「固定ド」音感者のための「移動ド」習得ソルフェージュ講座

◆◆音楽学(楽理)を専門とする講師によるソルフェージュのレッスン◆◆ 池袋にある音大受験予備校、東京ミューズ・アカデミーで行っている「『固定ド』音感者のための『移動ド』習得・ソルフェージュ講座」(担当:大島俊樹)からのお知らせ用ブログです。 またあわせて、音名と階名の区別の認識、階名唱および階名法の重要性の認識を人々に呼びかけるためのメッセージも発信します。 ★★受講生随時募集中★★

◆◆ 教本(教材、教則本)販売中 (^^♪ ◆◆
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/77

* 本ブログでの見解は大島個人のものであり、東京ミューズ・アカデミーおよび同校の他講師の見解と一致するわけではありません。


🌟 講座の概要はこちら: http://music-square.jp/school/3338/
🌟 興味のある方には講座についての詳細パンフレットを差し上げますので、下記メール・アドレスあるいは本ブログ右下の「メッセージ」にてご連絡ください。
fixeda.moveddo.to◎gmail.com(◎を@に変更)

🌟 講師個人ウェブサイトはこちら: https://oshima-toshiki-solmization.jimdo.com/
🌟 講師 Twitterはこちら:https://twitter.com/toshiki_oshima


------ 本ブログの基礎となる七大記事 ------

❶ 「移動ド」とその長所について:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/2541278.html
❷ 「音名」と「階名」の違いを認識していますか?:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1000971572.html
❸ 「固定ド」は誤りです。(また、「移動ド」は当たり前です):
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1001255612.html
❹ 人々に絶対に改めてほしい誤解(「移動ド」と「固定ド」の関係について) :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1017696210.html
❺ 「移動ド」と「固定ド」は二者択一するものではありません。 :
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1007630308.html
❻ ピアノの先生が生徒に言ってはいけない言葉:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1019180935.html
❼ 「固定ド」はイタリア音名ではない:
http://blog.livedoor.jp/fixeda_moveddo/archives/1022250322.html

そもそも階名のラベリング対象とは? ― 音の性格の話②

前の記事に続く内容です。*
前回は、音階を構成する各音の性格がそれぞれの音環境(音階中での周囲の音程配列)の違いにより決定されるということについて、話をしました。

このことを踏まえると、各階名に対応する音(以下「階名音」)は、音環境が似ているもの同士ほど性格が似、異なるもの同士ほど性格が異なるといえます。

分かりやすくするために、以下の表を提示します。
前回の表と同様に階名音を5度関係の順に配列し、上からティ(シ)→ミ→ラ→レ→ソ→ド→ファと並べています。
ここではまた、各階名音の音環境を構成する音程を種類ごとに色分けし、見やすくしています。


階名で表される各音の音環境
(いずれも単位は度。完は完全の略)

より低い音階音に対し

階名

より高い音階音に対し

完5

増4

長3

長2

ティ

短2

短3

完4

完5

完4

長3

長2

短2

短3

完4

完5

完4

長3

長2

長2

短3

完4

完5

完4

短3

長2

長2

短3

完4

完5

完4

短3

長2

長2

長3

完4

完5

完4

短3

短2

長2

長3

完4

減5

完4

短3

短2

ファ

長2

長3

増4



すると、次のことが分かります。

まず、5度関係の配列(表中での上下の配列)の中で、互いに近い距離にある階名音ほど音環境が似ているということです。
例えば、隣接する関係にあるソとドでは、高低4度以内の音環境を比較すると以下の通りです。

より低い音に対し

 

より高い音に対し

完4

短3

長2

長2

長3

完4

完4

短3

短2

長2

長3

完4



異なる音程は長2度下と短2度下の1箇所のみであることが分かります。
したがって、ソとドは性格がきわめて近い階名音ということになります。

次に、1つ置きの関係にあるレとドを比較してみます。

より低い音に対し

 

より高い音に対し

完4

短3

長2

長2

短3

完4

完4

短3

短2

長2

長3

完4



今度は、異なる音程が長2度下と短2度下、および短3度上と長3度上の2箇所になります。
したがってレとドは、ソとドに比べると互いに性格が異なっています。

同じやり方で比較していくと、5度関係の配列の中で(当記事一番上の表で)互いに離れている階名音であるほど音環境のうち異なる部分が多くなり、性格が異なっていきます

さて、再び一番上の表を見ると、5度関係の配列の中で端に位置していて互いにもっとも離れた関係にあるティとファは、性格がもっとも異なっているということが分かります。

表を基に比較してみましょう。

より低い音に対し

 

より高い音に対し

増4

長3

長2

ティ

短2

短3

完4

完4

短3

短2

ファ

長2

長3

増4



見ての通り、共通する音程が1つもありません。

そもそもティとファは、それぞれきわめて個性的な性格を持った音でもあります。このことも、各音の音環境が個性的であるためです。

まずティの音環境は、すぐが短2度で、下方には長2度(全音×1)→長3度(全音×2)→増4度(全音×3)というように3つの全音が連なり、三全音を形成しています。

特にこの、音環境のうち「下方の三全音」という特徴的な部分がティの音の特徴的な性格をもたらしている、といえます。

他方でファの音環境は、ティのそれとはちょうど上下対称の関係になっています。

つまり、今度はすぐに短2度で、上方に長2度(全音×1)→長3度(全音×2)→増4度(全音×3)というように三全音があります。

この、音環境のうち「上方の三全音」という部分こそがファの性格を特徴的にしている、と言えます。

加えて、上述のようにティとファの音環境が上下対称形になっているということは、両者の性格がちょうど対極的でもあるということにもなります。


ところで、読者の皆さんの中には、階名が関わる理論や読譜法においてファとティというのがたびたび鍵になる音であったことを思い出した方もいるかと思います。
例えば、調号の一番右の♯がティ、一番右の♭がファを表すことなどです。

このティやファこそが、7つの階名音の中でもっとも性格が個性的で、なおかつ対極関係にある音だったというわけです。

ティとファの特徴的な音環境および性格を踏まえると、《ボレロ》副主題でなぜ♭音がファと聞こえるのか、ということについての理解はきわめて容易となります。
というわけで、色々と前置きが長くなりましたが、次回記事では再び《ボレロ》に基づく話に戻ります。


______
注)
* 当記事の内容については、以下の本の18~21頁をはじめ東川清一氏のソルフェージュ関係の本ではたびたび詳しく解説されています。私も本記事を書くにあたり東川氏の著書を大いに参考にしています。


ただし、当記事の内容をあまり詳しく書きすぎてしまうと東川氏の言うことの「丸写し」に近くなってしまう恐れがあるため、当記事では最低限必要と思われる説明のみにとどめました。また、私がなるべく自分の言葉で噛み砕いて書くよう努めました。今回の内容をより詳しく知りたい方は、こちらの本を初めとする東川清一氏の諸著作をご参照ください


画像:東川氏の本の例
KIMG0063


そもそも階名のラベリング対象とは? ― 音の性格の話①

今回は、前回の記事の最後に言及した「音の性格」についてです。*
階名の本質に関わる大変重要な話になります。

_____
まず、調性音楽とは音階の各構成音に固有の性格がある音楽である、と言うことができます。

例えばダイアトニック音階(全音階)を用いた音楽の場合、1オクターヴ中に7つの音があります。

そして、7音はすべて、他の6音に対する音程関係が異なっています。

このことを以下の図で確認してみましょう。

「音の性格」を示すための12分割された円


この図では、円を12等分したスペースのうち灰色で塗ったものが、ダイアトニック音階を構成する各音を表します。その上で、塗ったスペースにはそれぞれ対応する階名を付けています。

また図では、時計回りに進むほどより高い音になります。他方で、反時計回りに進むほどより低い音になります。

隣り合う2つの(階名で表される)音の間の音程については、全音であれば1つスペースを空け、他方で半音(短2度)であれば2音を直接隣接させる形で表しています。

ただし、ダイアトニック音階では8音目ごとにオクターヴ違いの音に回帰し、2周目以降も同じ音程関係を繰り返すことになります。つまり、いわゆる「オクターヴの同一性」が存在しています。

オクターヴの同一性を踏まえているので、図は直線ではなく、常に同じ階名に回帰できるよう円形になっています。

さて、図を見ると、各階名に対応する全音階構成音はそれぞれ、他の諸音に対する音程関係が異なっていることが分かるかと思います。

例えばドの音であれば、より高い諸音に対しては1音移るごとに全音、全音、半音、全音、全音、全音…という音程関係になっていて、他方でより低い諸音に対しては半音、全音、全音、全音、半音…となっています。

またラであれば、より高い諸音に対しては全音、半音、全音、全音、半音…となっていて、より低い諸音に対しては全音、全音、半音、全音、全音…となっています。

このような、各音の他の諸音に対する音程関係のことを、以下では東川清一氏に倣い「音環境** と言うことにしましょう。

音環境をまとめたのが以下の表です。


●階名で表される各音の音環境
(いずれも単位は度。完は完全の略)

←より低い音階音に対し

階名

より高い音階音に対し→

完5

増4

長3

長2

ティ

短2

短3

完4

完5

完4

長3

長2

短2

短3

完4

完5

完4

長3

長2

長2

短3

完4

完5

完4

短3

長2

長2

短3

完4

完5

完4

短3

長2

長2

長3

完4

完5

完4

短3

短2

長2

長3

完4

減5

完4

短3

短2

ファ

長2

長3

増4



この表からは、階名で表される7音すべての音環境が異なっていることが分かるかと思います。

ところで、このような各音の音環境の違いは音の物理的側面に関わるものです。

そして、物理的側面としての音環境の違いは、我々の耳には音の性格の違いとして聞こえてくることになります。言い換えれば、音環境が音の性格を決定します。

したがって、7音すべての音環境が異なるということは、7音とも音の性格が異なるということになります

他ならぬ、このような各音それぞれの性格をラベリングするための言葉として考案されたのが階名ドレミである、というわけです。

実際、7つの階名は、それぞれ「ドの音環境および性格」や「ラの音環境および性格」のような固有の「音環境および性格」を持った音をラベリングしています。

したがって、ある音が同一の「音環境および性格」を有している以上は必ず同一の階名で表され、他方で、異なる「音環境および性格」の音は必ず異なる階名で表されることになります。


次回の記事では以上のような、階名により表されるところの各音の性格の違いや相互関係について、より具体的に述べる予定です。
また併せて、ふたたび前回記事までの《ボレロ》副主題も取り上げつつ、ではなぜ我々の耳はフラット音に「ファ」と反応するのかなどの問題についても詳しく論じたいと思います。


_____

注)
* 当記事と同様の話は、下記の本の18頁以降などにおいても詳しく解説されています。ただし、当記事の内容は、それを大島が自分の言葉で論じなおしたものです。


なお、音階各音の音環境を表す円形の図は同著者の以下の本にも登場します(具体的な頁は現在未確認)。

移動ドのすすめ
東川 清一
音楽之友社
1998-12-10


** 東川清一『退け、暗き影「固定ド」よ!』、18頁。

階名感覚に基づく音楽の聞こえ方 ― 《ボレロ》副主題を例に①

前回の記事の続きです。

さて、以下では《ボレロ》副主題を基に、階名的な音楽の聞こえ方の例をいくつか挙げてみることとします。
(以下に楽譜を再掲します)

ボレロ 副主題000


まず重要なのは、階名的な音楽の聞こえ方では耳が「音の性格」に反応するということです。

例えば、新しい♭音が登場した時には耳が「ファ」と反応する傾向があります。
「耳が『ファ』と反応する」という言い方が分かりにくければ、「耳に反射的にファと聞こえる」と言いかえてもよいかもしれません。

例えば、上掲楽譜のうち冒頭の変ロ音のところをご覧ください。

この箇所で聴き手は、それまでの「ドーーーティドレドティラ……(中略)……レミレファミレド」という主題に耳が慣れていて、そのハ長調の調感覚が心理的に構築されている上でこの副主題を聴き始めることとなります。

すると、冒頭の変ロ音を聞いた時に、この音がそれまでの調感覚あるいは調の心理的枠組(この場合はハ長調の心理的枠組)には収まらない音であり、なおかつ♭音であるために、ファと聞こえることとなります。

同様に以後も、それまでの調感覚に収まらない♭音(各★の箇所)が登場するたびに、多くの場合その音がファと聞こえてきます。

そして、新たにファと聞こえるいずれの箇所からも、そのファを軸として後続部分の階名が決定されることとなります。
これについても、上掲楽譜の各★の以後の階名をご参照ください。

では、なぜ♭音がファと聞こえるのか?

このことについてはきわめて音楽理論的あるいは音楽心理学的な説明を要するため、詳しくは次回記事にて。
階名の他ならぬラベリング対象であり、それゆえに階名唱の本質を理解するにあたり大変重要な「音の性格」について解説します。
お楽しみに!


《ボレロ》副主題はどのように聞こえる? ― 階名的な聞こえ方の例

2018年明けましておめでとうございます。

私の階名唱(いわゆる「移動ド」唱)講座では、今年も新しい生徒の皆さんを募集中です。
講座の詳細についてはこちら

引き続き受講のご希望をお待ちしていますので、よろしくお願いします。

______
さて、今年も読者の皆さんにとって「上昇の年」となることを願い、今回は曲全体にわたるクレッシェンドが特徴的な曲であるラヴェル《ボレロ》の楽譜を提示します。
もちろん、階名を振った楽譜です。

提示するのは副主題

例の、変ロ音(ハ長調のタ=ティ♭)から開始し、その後転調と様々な新しい♭音を経て、最終音で再びハ音に終止する主題です。
「ジャズ風」と形容されることもあります。

以下ではその《ボレロ》副主題の楽譜を基に、この主題の旋律が階名(いわゆる「移動ド」)音感者にはどのように聞こえるのかということを示します。

さらには、この譜例を通し、転調および多くの変化音を含む旋律の自然な階名ラベリング法の一例を提示したいと思います。

ではどうぞ!

ボレロ 副主題000


いかがでしょうか?

もちろん、このように変化音や転調が頻出する場合、例えば転調時にどのタイミングで新しい調の階名に聞こえ方が変わるのかなどについては、階名音感者でも人により(また、同じ人の中でも時により)異なってきます。

したがって、今回の楽譜は一例として、私の耳にとって自然な階名の聞こえ方を記したものとなります。

以下は楽譜の読み方です。

① 変化音の階名は以下の通りです。

タ(ta) = ティ♭
ロ(lo) = ラ♭
フィ(fi) = ファ♯
シ(si) = ソ♯
マ(ma) = ミ♭

② 上下に2つ以上の階名を並記している箇所では、以下のことを表します。

・基本的には大きい文字で書かれている方の階名が聞こえてきます。
・ただし、小さい文字で書かれている方の階名も聴こうと思えば同時に聞こえてきます。

③ ★は、反射的に「ファ」と聞こえてきやすい音を表します。


さて、今回の《ボレロ》副主題の例からは、「階名的な聞こえ方」の大事な要素が色々分かります。
(すでに色々と気づく点のある読者もいるかもしれませんが)

それらについては、次回の記事で具体的に解説したいと思います。

_____
では、皆さんも良い一年をお過ごしください!


♪ 金平糖の精の踊り ♪

前回までに引き続きクリスマスに関係がある曲で、今回はチャイコフスキー《くるみ割り人形》より〈金平糖の精の踊り〉です。
今回は器楽曲ですが、声でも歌える旋律なので、ぜひ視唱してみてください。

楽譜の出典はこちら
ただし最終小節のみ、歌いやすさを考慮して音を変えています。

ではどうぞ、お楽しみください!

d: C~E (2/4)
/   .d',l :d' .t  /se .l  :s,s.s  /fe,fe.fe  :f,f.f  /m,l.f,l :m .   /

/   .d,L :d .T  /f .m  :d',d'.d'  /t,t.t  :l,l.l  /se,t.l,t :se .   /


/   .d',l :d' .t  /se .l  :s,s.s  /fe,fe.fe  : f,f.f  /m,l.f,l :m .   /


/   .l,fe :l .se  /   .s,m :s .fe  /   .f,r :f .m  /   .m  :l  .   ///


プロフィール

fixeda_moveddo

【講師紹介】大島俊樹(おおしまとしき)
1982年生まれ。東京藝術大学楽理科卒業。同大学院音楽学研究分野修了。
研究分野は音楽理論、西洋音楽史、ソルフェージュ・楽典教育他。学術研究および音大受験指導の活動と平行し、2010年に東京藝術大学内に古楽演奏グループ「西洋中世古楽会」を設立し、主宰、指揮、合唱団員、打楽器奏者、ソルミゼーション(階名法)研究係などを務める。音楽学者、東川清一氏のソルフェージュおよび音楽理論に関する著書の愛読者である。東京ミューズ・アカデミーには2007年より講師として勤務。

※講師自身、もともと「固定ド」でしか音楽を聴き取れず、20歳以降に訓練によって「移動ド」を身に付けました。(今では音楽が自然に「移動ド」で聞こえます)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
カテゴリー
ギャラリー
  • そもそも階名のラベリング対象とは? ― 音の性格の話②
  • そもそも階名のラベリング対象とは? ― 音の性格の話①
  • 階名感覚に基づく音楽の聞こえ方 ― 《ボレロ》副主題を例に①
  • 《ボレロ》副主題はどのように聞こえる? ― 階名的な聞こえ方の例
  • ♪ 目覚めよと呼ぶ声あり ♪
  • ♪ エルサレム ♪
メッセージ

名前
メール
本文