「固定ド」音感者のための「移動ド」習得ソルフェージュ講座

◆◆音楽学(楽理)を専門とする講師によるソルフェージュのレッスン◆◆ 「音名と階名を必ず区別する音楽教育家・理論家、実践家」大島俊樹が開講している「『固定ド』音感者のための『移動ド』習得・ソルフェージュ講座」からのお知らせ用ブログです。 またあわせて、音名と階名の区別の認識、階名唱および階名法の重要性の認識を人々に呼びかけるためのメッセージも発信します。 ★★受講生随時募集中★★

◆◆ 教本(教材、教則本)販売中 (^^♪ ◆◆
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/77_2

* 本ブログでの見解は大島個人のものであり、所属機関の見解と一致するわけではありません。


🌟 講座の概要はこちら: http://music-square.jp/school/3338/
🌟 興味のある方には詳細についてご連絡差し上げますので、下記メール・アドレスあるいは本ブログ右下の「メッセージ」にてご連絡ください。
fixeda.moveddo.to◎gmail.com(◎を@に変更)

🌟 講師個人ウェブサイトはこちら: https://oshima-toshiki-solmization.jimdo.com/
🌟 講師 Twitterはこちら:https://twitter.com/toshiki_oshima


------ 本ブログの基礎となる七大記事 ------

❶ 「移動ド」とその長所について:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/2541278.html
❷ 「音名」と「階名」の違いを認識していますか?:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1000971572.html
❸ 「固定ド」は誤りです。(また、「移動ド」は当たり前です):
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1001255612.html
❹ 人々に絶対に改めてほしい誤解(「移動ド」と「固定ド」の関係について) :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1017696210.html
❺ 「移動ド」と「固定ド」は二者択一するものではありません。 :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1007630308.html
❻ ピアノの先生が生徒に言ってはいけない言葉:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1019180935.html
❼ 「固定ド」はイタリア音名ではない:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1022250322.html

♪ 草競馬 ♪(フォスターの歌曲)

フォスターの歌曲特集、第6回目は《草競馬 Camptown races》です。
同シリーズの今までの曲と同じく、19世紀米国で出版された楽譜より取りました。*

トニック・ソルファ譜の記譜法についてはこちら

この曲も旋律全体が五音音階(ドレミソラ)を軸に作られています。旋法の表情をよく味わってみましょう。
また、/ x . x : -     / x . x : - . のリズムも特徴的です。**

同じ旋律を反復する際のリズムの変化にご注意ください。


d: C~E (2/4)
. s / s . s : m . s / l . s : m .   / m . r : -     / m . r : - . 

. s / s . s : m . s / l . s : m .   / r     : m . r / d     :   .

. s / s . s : m .s,s / l . s : m .   / m . r : -     / m . r : - . 

. s / s . s : m .s,s / l,l.s,s : m .   / r     : m . r / d     : - .

.   / d .-,d : m . s / d'    : - .   / l .-,l : d' . l / s     : - .

.m,f / s . s : m,m.s,s / l . s : m     / r .m,f : m,r.-,r / d     : - .(///)



_____
注)
* 楽譜の出典はこちら(University of Pittsburgh > ULS Digital Collections > Stephen Foster Collection より)。
** トニック・ソルファ譜でリズムのみを表記する方法(大島案)についてはこちら


* 画像は《草競馬》の1850年頃出版の楽譜より(こちらのサイトより転用)。
Camptown races


「完全1度を取る」(ユニゾンで発声する)ことができない原因について

こちらの記事で私は「完全1度を取る」(ユニゾンで発声する)プロセスについて分析し、述べました。

しかし、ユニゾンで発声する行為については難なくできる人もいる* 一方で、苦手な人や、少なくとも訓練なしにはできない人もいます。
例えば、以下のように何らかの基音に対し同一音高の音を声で発しようとしても、どうしても高さの異なる音を発してしまう人です。
ユニゾンで発声する000

あるいは
ユニゾンで発声する②000


当記事では、やはり同記事を踏まえつつ、この「ユニゾンで発声すること」ができない原因について分析してみます。
以下の内容も厳密に科学的根拠に基づくというよりは、私の学習・指導経験に基づく仮説です。**

……………
同記事
の内容を踏まえるならば、ユニゾンで発声できない原因には、そのプロセスにおける各々の段階に応じていくつかのものがあると考えられます。

そして、その中で最も初歩的な段階に属し、かつ最も基礎的であるのは、調性感覚あるいは調性の心理的枠組み自体を心内に構築(以下「心内構築」)できないことだと考えられます。
このことは同記事での比喩を用いて言えば、モノサシ自体を作ることができないことにあたります。
つまり、そのモノサシを所与の線(特定の音高を有する音の比喩)に合わせ調整できるか否かということ以前に、モノサシ自体を作ることができないという場合です。

そもそも、同記事で述べたように、特定の音高の音を発声するという行為とは特定の「性格音」を発することに他ならないと考えられます。

この点を踏まえるならば、人が調性感覚を心内構築できないこととはすなわち、自分が出そうとする性格音をそこから選んで想像するところの選択肢自体を作れないことを意味します。

そうなると、そもそも選択肢自体がないわけなので、発声しようとする性格音を選択したり目標としてあらかじめ想像したりする行為自体が原理的に不可能になります。

そうなると、「当てずっぽう」で適当な高さの音を発することしかできなくなります。

以上が、ユニゾンで発声できない最も基礎的な原因だと考えられます。

……………
では、調性感覚を心内構築する能力が十分に身に付いているか否かを確認するためにはどのようにすれば良いでしょうか。

それは、当人が ①「無伴奏で」②「任意の音高で」③「任意の旋律を」④「正しい音程関係で」歌うことができるかを確認すれば良いです。
これら①~④の条件が揃っていることが重要となります。

もっとも、調性感覚自体は、一般的にはほとんどの人が発動させることができ、また、実際に日常的にも発動させていると考えられます。
少なくとも、無意識のうちにはそうであると考えられます。
というのも、そもそも調性感覚が発動しなければ、音楽が音楽として聞こえないからです。

しかし、調性感覚を自分自身でどれほど意図的・能動的に心内構築できるかということについては、個人差があると考えられます。
だからこそ、歌った時の音程の正確さや視唱の上達の速さなどに個人差が生じるのでしょう。

自分で調性感覚を心内構築できるこのような能力があるかを確認する手段としては、当人に「無伴奏で任意の旋律を歌わせる」ことがあると言えます。

というのも、もし調性感覚が心内構築できていないならば、当人が旋律を歌おうとしても、性格的関連づけのない(結果として音高面でも互いに関連付けのない)音をランダムに想像することしかできなくなってしまうからです。

これはつまり、発しようとする諸音を互いに性格面で(結果として音高面で)関連付けるための調性的枠組みがあらかじめ存在していないことに由来します。

逆に言えば、調性的枠組みがあらかじめ存在しているからこそ、発しようとする音が互いに性格的に関連付けられ(結果として音高的にも関連付けられ)、旋律を旋律として想像できるようになる、と言えます。
あるいは、そうだからこそ、旋律をゲシュタルト(まとまりのある形)として想像できるようになる、と言っても良いかもしれません。

この意味では、旋律をカオスにせずにしっかり歌えるか確認することは、調性感覚が構築できていることをいわば「操作的定義」*** 的に確認する手段になると言えます。
もっとも、しっかり歌えなかったとしても、単に歌唱技術が追いついていないだけという可能性もあるため、それだけで調性感覚が構築できていないことが判明するわけではありません。
しかし、少なくともしっかり歌えたならば、調性感覚が構築できていることは判明します。

以上の確認作業を行う場合、音高については基準音を一切与えずに、当人にとって歌いやすい任意の高さにして問題ありません。
そもそも調性感覚という感覚自体が絶対音高には一切関わらず、もっぱら相対的音程関係にのみ関わるものだからです。
むしろ絶対音高のような、目下の「調性感覚の有無を確認する」という目的にとって余計な要素を介入させない方が、純粋にその目的を達成できるでしょう。

また、使う旋律は童謡やわらべ歌のような単純なもので問題ありません。
音楽になっていれば何でも良いと言えます。
あるいは、これについてもむしろ、歌唱技術的に誰もが難なく歌える旋律を用いる方が、歌唱技術という余計な要素が介入しない分、純粋に調性感覚の有無のみを確認できるでしょう。

……………
以上、ユニゾンで発声できない場合の最も基礎的な原因であると考えられる、「調性感覚を構築できないこと」について述べてきました。

要約して言えば、周囲の音に合わせること以前にそもそも当人の「内部」(想像の中)だけで任意の音高で旋律を歌えるのか**** を確認する必要があると言えます。

なお、もしこれでしっかり旋律を歌えたならば、その後に確認すべき要素としては以下の2点があると考えられます。

① 調性感覚の心内構築を、今度は与えられた音の音高に合わせてできるか
② ①の調性感覚は構築できたとして、それを基に意図した性格音(結果として特定の音高の音)を発声するための歌唱技術が身についているか

しかし、いずれも別問題となるため、詳しくは記事を改めて論じる必要があります。


______
注)
* おそらく多数を占めます。
** ただし、仮説として妥当性が高いだろうことについては、東川清一氏の本におけるトニック・ソルファ法や音楽心理学に関する部分などの内容を踏まえつつ確信しています。
*** 「操作的定義」とは、対象そのものについて言及することを避け、それを外から確認する方法によって定義したものです。例えば、絶対音感の定義を「聴こえてくる音の音名や該当する鍵盤などを当てられること」などとするのも操作的定義の一つです。参考資料は宮崎謙一氏によるこちらの本の13頁。
**** いわば「内的歌唱」ができるのか、ということ。


♪ 海 ♪

今回は、前回と同じく海を歌った唱歌である《》の楽譜です。
こちらの曲は3拍子で、日本の唱歌・童謡に多い「ティティ ター ター」* のリズムを軸に作られています。

また、フレーズ構造がよくあるように4小節のまとまり4つ分のみから成るのではなく、その後に6小節分** が加わっているような形になっているのも特徴的です。

ぜひ歌ってみてください。

海000


また、トニック・ソルファ譜への書き変えにも挑戦してみてください。

以下、旋律の・調・旋法を分析してみます。

・均記号(いわゆる調号)の一番右の♭はファを表す
・したがって、均は変ロをファとするものである
・ファが変ロならばドはヘなので、均はヘ均である

・最後の音が主音である
・最後の音=主音の音名はヘである
・したがって、調はヘ調である。

・最後の音が主音である
・最後の音=主音の階名はドである
・したがって、旋法はド旋法である

・以上より、この旋律の均・調・旋法は「ヘ均ヘ調ド旋法」、いわゆるヘ長調である

ヘ長調の音名と階名についてはこちらの記事もご参照ください。
あるいは、『正しいドレミの歌い方』の133頁でも確認できます。


以下はボチェディ式階名唱法のための楽譜です。

海(ボチェディ階名)000

_____
注)
その他に《鯉のぼり》(「屋根よりたかい…」)、《背くらべ》、《港》、《雨降りお月》など。コダーイ式のリズム唱についてはこちら
** より細かく分けるならば3小節のまとまり2つ分。


トニック・ソルファ譜でリズム譜を作る方法について

トニック・ソルファ譜は一種の階名譜です。しかし、これを使いリズム譜を作ることもできます。

そのためには、各音を通常のアルファベット略号の代わりに「x」「o」などの中立的な文字で記していくだけで良いです。

これは私が最近思いついたやり方であり、伝統的なトニック・ソルファ譜の記譜法では一般的なものではありません。
そのため、リズム譜の作り方については読者の皆さんも色々試すことができるかもしれません。

以下に作成例を提示します。ここでは「x」を使うこととします。
その他、基本的な記譜法についてはこちらをご参照ください。

《ほたるの光》のリズム
(4/4)
: x  / x  : -.x: x  : x  / x  : -.x: x  : x  / x  : x  : x  : x  / x  : -  : -  : …

《仰げば尊し》のリズム
(6/8)
.x / x .- .x : x .- .x / x .- .x : x .- .x / x .- .x : x .- .x / x . - . - : - .- …

ビゼー《アルルの女》第2組曲~〈パストラール〉より
(3/4)
/ x  .-,x: x  .x  : x  .x  / x  .-,x: x  .x  : x  .x  / …

ラヴェル《ボレロ》より
(3/4)
/ x    .(xxx) : x    .(xxx) : x    . x    / x    .(xxx) : x    .(xxx) :(xxx) .(xxx) / …

* (  ) は連符を表します    

ホルスト 組曲《惑星》~〈火星〉より
(5/4)
/(xxx) : x    : x    :x .x  : x    /(xxx) : x    : x    :x .x  : x    /  …

行進曲の小太鼓風のリズム
(2/4)
/   .x  :   .x  /   .x  :   .x  /   .x  :   .x   /   .x,x :   .x   / …

サンバ風のリズム
(4/4)
/ x  .x   : x  .x,x : -,x.-,x : x  .x  / x  .x   : x  .x,x : -,x.-,x : x  .x  / … 


そもそも、五線譜のリズム表記法は記号性・恣意性が強く、初学者にはその規則がやや覚えにくいとも言えます。*
この点を考慮しても、リズム読譜の訓練を五線譜よりも先にトニック・ソルファ譜から開始するのも、ある意味では合理的かもしれません。
トニック・ソルファ譜では音の時価の表示がより直接的となるためです。

あるいは、通常の階名付きのトニック・ソルファ譜を読むための基礎訓練用にも、リズムだけを記した楽譜を使うことができます。

もっとも、トニック・ソルファ式のリズム譜だけではリズムの重要な要素であるゲシュタルトの把握(あるいは複数音のグルーピング)が行いにくいと感じるならば、コダーイ式のリズム唱などを併用しても良いかもしれません。

なお、五線譜でスラーやブレス記号を用いるようにフレーズのまとまりを示すにはどのようにすれば良いかについては、今後検討の余地があるかもしれません。
あるいは、フレーズについては生徒・学習者が自分自身で読み取る対象にしても、重要な訓練になるでしょう。
このやり方はコダーイも奨励しています。**


以上、ぜひお試しください。


_____
注)
* この問題については、別に詳しく論じる必要があります。
** 以下の教本の33頁。

コダーイ 333のソルフェージュ
コダーイ ゾルターン
全音楽譜出版社
1998-12-10



* 画像は講師所有のリズム関係の本より。いずれも大変勉強になります。なお、リュシーやクーパーとマイヤーの本は音の長短関係を主に問題とする、現代日本人の考える狭義のリズム法というよりは、フレージング法を扱っているという方が近いです。
KIMG0402


♪ 我は海の子 ♪

今回載せるのは唱歌《我は海の子》の楽譜です。

今回より、音名のうち派生音の表示の仕方を変えます。
今までは楽譜の冒頭に「(変となる音:ロ、ホ、イ)」のようにまとめて記していました。
他方で、以後は楽譜中にその都度「嬰」「変」の言葉を書いて示していくこととします。

では、歌ってみましょう。

*画像を大きくすると楽譜が見やすくなります

我は海の子000


できそうな方は、トニック・ソルファ譜への書き変えにも挑戦してみてください。
また、書き変えができたらぜひ、当記事へのコメントにてご提示ください。


以下、前回と同様にの概念を導入しつつ、《我は海の子》の旋律の均、調、旋法を分析してみます。

・均記号(いわゆる調号)の一番右の♭はファを表す
・したがって、均は変イをファとするものである
・ファが変イならばドは変ホなので、均は変ホ均である

・最後の音が主音である
・最後の音=主音の音名は変ホである
・したがって、調は変ホ調である。

・最後の音が主音である
・最後の音=主音の階名はドである
・したがって、旋法はド旋法である

・以上より、この旋律の均・調・旋法は「変ホ均変ホ調ド旋法」、いわゆる変ホ長調である

変ホ長調の音名と階名についてはこちらの記事もご参照ください。
あるいは、『正しいドレミの歌い方』の135頁でも確認できます。


以下はボチェディ式階名唱法のための楽譜です。

我は海の子(ボチェディ階名)000


プロフィール

大島俊樹

「音名と階名を必ず区別する音楽教育家、理論家、実践家」

1982年生まれ。
東京藝術大学修士課程(音楽学研究分野)修了 、同博士後期課程退学(満期) 。研究分野は音楽理論、西洋音楽史、ソルフェージュ・楽典教育他。

東京藝術大学音楽研究センター教育研究助手を経て、現在、東京ミューズ・アカデミー非常勤講師(2007年より)ほかフリーでの音楽講師活動も行っている。

著書に『階名唱(いわゆる「移動ド」唱)77のウォームアップ集』、『正しいドレミの歌い方』(鳴海史生氏との共著)など。

※講師自身、もともと「固定ド」でしか音楽を聴き取れず、20歳以降に訓練によって「移動ド」を身に付けました。(今では音楽が自然に「移動ド」で聞こえます)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリー
ギャラリー
  • ♪ 草競馬 ♪(フォスターの歌曲)
  • 「完全1度を取る」(ユニゾンで発声する)ことができない原因について
  • 「完全1度を取る」(ユニゾンで発声する)ことができない原因について
  • ♪ 海 ♪
  • ♪ 海 ♪
  • トニック・ソルファ譜でリズム譜を作る方法について
メッセージ

名前
メール
本文