤講師(2007年より)ほかフリーでの音楽講師活動も行っている。

著書に『階名唱(いわゆる「移動ド」唱)77のウォームアップ集』、『正しいドレミの歌い方』(鳴海史生氏との共著)など。

※講師自身、もともと「固定ド」でしか音楽を聴き取れず、20歳以降に訓練によって「移動ド」を身に付けました。(今では音楽が自然に「移動ド」で聞こえます)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリー
ギャラリー
  • ♪ 大きな古時計 ♪
  • ♪ 夢見る人 ♪(フォスターの歌曲)
  • 音高は感覚だが音楽にとって本質的ではない 他
  • 「何を聴いているのか教えて! vol. 1 読譜力」終了報告
  • 「何を聴いているのか教えて! vol. 1 読譜力」終了報告
  • 「何を聴いているのか教えて! vol. 1 読譜力」終了報告
メッセージ

名前
メール
本文