「固定ド」音感者のための「移動ド」習得ソルフェージュ講座

◆◆音楽学(楽理)を専門とする講師によるソルフェージュのレッスン◆◆ 池袋にある音大受験予備校、東京ミューズ・アカデミーで行っている「『固定ド』音感者のための『移動ド』習得・ソルフェージュ講座」(担当:大島俊樹)からのお知らせ用ブログです。 またあわせて、音名と階名の区別の認識、階名唱および階名法の重要性の認識を人々に呼びかけるためのメッセージも発信します。 ★★受講生随時募集中★★

◆◆ 教本販売中 (^^♪ ◆◆
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/77

* 本ブログでの見解は大島個人のものであり、東京ミューズ・アカデミーおよび同校の他講師の見解と一致するわけではありません。

本ブログ目次(全記事一覧) ★ 随時更新します ★
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1026941635.html


🌟 講座の概要はこちら: http://music-square.jp/school/3338/
🌟 興味のある方には講座についての詳細パンフレットを差し上げますので、下記メール・アドレスあるいは本ブログ右下の「メッセージ」にてご連絡ください。
fixeda.moveddo.to◎gmail.com(◎を@に変更)

🌟 講師個人ウェブサイトはこちら: https://oshima-toshiki-solmization.jimdo.com/
🌟 講師 Twitterはこちら:https://twitter.com/toshiki_oshima


------ 本ブログの基礎となる七大記事 ------

❶ 「移動ド」とその長所について:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/2541278.html
❷ 「音名」と「階名」の違いを認識していますか?:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1000971572.html
❸ 客観的事実として 「固定ド」は間違いです。(また、「移動ド」は当たり前です):
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1001255612.html
❹ 人々に絶対に改めてほしい誤解(「移動ド」と「固定ド」の関係について) :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1017696210.html
❺ 「移動ド」と「固定ド」は二者択一するものではありません。 :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1007630308.html
❻ ピアノの先生が生徒に言ってはいけない言葉:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1019180935.html
❼ 「固定ド」はイタリア音名ではない:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1022250322.html

購入申込者の言葉の紹介 ― 教本『階名唱ウォームアップ集』に関わる話⑤

♪ 『階名唱ウォームアップ集』の販売についてはこちら ♪


今回の教本の販売では、購入希望者の方に申し込み時に下記3点についてお知らせいただくようにしています。

① お名前(本名、フルネーム)
② 購入希望の旨
③ (買って置いておくだけでなく)必ず使用してくださる旨(簡単で結構です)
例) 「普段のソルフェージュ学習で使用します」「生徒のレッスンに使用します」など
こちらの記事より引用)

これらのうち③に関し、ある購入申込者の書いた内容が印象的だったので、以下転載します。
神奈川県在住のSさん(男性)の言葉です。

55歳からチェロを習い始めて二年、演奏以前に楽譜が表している音楽を読み取りたく、最近、ソルフェージュ教室に通い出しました。ところが、教室ではピアノ伴奏による(!)「コールユーブンゲン」の歌唱や聴音ばかり、先生は絶対音感を身につけていると称されるピアノ講師で、どうもおかしい。 「チェロは純正律で調弦するからピアノの音程とは異なるし、ピアノでの和声の聴音など音大受験生でもない私には無意味ではないか」と訊ねても目を白黒させるばかりで対話が成り立ちません。 困ったことになったとあれこれ調べて、玉木宏樹「音の後進国日本」などを経由し、大島先生のブログにたどり着きました。 高校時代、正規の音楽の時間に、コダーイのハンドサインによる合唱教育を受講したことなども思いだして懐かしく、改めてソルフェージュを独習し直したいと感じた次第です。
(Sさんから大島宛のメール[2017年6月16日付]より転載。ご本人承諾済)


いかがでしょうか?
Sさんの文にはまず、今日の日本における「典型的なソルフェージュ指導者(特に専門音楽教育のソルフェージュ指導者)のイメージ」に一致するような、一指導者の姿が描かれています。
そのイメージとは次のようなものでしょう。

① 幼少時からピアノを習っていて、
② 絶対音感を持ち、
③ 有名な音楽大学を出ていて(このことは上記の文からは不明ですが)、
④ ソルフェージュの授業では当たり前のように十二平均律のピアノを使う 【1】 
…など


そして、以上のタイプの指導者というのは、もちろん全員がそうではないと思いますが、しばしば自分の受けてきた音楽教育の特殊さに気付かずに、それを当然視したソルフェージュ教育を行ってしまいがちです。
そして、結果として様々な問題が発生します。

しかし、そもそもピアノという楽器も、十二平均律という音律も、絶対音感という音の聴き方も特殊であることを忘れてはいけません。
しかも、それらの特殊さとはただ特殊なだけでなく、音楽の本質や理想の美という観点から見れば、きわめて不完全なものですらあります。

例えば、ピアノは音が減衰する楽器であり、音楽の最も重要な部分を成す 【2】 旋律の表現に本来適していません。
また、音色の点でも人間の声とはきわめて異質で、声とは混ざり合わず、声の伴奏楽器に適しているものではありません 【3】 
実際、アカペラ合唱や同族楽器アンサンブルなどの音色の均一さに慣れた耳で聞くと、人声とピアノというまったく異質の音色が混同したサウンドに対しては、やはり「あまり美しくない」と感じます 。 

また、十二平均律は実践上・楽器製作上の要請から音組織内の音程関係の完全さを犠牲にして生み出された、いわば「妥協音律」です。
その不完全さは、古来より(理論上でも)最も基本的な音律であるピュタゴラス音律や純正律の完全さからは遠いです。
十二平均律は、複数音を和音構成音として同時に鳴らすのであれ、旋律構成音として継時的に鳴らすのであれ、決して耳に美しいとは言えません。

また、絶対音感とはそもそも音を聞き取る聴覚であり、音楽を聴き取るための聴覚ではありません。
音楽の本質から離れているどころか、音楽以前のものです。
というより、音楽にとって本当に大事なものを得るためには、しばしば障害にすらなります。


すなわち、これらを当然視する音楽教育というのは、音楽の理想形からは本来遠いものを当然視することに他なりません

そして、このような音楽教育の世界とは、特にSさんのようにピアノが基準ではない「外部の世界」から見た人には、しばしばきわめて異質に映り、違和感を覚えるものです。


実際、私も現在になるにつれ、(1)ピアノ、(2)十二平均律、(3)絶対音感の三者を重視(場合によっては当然視)する音楽教育がいかに音楽の本質や理想から離れたものであるかを実感するようになりました。
もっとも私の場合は、音楽理論や西洋音楽史を専攻し、その傍ら民俗音楽関係の本も読み、合唱や声楽アンサンブルで演奏するようになり、さらには階名唱(いわゆる「移動ド」唱)教育を専門的に指導するようになった、などの経緯を経ることによってですが。

今では私も、以上(1)(3)を重視する教育を受け続けていたら心身どちらにも悪い、という感覚すら覚えます。

もっとも、実際の教育の現場では、色々な条件や制約からピアノと十二平均律に妥協しなければならなくなる時もあるでしょう。
それはある意味では仕方がないことかと思います【4】 。
しかし、少なくともピアノと十二平均律を多用するレッスンだけは避けるべきでしょう。
というより、最初から両者を使用しないレッスンを目指し、これらは本当にやむを得ない場合だけに使うに留めるようにするべきでしょう。
ましてや、これらを当たり前のものとして扱うレッスンや、スタート地点として設定するレッスンだけは、絶対に避けなければなりません。

そうしなければ、生徒たちにとっては不完全な音楽こそが当たり前になってしまい、音楽の美に対する感覚が鈍磨してしまいます。
言いかえれば、悪い意味で音楽の許容範囲が広くなってしまいます。

これが生徒の音楽的成長に悪影響があることについては、想像に難くありません。


私がこちらの記事でも言ったように「理想を知らずして妥協から入るべからず」であり、それは音楽教育に関しても同様です。
というより、そもそも数比という究極的に普遍的・理想的なものを伴う芸術である音楽の教育だからこそ、と言えるかもしれません。


最後に、ピアノ出身者とソルフェージュ指導者に限らず言えることを。

音楽指導者の皆さん。自分の専攻楽器に由来する、自分の音楽的発想の癖に対しては常に批判的であり続けましょう。
こちらの記事にも書いたように、どのような楽器であれ何等かの意味で不完全なものです。
楽器はまた、それを扱う人の音楽的思考に癖を与える存在であるということを、まず自覚することが重要です。

そして、何か特定の楽器を軸にした音楽教育ではなく、音楽そのものを軸にしたソルフェージュ教育・音楽教育を展開しましょう。

楽器の教育よりも先に、クラシック音楽の教育よりも先に、音楽そのものの教育を。
様々な音楽の特殊性よりも先に、音楽そのものの一般性や普遍性に関心を。



なお、Sさんからは上記のメールをいただいた後に、「付言」としてさらに別のメールをいただきました。
内容は主に以下2点に対する問題視です。

① そもそも「コールユーブンゲン」には序文があり、そこでは「ピアノは使わないように」と明記されているにも関わらず、音楽指導者たちが当たり前のようにこの教材の指導にピアノを使っていること 【5】 
② 近・現代日本におけるピアノ(および十二平均律)の無批判なスタンダード(基準)化

これらについてももちろん私は大変共感しますし、また、別途改めて記事にする必要性を感じています。
特に②についてはSさんから日本特有の時代背景(洋楽受容史に関するもの)についても指摘があり、興味深かったです。



最後に、話題を教本に戻します。
『階名唱77のウォームアップ集』のご購入申込は、まだまだ受け付けております。
申込の詳細についてはこちら
使用目的や購入理由については、Sさんのように詳しく書いてくださっても、「自分の勉強に使います」のように短いものでも構いません。

引き続きご連絡お待ちしています。


追記(2017年6月20日):
大事なことを書き忘れていました。教本をこちらの手順に従い購入された方には、著者自作の「教本の効果的な使い方」プリントを添付いたします。その中には、ピアノを極力使わずに教本を活用する方法に関する説明もあります



_____
注)
【1】 以上①~④には、さらに「⑤ソルフェージュでは当たり前のように『固定ド』唱で指導し、『固定ド』唱以外の歌い方が視野にない(このことも上記の文からは不明ですが)」を加えることができます。ただし、本記事ではこの問題には言及しません。
【2】 これは私の持論です。ただし、もちろん和音やリズムなどの他の要素も大事だと考えています。
【3】 かつても私もそうでしたが、このことを気にかけない音楽指導者は多いように思えます。
【4】 絶対音感主義にだけは断固反対ですが。
【5】 上記のSさんの文のなかに「ピアノ伴奏による(!)」というエクスクラメーションマークによる強調があることにもご注目ください。

【お知らせ】 今後の「階名法に関するキーフレーズ」の投稿について

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今まで本カテゴリーの記事に書いてきたような「階名法(いわゆる「移動ド」)に関するキーフレーズ」に関して、今後、140文字以内で書けるものについては基本的に Twitterに投稿することとします


(大島俊樹 Twitter)https://twitter.com/toshiki_oshima


大島 Twitterへのリンクは本ブログ上部および右下「リンク集」にも張ってありますので、そちらから中に入っていただければと思います。

また、本ブログ読者で Twitterに登録されている方のフォローもお待ちしています。

なお、140文字以内で書ききれない「キーフレーズ」については、今まで通り本ブログに投稿します

よろしくお願いいたします。

使用者レビューの紹介 ― 教本『階名唱ウォームアップ集』に関わる話④

♪ 『階名唱ウォームアップ集』の販売についてはこちら ♪


本ブログ読者のREIKOさんに、表記の教本の紹介文およびレビュー文(感想文)を書いていただきました。
こちらのリンク先にてご覧ください。

購入前に内容についてより詳しく知りたいという方にも、参考になる文となっています。

レビュー文にある、使用者が自分で作曲したくなってくるようなソルフェージュ教材であることについては、私も今回教本の特に大きな特徴だと考えています
階名と階名唱というのは、それほど能動的に音楽をしたがる衝動を人に与える力を持っています
実際、そのようなことを意図して作成しました。

その点も含めた教本の独自性について、実際に所収曲を歌った上で使用者としての視点からまとめてくれたREIKOさんに感謝します。


レビュー文を読み教材のご購入を希望されるようになった方は、こちらの手順に従い著者までご注文ください。

旋律的短音階とモルドゥアの訓練方法 ― 教本『階名唱ウォームアップ集』に関わる話③

♪ 『階名唱ウォームアップ集』の販売についてはこちら ♪

表記の教本の内容に関する話、その3です。
前2回と同じく、子どもや初学者の方にも分かりやすいよう平易な言葉遣いで書いています。

_____
以下のような音階を、旋律的短音階と呼びます。


(上行形) ラーティードーレーミーフィ(ファ♯)シ(ソ♯)ラーーー
(下行形) ラーソ(♮)ーファ(♮)ーミーレードーティーラーーー



そう、楽典でもお馴染みのあの音階。
自然短音階の第6音のファと第7音のソが、上行形の時だけ半音高くなってフィ(ファ♯)とシ(ソ♯)に変わる音階です。
(上では黄色マーカーで強調しました)

上半分だけが長音階になっているような短音階、と説明されることもあります。
実際、旋律的短音階の「ミーフィ(ファ♯)ーシ(ソ♯)ーラー」は長音階の「ソーラーティードー」と音程関係が同じです。

さて私の印象では、視唱を勉強している生徒の中には、この旋律的短音階があまり得意ではないという生徒が少なからずいるように思えます。
私も昔から苦手なものの一つでした。

確かに、(特にクラシック音楽学習者には)馴染み深い導音のシ(ソ♯)はともかく、「そのついでに」半音高くなっているような音であるフィ(ファ♯)は取りにくいかもしれないですね。

これらの音を取れるようにするために、皆さんはどのように訓練しているでしょうか?
特にファ♯を取るのにどのように訓練していますか?

もしかしたら、ひとまずは上行音階で歌っているという方が多いかもしれません。


……レーミーフィ(ファ♯)シ(ソ♯)-ラーーー


のように。

その取り方でももちろん良いと思います。音階の構造もわかりやすくなり、楽典の勉強にも直結しやすい良い歌い方かもしれません。
しかし私には、視唱の難易度という観点からすると、まずは以下のように取った方が簡単なように感じます。


ラーシ(ソ♯)フィ(ファ♯)シ(ソ♯)ーラーーー


主音のラから始め、その後導音のシ(ソ♯)に下行し、その導音的性格に「巻き込む」かのようにファ(♯)を引き寄せる(そして、その後またシーラーと戻る)という歌い方です。

この音形で歌う際には、頭の片隅に「第2の階名」として長音階の「ドーティーラーティードー」を想像しても取りやすいかもしれません。
実際、旋律短音階の「ラーシ(ソ♯)フィ(ファ♯)シ(ソ♯)ーラー」は長音階の「ドーティーラーティードー」と音階関係が同じであり、各音の性格もきわめて近いです。

_____
さて、もうひとつ別の音階を歌ってみましょう。
こちらは、Molldur(モルドゥア)と呼ばれる音階です。
片仮名でそのまま「モルドゥア」と呼ばれることが多いですが、あえて日本語に訳せば「短音階的長音階」のようになるかもしれません。
その名の通り「短音階のような長音階」です。

では、どうぞ。


(上行形)ドーレーミーファーソーラーティードーーー
(下行形)ドータ(ティ♭)ロ(ラ♭)ーソーファーミーレードーーー



今度は、第7音のティと第6音のラが下行形の時だけ半音低くなっています。
(上ではやはり黄色マーカーで強調しました)

先ほどの旋律的短音階とはまったく逆の形になっていて、上半分だけが短音階になっているような長音階、と説明されることもあります。
実際、モルドゥアの「ド―タ(ティ♭)―ロ(ラ♭)―ソー」は短音階の「ラ―ソーファーミー」と音程関係が同じです。

これらのモルドゥアの変化音も、特に視唱の初学者にとっては、それほど取りやすい音ではないかもしれません。
特に、ロ(ラ♭)はともかく、「そのついでに」半音下がっているようなタ(ティ♭)は難しいという人が多いのではないでしょうか。

そして、これらの変化音を取るための訓練方法にも、色々あるでしょう。

たとえば、すぐに思いつくのは以下のような形。


ドータ(ティ♭)ロ(ラ♭)ーソーファー………


シンプルに高いドから下行音階で歌ってゆくやり方です。

もちろん、これも良いと思います。やはりこれにも、そのまま音階の勉強につながるという長所があります。
でも、私が視唱の難易度という観点から見て、最もやりやすいと思うのは以下のやり方。


ソーロ(ラ♭)タ(ティ♭)ロ(ラ♭)―ソーーー


第5音のソから始め、その後のロ(ラ♭)に逸脱し、その下方導音的性格に「巻き込む」かのようにタ(ティ♭)を引き寄せる(そして、その後またローソーと戻る)という歌い方です。
先ほどの旋律的短音階の時の「ラーシ(ソ♯)-フィ(ファ♯)-シ(ソ♯)ーラー」とはちょうど逆のような音形になります。

そして、「ソ―ロ(ラ♭)―タ(ティ♭)―ロ(ラ♭)ーソー」を歌う時には、頭の片隅に「第2の階名」として「ミ―ファーソーファーミーー」を想像しながら歌っても良いかもしれません。
短音階の「ミ―ファーソーファーミー」とは音程関係がまったく同じで、各音の性格もきわめて近いからです。


以上、旋律的短音階とモルドゥアに特有の変化音を取る訓練をする際には、私からの「お勧めのやり方」として、ぜひお試しいただければと思います。


なお、今回の教本には旋律的短音階とモルドゥア自体は登場しません。
しかし、教本の「理論解説」の章(5~10頁)に登場する理論(特に「複合緊張音」という概念)は、これら両音階の視唱訓練にもそのまま応用できるものとなっています。

各曲の調の紹介 ― 教本『階名唱ウォームアップ集』に関わる話②

♪ 『階名唱ウォームアップ集』の販売についてはこちら ♪

今回の教本の特徴の一つは、最初から様々な調の曲が登場することです。
だからこそ、「キャッチコピー」の1つを次のようにしています。


ハ長調主義よ、さらば
最初から全ての調に強くなれるソルフェージュ教材


そうです。
今回の教本は、日本の多くの市販教材が取っている「ハ長調中心主義」とはまったく無縁に作られています

私は以前より、それらの教材に対しては「最初から色々な調で教えてくれれば親切なのに…」とフラストレーションを覚えていました。
この思いは、私以外の多くの階名唱(いわゆる「移動ド」唱)学習者の方にとっても同様だったのではないかと思います。

そう、そもそも「ハ長調が一番易しく、調号が多くなるにつれて難しくなる」という発想自体が音名唱(いわゆる「固定ド」唱など)的な固定観念であり、階名唱とは無縁ですよね?

そして、「ならば自分で作ってやろう」という私の気持ちを現実化したのが今回の教本です。

では、実際に各曲の調を紹介しましょう。

下記の表では、教本中の全77曲のドリルのうち最初30曲を取り上げています。
そして、各曲について①曲番号、②調号の♯あるいは♭の数、③調、④ドが五線譜(ここでは高音部譜表)上の第何線の位置にあるかを示しています。
なお、調に関してどの曲にも長調・短調とも記されているのは、これらすべての曲に平行調転調が含まれているためです。
(下記の表の範囲外である31曲目以降では、長調と短調のどちらかのみからなる曲が多くなります)

表の中で特に注目してほしいのは、一番右の列に示した、ドの位置が第何線になるかという点です(太字で強調しています)
曲ごとに色々な位置に変化していることがお分かりいただけますか?


 

調号の数

調

ドが第何線?
(高音部譜表)

1曲目

♯×3

イ長調

/ 嬰へ短調

1

2曲目

♯×4

ホ長調

/ 嬰ハ短調

1

3曲目

♯×2

ニ長調

/ ロ短調

4

4

♯×1

ト長調

/ ホ短調

2

5

♭×1

ヘ長調

/ ニ短調

5

6

なし

ハ長調

/ イ短調

1

7

♭×2

変ロ長調

/ ト短調

3

8

♭×5

変ニ長調

/ 変ロ短調

4

9

♯×3

イ長調

/ 嬰へ短調

1

10

なし

ハ長調

/ イ短調

1

11

♯×4

ホ長調

/ 嬰ハ短調

1

12

♭×1

ヘ長調

/ ニ短調

5

13

♭×2

変ロ長調

/ ト短調

3

14

♯×2

ニ長調

/ ロ短調

4

15

♯×3

イ長調

/ 嬰へ短調

1

16

なし

ハ長調

/ イ短調

1

17

♯×4

ホ長調

/ 嬰ハ短調

1

18

♯×1

ト長調

/ ホ短調

2

19

♯×3

イ長調

/ 嬰へ短調

1

20

♭×2

変ロ長調

/ ト短調

3

21

♭×3

変ホ長調

/ ハ短調

1

22

♭×2

変ロ長調

/ ト短調

3

23

♯×2

ニ長調

/ ロ短調

4

24

♭×6

変ト長調

/ 変ホ短調

2

25

♯×6

嬰ヘ長調

/ 嬰ニ短調

5

26

♭×5

変ニ長調

/ 変ロ短調

4

27

♭×2

変ロ長調

/ ト短調

3

28

♯×2

ニ長調

/ ロ短調

4

29

♯×1

ト長調

/ ホ短調

2

30

♭×5

変ニ長調

/ 変ロ短調

4

(以下略)

 

 

 

 



これほどドの位置がコロコロ変化して本当に初心者に読譜できるのか、と思われる方もいるかもしれません。

しかし大丈夫。
この教本ではすべての楽譜に階名が振られています。
こちらに中身のサンプルもあります)


さて、従来の音楽教育でしばしば階名唱が難しいものだと誤解されていたのは、多くの学習者がハ長調中心教育を受けさせられていた結果、「ハ長調中心的読譜観」とでもいうべき固定観念を植え付けられてしまっていたためです。

その結果、あたかもドとは(高音部譜表では)下第1線に位置するのが「本来の」あり方であり、その他のドの位置は「派生的」であるかのような、誤ったイメージが流布してしまっていました。
(なお、この固定観念はそのまま、「固定ド」唱法が本来の歌い方であり「移動ド」唱法は派生的なものだという誤解にも容易に結びつきます)

しかし、そもそも下第1線の位置がそのまま無条件にドであるわけではありません。

ドは下第1線にも第2線にも第4線にもなりうるものであるし、それらの間に主従関係はありません。
いずれのドの位置が「リーダー」や「基点」であるわけでもありません。
すべてのドの位置が対等です。

そして、これらのような「ドが移動すること」や「すべてのドの位置の対等さ」を最初から当然の前提として学習してゆけば、階名唱はまったく難しくないのです。

以上のことを踏まえ、最短距離で階名唱の五線譜読譜能力を身に付けられるようにしたのが今回の教本です。


【補足】
なお、まったくの音楽初心者に階名唱の五線譜読譜を指導する場合には、一線→二線→三線……と次第に線の数を増やしてゆくやり方が効果的です。
それについてはこちらの記事でも紹介した通りです。
しかし今回の教本では、五線譜という媒体自体にはすでに見慣れている学習者も想定し、最初から五線譜を使用することにしました。

livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 階名唱(「移動ド」唱)教材 出版します ― 購入申込受付中
  • 階名唱(「移動ド」唱)教材 出版します ― 購入申込受付中
  • 階名唱(「移動ド」唱)教材 出版します ― 購入申込受付中
  • 階名唱(「移動ド」唱)教材 出版します ― 購入申込受付中
  • ♪ 鯉のぼり ♪
  • ♪ 鯉のぼり ♪
メッセージ

名前
メール
本文