「固定ド」音感者のための「移動ド」習得ソルフェージュ講座

◆◆音楽学(楽理)を専門とする講師によるソルフェージュのレッスン◆◆ 池袋にある音大受験予備校、東京ミューズ・アカデミーで行っている「『固定ド』音感者のための『移動ド』習得・ソルフェージュ講座」(担当:大島俊樹)からのお知らせ用ブログです。 またあわせて、音名と階名の区別の認識、階名唱および階名法の重要性の認識を人々に呼びかけるためのメッセージも発信します。 ★★受講生随時募集中★★

◆◆◆ 教本(教材、教則本)販売中 (^^♪ ◆◆◆
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/77

* 本ブログでの見解は大島個人のものであり、東京ミューズ・アカデミーおよび同校の他講師の見解と一致するわけではありません。

本ブログ目次(全記事一覧) ★ 随時更新します ★
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1026941635.html


🌟 講座の概要はこちら: http://music-square.jp/school/3338/
🌟 興味のある方には講座についての詳細パンフレットを差し上げますので、下記メール・アドレスあるいは本ブログ右下の「メッセージ」にてご連絡ください。
fixeda.moveddo.to◎gmail.com(◎を@に変更)

🌟 講師個人ウェブサイトはこちら: https://oshima-toshiki-solmization.jimdo.com/
🌟 講師 Twitterはこちら:https://twitter.com/toshiki_oshima


------ 本ブログの基礎となる七大記事 ------

❶ 「移動ド」とその長所について:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/2541278.html
❷ 「音名」と「階名」の違いを認識していますか?:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1000971572.html
❸ 客観的事実として 「固定ド」は間違いです。(また、「移動ド」は当たり前です):
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1001255612.html
❹ 人々に絶対に改めてほしい誤解(「移動ド」と「固定ド」の関係について) :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1017696210.html
❺ 「移動ド」と「固定ド」は二者択一するものではありません。 :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1007630308.html
❻ ピアノの先生が生徒に言ってはいけない言葉:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1019180935.html
❼ 「固定ド」はイタリア音名ではない:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1022250322.html

階名唱曲名当てクイズのご案内

私は最近よりツイッターで、「階名唱曲当てクイズ」を出題しています。

ペースは1日に1問くらいです。
このクイズは私ではなく他のツイッター利用者の方が考案し、先に進めていた(こちらの方こちらの方など)ものですが、私も良い考えだと思い倣ってみました。

出題形式は例えば(私の場合は)以下のようなものです。

【イントロクイズ】

ファミドラミ――……

ヒントはピアノソナタ。答え方は曲名、続きの階名など、曲を特定できるものであれば何でもOKです。#階名唱曲名当て


また、今まで出題した曲は下記の通りです。

*以下、いずれも2017年
*日付は各ツイートに表示されている数字によっています(現実の投稿日とはずれている場合もあります)


・6月24日 ベートーヴェン、ヴァイオリン協奏曲
・6月27日 ドヴォルザーク、交響曲《新世界より》
・6月28日 シベリウス、交響詩《フィンランディア》
・6月29日 ベートーヴェン、ピアノソナタ《テンペスト》
・6月30日 モーツァルト、歌劇《フィガロの結婚》序曲
・7月1日 バッハ、無伴奏チェロ組曲第1番~〈プレリュード〉
・7月2日 ショパン、スケルツォ第2番
・7月3日 モーツァルト、交響曲第25番
・7月4日 アルフォード、《ボギー大佐》
・7月5日 ガーランド《イン・ザ・ムード》
・7月6日 バッハ、管弦楽組曲第2番~〈バディネリ〉
・7月7日 《ラ・マルセイエーズ》
・7月8日 シューベルト、《魔王》
・7月9日 ロドリーゴ、《アランフエス協奏曲》
・7月10日 シューマン、《流浪の民》
・7月11日 カバレフスキー、組曲《道化師》~〈ギャロップ〉 
・7月12日 ガスパリーニ、《忘れさせたまえや Lasciar d'amarti》(イタリア古典歌曲集より) 
・7月13日 ダウランド、《戻っておいで Come again》
・7月14日 ベートーヴェン、ピアノソナタ《月光》
・7月15日 バッハ、《G線上のアリア》
・7月16日 スーザ、《星条旗よ永遠なれ》
・7月17日 《風になりたい》(THE BOOM) 
・7月18日 宮城県民謡〈斎太郎節〉
・7月19日 《タッチ》(岩崎良美)(テレビアニメ「タッチ」主題歌)
・7月21日 オルフ、《カルミナ・ブラーナ》~〈ああ運命の女神よ〉 
・7月22日 パーセル、劇付随音楽《アブデラザール》~〈ロンド〉
・7月23日 《ハイサイおじさん》(喜納昌吉
・7月24日 チャイコフスキー、交響曲第5番
・7月25日 パレストリーナ、《鹿が水を求めるように Sicut cervus》
・7月26日 ストラヴィンスキー、《春の祭典》
・7月27日 秋田県民謡〈ドンパン節〉
・7月28日 《氷の世界》(井上陽水)
・7月29日 J. シュトラウス2世、《春の声》
・7月30日 ガーシュウィン、《アイ・ガット・リズム》
・7月31日 ビゼー、《アルルの女》第1組曲~〈カリヨン〉
・8月1日 グレゴリオ聖歌〈グロリア〉
・8月2日 ショパン、ピアノソナタ第2番
・8月3日 《何日君再来》(テレサ・テンほか)
・8月4日 ファリャ、《三角帽子》
・8月5日 《ダッシュKEIO》 *夏の甲子園スペシャル
・8月6日 《We Will Rock You》(Queen) *夏の甲子園スペシャル
・8月7日 《アフリカン・シンフォニー》 *夏の甲子園スペシャル
・8月8日 《さくらんぼ》(大塚愛) *夏の甲子園スペシャル
・8月9日 《エル・クンバンチェロ》 *夏の甲子園スペシャル


以上のように、私に一番馴染みのあるクラシック音楽を中心としつつ、色々なジャンルから出題するよう心掛けています。
例えば、最近(8月5日以降)では「夏の甲子園スペシャル」として、高校野球の応援に使われることの多い曲を取り上げています。

_____
さて、解答者がこのクイズを解く際には、必然的に以下のような作業が必要となります。*

① 出題文にある階名から音楽を読み取り、思い当たる曲を見つけること
② ①で思い当たった曲の他の部分(出題文には含まれていない部分)についても、頭の中に思い浮かべた上で階名付けすること

そして、これらの作業は結果としてソルフェージュの訓練になります

つまり、問題を解くことでそのままソルフェージュ能力を鍛えられるようなクイズとなっています
その意味でも、このクイズの考案者のアイデアが素晴らしいと思います。

_____
また、階名は単に文字として並べたものを読むだけでもそこから音楽を読み取れる(音楽が音として聞こえてくる)ような媒体、つまり、簡易文字譜を容易に作れるような媒体であるということも、これらのクイズから実感できるかと思います。

このことは、例えば以下の①階名の文字列と②音名の文字列それぞれを読んで比較してみると、よく分かるかと思います。

①階名の文字列
ミ ミ― ファ ソ― ソ ラ― ラ ソ―  ミ レ― ミ ファ― ラ ソ―…

②音名の文字列
ト ト― 変イ 変ロ― 変ロ ハ― ハ 変ロ―  ト ヘ― ト 変イ― ハ 変ロ―…


読者の皆さんはこれらを読み、どのような旋律か分かりましたか?**
旋律が①階名の文字列からはしっかり読み取れる(聞こえてくる)一方で、②音名の文字列からはまったく読み取れない(聞こえてこない)、という感じがするのではないでしょうか?

それは、そもそも階名というのが我々の脳内で音階のイメージ、あるいは旋律のイメージと結合しやすい媒体だからです。
この結合力は音名にはまったくありません。

以上の事実からは、階名で音楽を捉えられる力を身に付けるとそのまま以下の技術・能力の習得につながることが分かるかと思います。

① 何か旋律を(メモのように)書き留めておきたい時に、わざわざ五線譜を使わなくても文字(階名)だけで容易に書き留めておけるようになる
② 自分が書き留めた階名を基に、後々そこから自分が容易に旋律を思い出せるようになる
③ 自分が書き留めた階名を基に、そこから容易に他者に旋律を伝えられるようになる

階名が音楽の学習のみならず記憶・伝承をも容易にする、「さすがは音楽史上の大ロングセラー!」と言うべき素晴らしい媒体であることも、クイズからお分かりいただけるかと思います。

_____
本ブログ読者でツイッターをやっている方は、ぜひこちらの私のアカウントをフォローの上、クイズの解答に参加していただければ嬉しいです。

その際に、ダイレクトメッセージでブログ読者であることを伝えていただければ、私もフォローバックします。

また、私以外に(もしくは私より先に)階名唱曲当てクイズを実施しているツイッター利用者の方については、こちらをご参照ください。

色々なタイプの問題を沢山解いて、階名感覚に磨きをかけていきましょう。


__________
注)
* 以下のうち①は必ず必要になる一方で、②は出題部分の続きの階名で解答する場合などに必要になります。
** なお、旋律は『階名唱(いわゆる「移動ド」唱)77のウォームアップ集』の表紙にも載せている《仰げば尊し》のものです。


【関連記事一例】
TwitterとFacebookを始めました

五線譜の音高表記法の本質的な理解のために(テスト)

五線譜の音高表記法におけるもっとも基礎的な部分。

それを生徒がしっかり理解しているのかを確かめるためには。
あるいは、生徒にしっかり理解させるためには。

以下のような問題を解かせてみると良いです。



音高表記法の基礎の理解のために



階名(いわゆる「移動ド」)は異なる声種の間の共通語である

以前私はこちらの記事で、階名(いわゆる「移動ド」)が異なる移調楽器の間の「共通語」であることについて書きました。
そこからさらに気付いたことを書くのが、今回の記事となります。

階名は声楽の異なる声種の間でも共通語となります。

以下はそのことについてです。

_____
声楽のための曲集というのはしばしば、同じ曲集であっても「高声用」「中声用」「低声用」などの声種別に本が分かれていることがあります。
例えば「イタリア古典歌曲集」や「コンコーネ」などを思い浮かべていただければ分かりやすいかと思います。
これはもちろん、学習者が自分に合った音高で歌えるようにするためです。

そして、このような声楽曲集では対象声種が異なると、同じ曲の同じ版の楽譜でもそれぞれで異なる調により記譜されることとなります。

例えば《仰げば尊し》が含まれているとすれば、以下のようになります。


① 高声用
あおげば尊し(高声用)000


② 中声用
あおげば尊し(中声用)000

③ 低声用
あおげば尊し(低声用)000


ここでは高声用が嬰へ長調、中声用がそれよりも短3度低い変ホ長調、低声用がさらに短3度低いハ長調で書かれていることが分かるかと思います。

______
そして、以上の各楽譜を階名を使って読譜すると、階名が異なる声種の楽譜の間で共通語になります。

例えば、声楽のレッスンの時間に教師がピアノ伴奏役を兼ねていて、その教師の目の前にある楽譜と生徒の目の前にある楽譜とで声種が異なっているとしましょう。

実際、この状況は次のような場合に起こります(私にも経験があります)。

① 生徒Aは低声(アルト、バス)の持ち主であり、声楽の曲集も普段基本的には低声用を持っている。

② 他方で生徒Aの教師Bは高声(ソプラノ、テノール)の持ち主であり、声楽の曲集も基本的には高声用を持っている。

③ ある日、生徒Aがレッスンで見てもらうために、ある曲集の低声用を持って教師Bのところへ行く。

④ 教師Bはいつも生徒Aのピアノ伴奏をしながらレッスンを進めるので、今回も同じようにしようとする。しかし教師Bの手元には、生徒Aが持って来たのと同じ曲集は高声用しかない。したがって、教師Bがそのまま自分の楽譜で伴奏しようとすると、生徒Aにとっては高すぎて歌えなくなる。しかし、だからといって、教師Aにとっては自分の楽譜を低く移調して伴奏することも難しい。

➄ そこで教師Bは生徒Aに「君の楽譜(低声用)を貸してください。私がそれで伴奏するから。君は私の楽譜(高声用)を見ながら、いつも自分が歌っている音高で歌ってください」と言う。なお、相対音感がしっかり身に付いている生徒Aにとっては、高声用の楽譜を見ながら低声用の音高で歌うことはまったく難しくない。

⑥ 教師の手元には低声用、他方で生徒の手もとには高声用の楽譜があり、この状態でレッスンを行うこととなる。


以上①~⑥のような状況の元では結果的に、生徒と教師が互いに異なる声種の楽譜を見ながらレッスンを進めることとなります。もちろん、以上とは逆に生徒側の楽譜がより低い声用で教師側がより高い声用となる場合もあります。

さて、このような状況の元で、教師がレッスン中に曲中の特定の音を指して生徒に何か指示を与えるならば、どのように言えば合理的でしょう?
例えば、上記の《仰げば尊し》の3段目頭の音(以下譜例の矢印の音)のことを言いたい時に、教師はどのように言えば良いでしょうか?

① 教師の手元の楽譜(低声用、ハ長調)
あおげば尊し(低声用)矢印付き

② 生徒の手元の楽譜(高声用、嬰ヘ長調)
あおげば尊し(高声用)矢印付き

「そこの、先生の楽譜ではイになっているけれど、君の楽譜では嬰ニになっている音を……して」と言うのが良いでしょうか?
それとも、教師が自分の楽譜については特に言及せず「そこの、君の楽譜で言う嬰ニの音を……して」が良いでしょうか?

しかし、そもそも教師にとっては、生徒の楽譜が自分の楽譜よりも何度高くて何調であるのかということは、必ずしもすぐに分かるわけではありません。

やはりこの時こそ、階名を使って端的に「そこのラの音を…して」と言えばすぐに通じます
当の音がどちらの楽譜でもラであることについては、以下の譜例(矢印の箇所)の通りです。

①  教師の手元の楽譜(低声用、ハ長調)
あおげば尊し(低声用)階名付き

② 生徒の手元の楽譜(高声用、嬰ヘ長調)
あおげば尊し(高声用)階名付き

さて、このように言うと、「(音名であれ階名であれ)特に音の名前については言及せずに『そこの四分音符』や『3段目の最初の音』などと指示すれば良いのではないか」という意見も出てくるかもしれません。

確かに、単に即物的に特定の音を指す場合はそれでも良いかもしれません。

しかし、音の名前を言うことがそのまま音楽の構造の説明に直結するような場合は、やはり階名で指示する方が合理的です。

というのも、その場合は「そこはラの音で、主音でも属音でもないからもっと緊張感をもって歌って」「そこのラは下属和音ファラドの一部だから、主和音の時とは表情を変えて歌って」などのように言えば、音の音楽的意味と演奏上の指示内容とをスムーズに結合させて伝えることができるからです。
そして、そのように言うことで、階名を使わなかった場合よりもはるかに簡単かつ明確に、教師が伝えたいことを生徒に伝えられるからです。

_____
なお、以上は教師と生徒との一対一によるレッスンの場合ですが、声楽のレッスンに関連して階名が同じように共通語として機能する状況は他にも考えられます。

例えば、集団講習会などで、講習の対象となっている曲について受講生が互いに異なる声種の楽譜を持っているような状況です。
あるいは、集団レッスンなどで、異なる声種の楽譜を持っている生徒全員がユニゾンで同じ曲を歌うような状況です。

このような場合に、階名の共通語としての役割がしっかり認識され、機能するならば、生徒それぞれで持っている楽譜の声種が異なるからという理由だけで余分にコピーをする必要もありません。

_____
以上、声楽のレッスンでも階名を使うのが合理的であり、役に立つことがお分かりいただけたでしょうか?


以下は補足です。
もちろん階名には「役に立つ」という単なる実用主義的・功利的価値以上の、もっと音楽や音楽性の本質に関わる重要な意味や価値があります。

もっとも、最初は「役に立つ」という理由だけで使っているつもりであっても、結果としても音楽のより重要な側面の理解・習得に直接つながってくるのが階名であると言えるでしょう。

これについては例えばこちらおよびこちらのような、今までの本ブログの記事でも書いてきたことです。


【関連記事一例】
階名(「移動ド」)は異なる移調楽器の間の共通語である。
移調楽器について考える際の音名の扱い
何管(in 何)の移調楽器かを記譜から読み取る方法
何管(in 何)の移調楽器かを読み取る方法 ― 補足:異名同調表記に注意

♪ 毬と殿さま ♪

今回提示するのは、中山晋平(1887~1952)作曲の《毬と殿さま》の楽譜です。*
ドレミ階名とボチェディ階名の両方で提示します。**

① ドレミ階名
鞠と殿様000

② ボチェディ階名
鞠と殿様(ボチェディ階名)000

* ホ短調の音名と階名についてはこちらの記事の楽譜(2)をご参照ください。


使用音を確認すると、ドレミソラの5音が使われていることが分かります。
しかし、この曲は5音のうちドを主音とする「ド上の五音音階」ではなく、ラを主音とする「ラ上の五音音階」によっています。

そして、西洋のダイアトニック音階を基準とするならば、ド上の五音音階は「第4音と第7音がない長音階(いわゆるヨナ抜き長音階)」と見なせる一方で、ラ上の五音音階は「第2音と第6音がない短音階」と見なせます。

あるいは、どちらもファとティを欠いていることから、ド上の五音音階は「ファティ抜き長音階」、他方でラ上の五音音階は「ファティ抜き短音階」と捉えることもできます。


なお、五音音階かつ短音階といえば、「ラティドミファ」のいわゆる「ヨナ抜き短音階」を思い浮かべる読者も多いかもしれません。
ヨナ抜き短音階は、短2度や増4度などの複雑な振動数比による音程を含んでいます。そのため、聴いていて深い陰影や、時として鋭い表情などが感じられます。

他方でラ上の五音音階は、同じ五音音階かつ短音階でも、長2度や短3度などのより単純な音程のみで構成されています。そのため、ヨナ抜き短音階に比べ、より優しく穏やかな表情が感じられる音階になっている、と言えるかもしれません。


さて、ラ上の五音音階は日本では民謡に頻出するなど、伝統的に広く浸透している音階であると言えます。***

しかし、明治時代以降の童謡や唱歌の作曲家の多くは、ドレミソラを使う音階と言えば、日本の音階と西洋の音階の折衷形としてド上の五音音階(ヨナ抜き長音階)を好んで用いるようになりました。
そうした中で、中山晋平はより伝統的なラ上の五音音階も大切にしていたように見受けられます。****


______
注)
* 主要参考サイト:
音楽研究所>作品・素材集>楽譜>ハーモニカ数字譜
URL: 
http://www.mu-tech.co.jp/music_files/harmonica_score/index.html
(ただし、部分的にリズムの表記を変えました)
** 以下の理論説明ではドレミ階名を用います。
*** 例えば以下の曲集の色々な曲を分析すると分かりやすいです。

日本の民謡
のばら社
1998-12-10


**** 《毬と殿様》以外のよく知られた曲では《砂山》と《あの町この町》も同様です(ただし、後者の曲ではティも使われています)。


関連音源:


使用音の少ない課題について ― 教本『階名唱ウォームアップ集』に関わる話⑦

♪ 『階名唱ウォームアップ集』の販売についてはこちら ♪


前回記事でも述べたように、今回の教本の課題曲の中には7音より少ない音(五音音階など)からなるものもあります。
なぜでしょうか?

その理由を示すにあたり、まずは、教本の初期稿の段階において章構成がどうなっていたかを提示することとします。
以下は、2015年11月時点での原稿における目次からの引用です(一部言葉遣いを変更)。*

1部:解説

第2部:課題集

 第1章 ドミソあるいはラドミの3音による課題
   
…(中略)…
 第3章 ドレミソあるいはラティドミの四音音階による課題

 第4章 ドレミソラあるいはラティドミファの五音音階による課題

   … (中略)…

 第6章 ドレミファソあるいはラティドレミのペンタコード(五音列)による課題

 第7章 ドレミソティあるいはラティドミソの五音音階による課題

   …(以下略)…


いかがでしょうか?

上記引用のうち後半「第2部:課題集」の部分にご注目ください。


この部分に関して以下4点のことが見て取れるかと思います。

① 課題を使用音の種類ごとに別の章にまとめていること
② どの章でも何らかの種類の五音音階(もしくは四音音階など)を用いていること
③ 五音音階として一般的な「ドレミソラ」から成るものだけでなく、他の構成音による五音音階も色々用いていること

実は、今回の教本に音数の少ない曲が含まれていたのは、初稿における第2部から直接転用した曲があっためです。
あるいは、それらの初稿の曲とまったく同様の発想により作った曲があったためです。

以下は前回記事で挙げた各タイプの課題と、それらが初稿のどの箇所に由来するのかを具体的に示したものです。

・ドレミソの4音で作られた曲 … 初稿第2部第3章より
・ラティドミの4音で作られた曲  …   〃  第3章より
・ドレミソラの5音(いわゆるヨナ抜き長音階) …   〃  第4章より
・ラティドミファの5音(いわゆるヨナ抜き短音階)で作られた曲 …   〃  第4章より
・ドレミファソの5音(長旋法の主音上の5音)で作られた曲 …   〃  第6章より
・ラティドレミの5音(短旋法の主音上の5音)で作られた曲 …   〃  第6章より
 
では、なぜ筆者はこの教本の作成当初から五音音階を重視していたのでしょうか?
それは、階名唱の訓練をする場合には、最初から7音(ドレミファソラティ)すべてを含む曲でやるよりも、まずは音数の少ない曲から始めるのが効果的だからです。

このやり方は、トニック・ソルファ法やコダーイ・メソッドなどの伝統的な階名唱メソッドでも重視されています。

また、なぜ一般的な「ドレミソラ」五音音階に限らず、他の様々な五音音階も用いていたのでしょうか?
それは、せっかく日本には伝統的に多様な五音音階があり、我々にも馴染みがあるのだから、それらをソルフェージュ学習にも利用しなければもったいないと考えたためです。**

以上の2点の問題はそれだけで大変重要なので、詳しくは次回以降の記事にて。


★ 『階名唱77のウォームアップ集』のご購入申込方法についてはこちら
引き続きご連絡お待ちしています。


_____
注)
* 当時は全150頁くらいの量になっていました。
** 日本における五音音階の豊かさについては、『ペンタトニックの世界』という本を紹介したこちらの記事でも言及した通りです。
 
最新記事
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • 五線譜の音高表記法の本質的な理解のために(テスト)
  • 階名(いわゆる「移動ド」)は異なる声種の間の共通語である
  • 階名(いわゆる「移動ド」)は異なる声種の間の共通語である
  • 階名(いわゆる「移動ド」)は異なる声種の間の共通語である
  • 階名(いわゆる「移動ド」)は異なる声種の間の共通語である
  • 階名(いわゆる「移動ド」)は異なる声種の間の共通語である
メッセージ

名前
メール
本文